FC2ブログ

トリケラトプスの被り物:ファイナル

(目に注目!)

 しばらく 中断していた トリケラトプス 
 の 被り物 制作 。
(過去ログ各項クリック↑)
 この夏休み、集中して作業です。
20180722_104042_2_convert_20180722105119.jpg 
 まず、アルミ棒(両端は圧着端子)を通し
「エリマキ」のフレームを確実なものに。
 続いて100円ショップ巡り(笑)して見つけた···
20180722_104116_2_convert_20180722105243.jpg 
両面計量スプーン
 を帽体側面に接着し「目」としました。
 このスプーンの「両面」がポイントで(笑)
その縁取り形状が眼球だけでなく「眼窩」も表現できる(!)のです。
 「目」については、半球状のガラス(文鎮?)とか、LEDで光らせる(スイッチの問題で断念w)···
等々色々悩みましたが、このスプーンで全て解決しました。今回の工作(笑)における一番の功労者(?)でしょう。
 しかも当初切り取るつもりだった「柄」の部分を先端「嘴」のフレームと繋ぐことによって
「鼻筋」を作ることもできました(!)


 その「眼窩」から「鼻筋」の形状を自然なものにすべく上側に···
l20180616_180342_2_convert_20180616211403.jpg 
例のロールバー緩衝材
 を貼り盛り上げます。
 その上からいよいよ「表皮」を貼り込んでいきます。
20180814_200816_2_convert_20180816141333.jpg 
 材料は、キッチンとかの床に貼るクッションフロア材。これは表面のエンボス?が

爬虫類(の鱗)っぽい

 のが決め手でした。「型紙」代わりに在庫の(笑)不要クッションフロアがふんだんに使えたので手間はともかく···
20180815_105755_2_convert_20180816141435.jpg 
 難しい3D形状
 にも上手く合わせることができました。
 当初は本革、それもボツボツ紋様がぽくて良い、とオーストリッチ革(!)を考えていましたが、コスト面で却下(笑)
 でも革だったら引っ張って延ばして貼れるので、これほど厳密な切り抜きは要らず···この点では楽だったかも(?)

 この表皮を上から押さえつけるため···
2本の角
20180617_181755_2_convert_20180617182344.jpg 
(3芯電源コードが芯材)
 を最後に着けますが、そのための穴を開けておきます。
20180815_103153_Burst01_2_convert_20180816141400.jpg 
(芯材ピッタリ!)
 眼球の「白」も吹いてあります。

 接着は直ぐに効く両面テープを。その後補強のため裏側に接着剤を流す、のが基本手順でしたが「アルミテープ」も多用しました。固定だけでなく形状保持にもなるので重宝しました。
20180722_104141_2_convert_20180722105217.jpg 
 「エリマキ」の周囲にある突起は例のウレタン材であらかじめ作っておきます。

 表皮と突起を貼り終えたら、その合わせ目の隙間やアルミテープの段差を黒い
「靴底補修ボンド」で均していきます。パテ盛りの要領です(笑)
20180816_085003_2_convert_20180816141512.jpg
(大分それっぽくなって···)
 期せずして、眼窩ウレタンと帽体との緩やかな段差、曲面がナイスな生き物感を出しています。

 下顎は装着者(4歳児)の顔正面に来ます。
 安全性のため敢えて弱い構造(表皮材を切り抜いただけw)とし、接着ではなく安全ピンでストラップに着けました。

 塗色は··
「グレー?黒?茶?それともピンク??」
悩みました。黒いボンドと表皮材の境界は思っていたより目立ちません。
 自分で使うならこれでも、ってところですが(笑)お世話になっている人(のご子息)へのプレゼントです、なんとかせねば。
 コストの問題もあり在庫(使いかけw)のペイントを探すと···
paint.jpg
VW ゴルフ の 粘土細工 に使ったガンメタ
 が目に入りました。
「昔のソフビ怪獣とかにもメタリックカラーはあったよなあ」
一気に吹き上げて···
20180816_163503_2_convert_20180816180608.jpg 
できた!
[トリケラトプスの被り物:ファイナル]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2018/08/19(日) 13:54:51|
  2. Tool
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コーナリング=公転と自転(?)その2

 BC、CTのライバル2誌と並んで、永く
「中綴じ」だったホリデーオートがこの週末発売の9月号からリニューアル、なんと「背綴じ」になりました!

 ということで先週川柳の話題を挟みましたが(笑)
 ホリデーオート連載で取り上げようとしている
「コーナリングの話」の続きを。

 一柱リフトの「生えた」軌道上のトロッコ。
 それに乗った2人の小人が、リフト上のクルマの前後を横に押している

 という脳内イメージでしたが···
 その「軌道」ってヤツにちと納得がいかない。
「クルマってのは決まったレールに乗ってるんじゃなくて、自由自在に動き回れるものじゃ?」
しかしそれなしでは「公転」の軸や内向力
(≒遠心力)を表現できません。
「小人かあ···ん?
 対義語(?)は···巨人??」
イメージは、力持ちの神様「アトラス」でした。

 ノートンの、当時の最大排気量車の名前にもなったアトラス。
 地球を支えている図案で知られていますが···
Screenshot_2018-07-23-17-26-01_2_convert_20180812185229.png 
(神話では空を、それも罰として支えていたとか)
 このアトラスが森の小人(笑)と手分けして···

文字通り「神の見えざる手」
としてコーナリングを支配している

 そんなイメージが湧きました。
20180715_213429_2_convert_20180812185338.jpg 
(第一スケッチはこんな感じ)
 直ぐに編集I氏にメールです。
「トロッコはやめて力持ちの人が中心で踏ん張っている構図はどうでしょう?」
巨人、の言葉はちょい気恥ずかしく使いませんでした(笑)
 で、OKが出ました。

 巨人の具体的イメージはヴァン·ヘイレンのアルバムジャケット(↑)に加え、その動きを含めハンマー投げの室伏選手(!)でしたが「バランス」は簡単にはまとまらず···
20180716_152350_2_convert_20180812185302.jpg 
 こんなにたくさんイメージスケッチを描いたのははじめて、でした。

 自由に動ける、一柱リフト装備の台車。
 それに乗った2人の小人がリフト上のクルマ
(最初は架空の超小型車だったものが
 描いていくうちにビアンキーナにw)
  の前後を押して回転させ(=自転)
 一柱リフトの円柱部分にかけたロープを
 巨人が踏ん張りつつ引っ張り(=内向力)
 台車自体に弧を描かせる(=公転)···

 こうして出来上がったのが今月の

ハイスピードドライビングテクニック

 に掲載された···
20180722_155241_2_convert_20180812184435.jpg 
 このイラストなのです。
 でも、良く見ると···
 最初とほとんど変わってませんねえ(笑)


  1. 2018/08/12(日) 19:22:30|
  2. Illustration&Work
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「痛い川柳コンテスト」優秀賞!

Screenshot_2018-07-05-09-00-57_convert_20180708002945.png

 先日自分の「痛い川柳コンテスト」応募作が

写真付きの「今日の一句」

 に選ばれた、とお伝えしましたが今度はその句が、このコンテスト自体の···
Screenshot_2018-07-29-18-42-55_2_convert_20180804192322.png 
優秀賞
 になりました!
 これまで何度かコンテストに入賞はしていましたが「優秀賞」は初。
 念願の、と言ってもいいでしょう。
 大変嬉しいです。
 まるせんでの自分の頁の···
Screenshot_2018-08-04-19-16-04_2_convert_20180804192126.png 
 コンテスト「撃墜マーク」(笑)の最上段に、優秀賞マークが付きました。

 優秀賞にはなんと賞品もあります。
 コンビニかスタバかアマゾンの商品券(権?)
 今回はローソンを選びました。
Screenshot_2018-07-30-09-39-44_3_convert_20180804192700.png 
 たった(?)500円ですが···
 金額は問題じゃないってことで(笑)

 今後も3句/日を目標(≒月100句w)に精進します。

[「痛い川柳コンテスト」優秀賞!]の続きを読む
  1. 2018/08/05(日) 11:14:01|
  2. 万能川柳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コーナリング=公転と自転(?)


 このところホリデーオートの連載に関わっている関係上、ドライビングについて議論する機会が多いです(笑)
 先日
「車がZ軸周りをゆっくり回転しながら進むと、コーナリングになる」
との自分の発言に対しライターI氏
『そうですね。公転に自転が加わると、ですね』
「公転?」
『そうです。直進で自転じゃ、直ドリ(!)かスピンにしかなりません』
「···なるほど!」
言われりゃその通りです。

 さすれば逆に「公転」には
(例えば真横向きとか、可能かどうかは別として)
 車体の向きは関係ない、というか指定(?)されておらず(笑)
 それを決めるのが、ゆっくりとした「自転」なのか···
 今までわかっているようで解っていなかったコーナリングの実態が、ようやく本当に理解できた気がしました。

 以上のような雑談(?)を経て本題。
 その、コーナリングの実態たる「公転と自転」をなんとか一枚のイラストにできないものか!?

 自転は···
 一柱リフト(整備工場にあるヤツ)に載せたクルマのテール部分を、横から人が押している場面
 で説明できそうです。
 そして
 その一柱リフトが生えた(?!)トロッコのような「台車」が、弧を描く「軌道」の上を走っていれば···
「公転」を表現できるのでは?
 これを絵にする、と考えた時頭に浮かんだのは···

 その台車を軌道も含め綺麗に画面に納めるには
 リフトアップされたクルマ自体をなるべく小さく描く必要がある。
 そして
 それを押している人は、後部に一人ではなく前後に一人づついた方が

ヨーがつく(=自転しはじめる)

 感じが伝わるのではないか?
 の2点でした。

 続けて···
「人も小さくか···
 ん!?小人?」
浮かんだのは、お伽噺に出てくる小人でした。
 「白雪姫」あるいは食パンのパッケージに出てくる小人(笑)と思っていただいてイメージは間違いありません。
 しかし自分の中では、これ···
Screenshot_2018-07-29-12-05-10_2_convert_20180729120902.png 
(安野光雅で検索!)
 でした。

 そして描き慣れたフルサイズの人間ではない(笑)
 小人を描くに当たってそのポージングのため入手したのがトップ画像···
20180715_185934_2_convert_20180715190638.jpg 
 なのでした。

 つづく。
  1. 2018/07/29(日) 12:15:31|
  2. Illustration&Work
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トリケラトプスの被り物:その4

トリケラトプス


特に予定もないし、お盆休みに一気に仕上げよう

と決めてから作業ペースがめっきり落ちた(笑)
20180617_144456_2_convert_20180617164607.jpg 
トリケラトプスの被り物
 その進捗状況報告を。

 「見せ場」の多い恐竜(?)トリケラトプス。
 そのポイントのひとつが「エリマキ」。
 その外周を形作る「フレーム」を制作、取り付けました。
20180722_103942_2_convert_20180722105043.jpg
 アルミの帯板を使いました。
 当初アルミ棒を、エリマキ外周にある突起(ツノ?)も同時に再現すべくジグザグに曲げて使うつもりでしたが、買ってきた1m定尺ものでは長さが足りない
(ジグザグに遠回りする分、長い)
 ため
アルミ板に変更、突起の方は···
20180722_104141_2_convert_20180722105217.jpg 
 例のウレタン材で作ることに。
 柔らかいので安全ですしね。

 外周帯板はタッピングビス留め。
 結構強度はありそうですが、子供が乱暴に遊ぶのを想定すると···
 そこで真ん中に一本、補強を入れることに。

 強度は今一ですが(笑)作業性を考慮して「圧着端子」を使って···
20180722_104042_2_convert_20180722105119.jpg 
(上下の端子の間に···)
 アルミ棒を渡す予定です。

 つづく。
[トリケラトプスの被り物:その4]の続きを読む
  1. 2018/07/22(日) 11:04:31|
  2. Tool
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ