Studies(History?) of Japanese motorization & Magazines:研究というより歴史書

P_20160328_091649_1_1.jpg
(久々の自動車単行本それも新刊😁)

 モータリゼーションと自動車雑誌の研究。

 かなり固い感じの表題ですが(笑)出たばっかりの、自動車専門書店元店長の自分としては注目の一冊でした。
 この本、先日の横浜での旧車ショーの三樹書房さんブースで購入、ようやく読了しました。800頁の大作「スーパーカー誕生」は一日で読めた自分ですがこちらは思いのほか手強く(笑)結構な時間がかかってしまいました。
 というのもその内容がおどろくべき綿密さと周到な、フィールドワーク的実証調査に基づいて書かれており、軽くは読み飛ばせなかったのです。
 当初自分はこの本をその表題から察するに、今まで刊行された自動車雑誌を「カタログ的に」羅列、その(特に人物的な)相関関係を表しつつ各誌の評価、位置づけしたもの、と考えていました。しかしそれは全くの誤解で(笑)思いのほかアカデミックな(失礼w)そう、真面目な本だったのです。
 著者飯島洋治氏とはTwitterでお近づきにはなっていますが・・・
 お見それ致しました🙇
 というほかありません。
 今回の予断というか誤解が生じた要因はこの本の装丁、グランプリ出版のデザイン力にあるのかも(?)
 著者あとがきに
「とんでもないものに手を出してしまったのでは?との不安を感じ・・・」
とありましたがさもありなん。自分が生まれる遥か以前の趣味の雑誌という希少な物証に当たりつつそれらの成り立ちを体系的に位置づけ、しかも並行して関係者にも取材する(!)というのは相当な苦労だったことでしょう。単なる執筆ではなく「研究」の名に値する力作と言えます。
 そして完成した歴史書とも言える本書。思うに著者の中にも自動車雑誌を軸とした一本の
「歴史の幹」
が出来上がったことでしょう。それを主幹として枝葉を伸ばして行けば立派な大樹となるのではないか、と思います。さすれば氏の肩書はモータージャーナリストではなくヒストリアン(歴史家)が相応しいかと。


スポンサーサイト
  1. 2016/03/28(月) 10:51:51|
  2. Book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Post to newspaper:祝・当選?

図書カード
(久々に見た図書カード。本屋時代には・・・)

 以前、新聞への投稿で「ベストアンサー」に選ばれた・・・との記事アップしていますが、またしてもその

 勝間和代のクロストーク(@毎日新聞)

 に自分の投稿が採用されました。というか毎日新聞のこのコーナー、主だった投稿に対して主筆(?)勝間氏がすべてコメントしてくれる、という大変寛大なところが特徴で(笑)毎回それなりに「賑わって」いるのですが。
 前回のお題「長時間労働を減らすためには」に対しての自分の投稿、毎回選出される「ベストアンサー」ではなかったものの(筆頭、ではありましたが)その内容が評価され(?)投稿御礼(=ご褒美?)の図書カード、となったようで・・・
 嬉しいです。

 因みにこちらのコーナー、現在投稿募集中の今回で残念ながら最終回だそうで・・・もちろん投稿済みです。

:::::::::::::::::::::::

 この週末、大分ほったらかしになっている自転車ホイールが組み上がる予定でしたが、コレに関して重大な事実誤認が発覚(!)とりあえずこのままでは組み上げられない・・・ということになりました(T_T)

 そんな訳で今週はここまで<(_ _)>



  1. 2016/03/21(月) 10:18:05|
  2. Culture&Social
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Nostargic 2 days 2016:2週間遅れリポート

カペラ
(ホイール外してウマ掛けて・・・)

 革ジャンの件で先日のヒストリックイベントについての話題が遅くなってしまいました。

 まずはトップ画像、カペラです。
 この車に実は特に思い入れはないのですが(笑)この状態の展示に痺れました。
 ホイールのサイズやデザイン、車高に影響されずに純粋にその車のスタイリングが感じられるこの状態・・・描いている途中、にも見えます・・・が何というか、好きなのです。ハブ等が覗いていればメカニカルな雰囲気もあり、でも直ぐには動き出せない状態にどこか「羽を休めている」感すら・・・変態かも(笑)
 同様の理由でポルシェ935をはじめ色々なプラモデル、眺めているだけでほぼ満足、中々組み上がりませんでした。下手に組んでディテールをチャチくするより「ホワイトボディー」のままの方がかえってリアルな気がしたんですねえ(笑)

 ロータリー繋がりで・・・
コスモ 
コスモ・スポーツ。
10A.jpg 
そのエンジン。
 最近よく見かける気がします。今見るとかなり繊細(というか華奢w)です。
cosmo_20160206230348ccc.jpg 
(@ニューイヤーミーティング2016)
 スタイリングはもちろんメカも含め各所ディテールから創り手(マツダ)の迷いというか「模索」が感じられる、というのは40年後の(=ずるい)目なのでしょうね(笑)

 じっくり見たのははじめて・・・
フェロー
フェロー・バギー。
運転席  トランク 
       運転席       と  ラゲッジ・スペース。
 当時のノーマル・フェローについては残念ながら全く知りませんが
(自分はフロンテ党だったのでw)トラック共用と思しき・・・
シャシー 
(Ω形に湾曲するフレームとリーフのリジッド・アクスル・・・)
 鋼板溶接ラダーフレームに船舶的なFRPボディーが架装されている構造が非常によく解りました。
 作業者とその作品をくさすつもりはありませんし、想像を絶する苦労があったのかもしれませんが
「・・・これなら直せるかも・・・」
とは感じました。

 入場してすぐのでっかい・・・
ヘミ
HEMIエンジン。
 「サバイバー」っぽい佇まい、目立ってました。

 某タイヤ・メーカーさんのブースに、ちょっと見何だか判らない・・・
スープラ 
スープラ。
 これこそホワイト・ボディー(笑)入念な補強と仕上げ、ドリフト競技参戦車両なのでしょう。
 こんな古い車体(失礼)を引っ張り出してこなければならないほど、競技用ベース車両(後輪駆動!)の選択肢不足は深刻・・・とも感じました。

 競技車繋がりでサファリ・ラリー・・・
セリカ
WRCセリカ。
 実戦をくぐり抜けてきた本物の凄みが・・・(!)

 これまた競技車・・・
チェリー 
チェリー。
 この、巨人の手で引っ張り出したかのような(?)オーバー・フェンダーの造形。'70年代ETCにはじまり’80年代流行した・・・
「ブリスター・フェンダー」
スタリオン 
(これは「一般参加」非常に良く保たれたスタリオン)
 への過渡期とも見えるその形は、今見ても格好良い!と思いました。

 今や単体展示も普通、となってきた・・・
S20 
S20エンジン。
 まるでフェラーリか何かの如く(!)単体でも絵になる、美しく整った立派なエンジン。敢えて悪口を言うなら・・・2リッターとは思えない巨大さ(!)2.4とかにしたくなる気持ちは解ります(笑)
 S20といえば・・・高齋正氏の小説に出てきた、夢のある(笑)S20搭載グラチャン・カー(!)見てみたいものです(笑)

 (マスタングはとりあえず綿々と続いていたとはいえ)ダッジ・チャレンジャー、シヴォレー・カマロ等、近年相次いでスタイリング上「復活」しているスポーツクーペ。(日本国内はともかくw)そういう需要が見込めるなら、アメ車だけにそれらを任しておくんじゃなくて・・・
 SGX
ローレルHT・SGX。
 コレの現代版(!)なんてのはいかがでしょうか?
 フェアレディZ・シャシーでそれっぽく造ったら(特にアメリカで)結構受けるんじゃないかと?ドリ車ベース不足解消にもなるし(笑)
 そのうちスケッチでも描いてみますか(笑)

 お後がよろしいようで<(_ _)>



  1. 2016/03/13(日) 10:58:51|
  2. Old Car
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Historical aucenticity:その時代っぽさ(?)



 出来上がった革ジャン、ようやく納品できました。

 というより依頼主U氏にわざわざご足労頂き取りに来て貰った、のでした。もちろんオレンジのTE27で、です。
 この革ジャン入手の経緯については こちら を。そして今回の革ジャン背面イラスト、U氏希望の題材が

 柳ジョージとレイニーウッド、'81年のライブアルバム

 でした。U氏は当時武道館で実際にそのライブを体験しているそうで(!)
 そういった思い入れは20年以上は軽く保つレザージャケットに描き込む題材として正に相応しいものです。ちなみに自分は柳ジョージ、姿かたちと声、テネシーワルツくらいしか知りませんが(笑)追悼の意味も含めまあそこそこ良い仕事ができたのではないでしょうか?

 そしてTE27と年代がバッチリ合った革ジャン・・・
U2.jpg 
結構いい雰囲気じゃあありませんか?

 旧車に乗っている人が皆、とは言いませんが
「俺は、ずうっとコレに乗っているんだぜ」
って顔をしたい、ってのはあると思います(笑)そしてそういった気分にマッチするのが今回のようなジャケット。
「最初は普通に着てたけど、'81年のライブが良くってさあ・・・」
なんてストーリーが見えてくるようじゃありませんか。

 結構時間がかかって大分暖かくなってしまいましたが(実は革ジャンはさほど暖かくないのでちょうどいい?)ガンガン着て下さいませ。



  1. 2016/03/07(月) 11:02:04|
  2. Jacket
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0