映画の話:Forbidden Planet/Robby the Robot


(available)
 革ジャンの季節がやってきました。

 シーズン当初、まだそれほど寒くない時期は以前アップした「グレイ」か、
裏地が綿でプレーン(起毛なし)なトップ画像のグリーンのやつを着ます。
 これは’70年代と思しき日本製で、数年前ネットオークションで大変お安く入手しました。
011 (2)  013 (3)
(難あり、季節外れでもあったこともあり、なんと¥500!)
 来た時はカビもあり、お腹の辺りの前合わせ部分には酷いダメージ
(=白っぽく目立つ銀面剥離)がありましたが・・・
禁断の丸洗いで洗浄、補修しました。
補修
(補修後。補修法はアバルトバッグと同じです)
この革ジャン、いかにも当時風な「メンズウエアー」なるタグ
襟 
(襟内側には汗止め「リブ」と今では見られない樹脂のホック裏打ち)
 や当時の(=革ジャンが高価だった頃)の「節約」ディテール・・・
センター  
(襟立てが想定されておらず、襟裏合わせがなんと真ん中にない!)
 加えて「日本仕様」な袖の長さ、ファスナーやホック等々から’70年代日本製と判断できました。

 各部の寸法はタイトな着こなしにはぴったりでしたが、その袖の短さはかなり気になったので・・・袖にMA-1等米軍フライトジャケット風の「リブ」を自分で付け足しました。
リブ
この袖リブ、最初は
正規
フライトジャケット補修用の本物
 を付けよう、と考えたのですが・・・それ自体が結構高価だったこと、そして色が微妙に違うこと、加えて
「ちゃんとしたものを付けるならちゃんと縫製されたものを着たい」
という真っ当な考えに従うと今回のリフォーム、外注に出さざるを得ないこと、この3点が問題になりました。悲しいかなあまり予算はありません。
 だったら・・・と逆に考え(笑)
「ちゃんとしたものがちゃんと付けられないなら安く、完璧な色合わせで!」
と思い立ち、自分でリフォームすることに決めました。

 まずは典型的日本製ディテールでもある襟内側の汗染み防止(?)リブ
(↑ 画像参照)の、色味を「完璧に記憶」した上で(笑)
 同じ色のリブ(が付いた古着)を探し求め、方々のリサイクルショップ、古着屋を巡りました。
 「・・・あった!」
幸運なことに5、6軒まわったところで同じ色、似たような素材、厚みの、カーディガン(!)を見つけました。女性用でしたが構いません、袖口しか使わない(=切り取る)のですから。¥600でした(^^)
 本物よりずっと薄手で、かつ伸縮性に富んでいたので縫い付けもさほど苦労なく・・・とはいっても結構な努力の末フライトジャケット風の袖口が完成したのでした。
FPF.jpg 
(あえてMCイメージではない’91ツールドフランスのピンズを右ポケットに)

 このジャケットは安かったこともあり、着るというより「絵を描くため」に入手したようなものです。
 さて、何を描くか?
自分としては「黒い」「ライダース」こそ・・・
宮殿   002 (3)
(for sale!) 
news.jpg  1984.jpg
「ロック」ジャケットに相応しい!
と思っているので色付きのものには音楽系でないモチーフを、と考え・・・
「映画で行こう」
ということに決めました。
 はてさて何を描くか?
 誰でも知っている、見たことがある名画、有名なシーン、ポスター・・・でもそれでは絶対多数の評価とはいえあくまで他人の価値観。
「自分が入れ込めなきゃ、ねえ・・・そうだ!ロビーにしよう」
ロビーとは金字塔的SF映画
禁断の惑星
に登場するロボットです。どこかで見たことがあるでしょう。
robbie.png rtr.jpg
その存在感はその後も度々他のTVシリーズ、例えば

「刑事コロンボ」や「トワイライトゾーン」

(邦題ミステリーゾーン)
映画でも後のスピルバーグ作品
に「出演」したくらいです。
フランス版だったかその映画ポスターを元に描いたものがこれです。
禁断
描き終わった段階でこんなピンズ
fbp.png 
(これもフランス版@ピンズマルシェさん)
 も見つけましたが、このジャケットにこのピンズではちょっとくどいので(笑)今回は見送りました。

 グリーンの色味とシェイプ、袖リブとも相まってちょっと見は「軍もの」。
 でもよく見るとずっと薄手で軽くチャラく仕上がったこのジャケット、とりあえず気に入って着ています。

 次作は青いジャケットを手に入れて・・・
DH.jpg
「ダーティーハリー」
 でも!と考えてますが・・・ちょっと在庫がダブつき気味で(笑)
 どなたかにどれか幾つかお買い上げいただかないと新規制作には入れないかな、と・・・。

先日某TV番組旧いアニメシリーズ
「革ジャンパーのマヤ」
なる回(脱線回な由)ダイジェストで見ました。
「40年前とはいえ、革ジャンって、こういうイメージなのかあ・・・」
orz
スポンサーサイト
  1. 2014/11/16(日) 11:12:19|
  2. Jacket
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Old soldiers never die, but fade away. | ホーム | LIVE!CROSS ROAD BRUES BAND>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/102-345789f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)