4-1) Panciotto di cuoio

1984.jpg 
(available ¥38,000)
 先週号(笑)に倣い今稿表題も「革ベスト」のイタリア語表記です。
 
 自分が好むようなheavyな造りの革ジャンは30年位は軽く保つことはご存知でしょうか。そのほとんどが中古(=古着)から成る「十字野郎コレクション」の中で、数少ない新品購入であるダイネーゼ・・・ 
D.jpg  
(同社としては異例の地味路線、レアな「ボマー」。でもアシンメトリー )
D2.jpg 
(シボあり厚手の牛革、剥がれた銀面の下地色からクロム鞣しと判ります)
・・・などは購入23年目(!)ですが、最初の10年程は「大事に着た」ためほとんど新品のままでした。
 気に入ってるんだからガンガン着よう!
と「宗旨替え」してから今日まででも最も傷んで(=擦れて)いる袖口下部分・・・
袖
・・・でもこの程度の状態です。そこから考えると、最近隆盛の古着屋で売られている旧いライダースジャケット、世間で云うところのいわゆるビンテージもの(←「ヴィンティッジ」が正しいby コバショー(笑))の傷みっぷりは一体どんな着方をしたんだって感じですが。
 その、30年保つ革ジャンに直接描き込む題材として「所有しているクルマ」を選択すると、大抵の場合それがいい具合にヤレてきた頃にはそのクルマはまず手元にない、ということになります。30年同じ車を所有し続けるというのはなかなか大変なことでしょう。一方、30年経っても古くならない歴史的名車という選択肢もありますが2-2)Abarth-Simca項で述べたように
 
 革ジャンへの描き込みとという極めて個人的な事象と
 名車とはいえ、他人のクルマをそこに飾ることは相いれない

 と強く思います。そしてより相応しい題材として

 30年以上も変わらぬ普遍的価値と
 それが描かれている革ジャン所有者との明確な関係性

 を併せ持つ存在、それがレコードの「アルバムジャケット」であることに気付いたのです。特に昔LP版をお小遣いで買い、大事に抱えて帰った経験のある世代にはレコードジャケットの重要度というか芸術性や歴史的経緯等々、その記号性はご理解頂けると思います。

 革ジャンにはクルマは描かずレコードジャケットで行こう

 これは前回のRainbowのRising制作中に決めました。何より革ジャンのイメージははるかM・ブランドの時代 ・・・

乱暴者
ラズロ・ベネデ...

ロープライス ¥475
or 新品 ¥909

プライバシーについて

・・・から、クルマというより
 「バイク、そしてロック」
でしょう。そうして出来たのがトップ画像の一着。Van Halenの「1984」

009.jpg
(≠G・オーウェル(笑)エディのキーボード・イントロでお馴染みJump収録)

1984
ヴァン・ヘイレン

ロープライス ¥1,500
or 新品 ¥1,963

プライバシーについて

 古着の、薄手のマイナーブランドベスト(羊革のようです)サイズは肩幅380mm着丈前面肩下600mm背面510mm脇下身幅480mmがベースです。

vest.jpg

 ジャケットより安価ということもありますが、なぜVestか?というと・・・

 折角描いたお気に入り、なるべく長い期間着たいけれどもさすがに暑い夏は・・・しかしベストなら、夏でも!
 Tシャツの上に「痩せ我慢なしに」着ることができるからです。

 この商品も販売します。ご興味ある向きは左側メールフォームよりお問い合わせを。もちろん
「自分の革ジャンに描いてくれ!」
ってのも大歓迎です。その場合は何でも描きます。

 Van Halenのライブには3回程足を運んでますが'89年2月の東京ドーム公演はアリーナで観ました。その模様はその週末深夜TV放送され、自分も映ってました(^^)v
 なぜそんなことを憶えているか、というと ・・・

 その放送の裏番組で、日本のモータースポーツ界に於いては歴史的といえる2輪ロードレースWGPの年間全戦中継が東京12ch(≒TV大阪)ではじまったからです。
 その晩Van HalenライブはTVで直接見てWGPは録画しました(笑)
 そしてそのシーズンの開幕戦でもあった日本GPスズカ、メインの500ccクラスはこれまた歴史に残る大激戦だったがゆえなのです。
 K・シュワンツとW・レイニーのヤングアメリカン2人による、3位以下をはるか後方に置き去りにして行われた抜きつ抜かれつ・・・
RS_20130310084547.png 
・・・のデッドヒートはのちにDVD化・・・
・・・される程の異次元っぷり。見ていて声が出るほどでした。
 以来自分はWGP(およびのちのMotoGP、最上級クラス)の魅力にハマり、現在に至るまで全戦観戦(含録画)するほど!

そのインパクトは当時既に盛り上がっていたバイクブームをより後押ししたとも感じてます。


スポンサーサイト
  1. 2013/03/10(日) 14:46:31|
  2. Jacket
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<4-2) Panciotto di cuoio 2 | ホーム | 4-0) Giacca di cuoio>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/11-7fa1eb74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)