#60年代ベストデザインカー

275 コピー
 先程、Twitterのタイムラインに
「#60年代ベストデザインカー」
なるタグをつけたクルマの画像が流れてきました。Lamborghini MiuraとMarcosGT(!)でしたか。
ミウラ
miura 
は納得ですが、マーコスとは意外な・・・(笑)
 これは面白い・・・(!)
 と自分もちょっかいを出すことにしました(笑)
「う~ん、’60年代のベストスタイリングかあ・・・」
とりあえず勝手に(笑)ストリートカー限定とします。

 美しいだけでなく兵器にも通ずる精悍さをも兼ね備えた歴戦のレーシングカーを混ぜると・・・
250lm.jpg   GTO.jpg
206.jpg  valle.jpg
その歴史的評価や戦績も絡んできてしまうように感じたからです。
s917.jpg
確かに公道用ではあっても(笑)そのストリート・ヴァージョン・・・
 t33.jpg
も同様に外します。

また、確かにデビューは’60年代であってもシャープなエッジ・・・
mangsata.jpg
やヘッドランプ処理等がモダーンな・・・
daytona.jpg
これら
 は「’70年代(へ向けての)のスタイリング」との認識で同じく外しました。

 実際、非常に美しくかつ精悍で「好み」な’60年代クルマとして真っ先に浮かんだのが・・・
マラネロ
250GT SWB

cobra.jpg
コブラ
でしたが、この2台は
’60年代の自動車スタイリングにおける
最大のトレンド(?)であろう・・・
tz.png 
コーダ・トロンカ
を取り入れていない「お尻」の下がったスタイリングです。
テスタロッサ
これらは・・・
 aur.jpg
ランチア・アウレリア
 等の流れを汲む、’50年代のもの(!)と強弁(誰に?w)同じく外すことにしました(笑)

 さて、丸っこくて尻がぴっと立ってて(笑)美しく「好み」なクルマといえば・・・
abarth-simca 
これしかない(!)
 と思ったのですが・・・
 やはりこのアバルト・シムカ。Rエンジンならではの特殊なマスバランスからくる異形感(?)が精悍さの源とも感じられ
「正統派の美しさとはちょっと違うなあ・・・」
では、一切のエクスキューズなしの正統派の本流(?)王道の真っ芯(!?)はやっぱり・・・
275.jpg
275GTB
    275_20141025202029faa.jpg 
 かあ、ということになりました。

 しかしこの完全無欠の’60年代高級スポーツカースタイリングを持つ275にも若干のアンバランス(?)はあるようには感じます。主にRクォーター部分なのですが・・・
 そこにあるルーヴァー、横から見る分にはサイドウィンドウ角度と平行で完璧(!)なのに・・・
 前3/4くらいで見ると時に、正しい角度に見えない
(ほとんど言いがかりw)
 とかキャビン、ルーフの重心(=マス中心)が車体に対してほんの少しだけ、後ろ過ぎる
(これも言いがかり、当時はロングノーズ至上主義だった?)
 この些細な「言いがかり」を黙らせる決定打がトップ画像

 NARTスパイダー

 なのです。
 なんたってそのRクォーター部分が切り取られて、ない(!)のですから(笑)


スポンサーサイト
  1. 2016/11/28(月) 00:03:35|
  2. Styling
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Forgotten Japanese formula 1

KE009 - コピー
(当時はF1ブーム、でもありました)

 今週末は日本中で(少々大袈裟w)旧車イベント花盛り、のようです。
(一方、ドリ車による不幸な事故も・・・)

 関西は無理としても(笑)例年訪れている東京お台場のイベント。お世話になっている三樹書房さんや古書店さんへのご挨拶だけでも本来行かにゃあならんのですが、今週末は生憎土曜は仕事、日曜は実家の野暮用がありまして・・・欠席、となりました。
 行けば知人誰かしらに会えるので楽しみだったのですが、残念です。

 そんな旧車熱に合わせ(笑)秘蔵のオリジナルショットを!とトップ画像は幻の純国産F1・・・
コジマエンジニアリング KE 009

 ’77年だったか大井競馬場近くの駐車場で行われたブーム真っ只中の「スーパーカー・ショー」でのヒトコマです。

 このクルマはその年末、ヨーロッパに送られW・カウーゼンのマネジメントでグランプリ・シーズンをレギュラー参戦する(!)という記事がC/G誌上を賑しましたが・・・諸般の事情で頓挫、してしまったようです。

思い起こせば・・・
NP5.jpg
我国初のF1レース(←デモランはあったw)
 NP4.jpg
’76年のFISCOでのF1インジャパン・・・
NP3.jpg
そのプラクティスでの長谷見選手駆る・・・
NP8 
KE 007の快走(!)
 を知る者にとって「KE009の参戦」はその再現を望まずにはいられない、当時の日本のレースファンの夢だった(!)というのは言い過ぎでしょうか(笑)
 撮影当日、カウンタックやBBに子供達が群がる傍らで工事用仮囲い(!でも屋根付きw)の内側にひっそりと置かれたF1マシン。ほとんど誰も見向きもしない状態、でしたねえ。
  1. 2016/11/20(日) 20:17:14|
  2. Old Car
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CYCLE MODE 2016



 あっと言う間に我国最大の自転車の祭典へと成長したサイクルモード。
 昨年 に続き(一昨年は欠席w)先週末行って参りました。

 最大の目的はご無沙汰している「コロッサス」のビルダー・・・
  
 c-sus.jpg  bk.jpg
(昨年の画像・・・)
 木森 御大へのご挨拶です(笑)
 しかし今回何の下調べもせずに出かけたところ、そのブースが見当たりません。そこで・・・
東京サイクルデザイン専門学校
(氏はその講師)
 のお仲間である「ケルビム」さんでうかがうと
「今回出展はしていないが、もちろん来ている」
とのこと。そのブース近くでうろうろしていると・・・無事お会いできました。
 訊けば
「2017は量産型(!)が見せられると思う」
とのこと。凝りに凝った造りのコロッサス・・・
kimori.jpg
 価格も◎◎万円(笑)
 colossus.jpg
 幾らかでもリーズナブルな廉価版(失礼)の設定はマニア待望、と言えるでしょう。
 来年を楽しみに待つことにしましょう。

 その専門学校、生徒の卒業制作(もちろん自転車、実車w)が多数展示されていました。

 その中で目立っていたのが・・・
tekkin.jpg 
 コレ、でした。まるで建築用の「鉄筋」を曲げて溶接したようなフレーム。目を引きます。軽いかどうかは確認できませんでしたが(笑)強度、剛性は出ているように見えました。ちゃんと走ることでしょう。一目見て直感的に
「コレいいね」
「欲しい」
と感じさせる、スタイリングに特化したピスト車。アリだと思います。

 前年だかの卒業生の作品・・・
ミニスカの女性を美しく見せるための小径車
minis.jpg 
(謎の左チェーンガード!左右対称を求め?タンデム拡張性??)
 にはハンドリング上の「問題」が見えたので思わずブース担当者氏
(=学生、制作者に非ず)にその「乗り味」をうかがうと、予想通り
「非常に乗り難い。ハンドル切れ角も足りない」
とのこと。
 この手の超小径車のハンドリング改善 に経験のある自分・・・
全1  
 前輪のホイルールアライメント、その「トレール」が足りないことがパッと見て解ったのです。
 制作者はきっとそのオフセット値を事前の研究なしに漠然と(?)決めてしまったのでしょう。

 もう一つ気になったのが・・・
 サドル後方のハンドルからステアリング操舵力を伝える、フォーク側の「タイロッド・エンド」でした。
 普通のフォーククラウン(でもこんな小径車ゆえ既製品ではないはず)にピロボールマウント用のステーが溶接(ロウ付けかw)されています。
 制作者に伝統的自転車造りへの造詣があれば、現在もピスト車に見られる(専用のラグの要らない)・・・
鉄板重ね打ち抜きフォーククラウン
あーち
(これは我家のピクニカ。こういう本物感!が気に入ってますw)
 をここで「踏襲」し、その一枚を後方に張り出させ「ステー」とすればシンプルな外観が得られるだけでなく溶接工程が一つ省け、しかも革新的デザインの中に伝統的スタイリングを取り込むこともできたのに・・・と感じました。
 まあ若い人がそんなこと知る訳ありませんね(笑)

 今回の目的もう一つ。’92年から愛読する「サイクルスポーツ」誌のブース訪問です。

 実は今年の春、自分のtwitter投稿がサイスポ読者投稿欄に取り上げられたのです。
cyspo.jpg
その担当者氏に会えることを期待して、でしたが・・・
しまこ
 首尾は上々、でした。

 
  1. 2016/11/13(日) 18:27:48|
  2. Bicicletta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書評:自分の車くらい、という熱意ある向きに!


(献本いただきました!)

 日刊工業新聞社さんの「自動車いじり関連最新刊」が届きました。ご厚意に感謝致します。


 懇意にして頂いている三樹書房さんの新刊
モータリゼーションと自動車雑誌の研究
 を通してやりとりがはじまったモータージャーナリスト 飯嶋洋治 氏。
 氏は参加型モータースポーツ誌「スピードマインド」編集長だった方で、その著作の最新刊がトップ画像・・・
もっと知りたい!自動車メンテとチューニングの実用知識
 です。早速一読致しました。

 自分はクルマ専門書店に関わっていた関係で、当時入手できたこの手の本、そのほとんどに目を通しています。
 その多くはメインテナンスに関しては初心者向け指南書か、自動車工学の解説に終始したもの、でした。
 一方チューニング・アップに特化したものは、そのHow toは詳しく書かれているものの全ては改造することが前提(!)チューニングとは良いもの(!!)というスタンス、でした。
 しかし、実際にそれらの本を手に取る層はそこまでやる、的なコアな人たちではなく・・・

 今すぐそこまで弄る(≒お金をかけるw)気はないものの、チューニングについては知りたい

 普段乗る(=ナンバーつき)車両でジムカーナやサーキット走行を楽しみたい

 自分のクルマくらいは自分(の無理のない範囲w)で弄りたい。小改造も。

 といった向きが圧倒的に多いことは自分の経験から断言できます。

 そして本書はそういったいわば中間層(笑)向けの自動車弄り関連本、その決定版(!)と言えると思います。

 著者の長いモータースポーツ参加経験に基く「等身大の」自動車メインテナンス&チューニング知識。それらを解りやすく、正しく順序立て丁寧に解説してあります。そしてそのスタンスはチューン前提ではなく
「こうすると良いのだけれど結構な手間だし、お金もかかるし、あくまで決めるのは貴方・・・」
という、読者への慈愛に満ちたもの(笑)なのです。

 かつては初心者だった著者がこれまで習得してきた、実際の作業と構造等自動車工学関連知識、その過程、実体験をなんとか伝えたい
「書かずにはいられなかった」
感が行間から垣間見える、見た目やその筆致よりずっと「熱い」本と感じました。

 当初は各論的に各項目詳しく書かねば、と意気込んでおりましたが蛇足と思えてきたので(笑)以上と致します。


  1. 2016/11/06(日) 13:17:59|
  2. Book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0