MotoGP:MalaysianGP


(Pole2win,Dovi!)
 チャンチャらラン、チャンチャらラン、ちゃん、チャララーンチャ・・・♪
 おお、ロッシのテーマ(?)かと思っていたイタリア国歌が(笑)

 モトGPマレーシア、たった今終了しました。混戦のシーズンを象徴する9人目のウィナーが誕生!ポール・ポジションだったA・ドヴィツィオーゾが自身6年振りの2勝目、Ducatiに今季2勝目をプレゼントしました。

 今シーズンのドゥカティは優れたストレートスピード(すなわちパワー)を誇ります。
 一方今季のトピックの一つに全車共通ECUがありますが・・・
 それが彼等が使い慣れたマニェッティ・マレッリなのも有利に働いているのでしょう、今季のドゥカティはウェットでもそのパワーを持て余すことなく立ち上がり加速もクイックなので、生憎のコンディションとなった今日のレースも
「行けるんじゃ?」
と思っていましたが、ある意味その通りとなりました。

 自業自得っぽい(笑)負傷欠場から復帰した暴れん坊のティームメイトとロッシの、序盤のバトルをその直後でじっと我慢で堪えた(?)ドヴィ。たとえ終盤のロッシのミスなくとも、勝つべくして勝った(!)ように見えました。

 今季のドゥカティといえばエアロ・フォイル、でしょう。
 そのあまりに急激な大型化が危険を予見させたため来季の禁止も既に決まりました。そこで・・・
 当ブログでシーズン序盤取り上げた エアロダイナミクス その進化の予測について検証してみましょう(汗)

 まず、最大の見当違い(汗)と言えるのが・・・
 ウィングはコーナリングフォースより「高速ウィリー防止」が主眼だった、ということです。
「・・・コーナーより、ストレートで効き過ぎてしまう・・・」
ことには言及してましたが、前輪を浮かさないことで加速とストレートエンドでのコントロール性を向上させ得る、とは思いつきませんでした。なるほど例えば
'82年菅生TBCビッグロードにおける伊藤真一選手のメインストレートでの大転倒(縦!)
 などはこのウィングがあれば防げたことでしょう(笑)

 コーナリングフォース重視でないことはウィングの
「・・・下反角・・・」
が増えなかったことからも伺えます。逆に、ホンダの下反角が一番顕著なのもそれを物語っているかも(?)

 ウィングの大型化は言うまでもないことでしたが
「・・・車体幅を狭める・・・」
までには至らなかったようです。
 ところがそのドゥカティ、カウルの内側にダウンフォースを発生させるデバイス(すなわち通路=インナー・ウィング)の実用化を目論んでいるようです。
 ってことはブログ予言通り(?)
 これは、ボディ内部を通る気流の問題ですが、レーシングカーに限らずクルマの空力の常識の一つとして

 冷却等不可欠であっても、車体内部流はすべて空気抵抗

 というものがあります。そのインナー・ウィング、上記法則に反してるのは間違いありません。
 ドゥカティは、そこまでして前を下げたいのか?それともそのドラッグをものともしない程のパワー・アドバンテージがあるのでしょうか?


 もう今季は消化試合(笑)1戦を残すのみ。興味は来季に向かうのも仕方ありません。もう少しウィング類の「進化」を見てみたかった気もしますが来季のマシン、楽しみです。

[MotoGP:MalaysianGP]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2016/10/30(日) 18:10:48|
  2. Moto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MotoGP:AustralianGP


(これは初優勝チェコGP・・・)

 MotoGPオーストラリア、先程終わりました。

 予選2番手フロントローからのスタートだったので「意外」は失礼でしょうが(笑)C・クラッチロー選手の2勝目です。祝福ムードいっぱいの表彰式でした。今季前半は苦しんだもののチェコで初優勝。その後好調を維持しての2勝目。これで彼が今後名実共に「トップライダー」の一員として数えられることは間違いないだけでなく、2016年は彼のほかにも有力な若手(?)ライダーが多数ブレークした年として記録(記憶か)されることでしょう。
 その要因に車両(≒共通ECU)とタイア(=ミシュラン)の変更があるのは事実ですが、それはトップティームの力を阻害したのではなく・・・

 レース活性化へのレギュレーション変更が有機的に作用した

 と好意的に捉えるべきでしょう。実際今シーズン、レースは面白くなったと思います。チャンピオンが早々決まったのだけはいただけませんが(笑)

 クラッチローといえば、我等が・・・
らんか
藤原らんか先生
 が入れ込んでいることも有名で、さぞやお喜びのことでしょう。
 前戦もてぎに向け来日したクラッチロー選手に対して、氏があらかじめ公募してまとめた質問の中に
Q 「もしレプソルに入ったらマルケスに勝つ自信はあるか?」
という、聞き様によっては大変失礼な質問がありました。クラッチロー選手は
A 「もちろん。自信がある」
トップライダーとしての自負を感じさせる力強い回答であり、今回のレースにおいて正にそれを証明してみせた(!)と思います。

 そして今回のレースにはもうひとつサプライズが。
 前戦負傷欠場のダニの代理参戦のワークステストライダー青山がちゃんと機能しなかったので(笑)その代役にかつてレプソルでチャンピオン獲得、現SBKライダーの・・・
hayden.jpg
N・ヘイデン
 が抜擢されたのです!

 そしてその期待に応えて予選、決勝共に流石チャンピオン(!)と思わせる(前任者など足元にも及ばないw)良い走りを見せていました。

 実はモトGP次戦は彼の本業であるSBKとスケジュールがバッティングしています。
 今回のヘイデン・カムバック発表の際にはその翌戦のライダーについては一切情報がありませんでした。出られないのが判っているのに、です。

 これは、今回もし彼が「快走」すればSBKキャンセルして翌戦も・・・(?)というオプションがあって、ではないでしょうか?

 周りにそう思わせるスター、期待させる実力者ということでしょう。

 実際自分も(4輪=F1の話ですが)’78年モンツァの多重クラッシュが元で急逝した・・・
RP.jpg
(当時の週間プレイボーイより)
 RP2.jpg  RP1.jpg
R・ピーターソン。

その代役で当時最速を誇ったロータス79をドライブした・・・
JPJ.jpg
 J-P・ジャリエ
 のような快走(!)を期待したのですが・・・
 レース終盤、ぶつけられて(?)残念ながらその夢は潰えたのでした。

 ともあれロッシ、ヴィニャーレスが表彰台、と面白いレースではありました。あと2戦、消化試合とならぬよう期待しましょう。



[MotoGP:AustralianGP]の続きを読む
  1. 2016/10/23(日) 16:14:39|
  2. Moto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Break:Street views,the landscape@Tokyo


(見慣れないテールサイドマーカー・・・w)

 当ブログ今週分は、もてぎMotoGPを生放送で見てその感動を伝えよう(笑)と考えておりました。
 しかし、思いがけない(悪い方のw)展開・・・
 ロッシスタ(っていうのか?)としてはレポートしようのない結末。期待していた中須賀も今一つ
「ダニ、すまん・・・」
とワルイドカード参戦(?!)の青山も鳴かず飛ばず、あと3戦を残して早々にチャンピオンが決まるなんて・・・(T T)


 そんな訳で他のネタも用意していなかったので・・・
 以前何度かアップしたもの と同様撮りためてあった
「街で見たもの」
の画像、小特集を(汗)


 まずトップ画像。都内某所で目撃したFairlady Z(S30)。外人さんがドライブするレフトハンダー(!)でした。280かもしれませんね。
 この車の周りだけアメリカ、のようでした(笑)


 最近、100円パーキング大手がレンタカー業務をはじめているのはご存じでしょう。使用後の接触痕の確認とか、どうするんでしょうか?
 そんなに運転上手い人ばかりじゃないし(笑)第一レンタカー借りる人ってのは車持ってない可能性が高いんだけど、って思いますが・・・
 その「カーシェアリング」、自分の仕事場のそばにはなんと・・・
カーシェア 
 外車(!)がありました。
 どういう人向けなのか、全く謎です。
「国産車なんか乗ってられないわ」
という奥様向けなのでしょうか?
 いくら格好つけたって「わ」ナンバーじゃん、と自分は思いますが(笑)


 その近くの街路樹。
すずかけ 
(スズカケノキ)
どう見ても、カモフラージュ柄にしか見えません(笑)
かも 

ホンダがこんな小手先の、スタイリング上の・・・
ステップワゴン 
ギミック
 にかまけている間に・・・
 トヨタのワンボックスカーの側面がプレス技術の進歩で凄いことになってます。
TR-.jpg 
これを見て、まるで・・・
TR3.jpg 
Triumph TR3 かと思いました(笑)

ある運送屋さんのハイエース・・・
 おわび
笑わせて頂きました。

来週をお楽しみに<(_ _)>
  1. 2016/10/16(日) 18:11:46|
  2. Culture&Social
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライディングスポーツ川柳 & 万能川柳


(やった!)

 Break:ブラック川柳(?) 稿で触れた・・・
ライディングスポーツ
 のプレゼント応募企画にあった、モーターサイクル川柳。


 その企画に、毎日新聞「万能川柳」常連投稿者としての実力を見せてやる(!)との気合を込めて投稿したところ・・・

 やった!載りました。

 それも筆頭(!)万能川柳でいうところの秀逸
(=右端、ニコニコマーク ↓  最下段参照w)です。場所は関係ないかもしれませんが(笑)

 しかも、偶然とはいえ普段twitterでやりとりがある
 藤原らんかさんの作品との・・・
46.jpg   

「まさかの共演イエーイ」(← ご本人ツイートよりw)

4k.jpg
(左右見開きページで、でしたw)
 でした(笑)とりあえず・・・

 日常的に川柳に親しんでいる者としてのプライド

 が保たれた(?)感じで、大変嬉しいです。そして、紙面をよく見ると・・・
 「第一回」とあります。ということで、来るべき「第二回」へ向け準備しておくことにしましょう(笑)

 そして何ということでしょう、この稿用意している段階でまたしても朗報が・・・(!)

あーれー 

 本家本元「万能川柳」にも句が載りました!

 こちらは微妙に下ネタで、ちょっと恥ずかしくもありますが(笑)


[ライディングスポーツ川柳 & 万能川柳]の続きを読む
  1. 2016/10/09(日) 15:56:14|
  2. 万能川柳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Road going sport racers


(ストリート・リーガル!ポルシェ917K)

 前稿のヤマハOX99・・・

ox99.jpg ox9911.jpg

 に続いて、サーキットからストリートに這い出した(笑)レーシングカーについて少々。

 その大昔、競技車とスポーツカーの垣根が低く曖昧だった頃。
 例えば'73年迄世界スポーツカー選手権の一戦として開催されていた公道レース(!)タルガ・フローリオでは車高を上げた純レーシングカーが民家の庭先を土煙を上げて駆け抜けて行くのが見られました。
 タルガ末期のトップコンテンダーは既に先鋭化したバリバリの、ということは快適性への配慮が(あまりw)ないレースカーそのもの、でしたが'60年代半ば迄はスポーツ(ストリート)カーっぽい車、例えば・・・

アルファのティーポ33(これはストラダーレ、ですが・・・w)

t33.jpg 

(available!)

とか・・・

250lm.jpg 

フェラーリのLM

とか、ちょっと下のクラスでは・・・

ポルシェ904

904.png 

(この車はなんとモンテにも・・・!)

 等はバリバリのレーシングカーながら構造的にも雰囲気的にもストリートカー、GT的な使い方ができるよう配慮されている部分があります。実際には相当ハード、だったでしょうが(笑)
 上記3車にはそういう使い方を想定した内装(本革?)内張りが施された個体が複数ありました。しかし空力が大切なルマンカーでさえビジネスライクなオープンコクピットとなった・・・

CGBN

(シグマ!)
 ’70年代にはそういったレーシングカーを「ストリート仕様」に改装する例はなくなりました。

 ところが’75年だったか突如、その時計の針を戻す動きがあったのです。
 ポルシェが自ら、退役して間もないルマンの王者917Kをストリート・リーガルに仕立てたのです。トップ画像がそれです。
s917.jpg 
(さすがに車高は高いですね)
 でも、ポルシェに行けば誰でも買える・・・訳では当然なく(笑)オーダーしたのはMartini&Rossiのロッシ伯(!)
まるてぃに  まるてぃーに 
 その殺風景な内装には豪華な革が張り込まれ、コクピット背後の水平冷却ファンには部外者の安全のため特製メッシュが張られたそうです。
 しかし、そのロッシ伯の力とポルシェ本家の技術力をもってしても公道用の正式なナンバー取得は難しく、アメリカ(ネヴァダ州だったか)でようやく可能になったとか。
 917、その耐久性はルマンで証明済み(笑)ではその快適性はどんなものだったのでしょうか?
 スペースフレームでしかもマルチシリンダーだから意外にジェントル?
 一度体験してみたいものです。

 この稿続きます。

  1. 2016/10/02(日) 20:01:58|
  2. Magnesium&Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0