Repairing service man :洗濯機修理

洗濯機
(まだピッカピカ?でしょう・・・w)


‘Wheeler'の好みとは程遠い、下世話な(笑)話題が続きますが・・・

 我家の洗濯機が壊れました。

 まだ十年は経っていないはずですが・・・まあ壊れたといっても、ある日突然動かなくなる(!)といったイタリア車的トラブルではなく(笑)自動給水の水量がえらく細くなりチョロチョロしか出ない、というものでした。横からホースで水を注げば洗濯はできますが、すすぎは・・・全自動洗濯機なのに運転中、横に張り付いてなきゃならない、という事態です。

 買い替えにならざるを得ないのでしょうか?

 まずWebで新品価格を調べると・・・
 小さめのもので十分なので2万円くらいから、と結構リーズナブルでした。しかし、なんといってもそんなに古びちゃいない
(トップ画像参照)のでちょっともったいない感じがします。
中古は幾ばくもしないうちに似たようなトラブルの可能性があるので論外でした。

 修理についても調べました。
 おおよそ出張修理費が1万円プラス部品代、といったところです。

「うーん、新品の半額かあ」

ちょっと納得がいきません。

DIY修理、できっかなあ・・・」

と考えつつよくある質問、修理例も調べました。

 まず第一に出てきたのは給水フィルターの詰まり。風呂の残り湯をポンプで送っているならいざ知らず、水道水オンリーの我家では考えられません。となると電気的スイッチの不良もしくは実際に水に触れる部分(バルブ)の物理的不具合のどちらか、でしょう。

「電気の方だとやだなあ・・・」

と、とりあえず分解してみることに。

 これが問題の・・・

 コード

給水バルブ。

 上端の網が「詰まるかもしれない」フィルター。きれいなもんです。

 裸にしたところで電源を入れると、カチッと電磁スイッチ(でしょう)の作動は確認。
 となるとチョロっととはいえ水は流れているのでバルブの作動量の問題(=ストロークが足りない)ということになります。
バルブ内部のスライド部分に削れカスか何か引っかかったとか、斜めに噛んでしまった・・・そんなところなのでしょう。
 電気的トラブルの可能性としては基盤レベルの問題で、例えば電圧が100Vかかっておらず本来のストローク量が出ない、といったことも考えられますが・・・スイッチの(迅速順調な)反応を見る限りそれはないかと。

 それでは、とバルブを見直すとどう見ても非分解アッセンブリー。

 取り寄せ手配しかなさそうです。

 そこでメーカーのサイトを見ると・・・

 なんと本機の型番がありません。生産中止か量販店向けディスカウント商品は別ライン(?)なのか? いずれにせよWeb上「正規ルート」での発注は難しいようです。しかし

「こんなありふれた部品の供給がないわけない!」

と気を取り直し(笑)バルブ本体を取り外し、近所の電気屋に持ち込むことにします。でもその電気屋さんにすれば・・・
「どこかの量販店で買って、困った時だけ!しかも安い部品だけ、工賃も払わない」

と思われるかもしれません。そんな心の痛みをおぼえつつ電気屋さんへ。するとその心の痛みが的中()

「そういう電気部品を資格を持たない素人さんには売れません」

とつれない返事。すごすごその場を辞すも、めげずに二軒目へ。

「取り寄せ?いいですよ。メーカーと型番は?」

こちらでは快く対応していただけました!こういうお店に対しては

「次は何か買わなけりゃならんなあ」

と心底思います。

 翌週無事に部品は入荷、街の電器屋さんの手腕(?)さすがです(笑)

 さて、作業開始です。これが旧品・・・

 

旧品
こちら新品。

新品

(画像右側黒い部分=ゴムがありません) 

 アッセンブリーですがそのままでは組み付けできず、パッキンの
「移植」が必要です。そこで旧品に着いているゴムに
傷をつけないよう潤滑剤を吹き込み・・・

パッキン

慎重に取り外します。


さっさと組み付けます。
挿し
(挿しっと・・・)

これがトラブル時の水量・・・
チョロチョロ

チョロチョロ。それが、作業後・・・
ジャー

ジャー!

 やった、直りました!

 そして不調の間、横から補水(笑)するホース・・・

ホース 
(余っていた ホースに百均シンクシャワー部品を加工流用・・・)

 も不要となりました。

 しめて部品代4,000円足らずですべて復旧致しました(^.^)

 

[Repairing service man :洗濯機修理]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2015/06/27(土) 08:17:55|
  2. Tool
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

園芸家?

あじさい
(昨年植えた紫陽花、成長はちょっと遅めで・・・)

 梅雨の晴れ間を狙って先週末草むしり等、我家の周りの緑の手入れをしました。

 まず、結構な樹勢を誇る月桂樹があります。
以前書きました。
月桂樹 
(この後、もっと伸びて葉も茂ってましたが・・・)
 元気がいいのは良いことなのですが、
「あまりに大木になり過ぎると伐採しなければならないかも・・・?」
ということでその樹勢を若干抑えるべく枝葉はもちろん主幹も、主に高さ方向に強めに剪定することに・・・
大分さっぱりしたのが判りますか?
15gekkeiju.jpg 
(高枝切りバサミ、が今後必要かも・・・)
 玄関脇のローズマリーもジャングル状態だったので、スッカスカに間引き・・・
これが切り取った分です。
剪定 
(左の月桂樹はこの後この倍に)
 ローズマリー、月桂樹(ローレル、ローリエ)どちらも立派な(?)調理用スパイスです。
 買っている方はいませんか?
 上の画像分(もったいなくも、ゆうにふた抱え!)捨ててしまうくらいなので必要な方はご連絡下さい。送料のみでOKです(笑)

 ローズマリー、我家のは普通に立ち上がる直立性ではなく
「半匍匐性」
横に広がるタイプです。実際には蛇行というか「うねる」のですが、今回露わになったその主幹はまるで・・・
「悪魔の木」です(笑)
悪魔 
(海外アニメの・・・)
 これも鉢植えから始まったと思うと感慨深いものがあります。

 ローズマリーは挿し木で簡単に増やせます。鉢に枝を刺しておくだけでもOK(!)なくらい・・・
コレがその証拠です。
接ぎ木
(ここでも既に半匍匐性が顔を出して・・・)
 ここまで読んで
「ローズマリーの苗を買おう」
と思った方、もご連絡下さい(笑)

 レンガ敷き外構部分の・・・
草むしりもしました。
庭
(これは昨年の状態。今年はもっとひどく・・・)
 トップ画像のアジサイ、同時にもう一株はそこに「地植え」したのですが・・・
かなり劣勢です。
アジサイ 
(しょぼしょぼ・・・)
 土質が合わないのか日当たりが悪いせいか・・・こんなこともあります。

 そして昨年こちらに蔓延る(ホントにすごい勢いの)ドクダミ等を駆逐すべく、同じく強い繁殖力を持つ
「ミント」
をこれまた禁断の(←隣地にまで及ぶ可能性が・・・)地植えを敢行したのですが・・・
なんとか根付きました。
ミント 
(結構屹立します)
 一時は絶えそうになっていたのですが・・・これも土質なのかも。
「どんどん横に広がる」
とは聞いていましたが、これほど立ち上がるとは思っていませんでした。ここの側に来ると、その香りはそこだけ
「ガムを噛んで」
いるようです(笑)

 先月、これまた昨年頂いたアサガオの鉢から取れた種を植えました。
「ちょっと遅かったか・・・」
とも思いましたが無事発芽しました。しかも結構沢山植えたので鉢に密集状態となってしまいました。ならば、と「緑のカーテン」ではありませんが(笑)2階からネットを下ろし・・・
上に這い上がらせるようにしました。
あさがお
 縦に長い、ダイナミックな植栽になってくれれば、と思います。
 因みに種まきの時・・・色の悪い(=薄い)種は選別、こちらはすべて地植えしましたが、芽は出ませんでした。自然淘汰とはこういうことを言うんですねえ(笑)

 とまあ、自分は園芸愛好家ではありませんが(笑)やること、できることは沢山あるし、やってりゃそれなりに楽しい、ということですね。

[園芸家?]の続きを読む
  1. 2015/06/19(金) 14:11:53|
  2. Culture&Social
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

酒と麺の日々


(レースファンにはお馴染のロゴ、カッコイイ!)

  先日、戴き物のマルティーニ
 (007映画の吹き替えのせいで「マティーニ」って呼ばれたりも・・・)
 空けました。

 アスティー だったので華やかな香りは素晴らしかったもののやはりやや甘く、合う食べ物は選ぶなあ・・・というのが率直な感想でした。

 しかし! 貶したままでは天下の、(今やっている)ルマンをはじめF1、WRC・・・
f12014.png 037
モータースポーツの世界
 を支え続けてくれているMARTINI様に申し訳ない。ということで、その名誉回復のため(?)に・・・
half.jpg
( 近所のスーパーで安く売ってた)
 こいつ(Brut のハーフ)も空けてみました(←ただの飲兵衛?)
 
 これはうまかった。
 先日 モエ・・・
 
(Killer Queen の冒頭にでてくる・・・

女王様が「・・・発泡酒を・・・♪ 」と訳したやつですねえ・・・W)

 も味わう機会があったのですが(笑)遜色ない、とまでは言いませんが、自分がスパークリングワインに求めるものは過不足なく備わっていると思いました。
 いつぞや取り上げた・・・
イエガーマイスター
 同様、タバコ・マネーなき21世紀のモータースポーツ界を支え続けて行ってほしいものです。

 グルメな話題としてもう一つ・・・

 先日十数年振りに青山墓地下の有名なラーメン店、ようやく訪れることができました。

 詳しくは 十字野郎の実食インプレッション ご参照を。

 

酒と麺な日々、でした(笑)


  1. 2015/06/14(日) 21:43:15|
  2. Gourmet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RALLY TOKYO YOKOHAMA 2015

新聞折り込みの地元フリーペーパーで知ったヒストリックイベント

ラリー 東京 横浜 2015

近所なので見物に行くことにしました・・・
ピクニカ
(3速化、で遠出も可能に・・・)
 もちろん自転車で、です。紙面情報によれば湘南国際村も通るとのこと。もしそこまで行くとなれば、最近全く乗っていない身にとっては十分に「遠出」です(笑)それでは、とタイアのエアをパンパンに張ろうとしたら・・・
 プシューッ!とパンク。
 それもバルブの付け根が裂ける、という惨事。経年劣化なのでしょう、致し方ありません。裂けたのはリアです。以前組んだスポーク間隔が異常に狭い・・・
16”36H 
特製ホイール
 側でした。ポンプの口金脱着の際「スポークをよける」ための微妙な捻りストレスが蓄積してのことと思います。
 さて「歩いて」近所の自転車プロショップにチューブを買いに行くと・・・
 案の定米式バルブのチューブの在庫はありません。英式バルブはそのしゃきっとしない使用感というか、操作感が好きではありません。また、エアを4キロも入れると「飛んで」しまうこともあります。自動車用でもあるシュレーダーバルブではそんなことはありません。それがまた経年チューブを使い続けていた理由でもありました。

 実際には後輪がパンクした時点で(買いに行く前に)無事な前輪をバラし始めました。なぜなら・・・
「恐らくシュレーダーの16インチなんてのは店頭にないだろう」
と予測してです。
 仕方なく英式となった場合そいつをRに組むと、我家のポンプの都合上必要なでっかい口金クランプは狭~いスポーク間隔に入らねえだろう・・・と考えて、のことでした。そしてたまたま手元にあった英式のチューブ、実は一度は組んだのですが・・・
 これもまた古かったせいでしょうか、4キロに達する前にホントにバルブが飛んでしまいました(T_T)

 そんなこんなで入手したチューブ。ちゃんとしたメーカー品(TIOGA)ゆえ柔軟性も問題なく馬鹿げて太い2.125なんてサイズも許容範囲内です。問題なく組み上がりエアも張れました。
 しかしここで、問題の後輪の作業前になんと時間切れです。このままだとちょうどよい時間に現場に着けません。
 ならば、とロードレーサーを引っ張り出すことに・・・
全景
Casati号
 を屋根裏から降ろします。
 タイアにエアを張って、と・・・以前組んだ前輪は・・・
ラジアル  みきすと
 崩壊してしまっている・・・      のでミキストの前輪・・・
 を借用です。そのタイアは25C、ちょっと太い分車体のアライメントは前上がりで曲がらないかもしれませんが久々のロードレーサー、それもとてもよく曲がる(=鋭いハンドリングの)Casatiです。安全のためには妥当な選択かも(笑)
 バリッと着替え、暑くても・・・
穣 - コピー
自慢のアルファジャージ(長袖)
 を着込んで、水も積んで出発です。


 葉山マリーナは結構な人出でエントラントもここでランチと駐車場は満車、撮影するにも被写体との距離が取れそうにないのでやはり湘南国際村へ向かうことにしました。
 途中の海岸線は久々とはいえ走り慣れた道、快適です。Casati乗り始めはちょっとおっとっと、といった感じでしたがすぐに感覚は取り戻せました。

 ところが登りにさしかかると・・・がぜん進みません。ぜえぜえって程ではないにしても、コンナハズデハ・・・?そして見えてきたのが「ゆずり車線」の標識。
「こっからまだキツくなんのかよ・・・?」
ここで心が折れました。
 MTBシューズ履いてきてよかったあ(笑)

 各エントラントは思い思いのタイミング、ペースでそれぞれ登って来ます。というよりはバラバラ!タブレットでの撮影でしたが、シャッターチャンスの間が開きすぎ!待つのが難しい感じでした。
 わがままなエントラントをまとめなければならない主催者側の苦労が偲ばれました(T_T)
 そんな撮影中、タブレットのトラブル!
 ディスプレイがブラックアウト!

 そんな訳で今回のイベントの画像は取り出せていません(T_T)


[RALLY TOKYO YOKOHAMA 2015]の続きを読む
  1. 2015/06/08(月) 05:39:34|
  2. Bicicletta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0