バードケージ?レストア?!

割れ  以前
(クラックと曲がり。おじぎしてますw)

 我が家のコザクラインコのバード・ケージ
(鳥籠、ゲージに非ずw)
 のスタンドが、イタリア製の樹脂製品の例にもれず(笑)
 経年劣化で崩壊寸前。
 こりゃあいかん、と重い腰を上げ再生することに。
birdcage_2013092911164953f.jpg
(マセラーティ・バードケージ?w)
 上半分のループは中々お洒落なので(笑)
 継続使用とし
 下半分をそっくり取り換えることにしました。

 現状プラ製品の中に安定性のためなんと「砂」が入っている構造。
 下が重い方が具合が良さそうです。
 そしてもちろん予算も限られているので・・・
リサイクルショップで中古の、重い(鉄製のw)
bs_201804011837532ce.png
バー・スツール
 なんぞ買ってきて、ぶった切って
 なんとかくっつけよう!

 と決めました。
 ところが、そんなに都合の良いものは・・・
 中々ない。
 あってもバー・カウンターとのセットが多く、値段が合わない。
 カウンターも要らないし(笑)
 ネットオークションを見てもあるにはあるが重いので送料が・・・。


 そんな中リサイクルショップ4軒目で見つけたのが・・・
このガーデン・テーブル。
table.jpg  foot.jpg
(900円、でしたw)
 早速バラしてみると・・・
 天板、軸、足は全て軽量で丈夫なアルミ製で、それらは単純な接着ではなく
 一本芯が入って締め付けて
(テンションがかかって)いることが判りました。
 なるほど、丈夫さのため理にかなった構造です。これは踏襲せねばなりません。

 ということで、ホームセンターへ(笑)

 
 上部ループ基部の差し込みがφ40mmと・・・
 その径の丸棒(木)は・・・売ってる。
 縦パイプがφ60mm、結構太いね・・・
 それより大径の、丈夫で精度のある板で
「上蓋」を・・・
 おお、そういや丁度いいアルミ削り出しの円盤の在庫(笑)があったな。
 そいつの真ん中に穴を開けて・・・
 「芯」はオリジナルでは長さが足りないので
「全ネジ棒」で新調・・・
 などど店内を彷徨うこと小一時間。
 すると前述φ40丸棒より都合が良い、上下に
雌ネジ(M8)を埋め込んだ組み立て家具パーツの丸棒を発見!
 ちょっと太いので細く加工する必要がありますが、木なのでなんとかなるでしょう(笑)
 したがって、全ネジ棒もM8に。
 下端を留めるナットはナイロンロックに・・・
材料 
と、幾らもかかってないことがお判りでしょうか(笑)

 さて作業開始。
 元々屋外で使われていたモノらしく「足」には若干の腐食が見られ
 このままで室内に置くのはどうよ?
 と思いリペイントしました。
銀  
 このスプレーペイントは、腐蝕して荒れて痩せたメッキ面とかに吹くとかなり元のメッキっぽくなる優れモノです。
 乾きは遅いので・・・
 ちょっと指紋が付いてしまいましたが
 まいいかと(笑)
 全ネジ棒をディスクサンダーでカット。
 雌ネジ入り丸棒をベルトサンダーでツイスト(絞り)加工。
 アルミブロックに穴あけ、底面に喰いつきのためチッピングコート
(ゴムスプレー)を吹きます。
組み合わせ 
木目の粗密で堅さが違い
丸く削るのは結構難しく・・・
僅かな隙間はボンドで。
joint.jpg 
(このように繋がって・・・)
kansei.jpg 
できた!
 これに合わせ、鳥籠自体も新調しました。
 今度のカゴの最大幅部分とループのアールの
マッチングが今一なので吊り下げフックを・・・
自転車のスポークを曲げて自作。
スポーク 
(白いのがオリジナル) 
カゴの位置を丁度良いところまで下げ・・・
かんせい 
 完成!
 特に重しは入ってませんが安定性はバッチリ。
 まあ2千円ちょっとと週末3回で
 そこそこ満足の行くものができた
 と思っています(笑)

スポンサーサイト
  1. 2018/04/01(日) 19:03:21|
  2. Pet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Making new year greeting card

martini.jpg 


 クリスマスはいかがお過ごしだったでしょうか?天皇誕生日が23日になり、休前日が増えての
クリスマス・デフレ
(=特別な日としての価値が下がった?)

 ですが若者にとっては選択肢(?)が増えた、とは言えそうですね(笑)実際22、23の両日夜、これからなのか帰りなのか一人で歩いてる姉ちゃんは皆
「私、シンデレラ・・・👠」
って顔してました(笑)


 そんなお祭り騒ぎも過ぎて年末、お正月準備です。とりあえず年賀状の用意を。遅過ぎですが(笑)
 来年の干支は申です。我が家の年賀状は例年
 ペットのインコと干支のオブジェの絡み
 と決まっているので、当初は・・・
これ
irega.jpg
(笑)
 で行こうと考えたのですが・・・
 冬場の工具は触れると冷たく、上に留まってはくれませんでした(笑)
 気を取り直して、引っ張り出したのはディズニーの本・・・
ジャングルブック
(飛び出す絵本、ですね・・・)
 ちなみにお子さんへのプレゼントに最適、かとは思いますが現在日本語版欠品のようです。
 その中の猿のシーンを使って・・・
2016 - コピー

 こんなのができました。

[Making new year greeting card]の続きを読む
  1. 2015/12/26(土) 14:14:25|
  2. Pet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Old soldiers never die, but fade away.

 
(在りし日のエリー)
 そろそろ雪が降りはじめるか、といった季節になってまいりましたが筆者の身辺、バタバタしておりまして・・・今年は飯山のやまもと社長の所から
stepvan.jpg
ステップバン
 を借り出す(笑)算段がつきませんでした・・・などと思っていたら彼の地は大地震!

 皆様のご無事願っております。

 現在、飯山の「くるま工房やまもと」にはアルピーヌという老犬がいますが今稿はその「アル」ではなく、前任者たる忠犬「エリー」についてのお話です。

 やまもと社長が独身時代、川崎在住の頃から飼っていたのがエリーです。当時そこ(井田ガレージ)には我々の
mgb
MGB
 が置かれており、自分が
「よし、乗ろう」
と思い立った時にはバイク(シャフトドライブのヤマハ・タウンメイト70=商用車)で取りに行ったものです。
 70ccの原付2種ですからヘルメット着用(当時原付はノーヘル)です。
 そのMGBの後ろに住んでいたエリーは突然バイクを乗りつけ降り立った顔の見えない怪しいライダーに対し、威嚇の呻り声をもらします。しかし、相手(筆者)が近づいてその匂いが届いた瞬間!緊張は解かれ・・・尻尾が振られます(^^)
「自分を、匂いで覚えてくれている」
犬好きにとってはなかなか嬉しいことです。毎回このコミュニケーションがあれば絆を感じるな、というのは無理な相談でしょう。

 一度逗子へ連れてこられたときなどは自分が散歩に連れ出しました。

 気分よく歩いていると・・・突然前足を踏ん張って動かなくなるエリー!
「何、何?一体・・・?」
やきとり屋さんの前でした(笑)
「これが食べたいってことね・・・絶対買ってくれるはずって感じだねえ・・・」
しかしこのタレでは・・・犬には塩辛過ぎです。
「わかったよ・・・」
数本買い、自分が一度口に含み(串から抜き)タレを落としてから与えました。もちろん自分も食べましたが(笑)

 口移しのコミュニケーション、ではありました。

 川崎時代はもちろん飯山に移ってからもやまもと社長はよくMGBの横にエリーを乗せて、もちろんフルオープンでドライブしたそうな。
 その姿を見た通行人の女性からはしばしば
「あの犬、カワイイッ ♡」
といった声がかかったとか(笑)
 そんな飯山での春先のドライブ、日陰のブラックアイスに乗ったMGBはコントロールを失い激しくクラッシュ!
 当然のフルオープンだったためエリーは放り出されてしまいました(!)
Bは全損になるほどのクラッシュです。そのショックで無暗に駆け出したのでしょう、

 エリーは失踪してしまったのです・・・。

 そして数日、事故現場近辺を探しても見つからなかったそうです。きっと
「エリー!エリー・・・」
声をかけながらの、しかも当てのない、さぞよ心細い捜索だったことでしょう。

 ところがそこで機転、「村内有線放送」に尋ね犬情報を出したところ・・・無事に見つかったのでした。
 そしてエリーは既に老犬でした。
 その事故の後すっかり老けこむというか「甘えんぼさん」になったエリーは以来室内で暮らすようになったそうな。めでたしめでたし。
[Old soldiers never die, but fade away.]の続きを読む
  1. 2014/11/23(日) 19:37:02|
  2. Pet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コザクラインコ=Love bird

2012.jpg
(2012年用年賀状画像。ヒゲはないですが龍です)

 過日インコを使った年賀状画像アップしましたが、その続編ということで。

 我が家にはペットとしてコザクラインコがいます。
 コザクラインコ、ボタンインコの仲間で英語でlovebird。その名の由来は、つがいで飼うと非常に仲睦まじい(常に向き合っている)その様子から、
です。ヒッチコックの有名なパニック映画

「鳥」
 の劇中、人を襲うのではなく「籠」に入って登場します。

 トップ画像の2012年版の龍、得意の紙ねんどで作りました。なぜこの形になったかというと・・・
 翌年向けに角とビー玉を掴んだ「手」を取り外し、巳年の「ヘビ」にリメイクするつもりだったのです。
 蛇といえばアルファロメオです(笑)同社のエンブレムに似せて・・・でした。
abarth 
(しかし、翌年は残念ながら喪中で・・・)

 毎年、年賀状用画像にはインコを登場させているのですが、過去の作品アップしてみましょう。

nyc.jpg
(CDケースをバックに・・・)
 2011年賀
(このウサギは既製品・・・)
2010.jpg 
(ジャングルブックの「飛び出す絵本」と・・・)

(これは日本語版)
CDジャケット版は「先代」のインコを使ったものが評判良かった・・・
nyc2.jpg 
のに味をしめた(笑)焼き直し、です。
ウサギ画像は
2011-2.jpg 
こっちにするか悩みました。

また、インコは使っていませんが(当時は飼ってはいなかった)
AutobianchiY10を使ったもので、これは評判が良かったです。
1995.jpg 
( 「走行中、緊張感が伝わる!」 コージー氏 談)
 まだ買ったばかりでY10が新車に近かった頃です。オドメーターが1995kmになんなんとする頃、季節外れでしたがこれを思い立ち、メーター部に「A HAPPY NEW YEAR!」と貼り、深夜わざわざ撮影に出かけたものです。

 さて、来年用はどうしましょうか?


[コザクラインコ=Love bird]の続きを読む
  1. 2014/10/12(日) 12:30:41|
  2. Pet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0