Drivers@Grand Prix

 stewart.jpg
(C・エイモンとサー・J・スチュワート)

 映画「グランプリ」の話題、今週は登場するドライバーについて。

 前述の通りこの作品、'66年シーズンのリアル映像を下敷きにしているがゆえ当時実際に走っていた現役ドライバーたちが多数登場しているのも見所のひとつです。
 中にはこのシーンの・・・
J・リント
リント 
(最前列左)
 のようにセリフが与えられた者もいました。
 ちなみにこの画像・・・
 最後列が主演のJ・ガーナー。のちのコンストラクターであるG・リジェと元祖モナコ・マスター(←マイスターは誤用!)にしてのちのチャンピオン、デーモンの父、G・ヒル。前列右は有名な空力デバイスの生みの親、D・ガーニー・・・かな(笑)

 主人公P・アロン役J・ロックフォード(笑)・ガーナーはこの映画のためにトレーニングを受けドライビングに目覚めたそうですが、被っているヘルメットからその「吹替え」はトップ画像のC・エイモン。最強の未勝利ドライバー、と言われていました(昨夏没)。
 ライバルS・ストッダード役B・ベドフォードの吹替えは、同じくヘルメットから(のちのサー・)J・スチュワート。二人は顔もちょっと似てますね(笑)
 ほかにもシャパラルといったスポーツカー・レースの方が成功した、と言える・・・
J・ボニエ
ボニエ 
(主演女優J・ウォルター、ボニエ、G・ヒル、J・ガーナー)
 といったドライバーたちが出演(笑)しています。

 と、ここまでは調べればわかるのですが(笑)
 本編よくよく見るとさすがヨーロッパ社交界に等しいグランプリ界、往年のドライバーや著名人もちらほら見受けられるのです。
 これまた主役級、Y・モンタンと共に登場するのが・・・
J・M・ファンジオ(!)
ファンジオ 
(右です)
 同じパーティーの席上Y・モンタンと握手するのがC/G誌でもおなじみの・・・
ポール・フレール(!)
PF.jpg 
(左です)
 この方たちのクレジットはありません。
 また、グランプリといえばフェラーリ抜きでは話になりません。
 フェラーリのファクトリーでのシーンはもちろん創始者フェラーリ役の設定もあります。
 それでも、本人が出たがったのか製作側が出演を頼んだのか・・・
総帥コメンダトーレ・E・フェラーリ
エンツォ 
(左、同社マネジャー的な役柄。イタリア語でモンタンと)
 も出演しているのには驚きました(!)

 どうです?見る気になったでしょう。

[Drivers@Grand Prix]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2017/01/29(日) 20:17:50|
  2. Movie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Grand Prix

エキパイ
(スタートシグナルではなく、テールパイプ。6分割画面)

さて、先週の予告通り・・・
gpv.jpg
映画「グランプリ」について。

 この映画は、J・フランケンハイマー監督が1966年シーズンのF1に帯同し撮った実際の映像をふんだんに使い練り上げた、レース映画の金字塔とも言うべき作品、176分(!)という大作です。

 当時の、今よりもずっと貴族的だったグランプリの世界、モータースポーツの魅力、華やかさ、それを取り巻く人間模様そしてその暗部まで余すことなく鮮やかに描き出しています。
 しかも驚くべきことに半世紀前のレースシーンにもかかわらずそのストーリー展開、空撮、車載をも駆使したカメラワーク等、今の目で見ても少しも古くない(!)
 この作品以降に撮られたレース映画で比肩しうるものは・・・
RUSH  ルマン
幾つか
 ありますが「超えた」ものはないように感じます。

 もし熱心なレースファンでこの「グランプリ」未だ見たことがない、という向きはネタバレもあります、今稿読むのをただちに中止して映画鑑賞を先に(笑)


 まあ映画全般についてはこれくらいにして(これ以上は余所でw)
 以下に、マニアックな視点で本編から読み取れたディテールについて。


 まずそのオープニング。
 当時の自動車マニアでもなんだかわからないくらい「尖った」そのメカ描写で見る者の度胆を抜きます。
 トップ画像同様、空気圧チェックといったメカニカルなシーンが・・・
エアバルブ
最初はアップ、から4、6・・・と細分化されて行きます(!)
  スライド
スライド・スロットルの動きなど・・・
  当時は見たことない人がほとんどだった筈です。この
「なんかよくわかんないけど・・・すげえ!」
という印象は全編通して、誰しもが受ける感覚ではないでしょうか。
 それは、たまたまこの長い映画をTVで(2週にわたって前後編、でした)見た子供にとっても同じでした。
ホイヤー 
(タグの付かない真正,、ホイヤーの3連ストップウォッチ!)
 こういったメカニカルな周辺機器も含めた、よくわからない魅力!?
 のちに立派な(?)マニアとなる少年十字野郎の自動車原体験、といえるでしょう。

 この後’71年、大人向けのTVアニメ、を標榜してはじまった新番組
「ルパン三世」
その初回、レースを舞台とした・・・
「ルパンは燃えているか・・・・?!」
LⅢ
(4分割画面、もそっくり・・・)
 を見てこの映画との近似性を子供ながらすぐに理解できたのは、なぜか嬉しかったものです。
「俺はこれの元ネタを知っているぜ」
といった、いかにもオタクな
(当時まだその表現はなかった・・・)
喜びだったのでしょう(笑)

リント 

この稿、続きます。

  1. 2017/01/22(日) 15:08:10|
  2. Movie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TANK:ミスター・タンク

mr tank
(モンスター・トラックに通ずる雰囲気!?)

 先週のシュヴィム・ワーゲンの話題、そこそこ評判がよかったようで(笑)
 ついでに
「そういやあ模型色々作ったっけなあ・・・」
とあれこれ思い出しました。
 飛行機はヘリコプターを除いてなぜかほとんど作らず、軍艦は帝国海軍のみ、戦車は結構色々作りましたがどれも・・・
くんたっち
スーパーカーブーム
 とほぼ同時に興味が失われて行きました。
 なぜか?
 それらが個人所有できない、からです。

 巨大な戦艦は当然としても飛行機は滑走路が要るし
(だからそれが不要なヘリコプターに惹かれたのかも?)
 戦車にしても個人所有なんて聞いたことがありません。
 だいいち模型化されているカッコイイそれらは全て「兵器」です。どんなに好きで如何ほど入れ込もうとも我国では持てる筈がありません。その点・・・
mangsata.jpg  CGBN
 スーパーカー
 は違いました。
 将来(子供ですからw)自分で買って、持つことができるのです。
 何やら
「手の届かないアイドルには興味がない」
といったAKBな(?)ファン心理のようですが(笑)少年十字野郎は漠然ととはいえホントにそう感じていたのでした。

 時は流れ、偶然TVで見た映画がトップ画像の「ミスター・タンク」。

 衝撃的でした。
 J・ガーナー演じる主人公の退役軍人はなんとWWⅡ時代の戦車(シャーマン)をガレージに隠し持っていたのでした(!)
「戦車の個人所有なんてあるの?どうやって維持するの??」
「そんなことができる、アメリカってすげえ!?」
ストーリー自体はいかにもJ・ガーナーらしいコメディータッチの映画で、名作とは言い難いものがありますが印象深い映画です。

 J・ガーナーといえば映画・・・
大脱走
dd.jpg  
(調達屋w空軍士官役)
や近年では・・・スペースカウボーイ

(主人公の一人)
等が有名ですが、何と言っても彼の代表作はTVシリーズ・・・
ロックフォードの事件メモ
 でしょう。
 海辺の駐車場に置いたトレーラーハウスに住み、いかにもアメリカ車らしい「素の」ファイアバードを・・・
rh.jpg
(当時の我国では派手なトランザムの方がメジャーだった)
 rf.jpg
 時にそのスーパーテクニックで駆る探偵ロックフォード!
 名古屋章氏の素晴らしくも味のある吹替えも相まって、毎週
(土曜深夜だったかと)楽しみでした。
 テーマ音楽もとっても素敵で、自分も(ハーモニカの)練習したくらいです(笑)
 男臭くも軽妙でコミカルなキャラクター設定、常に苦笑いを噛み殺しているような独特の表情、役柄そして魅力はロックフォード氏に限らず、彼のキャリアを通じてほぼ不変だったように思います。

 そして彼のもう一つの代表作が・・・
gpv.jpg 

 この作品については・・・to be continued.
  1. 2017/01/15(日) 20:19:38|
  2. Movie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Movie RUSH

ベストショット
(かつてない・・・ドライバーの目のアップ。その動き、眼光!)

 引き続き、映画RUSHについて・・・

 まずトップ画像、この映画のベストシーンというかショットというか(笑)
ヘルメット内カメラによるドライバーズ・アイ!
 この手の映画の元祖・・・
グラン・プリ

(この映画なくして、ルパン3世もなかった・・・)
 でフランケンハイマー監督が「設定」した、といえる数々のレース映画における定番表現。その中にもなかった斬新な、息詰まる緊張感を伝える素晴らしいシーンと。

 その他よくできた表現としては劇中、ヒッチハイクのエピソードがあります。
 高慢な新人ドライバー、ラウダが僚友レガッツォーニに誘われて訪れたパーティー。その主催者はなんと、007ユア・アイズ・オンリー(←ロータス・エスプリ・サブマリン登場)の悪役・・・
ユルゲンス
や、名画・・・
  
(独Uボート艦長役)
 で知られる名優K・ユルゲンスでした。
 折角誘ってくれたレガッツォーニと喧嘩別れしたラウダ、その「館」からユルゲンスの元カノ(後のラウダ夫人)との帰路、彼女のプジョーのトラブルのせいでヒッチハイクする羽目となります。
ヒッチハイク
 美女の力で停まったかに見えたイタリアの青年二人は彼女には目もくれず
「ラウダだ!」
「フェラーリと契約したばっかりのラウダだ!!」
「F1ドライバーのラウダだ!」
「そのラウダが俺の車を運転してる!!」
その喜びっ振りが実にイタリア的というかカーマニア的で
(同じシチュエーションなら自分もきっと同様でしょうw)大変微笑ましく、ファン気質が解ってるなあ、と感心しました。
 また映画序盤で電撃結婚、後に離婚することになるハント夫人は当時のパトロン、ヘスケス卿(=貴族)の友人だったということだけでなく、離婚の原因がこれまた映画エクソシスト2や・・・
 で知られる俳優・・・
バートン
 R・バートン
 だったとは、当時の日本の狭~いカーマニアの世界には届いていない情報でした。
 以上は当時のヨーロッパ社交界というか、モーターレーシングの世界と映画界の密接な関係を物語るエピソードですね。
 そして社交界といえば、件のヘスケス卿です。
 貴族のポケットマネーのみ、ノースポンサーでF1を走らせる「潔さ」・・・
 聞いてはいましたがそこには確固たる、正に貴族的な矜持があったことが理解できました。
 また、現在ではパドックでの高級ケータリングはあたりまえですが・・・
キャビア
 その先鞭をつけたのが、はからずもヘスケス卿だったことも判りました。

 また、ラウダが事故後に目覚めた際にベッドサイドにいた・・・
神父
神父
 を見て
「自分はまだ生きている!神父を追い返せ!」
と言った(!)というエピソードもしっかり挿入されていました。

 その他実在の登場人物としては、
コメンダトーレ・・・
コメンダトレ
E・フェラーリ。
とか、伝説の名メカニック・・・
1997JP.jpg  クォーギ
E・クォーギらしき人。
当時のフェラーリF1ティーム・マネジャー・・・
ルカ 
(後のフェラーリ社長・・・)
luca.png
ルカ・ディー・モンテツェーモロ。
はたまたF1の生き字引にして・・・
ウォーカー
「名調子」
M・ウォーカー・・・
Mウォーカー
(引退後の解説者ハントと)
 等々、イイ雰囲気で再現されていたと思います。

 その他の人物、例えばC・レガッツォーニは髭だけ、J・マスなんかはあまり似てない、と感じました。

 また劇中、ハントと半裸の女性のグラビア撮影シーンがありますが・・・
real.jpg
これがそのエピソードに纏わる、本物。
他にもこんな危ないショット・・・
shoot.jpg
(当時の日本なら墨塗り・・・w)
 が残されています。ハントの破天荒なプレイボーイ・イメージは当時既に確立していたことを物語ります。

 また、彼等のツーショット・・・
   ’76
(事故前・・・)
   はんとらうだ
(事故後。ハントの爪先の改造に注目・・・)
 見る限り、確かに邦題にある通り「友情」を感じます。
 

 でもこの身長差、ラウダでも自分よりかなり大きい人でした。するとハントはどんだけ大男だったのでしょうか。




[Movie RUSH]の続きを読む
  1. 2015/09/13(日) 08:38:01|
  2. Movie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

So impressive,movie‘RUSH’

RUSH
(ネタバレ注意・・・たって歴史は決まってますがw)

 大分前に当ブログで取り上げたドキュメンタリーならぬ「ノンフィクション」

RUSH

 先日ようやく入手しました。

 N・ラウダとJ・ハントによる事実上の一騎打ち、非常に激しいチャンピオンシップ争いだった1976年のF1シーズン。
 事実は小説より・・・と云いますが、その白熱振りは35年以上経っても映画化されるほど印象的だった、ということでしょう。真実の面白さと相まって本作のスクリプトは秀逸、なおかつ時代考証、メカニズム描写等も非常に綿密、と二重の意味で大変良くできてました。
 2輪を含めモータースポーツを題材にした映画によくある(苦笑)多くはメカ的な勉強不足(=無知)によるリアリティ欠如等
「そりゃねえだろ」
的なシーンは全くありません。コアなファンの方でも安心して見ていられるでしょう。


 最近自分はtwitter上でも「たまたまTVで見た映画」評を立て続けにアップしており・・・

(勝新で見たかった・・・)

(シェーン、に似てます・・・)

(TVじゃないけど今稿参照、吹替版収録仕様)

(シェイクスピア、を下敷きとして盛った・・・)

(幾多のSF作品と影響しあって・・・)
 と、すっかり映画評論家気分の今日この頃ではありますが(笑)この作品に関してはストーリーを語ってもあまり意味がないと思われるので上記の後者、すなわち時代考証、メカニズム描写等の素晴らしさ、といった本作の驚くべきリアリティについて述べたいと思います。

 ボーナストラックの「メイキング」によると・・・
  
「アポロ13」    「バックドラフト」
 で知られる監督R・ハワードはなんとF1には疎かったそうです。
 しかし本編を見る限りとてもそうは思えません!
 それだけしっかりしたスクリプトがあったということで、脚本家自身もしくは細部を取り纏めるコオーディネーターが非常に綿密にリサーチしたか、あるいは単純にレースファンだったのかもしれませんね(笑)
 聞けばN・ラウダ本人が執筆中はもちろんクランクイン後もアドバイザー的立場で、いかにも彼らしく「綿密に」関与したそうです。さもありなん!


 それでは以下に自分が
「おお、リアルだ」
と感じたシーンを列記して行きましょう(^^)

 まず冒頭、F3時代のハントの愛車・・・
10in.jpg
MINI
 が時代通りちゃんと10インチ・ホイールだったこと。これが現代のホイールを履いていたら興ざめですよね(笑)
 
 そして・・・どうやって集めたのか、ランニングコンディションの当時のF1カー。レースシーンに見える程の台数確保していることに感服。
 確かに各車、世界各地のコレクターの元に現存していますが、バリバリのレーシングコンディションのマシンもあればただ動くだけのものもあったはずで・・・大変な苦労だったことでしょう。
ローボックス 
(このほかにもBRM、ヘスケス、ロータス、リジェなんぞが・・・)

 実は’76シーズンはレギュレーション変更による全高規制でマシンの外観に変化があった年で、それまでのいわゆる・・・
「ハイ・ボックス」
 761.png tf312t.jpg
(そびえ立つインテーク=インダクション・ボックス)
 がシーズン途中から禁止、ドライバー頭部を守るロールケージの高さに制限されたのです。
bestshot.jpg
 果たしてそれはちゃんとシーズン序盤の変更が反映されていました。

 そしてシーズン中盤ラウダはドイツGP、ニュルブルクリンクで重傷を負う訳ですが、それに先立つレース前のドライバーズミーティングのシーンのリアリティ・・・
ドラミ 
ジョーホンダによる有名なこのショット・・・
1972.jpg
彷彿させました。制作側も意識していたのでは・・・?

 さて、そのニュルブルクリンクでの走行シーンですが、オールドコースの実走シーンは車載を含めもちろんありましたが例えば、この有名なジャンピングスポットのシーンは・・・
ジャンピングスポット
 例の事故に繋がるものとしてややバランスを崩すように描かれており、CGでしょう。

また貴重なマシンをこの映画・・・

(ポルシェ917・・・)
 のように、実際に壊す訳には行きません(笑)
 スピン等アクシデントシーンもCGでした。
スピン
(例えばこれは、コース内に残れない勢いだった・・・)
 サンプリングとも言える現代のCGです。当然車体の画像には全く問題ありませんでしたが・・・
 「動き」がゲームっぽいのが唯一気になったところでしょうか。

ただいまPC不調で・・・
to be continued.



  1. 2015/09/05(土) 22:14:13|
  2. Movie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ