次期FX?ジャンク·ジムニー


(パッと見良さげw)

 いつもお世話になっているU氏から耳寄りな情報が。
「静岡のOさんの所に、要るなら持って行っていいよっていうジムニーがあるそうな」
『おお、手元のティーダ(の車検)が8月までなんでちょうど次を考えていた所で!でMT?』
「MT」
『素晴らしい。漠然とMTの軽自動車を、と思っていたし』
「自分もかなり興味あるんで···ほんじゃ、見に行きましょうか!」

 ということで静岡まで見に行ってきました。

 出掛けに地元、京急新逗子駅横

食彩堂
 さんでランチ♪
 手前が自分のステーキランチ···
20180623_121446_2_convert_20180624113647.jpg 
奥がお魚のランチ。奇しくも「スズキ」で(笑)
 ちなみにこちらのお店、車好きでHDバイカーでもある···
20180623_121241_2_convert_20180624113613.jpg 
 Kシェフの手際が見られるカウンターがオススメです。

 さて休日の渋滞をやり過ごしつつ3時間ほどのドライブで静岡は国吉田、総合運動場近くのオートバイ屋
オメガ

 に到着。またしても運転は全てU氏にお願いしてしまいました。

 いつもありがとうございます。

 こちら主宰するO氏、その筋では名の通ったエンスージャストで旧車イベントにも精力的に参加していますが、現地で出迎えてくれたのは氏が所有するレーシングカー!
20180623_161221_Burst01_2_convert_20180624103434.jpg 
GCカー!と···
20180623_161204_2_convert_20180624102926.jpg 
F3!

でした。to be continued.


スポンサーサイト
  1. 2018/06/24(日) 11:48:30|
  2. Old Car
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トリケラトプスの被り物:その3

トリケラトプス 20180617_160835_2_convert_20180617164546.jpg
(前鼻ツノですw)

 さて、苦労しつつも楽しい(興奮するw)作業が続いております。

 トップ画像の前角は、ヴィタローニのオートバイ用ミラーの···
20180616_165106_2_convert_20180616211432.jpg 
「蛇腹」部分

 を流用しました。今回作っているのは幼児用のいわばおもちゃです。安全にはことのほか注意を払い、尖った部分は廃し突起部分もゴム等の柔らかい素材を使います。

 ヴィタローニのゴムカバーは片側が楕円断面だったので···
20180616_165132_2_convert_20180616211306.jpg
 エポキシパテを詰めて丸断面に。
 2本の頭角にはホームセンターで見つけた、エアコン用でしょうか···
20180616_180325_2_convert_20180616211336.jpg
 ゴツい電線を「芯」として使うことにしました。
 適度な腰(形状保持力)
 と
 柔軟性(万一ぶつかった場合には簡単に曲がる)
 を兼ね備えているように見えたので。

 これに在庫にあったロール(オーヴァー)バーに被せる···
20180616_180342_2_convert_20180616211403.jpg 
ウレタン発泡材
 をテーパー形状に被せてツノにします。
 似たようなウレタンブロックを切り取り
 前角の先端部分にも配しました。
20180617_144456_2_convert_20180617164607.jpg

 これらを、ディスク·サンダーで騒々しく(笑)
 削り形状を整えます。

 削った後の凹部分と、削ってウレタンの表皮
(皮革で言う銀面w)
 が失われた部分には、靴底補修用ボンドを盛ります。

 ヘラの跡を敢えてつけて模様っぽくしてみました。
20180617_160835_2_convert_20180617164546.jpg
ゴジラのしっぽのよう?
20180617_181755_2_convert_20180617182344.jpg
ちゃんとテーパー形状に(笑)

 今週末はイラストの仕事もあって、ここまで。
[トリケラトプスの被り物:その3]の続きを読む
  1. 2018/06/17(日) 18:29:55|
  2. Tool
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トリケラトプスの被り物:その2

トリケラトプス ヘルメット素材
トリケラトプスの被り物制作の続き。
今週は仕事がたてこみ
ほんのちょっとしか作業できませんでした。
20180610_180742_2_convert_20180610181154.jpg 
「嘴」部分の「フレーム」構造···
わかりますか?

[トリケラトプスの被り物:その2]の続きを読む
  1. 2018/06/10(日) 18:15:39|
  2. Tool
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トリケラトプス?

 先日Twitterのタイムラインに、お父さんの手作りであろう着ぐるみを着た子供たちの動画が流れてきました。
 それらはいわゆる「変形ロボ」トランスフォーマー(!)
 立った状態ではロボットな(笑)子供たちが
 うずくまるとトレーラーヘッド、ジェット戦闘機そしてクルマに「完全変形」する大変凝ったものでした。
トランスフォーマー
(丸印が頭部w)
 これになぜか触発された自分
「俺も!やってやろう」
と思い立ち、頭に浮かんだのが以前何度かこのブログに登場している···
1-7.jpg

キングダムを貸してくれた


イニディ 
ドリフト支配人(笑)

 のご子息(4歳)でした。
「支配人にはお世話になっているし、ユウ君に何かしてあげたい」
聞けばユウ君、目下···
トリケラトプス 
恐竜(!)
 に熱中している、とのこと。
「よーし、トリケラトプスの被り物を作ろう!」
唐突に決まりました(笑)

 さっそくリサイクルショップで「幼児用自転車ヘルメット」を調達。

 そして今日、ホームセンターで小一時間使ってああでもないこうでもない考えつつ、素材購入してきました。
ヘルメット素材 
(以上でとりあえず2千円強)
 これで全てではありませんが(笑)
 まずは「骨組み」から、ということで。

 この項続きます。乞うご期待。


  1. 2018/06/03(日) 18:28:56|
  2. Tool
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オブジェ?ビモータ??HRD WH125

20180504_121616_3_convert_20180513102216.jpg 20180504_130632_3_convert_20180513102139.jpg 
 (バラバラのパーツ1台分w)
 先日静岡へ 引き取られて行った
 HRDシルヴァー·ホースWH125。ほぼキット·フォームでしたが(笑)実は···
 メイン·フレームだけは手元に残してありました。
flame_20170813182759442.jpg 
そのビモータdb1にも似た···
db1.jpg 
(そうでもないかw)
 125とは思えない、入り組んだ構成の美しいフレーム。
 特に溶接部の美しさは正にビモータ級で、量産車など足元にも及びません。
 それこそ「捨てるにゃ惜しい」逸品でした。
 そんなわけで手元に残し、飾ることにしたのです。
 しかし美しいとはいえ風雨に晒され傷んだフレーム、室内に置くのはちと憚られ···
 我が家の外にオブジェとして吊ることに決めました。
 
 まず剥がれかかったイタリアのペイントの剥がれかかった部分だけ剥がし、露出した金属部分の錆をベルトンでサンディングの後「サビチェンジャー」で黒錆化しました。
 そのまま赤黒まだら状態、でも良かったのですが···
 たまたま赤いペイントの在庫があったので黒い部分に吹きました。
 その赤が元の色とマッチしたのもたまたまでしたが(笑)とても美しく仕上がりました。
20180527_115949_2_convert_20180527151344.jpg 
 マスキングとかはしなかったので「漏れ漏れ」ですが(笑)

 当初はベランダの底面に吊るつもりで作業はじめると···
 その底板がいわゆるケイカル板で、全く強度が足りないことが判明。吊り下げ計画が練り直しになったのが先々週のことでした。

 そして先週ホームセンターで単管足場パイプからヒートンまで(笑)
 色々な部材を眺めながら考え···
 2×4の補強材らしきLアングルと丈夫そうな赤いビニールコーティング·フックを使い···
 駐車スペースの奥の壁面に吊る、ことに決めました。
 アングルは壁面に合わせ先週のうちに在庫の白サフを吹き···
 本日作業開始。

 ただドリルで下穴を開けてビス留めするだけ、なので特に難しいことはありませんでしたが、いざ実際に吊り下げようとすると···
 これが大変。
 フレーム自体は20kgちょっとしかないはずですが頭上に挙げるには結構な重さ。
 第一両手で持ち上げたら(片手じゃ無理!)何も作業はできません。工具すら持てない。
 もちろんヘルパーもいません。
 当初は横の窓から身を乗り出して···
 と考えていましたが相当難しい。何より危険です。
 フレームもろとも落下の可能性が···。
 そこで一計。
 ティーダを壁ギリギリまでバックさせて···
 そのルーフに乗って(!)の作業、となりました。
 なんて役に立つクルマでしょう!
 この車をくれたKさん、ありがとうございます。
20180527_133320_2_convert_20180527151414.jpg 
 ということで···
 無事吊り下げることができました。
 アングルの補強と万が一の落下に備え、ヒートンとS環でワイアを張って···
 完成です。
20180527_130548_2_convert_20180527151308.jpg 

 T社インディー用V8エンジンのマグネシウム製クラッチ側クランク·カバーの表札(!)
 と
 謎のレーシング·モーターサイクルの真っ赤なフレーム
 が同時に目に入る···
 変な(?)家になりました(笑)

  1. 2018/05/27(日) 16:08:27|
  2. Moto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ