Cross road BB:Live@Ginza Tact

CBB 
(3人の、最小編成)

 そう心に決めている訳ではなさそうですが(笑)
 
結果的にそうなっている(?)友人のバンド「クロスロードBB」の
年に一度のライブが先週、銀座のライブハウスでありました。

 その名から判る通りE・クラプトンに心酔するバンド、ドラマーI君とは高校時代から・・・といった縁で毎回都合がつく限り出掛けてます。というのも毎回、ひょっとしてハコ代が安くなるのか?3連休の中日(今回は初日w)の真っ昼間とかの、中々出掛け難い日程を組んでくるので(笑)
 当然、集客は難しくなります。観客動員協力の意味で毎回知人に声をかけてます。
 そしてその動員呼び掛けに毎回応えてくれるのが前稿「革ジャン」の持ち主U氏。いつもありがとうございます<(_ _)>


 今回はクラプトン色は押さえ目で(笑)オープニングはなんとChar!同行U氏曰く
「本物よりいい!」
とのことでした(^-^)

 そして後半はゲスト・ボーカリストそれも女性!

ラプンツェルの「赤猫」嬢

白貞子

(金髪振り乱すさまはまるで歌舞伎の獅子・・・)

 を迎えてのRainbowとLed Zeppelin!

  
 Gates of babylon

 をキーボード抜きでやる(!)のは初めて聴きましたが(笑)ギタリストK氏の力量で音像は隙間なく埋められていました。この曲、個人的には最近
(webニュースで「ばびろんまつこ」なる語を見かけて以来・・・w)
脳内リフレインが掛かっていましてその意味でもタイムリーでした(笑)嗚呼Dioも死んじまったんだなあ・・・。

 そしてツェッペリン2曲。
 途中K氏、しっかりジャンプしていた(笑)

Achilles Last Stand

そして

Rock'n Roll

ドラマーI君のJ・ボーナム節炸裂!前述U氏をして彼のプレイは
「一般的アマチュアバンドとはレベルが違うね!」
と、楽しめた半日でした。

 I君、ありがとうございました。また誘って下さいまし。


スポンサーサイト
  1. 2015/11/29(日) 08:42:24|
  2. Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LIVE!CROSS ROAD BRUES BAND

クロスロードBB
(Guys on stage!)

 先週末、友人I(コージー)の参加するバンド「クロスロードBB」のライブがありました。

 3連休中日の日曜日の午後、という集客面においては最悪の条件。その一助になれば・・・と友人U氏を誘い、行ってまいりました。

 U氏は先日のステップバン返却には飯山へ、思い起こせば昨年の今頃Y10陸送の際には富山までもおつきあい頂いた恩人です。でもまたおつきあいお願いしてしまいました<(_ _)>

 当日の赤坂は好天の日曜、ファーストアクトとしてはまずまずか、と思えるお客の入り。夜勤明けのU氏も既に到着していました。

 早速Iとメンバーに挨拶。

golf2.jpg 
(先日のゴルフ・ミラーも喜ばしく機能しているとのこと)

 おや?「コヤチン」がいない?

 聞けば脱退(!)とのこと。楽器は何でもござれの器用人、しかも前回のライブではウィッグまで用意しての

R・プラント

 は鬼気迫るもの(笑)があったのに・・・そうかあもう見れないのかあ。
 
もっと聞けば、そこで新たに若い(20代!)の女性ヴォーカリストを迎え心機一転練習に励んでいたところ、今回のライブ直前になって彼女にも脱退されてしまい(!)3人の最小編成になってしまった・・・とのこと(T_T)

 それでもめげないメンバーが仕上げ直して挑む今回のライブなのでした。
「最小編成でも音の隙間感を感じさせない」
のがコンセプトだそうでギターK氏十八番のクラプトン中心、ジミヘンも加えた渋い構成となったようです。

 我等が友人Iは例のアビーロード・ベスト

abbey R 

ではなく
(当日対バンの「J・レノン・バンド」にも受けたでしょうに・・・残念!)

先日亡くなったJ・ブルース追悼の意味を込め
所縁のツアーTシャツを着用してのステージです。

ちなみに自分は「クリムゾン宮殿革ジャン」を着て行きました。

宮殿
(available,¥50,000)

一部には受けました(笑)

「音の隙間」を埋めるべく友人Iは
「クリーム」というよりそこだけツェッペリン・・・

コージー

コージー節全開(!)

 で叩きまくり(笑)なかなか素晴らしい演奏ではありました。

 帰りはメンバーの打ち上げには参加せずU氏ととんかつ屋へ
(食べログ「十字野郎の実食インプレッション」参照)。

 またライブ、呼んで下さいね!


  1. 2014/11/09(日) 13:01:49|
  2. Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4-7) 音楽の話:2

 
(sample,not available)
 前々回の音楽の話題、もう少し膨らませてみましょう。
 自分の好きな「人生を鼓舞してくれる」(←前稿参照)ヴォーカリストとしては・・・

独自の様式美と世界観をその声のみで鮮やかに描き出す
R・J・ディオ (レインボウ)

(お伽話の世界(ⓒギタリストK)?)
 
ぶっとい超ハイトーン!
G・ボネット(アルカトラス) 

追い越しちゃった「リッチー・フォロワー」イングヴェイのギター炸裂!の
Hiroshima Mon Amourは出色!日本人なら必聴でしょう。

自らの声を楽器とし、リッチーとやり合う
I・ギラン(ディープパープル) 

(これはリユニオン版)

声の中に青空がある(ⓒKey)
S・ペリー(ジャーニー)

 (これはソロ名義 Street Talk)
・・・らがいます。
 彼らには素晴らしい声と、「真似したい!」と衝動的に思わせる格好良さ(?)があります。
 ファッション・センスについては「?」かもしれませんが(笑)それでも敢えてそのダ○さを取り入れたくなる程、心酔してます。
 思えば自分の入れ込んでいる革ジャケットも、 少々場違いでも敢えて・・・ という場合は結構多いのですが、これはそれらをファッション・アイコンとして捉えているがゆえ、です。
 その革ジャケットやそこに描かれているアルバム、その音に関わったミュージシャンらへのトリビュート(リスペクトか)として身に着ける、
 もっと言えば
 彼ら、アルバムあるいはその革ジャケット自体を自分より「偉い」と思っている、ということです。

 「モノ」好きと書くと珍しい物好き、好事家の意が強くなってしまい、ちょっとニュアンスが違ってきてしまうのですが、文字通りの意味で「オブジェ」好き、そして「アイコン」好きとしての自分にとって革ジャケットとロックは、なくてはならないものなのです。
 そう考えると自分の「ピンズ好き」も「アイコン好き」から来るものとして納得でき・・・ヴォーカリストの話に戻しましょう。

 前述のヒーローたちに加え、馴染みあるヴォーカリストたちとそのオススメ盤、
列挙してみましょう。
 ちなみにここで言う「馴染みのある」とは「演ったことがある」ということです。
 まず・・・
P・マッカートニー。
 


 そして、欧米では似たタイプとされる(!)B・ジョエル。

 このアルバム、ちょっとビートルズ(白盤か)な雰囲気と
当時の不況感を反映してやや暗めなのですが、
出だしのAllen Town、いいです!
暗い歌詞でも、特にライブ映像では
「俺は負けねえ」って勢いが感じられます。
加えて3曲目Pressure。スリリング!な曲です。


D・L・ロス。
 
真似のできない「悪声」の魅力を持つ彼のこのアルバム、完成度は高く
最近彼が復帰した「新世紀」ヴァン・ヘイレンへ連なる流れを感じさせます。
そう、彼はずっと変わっていないのでした。

あまり好みではなくても・・・素通りはできない存在感
R・プラント (レッドツェッペリン)

そして彼に心酔しているという、田中昌之 (クリスタルキング)
 
彼は不幸な事故がなければもっと大成していたことでしょう。

 デーモン小暮(聖飢魔Ⅱ)

閣下曰く10万年生きてきた、という割には(笑)
好みはかなり自分と近いようで、ということは「歌謡界」では相当ハードコアです。
そのルーツはマグマ大使の敵役
ゴア
(=ゴア、声は大平透)のように感じます。

 D・カバーデイル(ホワイトスネイク) 

パープル後期の彼ははファンク化してました。

 J・L・ターナー (レインボウ)
 
彼はファン上がりの、いわばリッチーの下僕(リユニオン・パープルにも参加)。
ご主人様に絶対服従なのがちょっと不満です。

 O・オズボーン (ブラックサバス)

言わずと知れたロックの伝道師。その個性と存在感の真似は難しいです。
従来とはちょっと違う「穏健路線」ですが このアルバム、佳作です。

T・ハーネル(ヨーロッパ)

元祖北欧メタル。まだやってるみたいですね。

 以降はちょっと毛色違い(=演ったことなし、聴くのみ)ですが・・・
D・フェイゲン (スティーリー・ダン)

相棒たるW・ベッカーのソロはぶっちゃけ凡庸。 フェイゲンのバンドってことです。

町田町蔵 (Inu)

作家の町田康 はかつてミュージシャン。 一度聴いたら忘れられないインパクト!
余談ですが・・・
ジャニーズ(=アイドル)とは思えない「ロック」なセンスが光るギタリスト、
TOKIOのリーダー城島。彼にこれをカバーしてもらいたい!
本気でそう思ってます。ネイティヴ関西弁も活きることでしょう。
 
巻上公一 (ヒカシュー)
テクノポップ御三家の一角ですが、このビデオ
GD.png
(残念ながら現在入手不可・・・)
らしくて一番好きです。
・・・らがいます。

 トップ画像はCG's会報用に描き下ろしたポルシェ956(@サインペン一発)
 元ネタはなんとスポーツ新聞(!)の、不鮮明な写真でした。
 折しもWECジャパン
の開催で「Cカー」の凄さを目の当たりにした日本のレース界が
「世界」の洗礼を受けた直後でした。
 こういった外圧ともいえそうな「黒船」効果で我国のモータースポーツが本場との「彼我の差」を認識、目覚めさせられたという事例には残念ながらこと欠きません。
F1インジャパン

インターテック

インターF3リーグ

2輪では
TBCビッグロード
TBC.png
ジャパンスーパークロス
SX.png
 自分がリアルタイムで味わっただけでもこんなに・・・。
 自動車大国にしてモータースポーツ後進国、の悲しい現実ではありました。

 ちなみにWECジャパン、TV放送のオープニングのBGMは上記B・ジョエルのPressureのイントロが使われていた、とか 本屋時代懇意にしていただいた版元の社長さんが当時、来日した海外チームのコオーディネーターをしていた、とかはたまたCG'sメンバーのクルマが出ていた(!?実は似た外観のゴルフ)等々、逸話にはこと欠かない歴史的イベントではありました。

[4-7) 音楽の話:2]の続きを読む
  1. 2013/07/21(日) 10:59:47|
  2. Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4-6) 音楽の話

P4 コピー
(available)
 4-5) Musica favorita稿にて革ジャケットイラストがらみのお気に入りミュージシャンとアルバムについてお話しましたが、今稿では革ジャケットを離れた、広い意味での好きな音楽について書き散らかしてみましょう。
 まずは以前申し上げた通りの「基本」、R・ブラックモア系(もはやジャンルです!)から・・・言わずと知れたDeep Purple
Machine Head。
 ジャケットイラストの題材にしようかと考える位その存在、重く見ていますが、画材との相性にやや問題がありそうで二の足状態(もちろんご希望があればやります!)です。それこそエアブラシ向き(4-0) Giacca di cuoio参照)でしょう。
 音楽的には、意外に淡々としている(と思います・・・)のである意味 、より暑苦しい(笑)パープルの真髄が味わえるものとしては
24caratと

Burn
が挙げられると思います。まあ後者は表題曲1曲だけ、そうパープルのヴォーカルはやっぱりD・CoverdaleではなくI・Gillan!ですが、そのカバーデイルの1曲の威力はギランが束になってかかっても・・・という感じではあります。
 時代はずっと下ってレインボウ名義(Ritchie Blackmore's Rainbow)ですが
 
Stranger in Us All。
 特に話題にもならないアルバムですがこれは結構気に入ってます。ライブも行きました。1曲目が良いのは当然として、加えて9曲目Hall Of The Mountain King(沢田研二は進んでたなあ、とも思いますが)いいです。
 気に入ってる理由の一つが曲名。マウンテンキングなんて自転車乗りっぽいじゃありませんか!

 続いて P・マッカートニーと思いましたが・・・
PM.jpg
これまたまとまらない。流石にギネスブックにThe Most Successful Musician of the Worldとして載る男。汲めども尽きぬその才能の煌めきには平伏するほかありません。
 新旧どの曲を聞いても「そう来る!」「こう来た?」の連続でベストは選びきれません。

 さていわゆる3大ギタリスト信奉者とはちょっと違う、
 「リッチー・フォロワーの早弾きギタリストの系譜」
ってのがあって、その筆頭がY・Malmsteen

(ほっぺた凹ますのが彼の被写体としての流儀です・・・^_^)
そして猛追する

C・Impellitteri。
 スーパーGTのTV放映オープニングテーマとしても使われていたRising Forceにはギターというよりヴァイオリン風(!)の部分が、Stand in LineにはAC/DC等の影響が見えますがそれでもこの2編、自分の中ではベスト・ロック・アルバムと言えます。
 付け加えれば、2人とも元リッチーの(バンドの)ヴォーカリストと組んでいるところが「フォロワー」たるゆえんでしょう。ヘヴィメタル評論家I氏はかつてそれを「・・・皆、リッチーの片腕を欲しがって・・・」と、らしい表現で看破しておりました。
 ギタリストの話題としては、夭逝した悲劇の天才(自動車界に例えると
H・トイヴォネンのような)R・ローズ はその評価に反してそんなに好みではないのですが、O・オズボーンが彼の後釜に発掘してきたギタリストはいずれも粒揃い、でした。
Jake E Lee
Bad Lands。
そしてZakk Wylde
 
 Black Label Society。
 ジェイクの真髄は彼のオジー時代の代表作(?)

(空耳「バカだもん」で有名ですね)
 Bark at the Moonで!

(個人的にはN・マンセルのテーマと・・・脱線ですm(__)m)
 彼はBad Landsとして「独立」してもロック路線は外さず、行っても
ブルースにとどまっている一方、ザックの方は「オジー・デビュー」版が
No Rest for the Wicked
そのオープニング、Miracle Man のインパクトはかなりのものでしたが、独立後はしばしば「ウェスタン好き」が顔を出すためロックとしてこれ!というものは未だに・・・と思います。

常々自分は音楽、特にロックは

 人生を鼓舞するためにある(=しんみりするためのものではない)!

と思っているので、上記の彼らがいれば他は・・・という感じもします。
 
 また、特に好みではないものの「馴染みのある」ギタリストとしては
P・ギルバート
(Mr. Big)
S・ヴァイ
(D・L・ロス)
W・デ・マルティーニ
 
(ラット)
M・シェンカー
 
(UFO)
G・リンチ

(ドッケン)
A・フレーリー
 
(キッス)
そして、J・ペイジ
 
(レッド・ツェッペリン)
ら、がいます。 あと、ギタリストというよりは「ジャンル」として
メタリカ(!)
 
があります。

そのほかに「人生を鼓舞するヴォーカルの系譜」もあるのですが、それは改めて。
 
 

 トップ画像は某ヒストリックイベント、出撃前ガレージにて、ゼッケン貼りとTV取材を受けるH氏のFerrari P4。
 最高のフェラーリ、とする人もいますね。
  1. 2013/07/07(日) 10:21:21|
  2. Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0