腰痛とは・・・?/祝ベストアンサー認定

 
(本文とは全く関係ありませんが・・・がんばれ!シューミー!)

 先週も勢いに乗って・・・
初代 
幼稚な話題を・・・
・・・恥ずかしげもなく(笑)一気に書き上げました。しかも結構な長文になってしまい、その反動で今週もまた前々回同様ネタ切れ感が・・・。
 別に締め切りがあるわけじゃなし、2回に分けりゃいいじゃん、と自分でも思いますが(笑)まあ習い性(症?)かと。

 ところが!
 これまた偶然前々回同様にネタ切れを払拭する朗報が、しかもまたもや
毎日新聞からもたらされました。

 誌上での意見募集に投稿したところ
「ベストアンサー」
に選ばれたのです!勝間先生ありがとうございます。
 そのお題は

「痛みとともに生きる知恵」

でした。そして自分の投稿は・・・

 ぎっくり腰直後でも、すぐ立てるようになる位効果的な「膝裏マッサージ」なるものがあります。自分も腰痛経験者ですが妻の施術(=いつでもやってもらえる、という安心感)のおかげで今では腰痛持ちであることを意識することはなくなりました。もちろん「危いかな?」と感じた時は「予防的に」コルセットを使ったりはしていますが。

 前述のマッサージ、身体の潜在的治癒力を引き出すもの、とも考えられます。となると、本来自分で治せるのにもかかわらず出てしまうのが腰痛、ということになります。
 そこから考えるに腰痛とは「無理するな」「そろそろ休め」という身体からのサインなのではないでしょうか?ある鍼灸師曰く「休ませるために、自由を奪うのだ」とも。

 人の潜在能力、発揮できる最大筋力は、実は自身の体を壊してしまうくらい強力なのだそうで、そうさせないために潜在的安全弁が備わっているとか(それが外れた状態=火事場の馬鹿力)。スポーツ選手は鍛錬により、その安全弁を外せるようになる(=高出力が発揮できる、それゆえ実は故障持ちが多い)とも考えられます。

 既にどこかに痛みが出ている人は、その安全弁を外そうとしているか、あるいは外れかかっている状態なのでしょう。
 その部分を休ませる、何か自然治癒力を高める手段を講じる・・・
「あなたはどうしてここが痛いの?」「あなたはどうして欲しいの?」
自らに問いかけるように、自らの体の発する、内なる声に耳を傾けることが痛みとうまく付き合っていくための第一歩なのではないでしょうか?

・・・以上でした。

 各論、対症療法的な話題にしなかったところが受けたのでは?
 とりあえず嬉しいです!
 これに味をしめて投稿マニアに、なるか?

スポンサーサイト
  1. 2014/06/28(土) 23:00:00|
  2. Culture&Social
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画の話:研究(?) Godzilla

 
(初代。胸、腕、頭の大きさ、鼻に注目・・・後述)
 先月ケーブルTVでゴジラ映画の特集帯番組が組まれていました。毎回チェックはしないまでも、たまたま目に留まると、つい見入ってしまう感じで(笑)何本か「大人になった目」で見直してみました。

 まず初代シリーズを通して特筆すべき点は「音」でした。
 伊福部昭
 の素晴らしい音楽はもちろん、電子音ではない、多重録音によるゴジラの声をはじめとする重厚な効果音の数々には改めて感銘を受けました。ゴジラ映画の魅力を再発見した気分です。

 一方その「音」を除くと・・・
「うーん・・・」
「当時はこれで納得してたんだ・・・」
という作品が多い中、意外に面白かったのが
「ゴジラ対ヘドラ」
 でした。ゴジラから完全に悪の気配が消え去り、正義の味方となった記念碑的作品(笑)でもありゴジラ自体もやたら人間的で(自分を含む)子供には受けただろうな、とも。

(一時中断の後)復活した「平成ゴジラ」シリーズでベストと再認織したのが
「ゴジラ対キングギドラ」
 です。大森監督の好みとコンプレックスを反映したこの作品は公開当時、野郎二人連れで見に行きました。その時は周りは子供ばかりでかなり気恥ずかしい思いも(笑)
 ゴジラ映画に限らず東宝の特撮シリーズ全体に言えることなのですが、少々強引とも言えるストーリー展開&ご都合主義がこの「キングギドラ」では少なく、あってもなんとか辻褄は合っているところが良い
(=見ていられる)かと。
gdr.jpg   ngg.jpg 
最初期型 から 「永井豪」風味の現行型 

(特にスペース・・・)
 まで歴代ゴジラを俯瞰すると・・・
 数多あるゴジラ研究書やHPに精通しているわけではないので、既に知られている事象かもしれませんがとりあえず・・・ゴジラ(の着ぐるみ)外観上から読み取れるインサイドストーリー、自分の発見および見解を以下に。

 ゴジラの姿は当時上野にあったアロサウルス(=骨格標本)の影響を受けているはずです。製作スタッフが見学に行ってるのは間違いないでしょうから(ゴジラの大きめの下肢は標本「見上げた感」の反映かも?)。
 しかしスラリとした8頭身を意識したのでしょうか(笑)頭が非常に小さく
(肉食恐竜としては一層)実は草食恐竜の
イグアノドン
イグアノドン 
(頭、胸、腕・・・どうです、ゴジラっぽいでしょう?)
 を元にしたのではないか?と自分は思っています。
 人間が中に入る着ぐるみとしては肉食恐竜の退化した前肢は不適です。手が不自由では
初代  
「列車を掴む!」
といったアクションもできません。その点イグアノドンの、当時流布されていた想像図には大胸筋っぽい「胸」や「腕」があるだけでなく前述アロサウルス標本同様
前屈していない「直立歩行」
あろ 
(当時の、間違った通説通り)
 と着ぐるみにはずっと適していたのでした。

 ゴジラの皮膚、当初は「イボイボにする案」もあったようですが歴代、一貫してこの
「ひび割れ」タイプ
kkg.jpg
(大腿部に注目。キングコング版)
です。製作上、この肌加工を全身に施すのは結構大変なはず、その手間を回避するためでしょう、やはりこのテクスチャーは身近な、意外なものから「型取り」し反復貼り付けしているようです。その意外なものとは・・・?
 クスノキの樹皮、です。
楠 
(似ているでしょう?)
 きっと東宝スタジオか円谷プロの近くの街路樹から型取りしたのでしょう(笑)
歴代で一番格好良いのは

「キングコング」版
で異論なし、ではないでしょうか?(上図参照)ではその理由は・・・
最も爬虫類っぽい顔
コモド
(これはコモドオオトカゲ・・・)
 をしているからだと思っています。
 思えばゴジラは初代から、恐竜の末裔という設定にしては鼻の造作等、
どちらかといえば哺乳類的な顔つきをしています。特に
「モスラ」版
モスゴジ 
(通称モスゴジというそうな・・・)

では「ほっぺたを揺らすため」鼻との境界が明確になり、よりケモノ的に。
後のTVシリーズ、
Q.png  

初回放送登場のゴメス
ゴメス
(ゴメテウス、なる哺乳類・・・!?)
 に流用されたくらいです。

 前述「ヘドラ」で善玉に転じるゴジラ、柔和な顔(正にBaby Face!)になっていったのはご存知の通りですが、その流れの中で突然変異的な「変顔」なのが・・・
「ゴジラの息子」版です。
mg.jpg 
(眼窩等、全然別物・・・)
 この「息子」版、製作側もやり過ぎた感があったのでしょう、以後修正が入りそのまま初代シリーズ終了に至りますがいずれにせよ、「息子」版の異質さは際立っています。
 なぜこうなったのでしょうか?まず考えられるのが

 ミニラ との整合性(上図参照)

 です。 ミニラのデザインが完成、その成長後の姿として「より正しい顔」とした・・・という仮説です。
 それなりに説得力はありますが、ちょっと本末転倒っぽい気もします。

 ではなぜ?
 この疑問は自分の中で長いこと謎のまま放置されていました。
 ところが偶然その謎を解く鍵を見つけたのです。
 春節に賑わう中華街でした。

 そこでアクションたっぷりに舞う色とりどりの獅子舞、その獅子の顔は・・・
獅子 
(カラフルな獅子がたくさん・・・)

「・・・これってゴジラじゃん・・・!」

カラフルで毛足の長いテクスチャーではあるものの、
獅子1  獅子3
ちょうど「息子」版とそれ以降の中間ぐらいでしょうか、
眼窩、鼻、口のバランスは
獅子4  獅子2
正にゴジラです。

 そして以下は全くの、憶測ではありますが・・・

 恐らくゴジラ製作スタッフも偶然これらを見、その生き生きとした動きに感銘を受け(ゴジラそのものと思ったのでは?)その姿を取り入れようとしたのではないでしょうか?
 というのも・・・
 東宝/円谷系ライター陣は、人物、マシーン等登場するキャラクターや事象、設定に対し裏付けというか、伝説や由緒といった、いわば「正統性」を求める傾向があります。
 例えば、旧日本海軍が極秘に開発していた・・・
 とか、最初のゴジラ本編で古老が語る「龍神の伝説」とか・・・
 そういった伏線を張ることによって(荒唐無稽な?)ストーリーのリアリティを増したい!と常に考えているように感じます。
 そしてこの獅子舞は距離的にも時間的にも(4千年の歴史!)遥か遠く

 中国の伝説の怪物(=獅子)と、現代の怪獣(=ゴジラ)との関連づけ

 を可能にする格好の素材に見えたのではないでしょうか?

 と、以上は自分の無責任な、何の裏付けもない勝手な想像ですが、そんなに的外れでもないかな、と感じている自分もおりまして・・・
 皆様のご感想等お聞かせ下さい。

  1. 2014/06/20(金) 23:13:58|
  2. Movie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Break

 
(自分はロト6とミニロトしかやらないので、落胆の値段は200円・・・)

 前々回、GWのステップバン板金修理に根つめ過ぎて疲れた・・・
と書きましたが、実際以降若干体調不良気味で・・・と思っていたら、なんと
 帯状疱疹
 なんぞ発症してしまいました。幸い軽症のようですが。季節の変わり目に出やすいそうなんですが、なんとわかりやすいことに梅雨入り直後でした。
 先週は結構な長文をアップしたことですし、ややネタ切れというか(笑)
今週は大人しくしていよう・・・と思っていたら、朗報が!

 また、毎日新聞「万能川柳」に載りました!

 3ヶ月振り、5回目の「当選」嬉しいです。

 今回の句は昔、ジャンボ宝くじで組違い賞、百万円(!)が当たったことがある知人の話が元になってます。曰わく
「ちっとも嬉しくなんかなく、とっても悔しかった!」
そうな。
 そりゃそうでしょう。いくら高額当選とはいえ、番号は完全に一致しているのに片や億!こちらは百万・・・大方の、普通の人には漠然とした1億円
(当時)でしょうが知人にはリアルな

 9900万円の落胆

 というわけでした。
[Break]の続きを読む
  1. 2014/06/14(土) 23:18:13|
  2. 万能川柳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Bad money drives out good.

mwtgg 
(007 黄金銃を持つ男・・・)

 突然ですが・・・グレシャムの法則、ご存知でしょうか?

 悪貨は良貨を駆逐するってやつです。若干悪意のバイアスをかけて(笑)意訳すると・・・

 機能が同じであれば、たとえ正統なものであっても卑近な(後発の)
俗物の前に屈するほかはない

 といったところでしょうか。
 これは70年代以降の・・・
キャディos.png 
  ライターや腕時計  
の世界に完璧に当てはまります。特に前者において・・・
ロンソン
かつてロンソンやダンヒル
ダンヒル 
といった高級品は紳士のたしなみというか、必携のアイテムとして、ひいてはステイタスシンボルにまで祭り上げられるほどもてはやされました。
007シリーズの敵役
clrm 
(スカラマンガ=ドラキュラ俳優クリストファー・リー)
の秘密兵器
 gg 
として使われたほどです。しかしそういった
ダンヒル
「金無垢ライター」
も、件の映画とほぼ時を同じくして登場した、機能的には大差ない
100.png
「100円ライター」
の猛威の前にその神通力を徐々に失い、現在ではほぼ絶滅してしまいました。低価格&高性能なクォーツウォッチと高級腕時計の関係も全く同じ図式ですね。ちなみに、一時は絶滅の危機に瀕した
機械式
機械式高級腕時計
 はステイタスシンボルを欲する層の受け皿として復権を果たしましたが、ライターの方は喫煙者受難の時代でもあり難しいかと。

 翻って自動車界においても似たような「グレシャムの法則」の事例があります。いわゆる
「若者の自動車離れ」
がそれです。この、バイクを含む若者の自動車離れは喧伝されて久しいですが、これを世代間の問題として捉えてしまうとその本質を見失ってしまいます。その根底にはライターや時計とよく似た、後発の「安楽な」機種機能に全体が流れていってしまった、という経緯があるのです。
 その安楽さ、とは・・・
 2輪の「自動遠心クラッチ+無段変速」を含むオートマチックトランスミッションのことです。
 そう、若者のバイク・自動車離れとは巷で云われる「経済的理由」
「趣味の多様化」といった要因はあるとしても、実は若者だけではない

 運転人口全体のマニュアルミッション離れ

 に起因するものであり、そのひとつの側面に過ぎないのです。

 普通の男の子の、一つの成長パターンとして・・・
 ほふく前進⇒二足歩行⇒三輪車⇒補助付き自転車⇒自転車(補助なし)⇒原付⇒自動二輪⇒自動車、というものがあります(笑)
 この流れの中でオートマチック・トランスミッションは、いわば「上がり」たる自動車で初めて触れるのが普通でした。たとえ原付のところに
スーパーカブ 
 があったとしてもそれはオートマチックではなく、シフトはしなければなりません。そういう意味で運転技術、それもシフトテクニックの習得はいわば
「大人への通過儀礼」
とも捉えることができるでしょう。
 ところがその、自動車を唯一の頂点とする「オートマ・ヒエラルキー」を揺るがす存在が自動二輪を差し置いて、原付界(笑)から突如現れます。’76年のことでした。
ホンダのロードパルです。
 rp.png
ソフィア・ローレン
 ms_20140607193247bb4.png 
(フィギュアスケート安藤美姫選手、似てませんか・・・?)
の「ラッ、タッター!」のかけ声にも乗って大ヒットとなったロードパルは
後発の、これまた画期的な「足を揃えて乗れるスクーター」
yp.png
ヤマハ・パッソル
 と共に路上の景色を一変させるほど、まるで
bic.png
「100円ライター」
の如くあっという間に増殖、「ファミリーバイク」という新たなカテゴリーを作り出しました。ただしそうは呼ばれずあくまで「原チャリ」でしたが。
 それまでも「原チャリ」という呼称は存在していましたがそれは十代の少年たちが
「いつかは自動二輪!」
という意識の元「自虐」のニュアンスを込めつつ使っていたように思います。しかしファミリーバイク登場後は
「こんなもん・・・!」
といった「蔑視」の意味も出てきたように感じます。
 とはいうものの、そのファミリーバイクで2輪に目覚めた層も少なからず存在し、彼らがその数年後訪れる空前の「バイクブーム」を支えたのは確かです。その一方で彼ら以外の、男女を問わず全世代に対してオートマチック車の利便性知らしめたのもまた、それら「原チャリ」なのです。
「ギアチェンジなんて面倒だし、必要ないじゃん」
このファミリーバイクによる、オートマチック啓蒙効果は前述バイクブームの数年後徐々に現れます。それまである意味主流だったマニュアルミッション車が売れなくなっていったのです。新車販売におけるオートマチック車の比率は・・・

 ’84年に49%だったものが’90年には73%、’95年には80%を超え、
’00年には90%(!)と上がり続けます(現在は98%以上)。

 その頃から自動車は、ある種憧れを持って語られる趣味性を持った機械から、特別な技術(=シフトテクニック)も要らず老若男女誰でも乗れる便利な道具に徐々に変わっていくことになったのです。
 これはひとつの機器の進歩、進化としてはまったくもって正しいことではありますが、いわゆる

 自動車の「白物家電」化

 もここから始まった!と自分は考えます。
 白物家電、例えば洗濯機や冷蔵庫について熱く語る人はまずいません。
いてもメーカー開発者か
nh.png
CM俳優くらいでしょう(笑)
 車も白物家電と同様に、どこの家にもあり、誰でも操作でき、あると非常に便利・・・なだけの機器と感じるようになってしまった、若者を含む絶対多数にとって自動車のプライオリティが以前より下がるのはある意味当然でしょう。そして彼らのマニュアルミッション忌避(!)をより加速させたのが

 AT限定免許

 です。これにより前述「大人への通過儀礼」の意味合いは消失、そうこうしているうちに、遂に「二輪オートマ免許」まで現れました!そんな現状では、良いもの、入れ込むに足るものとして車・バイクに接してくれ、と願っても無理があります。
 加えてATの技術的進化もそれに拍車をかけます。最新のツインクラッチミッションは凡人のマニュアルシフトより確実に速く、スムーズでしょう。燃費も劣りません。

 かくして巷には機能に差がないゆえ外観のみで差別化を図るべく、
妙にディテールを際立たせた・・・
z34.png  lxa.png

mb.png hf.png

 mba.png mbe.png  

 lx.png tl.png 
(あらずもがな、機能に関係ないエッジと曲線、その反復・・・)
 ・・・本来のカタチで勝負していない、おかしなスタイリングの車が溢れることになりました。

 正に車の白物家電化と思いませんか?

 この、白物家電化した車と愛すべき自動車たちとを分かつのが趣味性と言っていいでしょう。
 それを持つものを良貨とするならば(最初の)悪貨は100円ライターならぬ原チャリ、ということになります。

 ということで・・・

 パーソナルトランスポーテイションとしては機能に大差ないそれらの浸透(蔓延?)に、趣味の車たちはすっかり駆逐されてしまった

・・・という長~いお話でした。最後まで読んで頂き感謝です<(_ _)>

  1. 2014/06/07(土) 19:56:39|
  2. Culture&Social
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Maxwell's Silver Hammer ♪ ♪

板金 
(限られた道具での「叩き出し」板金作業・・・の見せ場、かな?)

 先週「・・・少々作業に疲れた・・・」とは書きつつも・・・
ガゼット 
ガゼット
 ができあがっているドライバー側ホイールハウスの作業は、気力を振り絞って(笑)しっかりやりました。
wh.jpg 
(トップ画像の「曲げ」部分、判りますか?)
 さすがにペダル左側の新しい穴用のガゼットの型紙取り、鉄板切り出しは・・・ちょっとそこまでの意欲は湧いてきませんでしたが。

 我家の前の道路は連日の・・・実際、切断砥石だけで3枚も消費してしまったほどの・・・サンダーによる鉄板切り出し&削り作業による「鉄粉」で、まるで鉄工所の前のような・・・
路面 
サビ色
 になってしまいました(笑)

 また車体剛性感が上がったことをよいことに、都内まで足を延ばし
(下道で!)先日亡くなった叔母の遺品整理に行ってきました。
froad.jpg 
(フルロード!)
 この車れっきとした積載300kgの商用車とはいえこの使い方、以前なら
ちょっと憚られたかも。
グラス
「床直してよかった・・・!」
 ホントにそう思いました。
 でもこれくらい積むとブレーキが足りませんね。

  1. 2014/06/01(日) 10:57:57|
  2. Old Car
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0