謹賀新年


2016web - コピー

本年もよろしくお願い致します🙇


スポンサーサイト
  1. 2015/12/28(月) 20:25:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Making new year greeting card

martini.jpg 


 クリスマスはいかがお過ごしだったでしょうか?天皇誕生日が23日になり、休前日が増えての
クリスマス・デフレ
(=特別な日としての価値が下がった?)

 ですが若者にとっては選択肢(?)が増えた、とは言えそうですね(笑)実際22、23の両日夜、これからなのか帰りなのか一人で歩いてる姉ちゃんは皆
「私、シンデレラ・・・👠」
って顔してました(笑)


 そんなお祭り騒ぎも過ぎて年末、お正月準備です。とりあえず年賀状の用意を。遅過ぎですが(笑)
 来年の干支は申です。我が家の年賀状は例年
 ペットのインコと干支のオブジェの絡み
 と決まっているので、当初は・・・
これ
irega.jpg
(笑)
 で行こうと考えたのですが・・・
 冬場の工具は触れると冷たく、上に留まってはくれませんでした(笑)
 気を取り直して、引っ張り出したのはディズニーの本・・・
ジャングルブック
(飛び出す絵本、ですね・・・)
 ちなみにお子さんへのプレゼントに最適、かとは思いますが現在日本語版欠品のようです。
 その中の猿のシーンを使って・・・
2016 - コピー

 こんなのができました。

[Making new year greeting card]の続きを読む
  1. 2015/12/26(土) 14:14:25|
  2. Pet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成川柳傑作選

万柳
(I got it!)


「平成川柳傑作選」


 が届きました。
 早速パラパラと、どう分類、配置して1365句を収めているのか、その「構成」を確認します。索引を見ると


 ふむ「作者」では引けないのか。


 あるのは句の(内包する)キーワード検索のみ。
 何度か入選(?)している自分の句ですが「秀逸」を戴いたのは一句のみです。


 全部は無理でもその句だけは載っているんではなかろうか?


 とキーワードをあたります。


 あった「不況」!215ページか。
 おお、あった。載ってる!


 トップ画像への道、でございました。

  1. 2015/12/14(月) 11:56:20|
  2. 万能川柳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Topic about Book:本の話題


(ノスタルジー、共有できる方はいますか?)

 ブラックフライデー、買い物シーズンってことで最近買った本について。

 今を去ること40年程前スーパーカー・ブームなんてものがありまして・・・多感な時期にその洗礼を受けたがため未だ、依然としてその影響下にある自分ではあります(笑)

 その手の車の情報を得んがため当時の少年十字野郎が向かったのはなんと公共の図書館(!)そこに揃っていたのがこの

 世界の自動車(朝日新聞社刊)

 シリーズでした。いわゆる自動車年鑑ですが、読みふけったものです・・・なんてことをふと思い出し
「もしや・・・?」
とネットオークションを検索してみると、ありました!世界の自動車。
 堪らずとりあえず(笑)ブーム真っ芯の頃(の車両掲載)の2冊を落札。人気ないのでしょう、リーズナブルでした。

 まず、オリジナルのビニールカバーが残る’72年版。
 記憶に残っていたのがこのページ・・・
72_20151206100315aa0.jpg 
(この頁が欲しくて入手したようなもので・・・)
 当時のこの手の「グラビア」は画像左上のデイトナのような、前3/4アングルと相場は決まっていてディーノの場合もそうでした。しかしこの本のこの頁、右上のディーノの写真は違いました。
 ミドシップなる語は知っていてもその意味なんぞ理解できていなかった当時、デイトナやフェアレディZ、トヨタ2000GT等いわゆるロングノーズ・ショートデッキが高性能車の基本形と思っていた自分にとってこのディーノの・・・

 キャビン部分の、前輪の間への前進(食い込み)っぷり

 は衝撃、でした。車の真ん中に(視覚的な)重心がある、そのオブジェとしての安定性というか、車というより

 太った胴体とその四隅に踏ん張った四肢

 といった動物的イメージすら感じたのです。
 この動物的な、視覚的重量配分(?)を良しとする感覚は以来自分の中に刻まれ、今に至る「リアエンジン車好き」の源となっているのでした。

 続いて裸の’73年版。
 この年はその後歴史的名車となるカレラRSのデビューした年。この本でも同車はトピックとして扱われていました。
rs.jpg 
(これがグラフィック面・・・)
crs.jpg 
(そして巻末記事。読めますか?)
 発売前に完売してしまったこと等が「ニュース」として書かれています。
 この記事を読んだためか、他のスーパーカーと違いことカレラRSに関して自分は「当事者」の感覚を持ち続けています(!)読んだのは多分’76年のことと思いますが、勝手なものです(笑)

 こんなページもありました。
fet.jpg 
(FET極東の広告とストラトス・プロトと)
 このウェバー・キャブレターの広告、車検がどうのとか合法とか排ガス云々のうるさくなかった良い時代を現わしていますね。

 さて話は変わって今度は新刊の話題・・・

 当ブログでも何度も取り上げている愛読書「スーパーカー誕生」。非常にぶ厚く、高価でもあった同書の・・・
文庫版
 が出た、というニュースが。これはマニアならずとも朗報でしょう。文章量はともかくあの価格は問題でしたから。あんなには出せない、のが普通でしょう。辞書の如き重量もまた問題でした。これで
「持ち歩ける。電車の中で読める」
と思ったのは自分だけでしょうか(笑)

 そしてやはり新刊情報。
 全く別ジャンルですが等しく自分の趣味(毎週投稿継続中!)である毎日新聞「万能川柳」。その総集編たる・・・

最新刊
 も出た、ということで揃って2冊AMAZONに注文しました。
 届くのが楽しみです。

[Topic about Book:本の話題]の続きを読む
  1. 2015/12/06(日) 10:24:17|
  2. Book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0