都心部「立ち食い蕎麦」2店

粉鰹
(店内テーブル・ポップ)


 最近、安くて美味くて車が停め易い店(笑)探しに入れ込んでます。

 その気になって探すと結構あるものです。
 なおかつその「安くて美味い」は永遠の命題でもあり(笑)探求しだすと中々奥深いものがある、とも感じています。
 で最近のお気に入り、筆頭は・・・

 日本橋本店(三越至近、昭和通り沿い)京橋店(昭和通りの一本西側の一方通行沿い)神谷町店(御成門からの坂途中)の3店舗が営業中


そばよし


 グルメで知られるタモリも絶賛した、鰹節問屋直営(トップ画像参照)立ち食い蕎麦屋さんです。
 ゆえに絶対の自信を持つ(?)その出汁は実際抜群の美味しさ。そして蕎麦よりうどん(笑)な自分としては、こちらのうどんをオススメしたい。何より「ひもかわ」なのがポイント高い、かと(笑)
 また、こちらのかき揚げもちゃんと桜エビの入った「本物」で美味いです。
 加えて、期間限定のトッピング「生のり」これが良い。
 なんでも金沢八景産(ということは東京湾すなわち江戸前)とのことですが微妙な歯応えと素晴らしい香り。かつての海苔の産地である大田区大森生まれの自分としては非常に懐かしい香りなのです。当初は
「鰹と海苔の香り同士がケンカするんじゃ?」
と思いましたが全くの杞憂、でした。
 旨みって、足せるものなのですねえ。
 もうひとつ。カレーや鶏そぼろといったご飯物もありますが自分は「しらす丼」が一番、と思っています。これも大好きなんで(笑)
(カレーもそぼろも、行くとしらすしか頼まないので実は未経験w)
 お値打な540円のセットがあります。

しらす丼温うどんセット
そばよし
生のりトッピングで640円。

 出来合いのチン!でもなきゃバイトがご飯にかけるだけ(笑)でもなく・・・


職人が注文受けてから自分のために作ってくれる
暖かくなおかつ美味しいもの

 としてバリューは全く文句なし!です。
 



 続いて立ち食い蕎麦もう一店。

 新橋SL広場横「ニュー新橋ビル」1F外側


立喰蕎麦「丹波屋」


 上記そばよしがランチタイム以外は椅子が出てくるのに対しここは本当の立ち食い、カウンターしかありません。それでも来客が途切れることのない人気店。そばよしに劣らない出汁の旨さ(と熱さ)は中々のものです。
 蕎麦と細うどん、太うどんが選べますがやはり個人的には太うどん推し、です。
 それに来客の多くが頼む、香り控え目旨み多めの「春菊天」これが美味い。
 そして、こちらのもうひとつの名物が「インドカレー」。
 なんでもネパール人の従業員が伝えたレシピ、だそうで一般的な蕎麦屋のカレーとは一線を画す本格的でスパイシーないわばネパール・カレー(笑)それでいて出汁かえしとのマッチングも全く問題ない不思議な美味さです。
 やはり「セット」があります。


ミニインドカレー太うどんセット
丹波屋 
春菊天トッピングで630円。


 これまた繰り返しますが(笑)
 チン!でもなきゃ、汁かけご飯でもなく・・・

注文を受けてから自分のために作ってくれる
暖かくて美味しいもの

 としてバリューはホントに文句なし!
 愛想と椅子はなくとも愛はある、素敵な店です。

 また、どこか見つけたら報告いたします。

[都心部「立ち食い蕎麦」2店]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2018/03/18(日) 17:33:21|
  2. Gourmet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

味噌ラーメン ♡

みそ熊 
(みそ熊、680円)
 職場近くに最近できたラーメン屋

みそ熊

 職場の、北海道出身の方から
『北海道風で美味しかった』
と聞き
「それは、行かずばなるまい!」
と行ってきました。
「券売機見る限り売れ筋は味噌ね」
と味噌ラーメンを試すと···
 なるほど、美味い。
 一般に味噌ラーメン、スープに味噌ダネを溶いただけだと···

 ひと煮立ちさせていない味噌汁、のような
「生煮え」感があって美味しくない
(風味が安定しない)
し、何よりぬる目になってしまう

 ものなのですが、きっちり沸かされて熱々、さっぱり目のスープは中々のものでした。
 ただ、ちょっと気になったのがそのスープがちょっとだけですが泡立っていたことでした。特に「灰汁味」は感じませんでしたが
「ひょっとして、スープ濁ってる系か?」
そう、自分は映画「タンポポ」のように(笑)
「スープは澄んでいなきゃ!」
と常々考えているのです。その疑念晴らすべくなんと翌日(笑)塩ラーメンを···
函館塩 
(塩、650円)
 よかった、澄んでる!
 前述の泡はスープを煮立てている時のものだったようです。
 そして美味い。
 テーブルトッピングの揚げ玉ねぎを入れると···
 青山墓地下の有名店の雰囲気も味わえます(笑)
 ということでみそ熊さん、「通う店」に認定されました。



 「通う店」もう一軒。
 仕事で神楽坂へ行くことは多く、その時行くのが新見附
いまむら
いまむら 
(550円。辛味味噌は付属w)
 ここんちの味噌ラーメンはもちろんちゃんとスープを熱していて(笑)
 美味い、だけでなく超リーズナブル!
 でも自分の好みよりちょっとだけからい
(味が濃く塩気が強い)ので、食い過ぎを承知で小ライスを付けたりしてます(笑)
 結構懇意になってから
「ちょっと失礼かもしれないけどスープ気持ち薄め、ってお願いできる?」
と恐る恐る訊くと
『全然問題ないですが、こういうのもあります』
と薄め用の?ポット入りの別のスープを出されました。
なるほど、ただ薄めるより魚介スープの風味が足されちょっと変わった感じになります。これはこれでいいかも(笑)
 とりあえず、新見附いまむら、オススメです。


 最近職場近くでこの正月にオープンしたのが
ど·みそ八丁堀店

 京橋にある有名店の支店だそうですが本店を含め行ったことはなく···
 行ってきました。
どみそ 
(ど・みそ、780円)
 こってりとさっぱりが選べる味噌ラーメン。さっぱりを選択。
 美味い。
 スープの感じはちょっと前述いまむらに似ているような(笑)
 もやしも茹でただけなのでさっぱり、コーンも良く合いますが···
 叉焼はのっていません。これで780円はちょっと高いかも?今度京橋へも行ってみましょう。

 てなわけで都内味噌ラーメン屋3軒ご紹介、でした。ご参考になれば。

  1. 2018/01/21(日) 18:37:16|
  2. Gourmet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とんかつの話

 実家が肉屋だったこともあり
 (もちろん、揚げてました)
 自分はとんかつ、大好きです。

 あちこち食べ歩くほどではないにしても食べる機会、これと思った店があれば臆せず入ります。


 先日たまたま新聞で読んだ料理研究家
 山本益博氏の文章に「東京一」とあった…

御徒町 ぽん太本家

 行って参りました。
 事前のサーチだと結構高価な価格設定のようなのでスポンサーとして(?)
 傘寿を過ぎてもまだまだしっかり食べる老母を連れて行きました(!)
 親孝行ですね(笑)
ぽん太 
 なるほど、東京一の呼び声に偽りはなく(?)
 肉質や脂身がどうとか揚げ具合や衣がああだ
 なんてのを遥かに超えて
「ただ美味しい」
の一言。そのクォリティーは素晴らしいものでした。


 先日そのぽん太の前に、わざわざ一人で出かけたのが…

四谷荒木町 鈴新
鈴新 
 ここは同僚がTVから仕入れた情報で
「揚げ油としてわざわざラードを炊いている」
と聞いて興味を持ち、確かめずにはいられなかった(笑)のでした。

 あらゆる食材においてライトテイスト流行りの昨今。こってりした風味の「ラード」は実家を含め(笑)街の肉屋が減るのに連れ、揚げ油としては廃れる一方なのです。

 しかし、こととんかつにおいてラードは抜群のマッチング(!)
 それはある意味当然で、ラードってのは豚の脂のことなのですから(笑)
(ちなみに牛の脂は、ヘット)
 ラードで揚げたとんかつ。そいつを頬張ると…
 パン粉の衣と中の肉からちょっとワイルドな
「同じ風味」が広がります。

 そして元々「菓子」の雰囲気のある衣部分。それが、例えば同じくラードを使っている「月餅」といった中華菓子にも似た風味に感じられ…
 それも豚肉に合う、気がします。

 鈴新のとんかつ、期待通りの美味さ(!)

 でした。

 しかし残念ながら…
 添えられたキャベツ等に良い点はつけられない感じでした。
 豚汁もそれ自体は悪くないものの、最近継いだという3代目はよほどラードが好きなのでしょう(笑)やや油が強くとんかつとのマッチングは今一でした。
 とんかつの合間に口をさっぱりさせたい、と思うのは自分だけでしょうか?
 そんなラードで揚げたとんかつをリーズナブルに味わいたかったら…

職場至近の中央区入船 惣菜屋はしもと

 のとんかつ弁当(!)が超オススメ、です(笑)
はしもと
なんとワンコイン500円(!)

 なんとも漢らしい(笑)全く飾りっ気のないただの持ち帰り弁当
(ちなみにイートイン·コーナーなしw)
 ですが、味も文句なし。
 わざわざ出かけるほどではありませんが近くへ行ったら、是非一度。
 期待は裏切らないと思います。
 オーダーで分厚いヤツも揚げてくれます。
「単品500の」
はその食べ応えに驚くと思いますよ。

  1. 2017/12/03(日) 19:27:00|
  2. Gourmet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たべものの話④


(大好き、ですw)

 たべものの話、続けましょう。今週はお菓子で(笑)

 以前取り上げた 普通に売ってるチョコレートの中で一番美味しいと思う、のが・・・
ちょこ
 これですが、このシリーズに・・・
m-a.jpg
 アーモンドチョコ
 が追加されています。ナッツ好きの自分としてはコレが出た時
「これは、最高に美味いに違いない・・・!」
とえらく期待して試しましたが・・・
 なぜか、それほどでもない。
 以前から同社ラインナップに存在するトップ画像(ブラックの方w)の方が美味しい気が・・・(?)
 食べ慣れている、ってことなのでしょうか?
「ホントか?」
と思った向きはぜひお試しの上、当ブログのメールフォームよりご連絡下さいまし<(_ _)>

「試せって?そんなに沢山食べられないよっ」
という向きに、とっておきの食べ方を(!)

 アーモンドチョコは香ばしさと歯応えが最大の魅力です。
  後者を際立たせるためにまず、フリーザー(!)に入れます。もちろん箱ごと、保存もです。夏でも柔らかくならず美味しく食べられます。
 そして、それを取り出すと間違いなく表面が結露します。
 そこへココアパウダー(無糖!)をまぶします。
 結露の水分によって表面にコーティングができるのです。
cocoa.jpg 
(粉をふるっておくともっと美しくなります、すいません・・・)
 見た目も舌触りも、より甘みが遠のく味もすべてが一段と高級な
「大人の味」
になる、と思ってます。クリスマスに(笑)ぜひお試しを。


 チョコレートの新ラインナップとしては・・・
麦チョコ
むぎ
カカオ60
 ご存じでしょうか?
 以前Twitterのタイムラインで「麦チョコうまい」なんて話題があったので、この画像とともに
「ブラックが出てます。とっても美味しいです」
とアップしたら、なんと1000ヒットを超える反響が(!)
 皆さん麦チョコは「懐かしいもの」の扱い、だったようです。
 どっこい、まだまだ現役(?)ですよ、ってことで(笑)


 新ラインナップ、でもう一件(!)
 カカオ72とともに取り上げた大好きなフリスク・ネオ・・・
ストロベリーミント
  フリスク
(並フリスクと違って、ネオは大粒で金属缶・・・w)
 が、なんとラインナップから消えてしまいました(!)
 グレープ他、ネオの新シリーズ発売による廃止らしいのですが。

 これに気付いた時は既に遅く、方々を回って探し歩きましたが・・・
 どこにもない。

 同じことを考えた人がいたのでしょう(笑)あったのは買い占めの痕跡(!)だけでした・・・。
 ネットでもずっと、すべて「売り切れ」表示でした・・・。

 しかし、この騒ぎ(?)から2週間後、ネット上の一部で6ないし9堌といった「まとめ売り」が少数復活していました(!)
 しかも若干のプレミアム価格で(!!)
 でも、この機を逃すものかとすかさずポチり・・・
frisk.jpg 
AMAZON箱が届きました(笑)

[たべものの話④]の続きを読む
  1. 2016/12/18(日) 18:47:01|
  2. Gourmet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たべものの話③

温野菜
(牛肉と温野菜のサラダ♡)

 大変ご無沙汰していた京急「新逗子」駅前 食彩堂 さんへ行ってきました。

 とりあえずいつものタコ(過去ログ参照w)のあと水餃子。
 そして中華繋がりで・・・
豚足の台湾風煮込み
豚足 
(色は濃い目でも味はあっさり、ハッカク風味♡)
 美味い。
 
『大きさ違いで前足と後足があるんですよね』
「ほとんど変わりないと思うけど・・・」
『以前は塊りのまま出していたんですけれど食べにくそうなので、ほぐすようにしたんです』
「ほんのちょっとだけある赤身部分が好きで・・・」
『おお、美味いですよねあれ』
「メニューとかもっと、コラーゲンたっぷり!を打ち出すといいんじゃないの・・・」
などとやりとりしながら・・・美味しく戴きました。

 デカンタの白ワインがなくなったので赤ワインをグラスで追加、トップ画像をオーダー。
 名称「サラダ」ではあるものの軽いステーキの趣。

 昨夜はチャーハンやしらす丼なし(笑)で、これで〆。
 いつもながら大変リーズナブル!
 ごちそうさまでした。

**************************

 以下、先週に続きファストフード系の話題を(笑)

 リーズナブルなワンコインかつ丼で有名なかつや。
 同店では自分、ずっと最も安い(490円w)梅のみを食べてました。
かつや
(これは・・・竹。650円)
  先日 サイクルモード へ行った際、近くにちょうど新規開店の幕張店がありました。しかも開店サービスとして「竹」を500円で提供(!)しています。そいつぁいい物は試し、と食べてみると・・・
 これが美味い!
 今までの、梅が
「ああ、かつ丼ね」
という感じに対し、竹は
「おお、美味しいかつ丼」
といった印象。梅にはない「肉質と脂」を感じる歯応え(!)価格差以上の大差があります。
 以来自分は竹のみ、です。
 160円、ケチらない方が良いかと(笑)


 先週話題には出たものの取り上げなかった、吉野家の牛丼。

 すき屋のそれが酸味(パイナップル!だそうなw)が強い感じ。松屋が先週書いた通り牛脂が鼻に付くのに対し同店の牛丼、自分はナンバーワンと思っています。
 しかしいつぞやの「狂牛病」騒ぎで、その味の決め手となる部位
(←同社叩き上げCEO談w)の輸入が途絶え、牛丼提供がストップしたのを憶えていますか?
 あの時(意図的かミスかはわからないものの)明らかに当時並行販売していた「豚丼」の肉の混入や使用牛肉部位や産地の変更(?)等による「味」の変化がありました。
 その混乱はとうに去り、全ては元通り、になったはずですが・・・
 微妙とはいえ、その味は昔のままには戻っていない(!)と自分は感じています。
 昔はもう少し「赤ワイン風味」があったような(笑)

 ところが味の組み合わせとは面白いもので・・・
牛カレー
カレー
 (こく旨=辛くない方w)
 の香辛料と一緒に食べると・・・
 以前の風味(!)ワインを感じます。
 550円、とちょっと高い気もしますが(笑)その野菜の具のごろごろ感、香りを含め大変美味しいです。
「カレーに醤油」
ってのは自分、あまり好きではありませんが(笑)それ用に調整されたものなら「合う」ことを証明する優れた味付け(!)だと思います。

 深夜暖かいものは吉野家くらいでしか食べられなかった原付小僧時代(笑)以来、牛丼ウォッチャーな十字野郎でした。

  1. 2016/12/11(日) 17:25:27|
  2. Gourmet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ