Aerodynamico:MotoGPの空力


(国内チャンプ中須賀駆るテストベッド)

 MotoGPマシンが凄いことになってます。Ducatiは昨年からでしたが、今年はワークス全車に「翼」が生えました。

 ということで今週はモーターサイクルレースにおける空力について、見て解る範囲内で(笑)考察してみましょう。

 まず2016MotoGPマシンの特徴となっているウィング、その実用的
(←実戦配備された)元祖は’70年代中期の・・・
heron.jpg 
ヘロン-スズキRG500
 でしょう。転倒時のライダーとの接触を考慮してエッジのない、その丸みを帯びた形状は(当時の)ちょっと前の・・・
mf1.png  mf.png
マーチF1
 を彷彿させます。このマシンは・・・
real.jpg
 J・ハント
 に続き?伝記映画が作られるらしい今は亡き名ライダー・・・
B・シーン
sheen.png
 (ロバーツが現れるまで最強でした)
 も乗りました。ところが彼は、一説によると
「マシンには無頓着」
だったそうで(笑)そのせいもあるのでしょう、このウィングの効果
(の有無)を伝え聞くことはありませんでした。
 まあ翼端板もない
(←せっかく切り開いた空気の流れが横からこぼれ落ちてしまう)滑らかな形状では効果は望むべくもなく、単なる空気抵抗でしかなかったのでは?とも思われます。

 増える抵抗、落ちる最高速に目を瞑ってでも、ウィングに望む効果とは唯一コーナリング時のダウンフォースです。
 ところがその効果は速度に比例するがゆえに一番効くのは、実はダウンフォースの必要がない「直線」なのです。とすれば、正しい設計の
(←ちゃんとダウンフォースを発生する)ウィングを装着したマシンは直線で不必要に(?)車高が下がっている、可能性があります。しかもウィングが重心位置付近にあるならば車体は水平に沈みますが現在のMotoGPマシンへの装着位置は前輪寄りです。したがって各車は望まない前下がり、前荷重で走らされていた、可能性があるのです。
 この直線時に前下がりの姿勢をもたらす過大な前輪荷重が何か「悪さ」しやしないか・・・?
 今回のレース後のヤマハ、J・ロレンツォが言及した「後輪グリップ不足」。これは正にそのダウンフォースの影響、だったのではないでしょうか。加えるなら予選時彼は燃料タンク位置違いのマシンを試していました。これも後輪荷重を意識してのものだったのでは?

 今後ウィングの装着位置が重心位置に来ることは恐らくなく
(←なっても禁止されるでしょう)この荷重変化問題は、今シーズンからワンメイクとなったミシュランを悩ませることになるのでは?とも思います。
 前戦のタイアライフのためのFlag to flagレースも実はウィングが引き起こしたのかも?

 ということでウィングは、効いて欲しいコーナリング時より直線で効き過ぎてしまう可能性が高いことがお判り頂けたことと思います。

 では、コーナリング時に効果を発揮させるにはどうしたら?

 ここで問題になるのがバンク角です。
 タイアのグリップを増すには真上から押さえつけるのが最も効果的なはずですが、ウィングが車体に付いている以上その荷重は車体垂直方向に作用します。ということは、発生するダウンフォースはバンク角の分だけ目減りしてしまうのです。またその目減り分はタイアを外に逃がす力ともなります。
 ウィングが(最近の車載カメラのように)バンク角に応じ可動すればより良い効率を発揮できる可能性がありますが、これも許されることはないでしょう。
 しかし固定された状態でも、車体バンク時上面になる片側のウィングのみをより効かせることができれば同様の効果が望めます。
 そして各車のウィングに与えられている「下反角」はそれを狙ってのことなのではないでしょうか。
 恐らく、ですが・・・
 バンク時下側になるウィングは「対地効果」等によって上側より効率が落ちる、と思われます。その左右(=上下)差を増やすのがこの「下反角」なのだろうと自分は考えています。

 ではこのウィング、今後どのように進化して行くのでしょう?

 まず現状大型化の方向が既に見えており、しかもそれは前輪に近づくかたちです。前述の通りそれでは過大な前輪荷重
(あるいは後輪荷重の減少)を招く可能性があります。したがって今後ウィングは禁止されるまで

 車体側方(≒重心位置)に向かって長くなる

 と思われます。そして既にドゥカティがやっているようにウィングを車体有効幅内に収めるため

 カウリング中央部が横に張り出す

 ことでしょう。こんな感じに。
SFC.jpg 
(Laverda SFC)
 並行してウィング面積を稼ぐため

 車体が細くなる

 ことも間違いないでしょう。以上は実は・・・
フォーミュラカー
マーチ782 
(ex.マーチ782)
 がグラウンドエフェクトでダウンフォースを得るため歩んできた道、そのものなのです。

 そして最近のライディングフォーム・・・
肘擦り
「肘擦り」
 を考慮すると、先頃のF1がコクピット内でやっていた
(←運転手が手動で空気の流れを変える)のと同様に・・・

 ライダーが肘で、下側ウィングの気流を阻害する(!)

 なんてこともあるかもしれません。

 MotoGP解説の宮城氏曰く「エアロ元年」である2016年シーズン序盤です。
 今後モーターサイクルにおける空力の秘密が明らかになる前にあえて予言的(笑)考察を書き散らかしてみました。この文章がどれくらい当たっているか、後に明らかになることでしょう。楽しみです。
 大外れだったら笑ってやって下さい。

 次週はモーターサイクルのカウリング形状の歴史的考察、の予定です。

[Aerodynamico:MotoGPの空力]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2016/04/30(土) 11:19:15|
  2. Moto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Natural disaster:日本の自然災害

災害
(結構ごつい本、ですw)
 本屋時代へのノスタルジーでしょうか(笑)本の話題が続きます。


 九州地方における地震被災者の方々にお見舞い申し上げます。


 最初の地震、烈震とはいえ被災地域は比較的ピンポイント、のように思っていたら・・・とんでもない群発地震(!)当初
「さすが日本の建築。いきなり崩れたりはしない・・・」
と感じたのも束の間あれよあれよと震源域は拡大、強震の連続に倒壊も相次ぎ・・・
 早期の収束を願ってやみません。
(しかし相手は地球。人間の時間は地球にとっては一瞬以下・・・)


 このタイミングで以前仕事の待機中に読もうと買ってあった地図帳というか本・・・
 を引っ張り出して読み直してみると・・・
 改めてその内容に感服!早速レビューなんぞを書き、投稿しました。

:::::::::::::::::::::::
 

 さすが地図の昭文社!では褒め足りない素晴らしい編集。
 地震、火山はもちろん異常気象から原発まで、普通の人々の理解のための周到な配慮に加え、その歴史的かつ科学的調査考証は教科書レベル。 TVの解説では今一つピンとこなかった貴方の「なぜ」への 解答も見つかるかと。
 手に取った全ての人にとって役立つものを!という編集者の、読者への愛すら感じる入魂の一冊。
 2012年刊行でもその内容は少しも古びておらず、むしろ九州の惨事を経た今日その価値は一層の輝きを放とう。ドキュメンタリー的面白さもあり「一家に一冊」は言い過ぎではない。

:::::::::::::::::::::::
 と、こんな具合で☆☆☆☆☆、誉めておきました。
原発
 この本、自然災害だけでなく原発災害による放射能被害についてもよ~く解説しており、その解り易さは特筆すべきでしょう。
「ベクレル?シーベルト??」
といった疑問を一度でも持ったことのある向き(自分もです)には膝を打つ内容かと。

 ご興味持たれたなら、ご一読お勧め致します。

  1. 2016/04/24(日) 11:25:12|
  2. Book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Fast Freddie & King Kenny:スペンサーとロバーツ

 201604181228105f5.jpg 
(バイクレースはドラマより面白い!!さんのtwitterより)
 
 往年の名ライダー、F・スペンサーを紹介するツイートがありました。

 驚くことに呟いたのは若い方のようでした。父君が我々と同世代なのでしょうか(笑)
 実際スペンサー、我々の世代には絶大な人気。それは今も変わりないのかもしれません。しかし、どちらかというとライバル、K・ロバーツ派である自分は大人気なくも😅このツイートに・・・

 それまでのキング・K・ロバーツは楽に走って軽く勝ってた感じだったのに彼が現れてからは超本気、フォームもどんどん過激になっていったのを覚えています

 てな返信をつけたところ、当人様からは
「・・・当時を生で見たかった・・・」
といったお返事と、閲覧者の方々から思わぬ
いいね👍を複数頂き少々気を良くしております。単純ですねえ(笑)
YZR.png 
(これはその、楽に勝っていた頃w)
 そのやり取りは、十時野郎のツイートを参照して頂くとして・・・

 自分にとってのF・スペンサーのイメージ。それは、画期的かつ天才的なテクニック、いわゆる新人類的なものを感じさせる、といったものです。
 そしてそれはギタリスト、イングヴェイ・マルムスティーン・・・
 のイメージと交わるものなのです。あくまで自分の中ででの合致、ですが(笑)

 では、彼の登場以前無敵を誇ったK・ロバーツは?

 ロバーツもまたその登場は充分にセンセーショナルでした。それをロック・ギタリスト史に照らし合わせるなら、エドワード・ヴァン・ヘイレン!
 がそれに当たる、と自分は思っています。

 相当飛躍した例えなので、ご理解頂けないかもしれませんが(笑)もしお近くにロックとWGP双方に詳しい方がいらっしゃったら、うかがってみて下さい。

 きっと笑ってくれるとは思います。
  1. 2016/04/18(月) 11:16:08|
  2. Moto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Antique?Used books:古書の世界

古書
(右がヘインズ・マニュアルより気持ち小さい)

 本の話題が続きます。

 先日の横浜でのヒストリックカーイベント、もちろんロンバルディさんのブースにも行きました。そこで購入したのがトップ画像の2冊。もちろん入場チケット付属の金券も使いました(笑)

 まず「世界のレーサー」秋田書店、’68年5月3版発行。
 著者池田英三氏が自動車レースに興味を持った若者(子供を含む、ようです)に対し解り易く噛んで含めるように丁寧に解説する本書、先日購入した「世界の自動車」の特集ページを膨らませたような内容で
― それもそのはず同氏による著述 ― その「膨らまし具合」に興味が湧いての購入でした。¥1,500。ちなみに当時の定価¥350でした(笑)
もくじ - コピー
見開き右頁・・・
 もくじ
同、左・・・
 この目次を読んでもらえば概ねの内容が想像して頂けるかと思いますがそれにしてもこの時代に、これだけ広くしかもそれなりに掘り下げてなおかつもちろん正確に世界のレース、ラリーについて書けた人物は日本にはほとんどいなかったはずです、氏を除いては。
色頁
カラー頁や・・・
 折り込み
折り込み頁の・・・
 写真も気が効いています。
 何より現在の目で見れば「当時のバリバリの現役レーシングカー」の写真です。レストアされたビカビカではない、リアルな雰囲気が伝わります。

 内容の懇切丁寧さが最も現れているのが・・・
運転法 
 運転法・・・
 の記述でした。これを読んで当時の子供たちはレーシングカーのスピードの魅力に想いを馳せたのでしょう(笑)

 もう一冊は・・・

Encyclopaedia of Classic Cars SPORTS CARS1945-1975

 クラシックカー辞典、戦後~’75年までのスポーツカー編、です。
 ¥500だったか¥1,000だったかのワゴンセール品でしたが’98年発行なのに1975まで、という謎の編集(笑)が目にとまりました。オイルショック(’73年)の影響を受けていない車、といった意味なのでしょうか?
 それに加え、手にとってパラパラと頁を捲るだけで感じる奇妙な感覚。
「なんだこれ?」
例えばAlfaRomeoの頁・・・
あるふぁ  
多くのカラー写真も使い・・・
 結構な紙面を割いています。同社の、自動車史における存在感からは納得の扱いでしょう。しかしSVZなんてマイナー車(失礼)を取り上げているのにも関わらず、当時最新のJuniorZが載っていないとか・・・

 いかにも英国的に(アカデミックな?)辞典としてあらゆる車、ブランドを等しく扱う、というポリシーなのでしょうが、この2車・・・
 同列
 
 かたや右頁は納得の超高級車、Facel Vega。対して左頁は単なる(失礼)クラシックカー・レプリカでしかないExcalibur(←ルパン三世の愛車として有名ですねw)が仲良く並んでいる(!)という驚くべき光景・・・
 その妙ちきりんさを、詳しく味わってみよう(?)との購入でした。

 2冊ともまだざっと眺めただけですが、仕事の待ち時間にでもじっくり読み込んでみたいと思っています。

  1. 2016/04/10(日) 19:26:27|
  2. Book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RIDING SPORT vol.400

 都内に数多くある桜の名所も満開となりました。
満開
(隣家―現在5150万円で売り出し中―の木も・・・)
 その艶やかな美しさだけでなく、パッと咲いてパッと散るその咲きっ振りもせっかちな江戸っ子気質に合ったのでしょう(笑)東京の花見は江戸時代からの長い歴史があります。
sakura.jpg
(これは一昨年しかも神奈川w)
 とまあ時候の挨拶は以上で。


 現在では国内唯一のモーターサイクル・レース専門誌ライディングスポーツが今回発売号で・・・
400号 
創刊400号
 となりました。
 おめでとうございます。
 それに先立つ新年号で読者プレゼントに加え400号に関わるアンケートがあり、感想その他を書き込み応募したのですが、今週になって・・・
封筒
こんな封筒が届き、開封すると・・・
抽選 
なんと、プレゼントに当選!
mugello.jpg 
ムジェッロ・サーキット(オフィシャルでしょう)のUSBメモリー
 が当たりました。
 ありがとうございます!
 前々稿の図書カードといい・・・
 こいつあ春から、縁起がいいぜえ、ってところですねえ(笑)
断面
ガワがアルミ(?ヘアライン仕上げ)で楔型断面
 キャップが緩いのがご愛敬(イタリアっぽい?)ですが、嬉しいです。

 その読者アンケートの中に
「これまでで一番面白い記事は?」
との設問がありました。これまでの?全記事憶えているヤツなんかいるのか?と思いつつ(笑)自分は
「らんかさんの4コマで・・・
ビアッジロッシ
 ビアッジとロッシがやり合った回、が最高!」 
 と答えました。
 自分のそのコメントは400号誌面には載りませんでしたが・・・
 もてぎで藤原らんかさんの
を買って貰ったという小学3年の女の子からの、現在絶版の・・・
ranka.jpg
「4コマげき場1をもう1ど売ってほしいです。」(原文ままw)
なる熱い投書が寄せられておりました。
 らんかさん、泣けたってのはこのことですよね?

 ちなみに前述、ビアッジとロッシの、とは・・・
あたたた 
(ネタバレ防止・・・w)
 また400号には付録として・・・
おまけ
 ポスターも付いていました。
 その意気込みは買いますが、もう一歩踏み込んで・・・
 丸めた、折り目のない筒入りのものを(本紙通常定価程度で?)通販できるようにすべきでは?と思いました。
 手間は大変でしょうが、ご検討を。

 F1は、無料TV放映がなくなって疎遠になりそうですが(笑)
 MotoGPファンは何があっても続けていける、と思っています。編集部の皆様、500号に向けて共に楽しんで行きましょう!

  1. 2016/04/03(日) 19:58:54|
  2. Book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0