R.I.P.Kentucky kid.

hayden.jpg
2006MotoGPチャンピオン、N・ヘイデン

がイタリアで自転車トレーニング中に交通事故に遭い・・・
5月22日死亡しました。

残念です。
脳挫傷、とのことでノーヘルだったかもしれませんねえ。
先週「頑張れ」画像アップしたばかりでしたが・・・。

思えばノリックの時もそう・・・
公道での交通事故でした。
norick.jpg
(川崎市でビッグスクーター乗車中・・・)
この時の一瞬を想像すると・・・
ヘルメットの中でノリックがあの声で
「・・・!ヤバイヤバイッ!?」
そんな気がしたものです。
ヘイデンもきっと同様だったと・・・。

 現役GPライダーの優れた能力(=反射神経、操縦技術、冷静さ・・・)をもってしても、回避が叶わなかった突発事態。
 そんな状況に我々凡人が陥ったとしたら・・・成す術なくクラッシュ、してしまうでしょう。
 そして、そんな過酷なシチュエーションが簡単に起こりうるのが「公道」なのです。

 車はもちろん自転車にしろモーターサイクルにしろ・・・

 公道を走行するということは、かくも危険と隣り合わせ(!)なのだ

 ということを心して今後運転して行きたいと思いますし、そう訴えて行きたいとも思っています!

 TLで見つけたTweetより・・・
「ノリックの時の追悼インタビュー見なおしていたらヘイデンが・・・
hayden_20170528133712bd0.jpg 
それ、そっくり君に当てはまるよ。」

ちょっと泣きました。

スポンサーサイト
  1. 2017/05/28(日) 14:05:34|
  2. Moto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MotoGP Rd.5:France


(我等がロッシ、優勝目前···)

 モトGP第5戦フランス、波乱の展開(?)でした。

 モト2二連覇の実力派ルーキー、ザルコがリードする驚きの序盤。解説のドライダー宮城氏によれば、
 地元でもあるザルコは予選でフロントロー確保してから本番用タイアでロングランを敢行自信を持っている筈···
 とのこと。まさかの初優勝か?
 ヤマハのヴィニャーレス、ロッシらが追います。すると···
marc.jpg
マルケスが転倒!

ロッシ·ファン(自分w)は湧きます。

セカンドグループではペドロサが···
26.jpg
ドヴィツィオーゾを抜き去ります。
 と、その時その前を走るクラッチローは車体を大きく震わせていました。
 それを見逃さなかったペドロサは間髪を入れずに···
 接触しながら(!)もクラッチローをも抜き去りました。
「審議対象では?」
と思えるような果敢なアタックでした。

 終盤、ヴィニャーレスがトップに。

 画面にはザルコと追うロッシ。
 この時自分にはロッシの決心(?)が見えた気がしました。
「あ、ロッシここで行く」
(一緒に見ていた妻もそう思ったそうなw)
その直感通りロッシはザルコを抜きます!

 モーターサイクルに限らず4輪はもちろん自転車に至るまで
 オーバーテイクに成功した者はライバルに追撃を諦めさせるべくリードを広げようとプッシュします。レースのセオリーです。

 ロッシならなおさら(笑)ファンならそれをロッシ·パターン(?)として認識していることでしょう(笑)

 そしてその今回のアタックでロッシはトップにも追い付いてしまいます。
 ここで少し様子を見てから···とスロットルを緩めるライダーはここ(モトGP)には来れません(笑)
 レーシングドライバーやライダーにそんな奴はいません (!)

 ロッシはその余勢を駆ってヴィニャーレスをも抜き去ります。残り3周です。
「ちょっと早いんじゃねえか?」
自分は感じました。
 あと2周なら文句なしの展開でも相手は今一番乗れているヴィニャです。再逆転の目がありそうな時間(=距離)があります。
 でもそんなこと言っている暇はない。ロッシはプッシュし続けます。
 ビニャも果敢に追走。オーバーラン(!)するほどです。
そしてファイナルラップ···
46out.jpg
ロッシ転倒ーっ!
 とても珍しい王者の自滅。
 迫り来る若きティームメイトそのプレッシャーに屈した(!?)と言える痛いノーポイントでした。

 途中のヴィニャのオーバーラン。勢い余って···と見るのが妥当でしょうが、もし
「その姿を一瞬でも見せつけることによってより強くプレッシャーを···」
という作戦だったとしたら···

チャンピオンは彼でしょう(!)

 そして、頑張れニッキー·ヘイデン!
nicky.jpg







  1. 2017/05/22(月) 10:08:01|
  2. Moto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

D.I.Y.Repainting:Roadsterその3そしてライディングスポーツ・・・

ツクバ
(白粉?仕様・・・w)

 我等がユーノス・ロードスター、DIY塗装作業中にも関わらずツクバ1000コースでのスポーツ走行を楽しんで来たようです。
 大分オイルやらタイヤ滓、ブレーキパッド粉着けて戻ってきました(汗)

 さて3日より作業再開です。
 作業中ちょっとしたアクシデント・・・
 手痕
(触ってしまった・・・!)
なんぞ無数にありますが・・・
リカバリー 
リカバリーします。

 そんな作業中、宅配便が・・・
 見れば差出人に「ライディングスポーツ編集部」とあります(!)
「やった、読者プレゼントに当たった!」

 しかも今回の賞品は、いわば無理目(笑)
 希望者殺到で当選確率低い、と思われた・・・
Tissot のレーシング・キット(!)
tissot.jpg 
オペラグラス・・・
オペラグラス 
とストラップそして「耳栓」のセット(!)
 という高級品でした。
 嬉しい!
 実は自分は仕事上、駐車場(車内)でお客様の「出待ち」する場面が多々あるのです。
 この双眼鏡、そんなシチュエーションできっと活躍してくれることでしょう。

 ありがとうライディングスポーツ!

 ちなみにそのプレゼント応募に際し求められたアンケートが・・・
「貴方にとってスズカ8耐で見てみたいドリームチームは?」
というものでした。
 自分の答えは
「フォガティー、ベイリス、ストーナーのドゥカティ・コルセ。
 とりあえずトップ10入り程度のマシンを仕立てて貰って・・・
 この3人が一緒に走るのが見られるだけで凄いと思う」

 ロードスター仕上がりについては次週(笑)

  1. 2017/05/07(日) 18:20:38|
  2. Moto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017東京モーターサイクルショー:の続き

ヨシムラ
(お、このパーツは・・・!)

 2017東京モーターサイクルショー、各車解説(?)に参りましょう(笑)

 今回のショー、展示はなんと2フロア。そしてトップ画像はその「離れw」の方からヨシムラ。
 マシンと共に昔、自分もその製作に関与していた・・・
 mag_1.jpg  mag - コピー_1

マグネシム・ジェネレーター・カバー


Mgパーツ
 が「ヴィンティッジ・パーツ」として展示されているのにはちょっと誇らしい感じがしました。

 続いてメイン会場へ。

 まず、新生(?詳しいことは知りませんがw)・・・
インディアン。
 インディアン
 ありがちなハーレイのコスメティック改造ではなくオリジナル・エンジン。しかもちゃんと、伝統の左側ドライブ・チェーン(=HDの逆w)。
 我国ではともかく世界的に考えても、そんな投資に見合うほど売れるんでしょうか?

 
 珍しい北欧車(らしいw)・・・
ビットピーレン。
ビットピーレン 
 なかなか格好良い。今風!
 でも大柄な彼の地の人が考えた企画ゆえか、超高いシート高(!)
 身長180cmはないと乗れないでしょう、日本人には無理((+_+))


 テージっていうからにはビモータなのでしょう、見慣れない・・・
 オフロード・テイスト。
tesi.jpg
 ハブ・センター・ステアリングはストロークさせた方が乗り手に「未来感」を与える(?)かもしれませんね。


 フランスだったか(?)のHDカスタム。
シート下
 通常は「裏側」扱い、特に仕上げ等の配慮はされないシート下、Rフェンダー裏。
 その辺りをサイドカバーからの「流れ」として曲線で美しく、あくまで
「外側」としてデザインした問題作(?)
「なぜ今迄なかったんだろう?」
盲点を気付かされました<(_ _)>
 入念なカスタムの新しい、一つの「潮流」として定着する気がします。


 イタリアから新しいブランド・・・
SWM
SWM
 その昔オフロード系(トライアラー)でその名がありましたが、その復活なのか無関係か・・・
「40年も前のことをこの若い販売員さんに訊いても・・・」
と気後れして、詳しいことは聞きそびれました(笑)


 改造パーツで目を引いたのが、この・・・
ロケット・カウル 
ALカウル
 なんとアルミ製(!)でした。
 当然高価でしたが・・・
 それなりのお値段にもかかわらず歪んでいる可能性が高い(笑)通常のFRP製よりずっとそのバリューはあるかと。
そんな機会があるかどうかはさておき(笑)
「使うならコレ、だな」
と思いました。

 こういった
「・・・だとしたら・・・」
を思い浮かべながら楽しめるのがオートバイの魅力、ですね。


 最後に日本製カスタム、というかなんと・・・
 オリジナル車(!)
湯たんぽ
 4輪のミツオカみたいなもの、なのでしょう(笑)
 海外で組み立てるのかな、と。
 ジャパニーズを打ち出しているのかデザイン的にも素晴らしいアクセントになっているそのマフラー・・・
 ホントに「湯たんぽ」でした(!)
 そのアイディアには脱帽。消音性能はもちろん、排気への耐久性
(本体は亜鉛メッキの筈ですが、その改造部分)等非常に興味あります。
 でも、例え問題があってもこのまま売ってほしい。音も聞いてみたい・・・

 大変面白いショー、でした。



  1. 2017/04/09(日) 15:32:34|
  2. Moto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tokyo Motorcycle Show 2017


(荒天にもかかわらず凄い人出・・・)
 恒例の「東京モーターサイクルショー」行って参りました。

 日曜日は、前日とはうってかわって冷たい雨が・・・
 でも会場は驚くほどの賑いと熱気!依然としてオッサン主体(笑)とはいえ一瞬
「オートバイブーム再燃か?」
と思ってしまいました。なわきゃない。

 この手のイベントに来る度その来場者のあまりの平均年齢の高さに
「何とかして、若い層を・・・!」
といつも感じます。そしてイベント側にも(効果は別としてw)その努力の跡は見受けられるのですが・・・
 今回は違う印象を受けました。

 最近の若者は欲がないし(笑)もちろん金も持ってるわけがない。
 若者が金がないのは今も昔も変わらないのでしょうが(笑)スマホやらの生活インフラ(?)にかかる金が、自分らの頃とは大きく違うかもしれません(?)。
 そして昔のモーターサイクルショーにはそういった貧乏な若者への配慮というか彼等をターゲットとした、安価なものや企画があったものです。そのチープさがどこか緩さというか雑多な(失礼w)雰囲気を醸し出してもいました。
 がしかし、今回のショーからはそういう気分は全く感じられませんでした。というより本気(!)
「遂に業界は貧乏な若者を見限り、金持ってる大人だけを相手にするようにシフトして来たのか?!」
そう感じました。


 実際マーケットはシュリンク、ニッチ化している昨今、その路線変更は正しいのでしょう。


 まあ路上を走るモーターサイクルの増加と業界全体の景気の底上げ、そして何よりライダー全員の安全(!)を願ってやみません。


会場歩きながら、目立ったマシンは・・・
ビットピーレン  インディアン
こんなところ。日本車各社やDやHD等・・・
湯たんぽ  SWM
メジャーどころは撮りませんでした。
シート下   tesi.jpg
(混んだ会場内展示ステージ前でのタブレット撮影は難儀・・・)

各車解説は来週に<(_ _)>
  1. 2017/04/02(日) 16:40:40|
  2. Moto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ