2-4)アルファロメオ・ティーポ33

 
(available)

 画像は、アルファロメオ・ティーポ33ストラダーレ、ラグナセカでのショットです。 

 この車、ランボルギーニ・ミウラと並んで「宝くじが当たったら・・・」的な対象(笑)として人気が高いようです。

 熱心なマニアは除いて、この車との出会いは

57.png
スクランブルカーマガジン57号

という方と映画

という方に二分されるのではないでしょうか?

 この車については前述「映画」の件を含め 

TS3Q0160.jpg
NAVI'98/9

に詳しいのでそちらを読んで頂くとして、この車には
「縁がある」と勝手に思い込んでいる()自分が見て来たことをお話ししましょう。

 この車、言ってしまえば余ったレーシングカーのシャシーに、美しさはともかく、当時の目で見て新しいとは言えないGTスタイリングを載せて仕上げた「企画商品」です。

 そうはいってもこの車を
「処分品を高く売り抜く・・・」と腐すつもりは全くありませんし、同時にこの車がそういう「商品」ではないことは、手作りの痕跡ありありの実車のディテールを見ていただければお判りになると思います。

 ではなぜこの車は生まれたのか?またまた推理してみましょう。

 まず最初に、なぜシャシーが余ったか?です。

 普通「ワークス」レーシングカーは自社チーム必要台数+有力チーム分しか用意されないものです。
 にもかかわらず少数とはいえまとまった数ストラダーレが生産できた理由、それは恐らくこのシャシーの特異な素材構成によるものと思われます。

 この車の生まれたのはレーシングカーにおける数々の技術革新が見られた時代。アルファロメオ初のミドシップでもあるティーポ33はもう一つ革新的技術を内包していました。旧来のパイプ溶接による

SF.png 
鋼管スペースフレーム

に代わるモノコック構造のシャシーです。ロータスが先鞭をつけた「先進」のシャシー構造。当時、新規に興されるレーシングカーには導入されて然るべき技術でした。例えそれまでのスペースフレームになんら不足(剛性、重量、生産性、設計自由度等)がなくとも、です。レースとはそういうもので、レース屋とはそういう人種でしょう。

 そしてただ「真似」するのをよしとしないのもレース屋です。

 通常は折り曲げたアルミ板をリベットで組むところを敢えてアルファロメオは鋳造(部材の組み上げ)を選択したのでした。
 形状の自由度を求めて、のことなのでしょう。鋳造ならば曲線曲面はもちろん剛性分布に合わせ肉厚すら変えられるのです。
 きっと設計者氏の美意識は通常のモノコックの

sss.png

「積み木レベル」

の稚拙な形状が我慢ならなかったのではないでしょうか?

 同車のモノコックは、燃料タンクを兼ねる大径丸断面「サイドシル」をコの字型に繋いだメイン部材がドライバーを後方から囲み、そこから後方へ2本エンジンハンガーが突き出し、前側はこれまた凝った形状のルクヘッドが締結される、という「芸術的」なものです。

t33 (2)

(黄色い部分の形状が特にエグゾティック)

 この鋳造部材、一部はマグネシウム製、となると制作は当然外注(カンパニョーロか?)です。

 この発注のロット数(30~40?)これがストラダーレプロジェクトのための余剰分を生み出したものと想像します。

 スペースフレームや通常のアルミモノコックのような「切った貼った」の生産工程であれば生産期間中に
 何台分かの完成前フレーム構造部材が揃う
 ということは考えられないのです。

 また、このストラダーレプロジェクトはその生産性の低さ(!ほとんど手造り)から、当初から計画されたものではないのは明らかです。

 しかし同車がストラダーレを仕立てたくなる資質を持っていたのも事実なのです。
 その資質とは、足まわりのタフネス、靭性です。

 当時はルマンカーのようなプロトタイプが公道を走る(!)タルガフローリオといった「ラリー」も行われており、メーカーとしても無視しえない程の人気を博していました。そしてティーポ33にはタルガフローリオも走れるように、サーキット専用(=脆弱)ではない、ストリート風味の

t33s.png

強靭な足まわり

が与えられたのです。その足回りを理由に
「この車を公道で走らせたい!」
そう考えた関係者は少なからずいたのではないでしょうか?


 ストラダーレではなくコンペティツィオーネに注目するとティーポ33は、時代性でいうと

t331 - コピー (2)

ポルシェ906 ←挿し替え致しました<(_ _)>

のライバルです。
 アルファロメオ陣営はそのカレラ・シックスの一世代前、904の

904.png

モンテカルロラリーでの活躍

を念頭にその足まわりの仕様を決めたのではないか、とも思っています。
実際アルファは当時相当ポルシェを意識していたようです。
 ティーポ33は、そのストリート風味の「前足」がゆえにレーシングカーとしては無視し得ない、ハンドリング上の瑕疵を抱えていたように思います。

m33.png 
(どアンダー・・・しかもジャッキアップしてます・・・)

 興味深いことに、そういった問題は一方のポルシェも同様で
 906は「お家の事情」でストリートカー用の大径ホイールを履かされていました。
 これが相当のネックだったことは、その呪縛を解かれた後継車910

910.png

カレラ10

は小径ホイールとともに無敵の称号と、後の917に至る拡張性をも得たのです。

・・・と今回はここまで・・・。
 ストラダーレ各個体のディテールの違いは次回に。

 




スポンサーサイト
  1. 2013/07/28(日) 14:39:22|
  2. Illustration&Work
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

4-7) 音楽の話:2

 
(sample,not available)
 前々回の音楽の話題、もう少し膨らませてみましょう。
 自分の好きな「人生を鼓舞してくれる」(←前稿参照)ヴォーカリストとしては・・・

独自の様式美と世界観をその声のみで鮮やかに描き出す
R・J・ディオ (レインボウ)

(お伽話の世界(ⓒギタリストK)?)
 
ぶっとい超ハイトーン!
G・ボネット(アルカトラス) 

追い越しちゃった「リッチー・フォロワー」イングヴェイのギター炸裂!の
Hiroshima Mon Amourは出色!日本人なら必聴でしょう。

自らの声を楽器とし、リッチーとやり合う
I・ギラン(ディープパープル) 

(これはリユニオン版)

声の中に青空がある(ⓒKey)
S・ペリー(ジャーニー)

 (これはソロ名義 Street Talk)
・・・らがいます。
 彼らには素晴らしい声と、「真似したい!」と衝動的に思わせる格好良さ(?)があります。
 ファッション・センスについては「?」かもしれませんが(笑)それでも敢えてそのダ○さを取り入れたくなる程、心酔してます。
 思えば自分の入れ込んでいる革ジャケットも、 少々場違いでも敢えて・・・ という場合は結構多いのですが、これはそれらをファッション・アイコンとして捉えているがゆえ、です。
 その革ジャケットやそこに描かれているアルバム、その音に関わったミュージシャンらへのトリビュート(リスペクトか)として身に着ける、
 もっと言えば
 彼ら、アルバムあるいはその革ジャケット自体を自分より「偉い」と思っている、ということです。

 「モノ」好きと書くと珍しい物好き、好事家の意が強くなってしまい、ちょっとニュアンスが違ってきてしまうのですが、文字通りの意味で「オブジェ」好き、そして「アイコン」好きとしての自分にとって革ジャケットとロックは、なくてはならないものなのです。
 そう考えると自分の「ピンズ好き」も「アイコン好き」から来るものとして納得でき・・・ヴォーカリストの話に戻しましょう。

 前述のヒーローたちに加え、馴染みあるヴォーカリストたちとそのオススメ盤、
列挙してみましょう。
 ちなみにここで言う「馴染みのある」とは「演ったことがある」ということです。
 まず・・・
P・マッカートニー。
 


 そして、欧米では似たタイプとされる(!)B・ジョエル。

 このアルバム、ちょっとビートルズ(白盤か)な雰囲気と
当時の不況感を反映してやや暗めなのですが、
出だしのAllen Town、いいです!
暗い歌詞でも、特にライブ映像では
「俺は負けねえ」って勢いが感じられます。
加えて3曲目Pressure。スリリング!な曲です。


D・L・ロス。
 
真似のできない「悪声」の魅力を持つ彼のこのアルバム、完成度は高く
最近彼が復帰した「新世紀」ヴァン・ヘイレンへ連なる流れを感じさせます。
そう、彼はずっと変わっていないのでした。

あまり好みではなくても・・・素通りはできない存在感
R・プラント (レッドツェッペリン)

そして彼に心酔しているという、田中昌之 (クリスタルキング)
 
彼は不幸な事故がなければもっと大成していたことでしょう。

 デーモン小暮(聖飢魔Ⅱ)

閣下曰く10万年生きてきた、という割には(笑)
好みはかなり自分と近いようで、ということは「歌謡界」では相当ハードコアです。
そのルーツはマグマ大使の敵役
ゴア
(=ゴア、声は大平透)のように感じます。

 D・カバーデイル(ホワイトスネイク) 

パープル後期の彼ははファンク化してました。

 J・L・ターナー (レインボウ)
 
彼はファン上がりの、いわばリッチーの下僕(リユニオン・パープルにも参加)。
ご主人様に絶対服従なのがちょっと不満です。

 O・オズボーン (ブラックサバス)

言わずと知れたロックの伝道師。その個性と存在感の真似は難しいです。
従来とはちょっと違う「穏健路線」ですが このアルバム、佳作です。

T・ハーネル(ヨーロッパ)

元祖北欧メタル。まだやってるみたいですね。

 以降はちょっと毛色違い(=演ったことなし、聴くのみ)ですが・・・
D・フェイゲン (スティーリー・ダン)

相棒たるW・ベッカーのソロはぶっちゃけ凡庸。 フェイゲンのバンドってことです。

町田町蔵 (Inu)

作家の町田康 はかつてミュージシャン。 一度聴いたら忘れられないインパクト!
余談ですが・・・
ジャニーズ(=アイドル)とは思えない「ロック」なセンスが光るギタリスト、
TOKIOのリーダー城島。彼にこれをカバーしてもらいたい!
本気でそう思ってます。ネイティヴ関西弁も活きることでしょう。
 
巻上公一 (ヒカシュー)
テクノポップ御三家の一角ですが、このビデオ
GD.png
(残念ながら現在入手不可・・・)
らしくて一番好きです。
・・・らがいます。

 トップ画像はCG's会報用に描き下ろしたポルシェ956(@サインペン一発)
 元ネタはなんとスポーツ新聞(!)の、不鮮明な写真でした。
 折しもWECジャパン
の開催で「Cカー」の凄さを目の当たりにした日本のレース界が
「世界」の洗礼を受けた直後でした。
 こういった外圧ともいえそうな「黒船」効果で我国のモータースポーツが本場との「彼我の差」を認識、目覚めさせられたという事例には残念ながらこと欠きません。
F1インジャパン

インターテック

インターF3リーグ

2輪では
TBCビッグロード
TBC.png
ジャパンスーパークロス
SX.png
 自分がリアルタイムで味わっただけでもこんなに・・・。
 自動車大国にしてモータースポーツ後進国、の悲しい現実ではありました。

 ちなみにWECジャパン、TV放送のオープニングのBGMは上記B・ジョエルのPressureのイントロが使われていた、とか 本屋時代懇意にしていただいた版元の社長さんが当時、来日した海外チームのコオーディネーターをしていた、とかはたまたCG'sメンバーのクルマが出ていた(!?実は似た外観のゴルフ)等々、逸話にはこと欠かない歴史的イベントではありました。

[4-7) 音楽の話:2]の続きを読む
  1. 2013/07/21(日) 10:59:47|
  2. Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2-4) 工具の話

 
(available ¥200,000 ・・・)
 ブログリンクさせて頂いてます オッサンA 様 自身のブログで工具についてアップされているのに触発され、今回は自分もオススメ工具の話など。

 まず最初に挙がるのが、自転車メカニックとして持っていて損のない電動工具の筆頭、ハンディー・ベルトサンダー
「ベルトン」です。
 使い道はぶっちゃけ、ブレーキワイア・アウターの切断面の仕上げ
(=平滑に研削 )のみですが・・・これがあるのとないのでは大違い!
 切りっ放しではブレーキタッチに問題が出る(=スポンジーになる)可能性が高いし、内側の螺旋鋼はかな~り硬いので、手ヤスリ仕上げなんぞ
「やってられるか!」って感じです。
 他の電動工具としては、一般的なドリル、ディスクサンダー
(=ともにカザーティ号にて使用)などがありますが必要ない向きの方が多いでしょう(笑)
 電動ドライバーもあると便利ですが、日曜大工等で「数多く締結する」状況がなければ必要ないかも。
 金属切削をやるにはリューター
面取り
が要りますが、ドリルにつけると使い勝手が悪いので、
FS_20130714145732.png
フレキシブルシャフト
も必要になります。昔はよく「ポート研磨」と称して、エンジンから大量のアルミを削り取ったものですが(笑)効果の程は・・・どうだったんでしょうか?
 自分の場合は2st.が多かったので、それなりに効果というか「充実感」はありましたが。
 実は我が家のフレキシブルシャフト(それも2代目)はオーバーロードか、先日バフ研磨作業中に壊れてしまいました(泣)しかし最近はエンジンチューニングの機会もなく、使用頻度も低いので、買ってません。
 実際金属の切削加工をする機会もめっきり減った現在、もう手に入れることはないかもしれません。

 電動工具の話はこれぐらいにして、続いて普通のハンドツールの話題。

 まず自転車メカニックに限らず必携と言えそうな小振りのモンキーレンチ。
高精度のものを探すのも
「工具趣味」の楽しみの内かと(笑)
irega.jpg
これはスペインのイレガ(モンキー専門、他社OEMも)。
 呼び寸100mmで精度は最高!・・・とはいきませんが
(=ニップル回しはなんとか可能)、安価でした。
 特に自転車用だと、さほど高トルクはかからないので長さはこれで充分、問題になるのは厚みです。本品は厚み9mm、先端厚5mm。最低ペダルを外せないと持ち歩く意味がないでしょう。
「4in1」6角レンチ。
アレンキ  
 これは、ホームセンター系の安物「便利工具」なのですが、使い勝手は思いのほかよいです。普通の6角レンチの短辺方向にもちゃんと使え、同じく「ボールポイント」のようにも動かせます。ぼんやり使うと(長辺方向は)オーバートルクになってしまうのが難点ではありますが。
ネジ山修正機。
 これはお世話になっている方からのプレゼントでしたが重宝してます。
 修正機と言ってもダイスのようにネジ山を切り直すほどの能力はありませんが、舐めかかったネジ山を修正することはできます。むしろそれより、
「油と泥で埋まった」ようなネジ山から異物を掻き出す
(=二次災害防止、本当は交換が望ましい・・・)のに最適です。
最近は、そんな劣悪な状態のボルトに触れることもなくなりましたが、昔は・・・(笑)特に2st.の排気系や旧車のオイルパン周りとかにそんなネジが多くありました。
 ネジ山修正といえば・・・「簡易タップ」の作り方についてお話ししましょう。
 これも「簡易」というくらいでやはりネジを切り直すことはできませんがよくある、無理な姿勢等が原因でボルトが「斜めに」入ってしまった場合
(=やはり排気系作業で頻発・・・)の修正程度は充分可能です。
 まずその壊れかけの雌ネジが健全な時にフィットするボルトを用意します。
 そのボルトの先端部分をテーパーに削ります。
 最先端のネジ山が少し残る(=丸棒にはならない)程度、
 テーパーの終わりは、全ネジ挿入長プラスってところでしょうか。
 そのテーパー部分に縦(=軸方向)に半丸ヤスリで「溝」を切ります。
切込
V字の「切り込み」
 先端最深部で深さ4㎜くらいでしょうか。これで完成。
 こいつをその壊れかけの雌ネジにゆっくり力強く(=結構な手応えで)
 ネジ込めば修正完了です。
 この簡易タップ、再使用はできません。焼きが入っていないので「刃」である切り込みのエッジ、が保たないのです。まあ、お試しになる機会のないことを祈ります。

 作業は正しい姿勢と道具、方法、環境で!
 
 トップ画像は、弟の新居購入祝いに制作した

 Ferrari Dino206S

 のレリーフ。
 サイズはおよそ90cm×40cm×5cm。
 木製で材種は栃。
 オイルステイン+クリア塗装仕上げ。

 当時は訳あって彫刻に凝っておりまして、
 「新築の新居」と聞いて・・・「透かし彫りの欄間」をイメージ、この作品が生まれました。
 本来の欄間の位置(=頭の上)に飾った時、すなわち下から見上げた時に「正しく見える」角度で彫ってあります。
 この彫刻機

で制作。
 名実ともに結構な「大作」で(笑)200時間くらいかかりました・・・(汗)

 クルマ全体を、それも3/4ビューで(サイドビューなら幾らか楽なのに・・・)
206s_20130714145627.jpg 

厚み5cmに「圧縮」して綴じ込める!

のは実にチャレンジングで、楽しめました。

 ご希望があれば描くだけではなく、何でも彫ります!

 ちなみに弟曰く
「こんな重い物を上の方に飾っておいて、もし落っこちでもして・・・
 子供が怪我でもしたらどうする!?」
 すごすご持って帰りました。 ちゃんとつけりゃいいじゃんか・・・。

[2-4) 工具の話]の続きを読む
  1. 2013/07/14(日) 15:40:33|
  2. Tool
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4-6) 音楽の話

P4 コピー
(available)
 4-5) Musica favorita稿にて革ジャケットイラストがらみのお気に入りミュージシャンとアルバムについてお話しましたが、今稿では革ジャケットを離れた、広い意味での好きな音楽について書き散らかしてみましょう。
 まずは以前申し上げた通りの「基本」、R・ブラックモア系(もはやジャンルです!)から・・・言わずと知れたDeep Purple
Machine Head。
 ジャケットイラストの題材にしようかと考える位その存在、重く見ていますが、画材との相性にやや問題がありそうで二の足状態(もちろんご希望があればやります!)です。それこそエアブラシ向き(4-0) Giacca di cuoio参照)でしょう。
 音楽的には、意外に淡々としている(と思います・・・)のである意味 、より暑苦しい(笑)パープルの真髄が味わえるものとしては
24caratと

Burn
が挙げられると思います。まあ後者は表題曲1曲だけ、そうパープルのヴォーカルはやっぱりD・CoverdaleではなくI・Gillan!ですが、そのカバーデイルの1曲の威力はギランが束になってかかっても・・・という感じではあります。
 時代はずっと下ってレインボウ名義(Ritchie Blackmore's Rainbow)ですが
 
Stranger in Us All。
 特に話題にもならないアルバムですがこれは結構気に入ってます。ライブも行きました。1曲目が良いのは当然として、加えて9曲目Hall Of The Mountain King(沢田研二は進んでたなあ、とも思いますが)いいです。
 気に入ってる理由の一つが曲名。マウンテンキングなんて自転車乗りっぽいじゃありませんか!

 続いて P・マッカートニーと思いましたが・・・
PM.jpg
これまたまとまらない。流石にギネスブックにThe Most Successful Musician of the Worldとして載る男。汲めども尽きぬその才能の煌めきには平伏するほかありません。
 新旧どの曲を聞いても「そう来る!」「こう来た?」の連続でベストは選びきれません。

 さていわゆる3大ギタリスト信奉者とはちょっと違う、
 「リッチー・フォロワーの早弾きギタリストの系譜」
ってのがあって、その筆頭がY・Malmsteen

(ほっぺた凹ますのが彼の被写体としての流儀です・・・^_^)
そして猛追する

C・Impellitteri。
 スーパーGTのTV放映オープニングテーマとしても使われていたRising Forceにはギターというよりヴァイオリン風(!)の部分が、Stand in LineにはAC/DC等の影響が見えますがそれでもこの2編、自分の中ではベスト・ロック・アルバムと言えます。
 付け加えれば、2人とも元リッチーの(バンドの)ヴォーカリストと組んでいるところが「フォロワー」たるゆえんでしょう。ヘヴィメタル評論家I氏はかつてそれを「・・・皆、リッチーの片腕を欲しがって・・・」と、らしい表現で看破しておりました。
 ギタリストの話題としては、夭逝した悲劇の天才(自動車界に例えると
H・トイヴォネンのような)R・ローズ はその評価に反してそんなに好みではないのですが、O・オズボーンが彼の後釜に発掘してきたギタリストはいずれも粒揃い、でした。
Jake E Lee
Bad Lands。
そしてZakk Wylde
 
 Black Label Society。
 ジェイクの真髄は彼のオジー時代の代表作(?)

(空耳「バカだもん」で有名ですね)
 Bark at the Moonで!

(個人的にはN・マンセルのテーマと・・・脱線ですm(__)m)
 彼はBad Landsとして「独立」してもロック路線は外さず、行っても
ブルースにとどまっている一方、ザックの方は「オジー・デビュー」版が
No Rest for the Wicked
そのオープニング、Miracle Man のインパクトはかなりのものでしたが、独立後はしばしば「ウェスタン好き」が顔を出すためロックとしてこれ!というものは未だに・・・と思います。

常々自分は音楽、特にロックは

 人生を鼓舞するためにある(=しんみりするためのものではない)!

と思っているので、上記の彼らがいれば他は・・・という感じもします。
 
 また、特に好みではないものの「馴染みのある」ギタリストとしては
P・ギルバート
(Mr. Big)
S・ヴァイ
(D・L・ロス)
W・デ・マルティーニ
 
(ラット)
M・シェンカー
 
(UFO)
G・リンチ

(ドッケン)
A・フレーリー
 
(キッス)
そして、J・ペイジ
 
(レッド・ツェッペリン)
ら、がいます。 あと、ギタリストというよりは「ジャンル」として
メタリカ(!)
 
があります。

そのほかに「人生を鼓舞するヴォーカルの系譜」もあるのですが、それは改めて。
 
 

 トップ画像は某ヒストリックイベント、出撃前ガレージにて、ゼッケン貼りとTV取材を受けるH氏のFerrari P4。
 最高のフェラーリ、とする人もいますね。
  1. 2013/07/07(日) 10:21:21|
  2. Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0