異文化体験記(?)

丸野
(ロンバルディ店主には売筋とは思えなかった?)


 大分経ちますが、パシフィコ横浜での旧車イベントで買った本について。

 
 いつもの自動車専門古書店ロンバルディで見つけたのがトップ画像・・・
 でした。ホンダの最初のF1挑戦に、設計者兼現地コオーディネイターとして帯同した丸野富士也 氏による体験談。その帯にもあるようにアドベンチャーすなわち「冒険記」と呼んでもおかしくない、非常に面白い文章でした。

 氏は秀才にして聡明(笑)醸造に関わる家系の生まれ故の鋭い味覚を持ち、なお驚くことに当時既にフランス語に(ということは英語は当然)堪能だった(!)という才人です。
 その才人にしてはじめて大過なくこなせたであろう異国でのレース・プロジェクトに伴う困難の数々。普通の人よりはそういった素養に恵まれていたのであろうとはいえ初めて触れる文化習慣への戸惑い。
 ホンダF1第一期の成功は、氏の力なくして成し得なかったことが読み取れます。中村監督をはじめとするスタッフがレースだけに集中できたのは氏のコオーディネイトがあってこそのことだったのです。

 自分が特に感銘を受けたのが「食」に関する記述でした。

 当時はまだ、一般家庭のお袋さんは毎朝鰹節か煮干で出汁を取って味噌汁を作っていた時代です(笑)スタッフのほとんどは、そんな意識すらなく
「米の飯がなきゃ・・・」
てな人たちだった筈です。というか
「米を食べない食事なぞ考えられない・・・」
レベルだったことでしょう。

 そんな彼等のために中華料理のテイクアウトを探し当て、なんとか満足して貰おうとその組み合わせ等工夫する氏。
 はじめて飲む数々のその地方それぞれのワインを
「これだったら、こう・・・」
と自分の中で咀嚼、理解しようとする氏。

 自分にはレースの本というよりはグルメの本、若者の味覚体験構築記(?)のように読めました。

 この文章は元々ホンダの社内報に連載されたもので、好評故に書籍化されたそうですがさもありなん、と思います。
 しかしロンバルディ親分は「売れない」と判断したようで(笑)非常にリーズナブルな値付けでした。毎度ありがとうございます。実際クルマ好きには今一かも、しれませんね(笑)
 そして版元、三栄書房さま新刊で買わず申し訳ありません<(_ _)>
2冊

 自分は日頃「外車」に乗る、所有することは異文化に触れるという点で海外旅行に等しい、と思っています。


 そしてその異文化を知るにはその国の「食」を抜きにははじまりません。
 実際自分の周りにもイタ車好きのイタ飯好きは多いのですが(笑)クルマ好きにとってのイタリアを伝えてくれるのが・・・

 コレ。ミケロッティとの深い関わりを持つだけにとどまらず一時はミケロッティそのものでもあった内田盾男 氏による、イタリア人とクルマ、イタリア人と食の関係を説く一冊です。

 そしてクルマについては触れていませんが・・・

 今では誰もが知る芸能人(?)P・ジローラモ 氏による自伝的エッセイ、氏の最初の著作がこれです。普通のイタリア人の(?)一般的生活を鮮やかに描き出しています。



 ヨーロッパ車とその根底に流れる文化、時代背景等に興味ある向きには以上3冊、何らかの発見を与えてくれると思います。

スポンサーサイト
  1. 2017/03/26(日) 10:36:31|
  2. Book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

What's MARUSEN:まるせん、って?

万柳6
(昨年10月以来・・・)

 やった!毎日新聞「万能川柳」に載りました。
 4ヶ月振り、通算8回目ですね。

 同コーナーの投稿ルール「ハガキ一枚に5句まで」に則り、週一枚5句(以上w)投函していますが中々載りませんねえ。
 中には今回掲載分よりよくできている、と自分では思う句もあるのですが・・・
 精進します。

 ところで十字野郎、以前書いた通り Twitter上に毎日一句アップしているのですがそれを見てフォローしてくれたのが・・・

投稿川柳まるせん さま

 誰でも投句できる川柳サイトなのです。
 新聞投稿一筋のアナログな自分(笑)こういうサイトがあることなぞ全く知らず・・・それをわざわざ教えて戴いた(!)と感謝しつつ自分も早速HN十字野郎で登録、2月9日のことでした。

 この「まるせん」の特徴として「お題」が選べる、というものがあります。
 これは五七五のたった17文字の中で、その句の「前提条件の説明」が不要(!?)ということは創句自由度が高いことにつながり・・・
 ぶっちゃけ難関たる「万能川柳」より幾らか楽(笑)なのです。そこで、こちらでも「毎日一句」を自らに課して行く(!)ことに決めました。
 おかげさまで今日まで、初ログイン以来42句(⇔2句の日もあったw)絶えることなく続けてこれております。

 そしてもう一つ、毎日良句には「ナイス!」がつくのも特徴です。
 何よりこれがモチベーションになるのです(笑)
 今まで通算16ナイスを戴き、獲得率4割近く(!)このままのペース、維持して行きたいと思っております。
 ちなみに今日の一句(ナイスがつくのは明日・・・?)

どってことない一日一句出来は別

 おあとがよろしいようで<(_ _)>



  1. 2017/03/19(日) 14:54:17|
  2. 万能川柳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Pins(^^)


(ツール·ド·ブルターニュ1991)


 先日のパシフィコ横浜での旧車ショー、その物販ブースでゲットしたピンズです。

 Tour de Bretagneなる、1991年にフランスはブルターニュ地方で開催された旧車ツーリング·イベントのもののようです。

 ピンバッジとしては大きめの···
miurap.jpg
 レアもの(!)と言っていいでしょう(笑)
 我が国では全く知られていないイベントのものですから。自分が知らないだけかもしれませんが(汗)


 この、ランボルギーニ·ミウラらしき「ヘタウマ」な図柄(笑)に一目惚れ
「いい味出してる!」
と、即買いでした。

 自分はご存知の通り革ジャンマニア、ピンズも同様です。
ピンズ  ピンズ

 ピンズ  pinz BMW

 ピンズ  ピンズ 
 今迄アップしたものだけでもこんなに(!)
 こういうレアものがポロっと現れたりするからこの手のショー通いはやめられません(笑)

  1. 2017/03/13(月) 10:49:08|
  2. Jacket
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Inner wing:2017 MotoGP

rsgs.jpg 
(表題直下じゃなく右下、画像とセットで・・・)

 ライディングスポーツ誌の読者投稿欄「グランドスタンド」に自作が載りました(!)
 といっても超手抜きの悪戯書き程度のものですが(笑)

 

 以前当ブログにて MotoGPの空力 および その続編(≒検証w) で書いた通り、モトGPにおいて大流行した空力パーツ

ウィングレット

 は2016年限りで禁止となりました。
 しかし一度それを知ってしまったドゥカティのジジ爺(笑)をはじめとするエンジニア達にとってそのメリットは手放し難く・・・

カウルの内側にダウンフォース発生デバイスを仕込む

 のが2017のトレンドになりそうです。

 それを受けて、思いつきで描いたのがこのイラスト・・・

(ホルヘ駆る2016型ウイングにカウルを被せると・・・)
 ヤマハからドゥカティへ移籍したJ・ロレンツォが#99のスポンサーカラーなし(=カーボン地色)の2016型を駆る、初テスト走行の写真
(=ライスポ誌表紙)に並べて同じアングルで描きました。
 片側4枚のウィング翼端板、その外側に接する「面」でカウリングを造形すると・・・

こんなこと(凄いボリュームと美しいとは言えないフォルム)

 になる、と言いたかったのです。
 特にドゥカティの場合ウィングはシーズンを通して大型化(多段化)したのでそのダウンフォースは大きい程良い、のでしょう(?)
 そしてそのウィング面積を維持しつつカウル内側に収めるとこうなるしかない、のです。
 しかし実際にはこれでもその効率は落ちるはずです。吸入口の面積に対し排出口の面積が不足しています。
 加えて以前書いた通り・・・

 車体内部流は空気抵抗そのもの

 と言われているので、その車体全体の空気抵抗は相当増えてもいるはず、です。
 昨期抜群のストレートスピードを誇った(≒パワーのある)同車なら空力の悪化を許容できるのかもしれませんが、直線で差をつけられた他社の場合は・・・?


 と思っていたら・・・
 2017年の先陣をきってヤマハが小さいながらもインナー・ウィング、ちゃんと仕込んで来ました。
yzr2017.jpg
(左右の黄色楕円部分)
 車体全体の空力を考慮してか、左右への張り出しは予想よりはるかに少なく、そのウィングは・・・
昨年型
naka.jpg
 よりずっと小さいようですが、これでも効果がある(=ないよりましなw)のでしょう。
 あるいは多段化して、昨期型以上の面積を確保しているのかもしれません。

 続いて現れるであろう他社の動向、楽しみですねえ。

[Inner wing:2017 MotoGP]の続きを読む
  1. 2017/03/05(日) 14:54:13|
  2. Moto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Nostargic 2 days 2017


(トヨタ2000GTのドンガラ)

 恒例の、パシフィコ横浜での旧車イベント
「ノスタルジック2デイズ」
行って参りました。

 今年は友人の都合がつかず寂しくソロ、でした(笑)
 まあこのショーへ行くのは、懇意にして頂いている三樹書房さんと
(お台場で会ったばかりでもw)ロンバルディF氏に会うのが最大の目的なので、同行者なしの方が気楽といえば気楽ですが(笑)

 

 入場してすぐ目を引いたのがトップ画像、トヨタ2000GTのボディ一式、でした。
 ご存じかどうかこの車、車体構造的にはボディ材質が鉄とFRPの違いはあれ、ロータス・エランと非常に近いものがあります。
 そしてエランだと軽い、ボディ単体展示の場合も多いのですが、この2000GTではY字型のバックボーン・フレーム
(エランに非常に近い形状、もちろん鋼板製)・・・
2000gty.jpg
(エンジンに向かってY字に開いて・・・)
 tunnel.jpg
 (センターバックボーンがM/T部分から広がり・・・)
 に載った状態でした。
 何人かでエイヤッ!と持ち運べるエランと違って(笑)そうでなければ転がせられない、のでしょう。

 こちらとは別のショップでしょうか、同じ2000GTのタルガトップ車もありました。ウィンドウ・シールド、ピラー周りの内装の仕上げは中々微笑ましかったです。

 TEINさんのブースにはラリー・レジェンド・・・
Ford Escort RS
 escort.jpg
(鏡を置いて下回りまで展示・・・)
がありました。高名なコスワースBDAエンジン・・・
bda.jpg 
初めて見ました。

 大改造中の(笑)マツダの初代RX-7(SA22C)がありました。
sa22s.jpg 
(最近TVでホイールアーチ板金よく見るので大変興味深く・・・)
sa22r.jpg 
(当時より絶対高剛性でしょうw・・・)
3re.jpg 
(3ローターを載せるそうな・・・)
 最初のルマンカーのレプリカ、だそうです。


 この手のショーの常連であるフェアレディZやスカイラインGTRはもちろん大挙して来ていました。
 ここで「箱スカ」GTRの特徴のひとつとして有名な大容量タンク(100L?)をお見せしましょう。
100l.jpg 
(こんな高位置にあるとは・・・)
 日産(というかプリンス?)技術陣が動力性能重視(≒操縦性軽視?)だったことを窺わせる、思わず笑ってしまうディテールではあります。


 今回、珍しい(じっくり見る機会はあまりないw)と言えたのが・・・
Lotus Super7 Series4
s7s4.jpg 
(ヘッドライトがちょっとだけ埋まっているのが特徴・・・)
 でした。
 この車は、かつてC/G誌のインプレッションで故小林彰太郎氏が
「あまりにデューンバギー的で・・・(=好ましくない)」
と書いたのが原因で、不当に低く評価されているフシがあります(!)
 それまでの(ケイタラムが引き継いだ)S3が量産車というよりはどちらかと言えばレーシングカー(それも’50年代のw)的だったのに対しこのS4は、ロータス・カーズを一人前の自動車メーカーに成長させようと努力する総帥C・チャプマンが生産性と性能(剛性、ハンドリング等)を向上させるために出した改良型です。
 恐らく(乗ったことはないのでw)S3に劣る部分はない、のではないでしょうか?
 実際、伝統主義者(笑)コバショーが文句を言ったのもそのスタイリング。性能ではなかったはずです。
 新型車のスタイリングに当時のトレンドが反映されるのは当然です。御大の不満はいいがかり、みたいなものです(笑)
7s4b.jpg
 それに’70年代スタイリングの影響下にある自分、エッジが効いたこの形は嫌いではありません。

 ケイターハム・セブン乗りがS4を、それこそコバショー的に貶すのを聞いたことがあります。
 その人たちに自分は言いたい。
「S4は、造りやすさのためにわざわざ旧型を譲り受けた他社製品じゃなく真正ロータス、それもチャプマンの息がちゃんとかかった由緒正しいクルマなんだよ」
と。
 

  1. 2017/02/25(土) 21:08:09|
  2. Old Car
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ