MAVIC GL330 @Yahoo Auction

ティペッツ
(これが自分の、最初に値段が付いた作品・・・)

 大変久方振りのイラスト商談成立(!)その興奮さめやらぬ中・・・

birdcage_2013092911164953f.jpg


 前稿とは打って変わって(笑)自転車の話題を。


 

 前々稿で、自転車のホイール新調の障壁はヴィンティッジなリムの入手困難・・・と書きましたが、つい先頃ネットオークションで第一希望の旧いリム・・・

MAVIC GL330

 うまいことリーズナブルに落札できました。同アイテムは公称330グラム・・・

350g 
(実測350g・・・)

 の、ある程度の強靭さを持つ
(=脆弱さをギリギリ回避しつつも例えば80kg級ライダーにはNGな)
 軽量リムとして一世を風靡しました。
 そのGL330は年代で2種類に大別でき・・・

旧ラベル
(これは前期型、赤ラベル)

 自分が求めるのは愛車・・・

さいど1

Casati号

 に対し時代考証的に正しい、ピンク・ラベル(↓ 続きを読む:参照)の方ですが、後期型といえど廃盤になって久しいので新品の入手は大変困難、手に入れるはオークション頼りです。
 しかしレアとはいえ全く出品がないわけではなくて例えばこれは・・・

新品MAVIC GL330リム3本セット

 新品当時のほぼ実勢価格、適正価格とも言えますがちょっと手が出ませんでした。というのも欲しいのは前輪用1本のみ、だからです。余った分を取っておく、あるいは転売する・・・どちらも気が進みません。何十年か色々やってきて、自分なりに得た結論として
「極力ものは増やさない。特に趣味のモノは・・・」
という信条(?)があるからです(笑)使うハブは決まっており
(なんと手元にあるw)同様の理由でハブが余ってしまう
「完組ホイール」
も対象外、でした。

 そこへ現れた今回の出品物
(ペアでしたが、非常に低い開始価格だったので・・・)
 安価にもかかわらず入札はかなり低調でした。その理由は・・・

 出品者の商品発送元地域が
「海外 中国北京」
となっていたからでしょう。自分もまたそこで悩みました。
 実は以前一度だけ安さに負けて(そうとは知らず)中国の業者から万年筆を購入したことがあります。その時は注文とは違う商品が届き、クレーム・・・しかし返品も交換も(もちろん返金も)叶わなかった、という経験があるのです。
 また画像からは結構走り込んでいる(=ブレーキで擦り減っている)のが見て取れたのも悩みに拍車をかけました。しかし、いつぞやのペダル入札時と同様(笑)

「ええいっままよ。ダメでも、勉強代だあ!」

とまたしてもギャンブルに出たのでした。
 

 そしてとりあえずギャンブル、第一段階は成功(!)安価に落札できました。残るリスクは、ちゃんと届くか?そして商品はちゃんとしているか?です。
 取引連絡してみると・・・
 幸いなことに(?)出品者氏は日本人で、発送元地域「上海」は氏の業務上の拠点(?)なのでしょう、睨んだ通りリムは国内それも県内ごく近い地域からでした。これでギャンブル第二段階もクリア、さて残るは商品の状態です。

 まずオークションでのやり取りで評価の対象にもなる、梱包は・・・

梱包 
(この状態で届きました)

 プチプチでくるんだだけ、やや荒っぽいと言わざるを得ませんが・・・歪み曲がり等移送中トラブルはなかったのでまあ結果オーライということで(笑)

 さてリム自体は?まず磨耗は・・・

摩耗 
(入組んだニップル穴付近は歪まず、結果的に摩耗が進む)

 結構限度ギリギリってところでしょうか。もし自分で使っていてこれくらい擦り減ってきたら代替品の用意を考えはじめるくらいかと(笑)
 そして今回は、ブレーキが一番良く効く頃(!)と良い方に取ることにします(笑)
 それより深刻なのは傷でした。

キズ 
(結構深いです)

 これは、ブレーキシューに小石等が食い込んだまましばらく走らせてしまった・・・のでしょう。傷のない方を使うことにしましょう。
 また、腐蝕等は・・・

さび 
(リムセメントの残りは少ないです)

 ニップル穴のハトメ(=鉄)部分に少々錆が見られるだけでアルミ部は全く健全、問題ありません。

 ということでこれで無事ホイール組みに入れます(^^)

[MAVIC GL330 @Yahoo Auction]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2015/08/29(土) 14:12:16|
  2. Bicicletta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Art cafe Blue Moon

  BM2.jpg  
(賑わうカウンター。マニアックな展示物と働くマスター)

 西日暮里に、書店時代からお世話になっているカメラマン
 (アートディレクター/ライダー)氏の開いた・・・

アートカフェ ブルームーン

 なる、ご当地らしからぬ(失礼w)洒落たバーがあります。
 こだわりの酒と気の利いたフードが楽しめる落ち着いた、隠れ家的雰囲気のお店です。
 氏のコネクションによる、写真中心のアート作品のギャラリーでもあります。
BM3.jpg 
(展示だけでなく販売してます)

 こちらでは、いつぞや当ブログで取り上げた・・・
レーシングライクなドイツのリキュール

イエーガーマイスター
 も飲めます。というより、その営業でもないのに
「こちらに来るクルマ好きのオジサマに絶対訴求するはず・・・!」
と踏んで(笑)自分が持ち込んだのでした。
 果たしてそれは的中(!)先日
「もはやイエーガーは定番化・・・」
とのご連絡を戴き、感激したところです。
 イエーガー、ストレートはもちろん・・・
イエーガー・ボム
(これまたレースライクなドリンク、レッドブル割り!)
 といったカクテルもある、ということで
「そろそろ顔を出さなきゃ・・・」
と考えていたところ、思わぬ朗報がもたらされました。

 実はこちらに自分の作品・・・

( マゼラーティ・バードケージ )
 を展示して戴いていたのですが、それを見て一目惚れ(!?)
「ぜひ欲しい!」
という方が現れた、というのです。マスターI氏はその場で電話を繋いでくれ・・・
 商談成立!

 まだそのお客様とはお会いしておらず、ただ作品をお渡ししただけ、という段階(?)ですが・・・
 久々に(苦笑)自分の作品が評価される(!)という満足感を味わいました。嬉しいです。


[Art cafe Blue Moon]の続きを読む
  1. 2015/08/23(日) 17:39:17|
  2. Illustration&Work
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

What is done cannot be undone.

  施工前
(施工前)

施工済 
(施工後)

 前稿 バーボン人生♪ は一部の方には刺さったようで・・・反響があるってのは嬉しいものです。


 さて人並みに取ることができた盆休み。
 自転車のホイール新調(もちろんDIY)を!と思っていましたがリムの手配が難航(⇔時代考証的に正しいwヴィンティッジなリムを探しているので)作業に取りかかれません(笑)とはいっても、
せっかくのまとまった休みです。
「それじゃあ・・・普段手をつけられないことでもやるかあ」
と、家の周りの「整備」をすることにしました。

 以前アップしたことがある・・・

レンガ敷きの「サイドヤード」

 の反対側、手付かずの西側外溝の雑草対策です。
 思い立ったのは近所の新築の家の外溝作業、真っ白な「防犯砂利」が敷き詰められているのを見て、です。先頃たまたまお昼のワイドショーか何かで「防犯砂利」についても知ったばかりだったのも影響してます。


 逗子は県内で最も治安が良い街(だからこそ、昨年の事件を重く受け止めた市長が過激な、夏の海岸風俗規制を打ち出し今年も・・・)ゆえ防犯にさほどこだわりはありませんがTVで見た「防犯砂利」の美観と軽量性(=施工性)が刺さったのでした。

 先頃手入れしたばかりなのでさほど繁っちゃいませんが( ↑ トップ画像)まずは草むしりから。
 お気に入りのツナギ・・・
STEVE.jpg
  を着込んで作業開始です。
 これが「凶悪な」ドクダミ(だと思う)の強固な地下茎。
地下茎 
(こんなのが6m以上も伸びていると・・・)
むしった草といっしょに前回剪定したローズマリー
剪定 
(右側の山)
の残りの枝・・・
ろうずまり 
 を捨てます。ローズマリーはすぐ捨てず、こうやってしばらく放置しておくと・・・
 葉は落ちてレンガの目地の土となり、乾いた枝は折り易く、捨て易くなるのです。
 そして、すっきり!
むしり済 
(逆アングルから)
 
 さっぱりしたところで、届いたばかりの砂利を箱から取り出します。
防犯砂利 
(60リットル×2袋)
 さすがア◎ゾン!こんな建築資材でも翌日には届いてしまいます。そう、今回の作業、思いついたのは一昨日夜だったのです。
 カラーは4色あり、白か悩みましたが3色ミックスにしました。白くしたけりゃ上に足せばいいかと(笑)しかしそのミックス、2袋で随分色が・・・
ぼうはんじゃり 
(どう見ても違う・・・)
 ◎マゾンのサイトには、ほかにも雑草対策資材はありましたが・・・
給水管 
(埋設部交換済・・・)
 昨冬、給湯器への給水管(埋設部)の腐食による漏水があり修理(さすがにこれは外注でしたw)したばかりなので、一部の商品のように「固めて」しまうのは憚られたのです。

 色違いを吸収するため2袋とも空けて、両手でひと掴みづつ交互にに蒔いて行きます。袋半分くらいになれば楽に抱えながら作業できました。
 そして、完成。
施工済
 思っていたよりずっと簡単に速く、安くできました。

 こんなに楽な作業だったら・・・もっと早くやれば良かった( ↑ 標題参照)

[What is done cannot be undone.]の続きを読む
  1. 2015/08/17(月) 06:00:00|
  2. Jacket
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バーボン人生 ♪

アーリー新しい画像
(現在もヤフオク上、純正旧型看板。ちょっと欲しい・・・)

 バーボンはお好きですか?自分は大好きです。

 ウイスキーの中で自分が勝手に二大勢力と思っている(笑)バーボンとスコッチ。そのどちらか、バーボン好きになるかスコッチ好きになるかは・・・

 その人の洋酒ライフ、その初期に試した高級洋酒の種類で決まる

 ような気がしてます。我々の年代であれば大抵は・・・

ダルマ

から始まったであろう洋酒体験(笑)その頃ちょっと「背伸びして」あるいは奢られて初めて試した高級洋酒が、例えばそれが・・・


オールドパー

 ならスコッチ好きに・・・という具合に。

 自分の場合それは・・・

ジャック・ダニエル

 でした。正確にはジャック・ダニエルはテネシー・ウイスキー。バーボンではないのですが、まあ同じコーンの酒ということで()ちなみにその違いは コチラ

 ご存じの通り、結構入れ込む性質なので(笑)ボトルごと冷蔵庫に入れて(=氷なしで)ほとんど毎晩飲んでいた時期もありました。
 また、何かツマミがないと・・・という性分でもあり(笑)その頃からアテは専らミックスナッツがメインです。ナッツ一般どれでも行けますが中でもジャイアントコーンは、別にそれだけ買ってきて「足す」くらい好きです。

 当時はナチョス(=素トルティーヤ・チップスw)もいってました。バーボンと風味が合う感じが・・・
 そう、バーボンはコーンの酒です。ジャイアントコーンやコーンチップが合うのはある意味当然、自分はただのトウモロコシ好きなのかもしれませんね(笑)

 その査証として、逆説的ではありますが・・・
 同じバーボンでも例えばワイルド・ターキーにある・・・

Rye

(ライ麦版)

 は何か「酸っぱい」感じがして好きではありません。ちなみにあの酸味は同じくライ麦パンからも感じる風味ですねえ。
 Don't
Catch in the Rye ってことで(笑)


 

 ジャックダニエルやらターキーやらの話題が出たので好きな銘柄の話を。

 価格的な問題もあって(昔、洋酒は高価でした)冷蔵庫に入っていたのは専ら・・・

ET.png  
アーリー・タイムズ

 でした。似たような価格帯のバーボンにはもう一つ・・・


IWハーパー

 がありますがハーパーの方が幾らか上品(?)というかバランスが良いというか一般的には口当たりが良い、のでしょうが自分はよりゴツゴツした、荒々しいバーボン(あるいは安い酒w)らしさを感じるアーリータイムズに惹かれました。

 アーリーが気に入ったもう一つの要因がラベルのデザイン(↑)でした。

 スーパーヒーローそしてアメリカン・コミックの元祖でもある

sprmn.png
スーパーマン

 は新聞(デイリー・プラネットではないw)の連載から始まったのはご存知でしょうか?
 そしてカラー印刷が始まったのもちょうどその頃で、スーパーマンのコスチュームの配色(=青赤黄)は初期のカラー印刷での発色を第一に考えて、のものだったそうです。

 翻ってアーリーのラベル、スーパーマンと同様な理由で選ばれたと思しきチープな(失礼)色遣いに自分はそれこそ
「アーリー・アメリカン」
を感じて喜んでいたのでした。

 しかしその毎夜の晩酌も、酔っ払ってから歯を磨くのに嫌気が差してやめました。
 折角イイ雰囲気に酔っぱらって「怠惰な気分の」ところなのにその直後「生真面目に」歯磨きをしていると、酔いが醒める感じがして・・・
 まあ呑みより歯磨きを優先する(!)という自分の価値観のせいではありますが(笑)
 加えてちっとは偉くなって日常遣いがターキーなんぞに昇格したこともあり暫くご無沙汰していたところ、アーリーは勝手に(笑)大変身を遂げていたのです(!)


 角瓶となって背が低くなったのは良いとしても、魅力だったラベルが妙にオーセンティックさを狙ったっぽい欺いモノに替えられたのです!自分にはかえって安っぽく見えます。

「・・・こんなのもう買わねえ」

ワイルドターキー

12

 のウイスキーとしての、バーボンの括りを超えた濃密な旨さをも知ってしまった今ではアーリーを手に取ることはなくなりました。

 と、お酒の話題でしたが最近はワインばかりでほとんど飲んでいません。行きつけの渋谷宮増坂の怪しいバーも、母屋ビルの建て替えで閉店してしまいました(T_T)
 どなたか呑みに誘って下さい(笑)

[バーボン人生 ♪]の続きを読む
  1. 2015/08/09(日) 10:24:40|
  2. Gourmet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Street Views:The landscape@Tokyo&Zushi

空手
(大空に雲の「手」が・・・)

 引き続き、街で見た興味深いもの「風景?編」です。

 トップ画像は・・・
 キャプションの通り「手」です。偶然のショットですが(笑)見えますか?

 次は、太陽の周りにできる円い虹・・・
 虹
(太陽と同心円で・・・)
 気象用語で「ハロ」というそうです。

 次は東京ゲートブリッジ・・・
ゲートブリッジ
(オレンジに輝く・・・)
 見える角度の問題なんですが、夕日を反射しているんですね。

 先の震災の「被害」、今は復旧していますが・・・
Tタワー
(先端に注目・・・)
 地震の揺れで、曲がってしまった東京タワー。いったいどうやって直したんでしょうか(笑)
 

 かなり古い写真ですが・・・ 
 丸子橋
(ちょっとシュールな?・・・)
 旧「丸子橋」解体中のヒトコマです。手前が現丸子橋。

 銀座のビルですが・・・
融合ビル 
(一体なんだけれど・・・)
 2人の所有者の好みが分かれた?んでしょうか(笑)ビルの外観の意匠が左右で異なり・・・2つのビルが「融合」しているように見えます。

 逗子駅近くで目撃したアクシデント・・・
正面衝突 
(同一線路上です!)
 逗子には増結車両用基地があり、そのポイント切り替えミスなんでしょうが、列車が危うく「正面衝突」!

 逗子駅で見かけた、ナイキ鳩。
 Just do it
(Just do it !)
 その時はそう見えたんですが、画像にするとそうでもないか・・・(笑)
  

[Street Views:The landscape@Tokyo&Zushi]の続きを読む
  1. 2015/08/03(月) 13:36:47|
  2. Culture&Social
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0