FC2ブログ

間接照明付き展示台、新規制作


 ホームセンターの在庫ではない、より大きい「耳つき」板をネットオークションで入手しての入口置き看板の新規制作···
 の前に店長から新しい、別の依頼が。

 店内に置いてある、高名な作家に作って貰った店名「鯉之助」と入ったオブジェ···
木彫りの鯉の彫刻

 専用の「台」が欲しい、それも下から照らす
照明付きで···とのこと。
「いいですよ」
と即答。これでめでたく連休は埋まりました(笑)

 早速ホームセンターへ行き(笑)商品眺めつつ構想を練ります。
 木枠を組んで上面2/3に蓋をしてオブジェを載せる部分とし、残りの前1/3を素通しとしてその下に照明を組み込む···
20190504_160825_convert_20190505174632.jpg 
 までは割りと簡単に決まりましたが、ちょうど良い照明器具が見当たりません。あちこち買い回るのは不本意なので···
「別のホームセンターに行くしかないか···」
とその日は店を辞しました。その帰路
「何か使えるもん、ねえかなあ」
と近くのリサイクルショップへ寄ると···
 ありました!
 ちょうど良さげなデスクライト。しかも超リーズナブル(笑)このヘッド部分を仕込むことにしましょう。
 翌日再びホームセンターへ行き、無事ランプ以外の材料を購入。

 今回の「台」、その作家先生(すなわちプロ)
の目にも留まるのは確実なのであまり素人臭い、日曜大工的仕上がりではちと恥ずかしい。
 ということでその「枠」の角の突き合わせを「斜め」にしよう、とホームセンターでカットを依頼···
20190502_173731_convert_20190505175226.jpg 
 ここ「ニュートンカチ」は普通のホームセンターでは断られる「斜めカット」もさらっと受け付けてくれる素晴らしい店なのです。
 とは言うもののやはり丸ノコによる手作業ゆえ、ほんのちょっとだけ寸法が短いものがあって···
20190504_124701_convert_20190505174336.jpg 
 昔ダイハツ·ミラ·パルコ·ターボの内装に貼ろうとして結局使わず余っていた「檜の突板」を両端に貼って調整しました。木工してる、感があります(笑)
20190504_124823_convert_20190505174422.jpg 20190505_120609_convert_20190505174015.jpg
(ランプヘッドと納めた感じ)
20190505_120641_convert_20190505174249.jpg
(点灯!)
 後方2/3の天板は3mm凹ませて、透明アクリル板がぴったり嵌まり込むようにします。
 そしてそのアクリル板の裏面に「窓」を残して艶消し黒を吹きます。
 表面はアクリル地肌なので艶々の黒になります。
 「窓」のマスキングはテープではなく···
20190505_130705_convert_20190505174106.jpg 20190505_150641_convert_20190505173933.jpg
 厚みのある「マスキングピース」を作って「窓」の縁にボカシを。
 そのままでは蛍光灯が丸見えなので薄く白を吹きました。
 枠というか台全体にも同じ艶消し黒を吹きます。
20190505_150449_convert_20190505173821.jpg
 枠に使った杉プレナー材の表面はかなり綺麗(平滑)なのでそのまま吹きます。
 あえて「目留め」はしませんでした。
 艶消し黒の枠、良く見ると木目が浮き上がる状態として、天板のアクリルの光沢とのコントラストを狙って、です。
20190505_155027_convert_20190505173714.jpg
(点灯中)
 狙い通り上手く行ったと思います。
 高級オーディオみたいな雰囲気と自分では思ってます(笑)

 翌日鎌倉へ、閉店後納品。
20190507_202938_convert_20190518160630.jpg
 緋毛氈とのコントラスト
 テーブルとのサイズ比
 そして何より
 オブジェとのマッチング!
 予想を越える嵌まり具合に満足です。

 唯一ランプの光量が心配でしたがそれも杞憂に。

 さて、残る課題(?)は木目看板だあ。

スポンサーサイト
  1. 2019/05/18(土) 16:51:43|
  2. Tool
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メニュー台新規制作:その3

(これの代替品を···)
 ということでとりあえず、の「仮看板」を作ります。
 以前勤務先の休憩室に制作設置して、軽量高剛性が証明されている···
ソファー·エクステンダー

 と同じ構造にします。
 9mmの構造用合板をホームセンター
「ニュートンカチ」で購入、カットをお願いしましたが、今回のものは掲示面の傾斜分「斜めカット」が必要で···
20190502_173637_convert_20190513120114.jpg 
 同店のカット担当者さんは慣れたもので、大判を斜めに2分する難しいカットをさらりとこなしていました。その手順も見られ、大変勉強になりました。
 結局技術より段取り(今回の場合は定規)
がすべて、でしたね。

 持ち帰った板の斜辺と底辺に互い違いに板厚(9mm)の切り込みを慎重に入れ
(丸ノコは、定規と自信がなくて手ノコw)
組み合わせると···
20190503_090257_convert_20190505174925.jpg 
 こんな感じ。
 これに天板を載せるのですが、どうやって仮止めしよう?
 縦板にバイスグリップを咥えさせて、そこに引っかけてクリア。
 裏から採寸して天板を「縫い付ける」細いビス穴を決めます。
 ここで問題発生。
 前作と違い接合面に角度があるため当然、板同士が正しく(ぴったり)合わない。
 そこでカンナなんぞを持ち出して、安定性は非常に高いのでこれを組んだまま(!)面を出しました。
 そしてドリル、と進んで···
20190503_113305_convert_20190505175130.jpg 
 完成です。

 早速その晩鎌倉へ持ち込み···
20190503_203953_convert_20190505174739.jpg
 このように設置されました。
 さて、この後耳付き板を手配しつつぼちぼち「本看板」に取りかかる手筈でしたが···
 ここで別の新規制作依頼が。
  1. 2019/05/13(月) 10:31:56|
  2. Tool
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メニュー台新規制作:その2

 自信作の(笑)オリジナルデザイン看板制作の「見積り」のため、近所のホームセンター
「ニュートンカチ」へ。
 小一時間あーでもないこーでもない、と持ち込んだメジャーとノギスであちこち計り構想を練りつつ、価格も調べます。
 なんとこちらにはちょうど良さげな栗の木の「耳付き板」もありました。価格もリーズナブルです。店長は今回の新規制作で···
20190503_204630_convert_20190505174707.jpg 
 この店頭玄関の看板とデザイン的な整合性を持たせたいのでしょう。
 そんなこんなで、総額2万円程度で出来そうなことがわかりました。市販品に比べてもリーズナブルでしょう。
 そしてその件を報告に鎌倉へ行くと···
 見開きのメニュー本体を開いて展示する、という当初の構想がなんと変更(!)
「メニューより、パウチしたA3のインフォメーションが3枚展示できるようにしてほしい」
とのこと(!)
 なるほど現在あるものの一つが···
20190426_195737_convert_20190505175403.jpg 
 そんなものになっています。
「これの替わりを作れ」
ということです。せっかく考え抜いたデザインがパーになるのはちょっと辛いですが···
 こちらの方が断然作り易いのでまあいいか(笑)
 ただし、別の(長い)「耳付き板」の入手からはじめねばなりません。となると、この連休中に手を付けられそうもありませんね。
 気を取り直して現行品をチェックすると···
 確かに綺麗好きな店長なら新調したくなるであろう素人細工(笑)
20190426_195831_convert_20190505175502.jpg 
 良く見れば、ベース部分に丈夫そうな鉄板の「フレーム」があります。
 これを再利用できれば立ち上がりの高さが楽に稼げるだけでなく、看板面の後傾角とその固定方法も自ずと決まり···
 制作はずっと楽になります。

 ということで、この看板を持ち帰ってバラそう、と思ったところで
「待てよ、これがなくなると現状看板が減っちゃうじゃん···。替わりの仮看板がいるか···」
連休中、やることができました。



  1. 2019/05/05(日) 20:04:18|
  2. Tool
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メニュー台新規制作

中古
 以前アップした飲食店の店頭(屋外)用···

 メニュー台レストア

 中古品をネットオークションで落札、綺麗に仕立て直してして鎌倉駅前···

日本料理 鯉之助

 に納めたのでした。
 そして先日そこの店長さんから
「似たようなものを新しく作って貰えないか?」
という、嬉しくも(?)簡単ではない(笑)打診がありました。
「いいですよ」
軽く答えたものの、責任は重大です。なんたって市販品、既製品と同列に比べられる(!)のですから。
 期限は特にない、とのことなので漠然と構想を練りつつとりあえず前回同様ネットオークションでの中古品探し、と併せて新品の既製品探しです。やはり既製品は耐侯性に優れているからでした。
 しかし、残念ながら中古品で適当なものは見当たらず、既製品で良かれと思うものをを幾つかピックアップして店長に伝えました。でも店長、出来合いでは気に入らないようです。聞けば
「メニューを載せる部分に和食屋っぽい、耳
(樹皮部分)のある重厚でちょっといびつな板を
持ってきたい」
そうな。
 そりゃあそんなのは売ってませんねえ(笑)
 というわけで、本腰を入れてその構想を練りだしました。前回のものは···
けんま 
(作業中w)
 厚手の白木にステンレス(=シルバー)角パイプ、のデザイン。
 店内で使っている手押しワゴンも白木に
メッキの丸棒
(この台車、実はリサイクルショップで自分が見つけその場で連絡、購入、納品したもの)
 で、実際の店内の内装も白木主体で外観窓枠もシルバー、なので···

 木と金属の組み合わせの
 ハイテックなイメージ、デザイン

 で行くことにします。
 もちろん作り易さも十分考慮しなければなりません。それが既製品に負けない整った美しさと耐久性に直結する、からです。

 当初「打ち込みジョイント」式の組み立てパイプで···と考えたのですがそれで、十分な強度
(すなわち耐久性)を与えると結構なボリューム
(まるでジャングルジムw)になってしまいスマートさに欠けます(笑)
 前回のものの「足」は両側2本のみで
「宙に浮いた」イメージがあります。
 この感じはぜひ盛り込みたい。
 ということでしっかりした重い「台座」に天然木(≒寿司屋のカウンター?)っぽい天板を
「細い、くびれた」足で繋ぐ
 というスタイリング·コンセプトが決まりました。
 このうち、台座はゴツくて重い木
(に見えれば中身は何でもw)
 でなんとかなりそうだし、天板はネットオークションに選びきれないほど出ています。
 さて問題はその間の「足」です。
 例えば多孔式アングル4本合わせ、なんてのが強度と作り易さそしてコストで最適なのですが···外観「素人細工」にしか見えず、とても既製品と比べられるレベルではありません。
 思うに同じようなイメージで木材(2×4材)を2本立てるのが見た目、良さそうです。
 ただしこの素材では接合部に金物の補強材が必要になりますが···その2×4金物、見せるようにはできていないため相当に美観を損ないます。
 うーむ。
 そこで閃いたのが以前、中古のガーデンテーブルの「足」を流用した···

鳥籠スタンドのレストア

 でした。あの「足」はただの接着、接合ではなく···
table.jpg  foot.jpg 
 中心にネジシャフトが通ったテンション構造で、実際天板の片側に体重をかけても壊れない強度がありました。
「あの構造を見習って、なおかつそのテンションボルトを外に出して···」
本来木材に貫通する穴を開けてボルトを通すところを、そんな難しい加工は避け「全ネジ棒」を木材の両側(実際には前後)2本として接合強度を確保。
 そしてその全ネジ棒の上に美観のため、ステンレスパイプを被せ当初のコンセプトである···

「木と金属」のスタイリング

 をも両立させよう(!)と決めました。
 そしてそのスケッチが···
20190428_201307_2_convert_20190428210428.jpg 
こんな感じ(笑)
 足は2×4材2本とし真ん中が向こうへ抜けているデザイン、で見た目の「軽さ」を追及しています。
 これで行きましょう。
 10連休は没頭か?(笑)

  1. 2019/04/28(日) 21:44:52|
  2. Tool
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホンダS660の続き

20190414_102504_convert_20190414170111.jpg  20190421_152614_convert_20190421204757.jpg 
(格好良いウィンドウ·シールド!)

 ホンダS660の話、続けましょう。
 
 欠点は···
 まず、乗り降りし難い(!)のが最大の欠点でしょう。
 超低い座面のせいもありますがこのクルマ、
ドアが軽自動車としては驚くほど長いのです。そのため駐車場等ではあまりドアが開けられず、前方に投げ出した足をペダル·ボックスから引っ張り出すのに苦労します。ドア内張り(スピーカー)の出っ張りも邪魔です。
「軽自動車ミドシップに、良い音質なんか要らねえんだよっ!」
と思います(笑)
 乗り込みも同じです。
 着座位置が低いので足から入れるわけにはいかず、腰を降ろしてから体を捻りつつ足を滑り込ませるのですが···
 足の長い人は難儀することでしょう。
 実際「膝を逃がす」ためステアリングは真円ではなく、下端は水平にカット(?)されています。街中でくるくる回していると(パワステですw)この「不正円」ステアリングにイラッとすることがあります(笑)
20190421_170403_convert_20190421204833.jpg 
(なんとG、ブレーキ圧、スロットル開度が!)

 乗り心地、ドガン!はないけれどポンポンする(笑)このクルマ。それ以外は
(デザインのオモチャっぽさは別として)
全てがかなり「しっかりした」感覚。
 大人びた印象すらあります。
 「大人びた」という表現はビートの方が相応しい気もしますが(笑)それは21世紀の要求レベルには(当然?)達していません。
 この「ポンポン」さえ解消すれば本当に、大人向けの「良いクルマ」になるのに!
 そう思った関係者は多かったのでしょう。
 見た目の差は僅かながら、確実にダウンフォースを生むエアロキット。それと合わせて価格差なんと80万円(!)にもなる
「高級サスペンション·キット」を組んだ···

モデューロ

 なるディーラー·オプション(?)仕様が生まれた理由が解った気がします。
 モデューロ、きっと良いのでしょう。

  1. 2019/04/21(日) 21:06:18|
  2. Styling
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ