Renewal:Basket


(not for sale)
 自転車のカゴ、リニューアルしました。

 以前のものはスタイリング(バランス)重視で小さく、実用的には不便・・・
Mk1
(コンビニ弁当が平らに入らない・・・)
だったので大きいものに変更したのです。
バスケット
(ホームセンターで見つけた三方に取っ手穴がある、安~い籐籠)
 鋳物屋時代に、こんなこともあろうかと予め作っておいた「ブラケット」・・・
ジャンク鋳物(何かのアルミ製部品)から切り取ったステー状部分と、およそ5㎜厚の板状部分を角度(≒キャスター角)をつけて溶接したものと、その籐籠の外形および内形に切り出した9㎜ベニヤで籠の一辺(面)を挟み込みボルト締め・・・
 キャリア
(F=生=未熱処理。というわけで脆いかも・・・)
 前作同様ホースバンドでシートポストにクランプ装着してます。
 今回は籠自体に剛性がある(鉄骨入り)のでその下にフレームは設けませんでしたがそのぶん、「腕」はかなり短くなっています。あまり後方に伸ばすとテコの原理で軽い荷物でも変形破損の恐れがあるためです。
cago.jpg
(バイク用ラバーバンドを掛けて使います)
 大型化されてもむしろ若干の軽量化が実現し喜んでいます。
 ただし車体に近いこともあってペダリング時、籠とカカトとのクリアランスは最小、足付き時には内腿に籠のカドが当たる・・・といった細かい問題は素人細工ならではのご愛敬で(笑)

 一方その「初期型」も、拾ってきたママチャリのフレームをぶった切り、ダウンチューブと半割りにしたヘッドチューブ・・・
キャリア
その溶接部分を使ってホースクランプで装着・・・
 表面
(シートポスト風にペイント、も)
 という凝ったもの、だったので
「捨てるには惜しい。どなたか使っちゃくれないか・・・」
とネットオークションに出品してみたところ、商品説明に装着方法まで詳細に書いたのがよかったのでしょう、売れました(^^)

 作り方は上記の通りです。皆さん真似していいですよ(笑)


 依然ゴタゴタしています。
 「愛読書」たるサイクルスポーツを買い忘れていた位でした。
スポンサーサイト
  1. 2014/11/30(日) 14:35:45|
  2. Bicicletta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食べログより転載・・・ | ホーム | Old soldiers never die, but fade away.>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/104-dd4e252a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)