2015 WRC Rd.3 メキシコ

 
(Wooops!)

 当ブログ開設以来、モータースポーツについて色々書いてきましたがこれまでWRCを取り上げたことはありませんでした。
 その理由として・・・決してラリー嫌いという訳ではありませんが(笑)ここ数年でのプジョー、スバル、三菱の相次ぐ撤退と稀代のチャンピオン、S・ロウブの無敵っぷりにちょっと興味半減・・・という感じではありました。

 そんな折、先日ラリーで歴史的ともいえる大変興味深いシーンを見ることができたのでとりあえず広く知らしめたいと思い今稿、
   
 2015WRC、Rd.3メキシコ

 を取り上げます。

 ラリー・メヒコは、国を挙げての(実際に国家予算が使われている由)イベントということもあり結構な盛り上がりを見せていました。なにせいわゆる「バハ・ミル」・・・
バハ1000
(その雰囲気はこのDVDご参照を)

 を筆頭とするオフロード・レースが根付いている土地柄です。人々から同様に受け入れられているように見えました。
セレモニアル
(古代遺跡を舞台としたセレモニアル・スタートとその熱狂)

 その歓迎ぶりは当のWRC関係者にも当然好印象、このイベントの未来は明るい、と感じました。

 ラリー自体はメキシコに強いオジェ(VW ポロR WRC)の、首位スタートの不利をものともしない、かつてのロウブのような圧倒的勝利に終わったのですがそのデイ1、ラリーの歴史を知り尽くした解説者F氏によれば
「大昔一回あった・・・」
だけ(ワークスカーは初)の非常に珍しいアクシデントが起こりました。
 タナック駆るフォード・フィエスタWRカーのコースアウト、崖下の池(?)への転落⇒水没(!)です。
ラリー・デイ1・リポート

oop.jpg
(サス・トラブルとか・・・)
 水没
(コドライバーは「ラリーの聖書」たるペースノートだけは救出・・・)
 
 

 そして当のMスポーツはなんとその「水没車」をサルベージの上・・・
サルべージ 
(プハーッ・・・って感じです)

レギュレーション通り、3時間以内での修復(!)に挑んだのです。
修復 
(普通水没車は全損、電気系は総取っ替えだったはず・・・)

 そしてメカニックの必死の作業でその試みは成功!フィエスタWRカーは(無事とはいかなかった様ですが)復活。乾かしたペースノートを使い(!)タナックは翌日のステージを走りました。

 その際英国人的ユーモアとして、彼のマシンのボンネットには「沈没」に因んだ・・・
タイタナック(!)なる特製ステッカー
titanak.jpg
(「レイズ・ザ・タイタニック」なんて映画も・・・)

 が貼られたのでした(笑)
 ユーモアはそれだけでは終わりません。タナックはセレモニアル・フィニッシュのポディウムで・・・
podium.jpg 
(シュノーケルとマスク・・・)

こんな格好で笑わせてくれたのでした。

  [2015 WRC Rd.3 メキシコ]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2015/03/28(土) 17:40:44|
  2. Magnesium&Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015 E-shocked?F1

2015 (2)
(横浜そごうに2015新車が・・・パネルでした)

 2015F1開幕しました。

 昨年のレギュレーション大変革による混乱で出現した、誰も望んでいなかったであろう「レース全体の不完全燃焼感」。その払拭を期待しつつ迎えた開幕戦です。昨年は結局の所・・・
 新ルール初年度の不出来な醜いクルマでの勝負の中で、エンジン
(ターボと本体)とバッテリー(回生と出力と冷却)のマネジメント最適解に1社のみが到達し得たがゆえの圧勝劇
 ということになりますが参戦初年度、1年のビハインドのあるホンダを含め他のマニュファクチュアは、そのメルセデスをキャッチアップすることができるのでしょうか?

レースリザルト

 その視点で2015メルボルンGPを見た限り・・・
 リーダーの座は揺るがず他車の安定性にも依然として疑問符が・・・
 といったところでしょう・・・orz
 とはいうものの
「絶対的スピードの優劣」
以外の、モータースポーツにおける
「勝負を左右する要素」
は随所で見られ、レース自体はまあ楽しめました。がやはり
 ピリピリした緊張感あるスプリントレースの最高峰(でしょ?)
 というよりは問題の音を含めどこか
「待ち」
の部分のある
「短い耐久レース」
といった雰囲気は否めない、そんな感じがしました。

 残念ながら我等がカムイのシート喪失(≒ティーム自体の消滅)で、日本人レギュラードライバー不在となった今年のF1ですが・・・
 伝説的共闘体制の復活(トップ画像参照)
 は結構な注目を集めているようです。

 
 先々週、開幕間近ということで横浜のデパート(!それも1週間だけ)で
「F1展」
が開催されていたので寄ってみました。直前テスト真っ最中の時期、今年の新車は来てるわきゃないと思っていました(その通りでした)が・・・
セナ時代の12気筒車
mp4.jpg
(セナはR・デニスにフェラーリを作らせた、と云われたやつ)
マンセル 
(・・・似てますか?後方は旧型、違いは明白)

珍しい、BAR→ホンダ単独(撤退直前)の「アースドリーム」車
BAR (2)
(この頃は設計者の意図が今よりもその形に反映していたような・・・)
 bar.jpg
(当日は客寄せとしてお子さんのみ「乗車可」、撮影会場に・・・)
加えて
drivers.jpg 
今期のドライバーも来てました・・・嘘ですパネルです(笑)

 アロンソは、なんと「感電」が原因らしい?クラッシュの影響(後遺症?)で初戦欠場、と大変残念(=チャンピオンシップには大打撃)なスタートになってしまいましたが、今期の
 マクラーレン-スタン・ガン-ホンダ(!)
 と、揃って公私共にジャパニーズ・パートナーを得た(笑)2人のチャンピオンにも、注目しましょう。
 「も」って?
 昨年よりはずっと走りそうなFerrari、ライコネン&フェテルのチャンピオン・コンビに注目しないわけにはいかないでしょう!

[2015 E-shocked?F1]の続きを読む
  1. 2015/03/20(金) 00:00:00|
  2. Magnesium&Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Historic car event@China town:その2

 しし りゅう
(春節の中華街にカラフルな、ゴジラとマンダ現る・・・?)
 前稿の続きです。

 会場内外周の展示車両を見終わり、内側のショップブースへ。インドア・イベントはホント「楽」ですねえ(^.^)

 OS技研さんのブースにあったのが、オリジナルの(!)・・・
L型4気筒用コンバージョン、DOHC4バルブシリンダーヘッド。
OSG.jpg 
(展示用「仮り組み」でしたが、かえって解りやすく・・・)
 ちったあ内燃機が解る元鋳物屋(笑)として見ると・・・
 ノーマルL型の、熱害が懸念されるカウンターフローを改めクロスフローに、シム調整の不便には目を瞑りシンプルな(軽量かつ部品点数も少ない)直押しタペットとして高回転マージンを確保(←ツインカムは目的ではなく、そのための手段)4弁ポート+インジェクションで吸排気効率を追求・・・ってのは誰が見たって明らかですが(笑)そのシリンダーヘッド本体は・・・
 型抜きまで考え、高さを抑えつつなるべくプレーンな形状として鋳造不良を避け(歩留まりをよくし)型数(=分割線)も極力少なくして仕上げ部分を減らし(作業時間短縮=コストダウン)木型代をも節約する、という・・・

 エンジンはもちろん鋳造をも理解する「手練れ」の設計者による、性能だけではなくコストも考えた意欲的「作品」

 に見えました。こういった部品はちゃんとした図面が引けているのはもちろんのこと、アルミの材質から収縮率、熱処理まで指定しないと「製品」にはならないものです。「冷やし金」の跡もなかったことから、肉厚変化にまで配慮されている(あるいは加工部分で切削されてしまった?)のでしょう。In.マニホールドもキャブレター用に流用できるよう分割、加工代も設けてありました。
 L6用はコンプリートで車載、内部を見ることはできませんでしたが、同様と思われます。というか6発が先、だったのでしょう。
 設計に際して木型屋さんの協力もあったと思われますがそれにしても・・・凄い技術です。
 とにかく入念というか過剰というか(笑)制作者の執念ともいうべき熱意を感じるチューニング・エンジン、感服しました。

 続けて歩いて行くと・・・
 永遠ボディさんによる、コスモスポーツのアルミボディがありました。どういう経緯でこれが造られたのか今一理解できませんでしたが、銀白色に輝くベアメタルの車体、これも凄い技術でした。
 コスモのRサスは、通常のIRSほど車体側の局部剛性は要求されない一方、(通常の固定軸に比べ)バネ下重量の軽減により路面追従性の向上が見込める・・・リーフスプリングで吊ったド・ディオン、という珍しい形式なのですが実物は初めて見ました。
cosmo.jpg 
(アッパー・トレーリングアーム、ド・ディオン・チューブ、分割独立ドライブシャフト、横方向アームはなくリーフで・・・)
 そのほかにも・・・
 アルミやプラスティックにまでクロームをかけるメッキ屋さんとか、施工ではなくハードの販売でしたが(笑)マットなサンドブラストよりずっと滑らかな仕上げが望める「ウェット・ブラスト」屋さん等が目を引きました。どちらにもお世話になるような作品=自力レストア車・・・候補としては、ヴェスパ?ステップバン??それとも2CV???
ET3  FV.jpg
(この3車なら、独力でなんとかなるのでは?)
2CV_2015030812440046f.jpg
(available)
 手掛けてみたいものです(^.^)

 テクニカルタームはこれくらいにして(笑)物販ブースへ・・・
 今回のイベント、入場券になんと¥500の金券が付いていました。出店者の販売不振を避けるための主催者側の配慮、非常に効果的に見え、どの店も賑わってました。
 実際、三樹書房さんもイベント中に商品補充をしたそうです。

 旧車に限らず、モータースポーツ・イベント全般にまで広げるべき、とすら思いました。

 ミニカーその他なんぞ眺めながらぼちぼち歩いて行きます。同行U氏は
「初めて買った車だ・・・!」
と初代「豚っ鼻」チェイサーのミニカー(缶コーヒーのオマケ位の大きさ)をゲット。スポイラー類の付いているのを
「ノーマルに戻さなきゃあ」
とか言ってました(笑)細かいので大変でしょう・・・。
 などと、歩いてゆくと・・・ありました。マニアック古書店ロンバルディのブース。旧知の元同僚(?上司か)F氏の姿も。
 ご無沙汰でもあったので挨拶の後、新しい仕事のこと、関わっていたサーキットイベントの顛末等、近況報告を。

 さて古書の物色です。今回は2輪関連は持ってきていないようです、ちょっとがっかり(笑)それでも、こんな本が・・・
abarthbg.jpg 
(値付けは¥2,500でした・・・)
「これ下さい」
「2千円でいいですよ」
「ありがとうございます!では金券を使って・・・」
と大変リーズナブルに入手できました。本の内容はというと、まあ特に真新しいものはなかったものの、書店時代のキャプション書きの殺し文句
「ファン必携!」
といったところでしょうか(笑)
 このシリーズは、各車の「価値」を☆の数で評価するものですが、表紙にあるポルシェ-アバルトやランチア-アバルトなんてのは1車種づつしかないんですから、その相場なんぞあってないようなもの。その希少性ゆえ評価は ☆☆☆☆☆ にならざるを得ないでしょう。意外だったのは・・・
1964 OT850/130 Berlina そして OT850/150 Berlina
850.png 
(見た目これとほぼ変わらない、アバルトとしては大人し目のやつ)
 の評価が ☆ なのに対し A112 が ☆☆ だったこと。
「アバルトの中で、FWDの方が評価が高いなんて・・・!」
無責任なマニアの戯言ではありますね(笑)
 

 とまあなんだかんだ楽しめた、久々の旧車イベントではありました。

 芸文社さまのご尽力に感謝です。
 そして関係者の皆様、ありがとうございました。お疲れ様でした。


  1. 2015/03/14(土) 00:00:00|
  2. Magnesium&Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Nostalgic 2 days:Historic car event@China town

バババババ・・・!(←爆竹の音)チョンワ ~ン!(←銅鑼?の音)
りゅう
(メインストリートを泳ぐ、龍)
 先週末、春節に賑わう中華街にほど近いコンベンションホール、パシフィコ横浜で開催された芸文社主催の旧車イベント
 ノスタルジック2デイズ
 そのイベントに三樹書房さんも出店、と聞きご挨拶がてら見物に行ってきました。このブログにも何度か登場している(≒お世話になっている)友人U氏を誘って、です。

 書店業界を離れてからも懇意にして頂いている三樹書房K社長にはなんと入場前にご挨拶できました。
 ここで三樹書房新刊情報を・・・
  
 大変興味深いもののどちらも未読(T_T)ということで「書評」は書けませんが、毎日新聞に最新刊の記事が・・・
mikip.jpg
と、パブリシティ記事はここまで(笑)

 あとは、おそらく出店しているであろう自動車趣味の店 ロンバルディ F氏に挨拶ができれば・・・と思いつつ入場、とりあえず出店スペースは後回しにして(笑)まずは端から展示車を眺めて行きます。
「これといったものはないねえ・・・」
「そううだねえ、見慣れたやつばっかし・・・」
などと当事者の苦労を知らないのをいいことに無責任に語りつつ(笑)中央奥まで行くと・・・
「ふ~んピアッツァねえ・・・あれ?ちょっと待て・・・!」
遠目に(あるいは写真で)はピアッツアそっくりですが近くで見ると別物の、鋭く削ぎ落とされたシャープなこの造形は・・・
Asso di Fiori!

(クラブのエースの意)
 ジウジアーロ主宰イタルデザインによるいすゞのためのプロポーザル、御大の面目躍如たる美しく張りのあるシンプルな面構成とシャープなライン、完璧なマス・バランスによる軽快感と室内空間を両立した傑作のひとつです。
 こんなところで会えるとは思ってもいませんでした。
 聞けば2001年、いすゞによってレストアされた、とのこと。日本にあったんですね。不勉強でした。
 しかしレストアが必要・・・ってのはショー・カーの悲しき末路(完成後の管理≒放置)を意味してもいます。まあ「クリエイター」は自分の過去の作品について一般的に無頓着ではありますが。
 改めてこの車を眺めると
「似ても似つかない、までは言わないもののやっぱり大分違う。というよりむしろピアッツァはジェミニ(=GMのJカー)シャシー上で、結構上手にこれを再現できている」
という感覚でした。

 続けて歩いてゆくと、日本車で唯一欲しいと思える車・・・
シルビア
silvia.jpg
 が。その昔この車、安いポンコツを紹介されて一時悩んだことがあります。その個体は知人が入手、お決まりの(笑)露天DIYオールペンのお手伝いもしたことがあるので、いわゆる「絶版名車」というよりも幾らか親しみがあるのです。
 その頃「RWD至上主義者」だった自分、当時の妄想癖(今も?)で、この車を手に入れたら再現したい(?)レーシングカー(??)がありました。
Lancia F&M Spl.
FM.jpg 
 です。ベースとなっているのはブランドのバリュー、希少性、スタイリング、メカニズムのエグゾティシズム、小ささ、ラリーでの戦績等文句のつけようがない名車・・・
Lancia Fulvia Coupe
fulvia.jpg
です。 Lancia F&M Spl.は、そのフルヴィアのキャビン部分を機動性のために切り落とした「改造車」。ラリーだけでなくサーキットでも成功しました。「屋根切り」が好視界と軽量化に加え空力(=前投影面積の縮小)にも効いた、ということなのでしょう。
 改造車ゆえ「プロトタイプ」としての参戦の不利を、そのポテンシャルとドライバー(ムナーリ)の能力も相まって軽々と覆す快走・・・この車の魅力は語りつくせません。
 と、フルヴィア以上に文句のつけようのない名車ですが唯一(フルヴィア同様)FWDであることが「RWD原理主義」に反します。そして自分ではそうは思わないものの巷では
「そっくり」
と云われるフルヴィアとシルビア(名前も?)です。そこで
「シルビアの屋根を取っ払えば・・・唯一の不満を解消した、RWDの Lancia F&M Spl.レプリカが造れる!?」
などと息巻いておりました(笑) 
「オープン化するのは元に戻すようなもんだから問題は少なそうだし・・・」
フェアレディ 
(これに特装ボディーを載せたのがシルビア)
「フェアレディだったら・・・心強い専門家がいるではないか!」
大村  
(腕組みの人物。静岡のMCショップ・オーナー)
 とはいうものの前述DIYペイント手伝いの際垣間見たシルビア実車の、パテではないハンドメイド感満載の「はんだ仕上げ」。あれを見るとこの手造り屋根をぶった切るのは・・・ちょっと憚られる感じもします。
 また「ガラスの」Fスクリーンを要求する旧車レースもあり・・・と、まあ無責任な妄想ということで(笑)

 そしてシルビアと並んでトークショーのネタにもなっていた、今回の目玉たる・・・
日産MID4。 
MID4.jpg MID42.jpg
(ⅠとⅡ、揃い踏みとは・・・)
 このシルバーのⅡ、走行不能のモックアップと思われます。
 というのもその昔、大森で行われていたニスモ・フェスティバル。
 そこで見たこれと思しき個体は、誰でも触れることができる状態での展示だったがゆえに心ない悪戯で(?)Rクォーター部にあった小さなルーバーが破損しており、その材質がバルサ材(!)であることが露見していたのでした。
「・・・ショーカーってのは、こうやって作られているんだ・・・」
自動車開発の実際をはじめて、垣間見た気がしました。
 その個体はその後ルーバーの無い状態に仕上げられ、現在に至っている・・・はずです。
 
   mid4s_201502281906007dc.jpg
 そして今、開口していない(!)エンジンフードのルーバーを見る限りこの個体、モックアップであろうことはほぼ間違いなかろうかと。
 
mid4r.jpg 
(しかも左側ルーバー、中程の一枚がやや曲がっている!やはり・・・)
 流用装着されたホイールの、バランスウェイトに危うく騙されそうになりましたが(笑)

 大変な注目を集めたものの結局MID4は市販化されずに終わった訳ですが、その遺伝子たる4WDシステム(の経験)はのちのR32スカイラインGTRに受け継がれ、そのスタイリングの経験はこれまたのちのZ32フェアレディZに受け継がれた、と自分は感じています。

 今見てもZ32のスタイリング、ミドシップっぽいと思いませんか?

 例えばそのRクォーターウィンドウ、まるでエンジンルームへのエアインテークのようにも見えます。また、そのミドっぽさの査証として・・・
 LWBの2by2の方がスタイリング上のバランスが良く、より自然に見えること、が挙げられます。
 メカニズム的既視感(?)として、ドア開口部から後輪ホイールアーチまである程度間隔があった方が(そこにエンジンあるように見えて)しっくりくる=ミドシップのスーパーカーっぽいプロポーションに見える、ということなのでしょう。
 Z32.jpg 2+2.jpg 
(右の2+2の方が、ミドっぽく・・・)

長くなったので・・・to be continued.

[Nostalgic 2 days:Historic car event@China town]の続きを読む
  1. 2015/03/06(金) 16:00:02|
  2. Styling
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0