Beta orange

 
(Beta March 761 Ford,launch)

 前稿でオゼッラF2について書きましたが、格好良さのかなりの部分がそのカラースキーム即ち、オレンジのBetaカラーによるものなのは否めません。

 ’76年、スーパーカーブームとほぼ時を同じくして突如我が国に沸き起こったF1ブーム。
F1の世界  Lauda-at-Brands-Hatch-a-c-010.jpg
 そしてその真っ只中にいた少年十字野郎(笑)ある種の憧れの目線で見る数々の・・・
P34.png
グラン-プリ・マシン。
 初めて見る、当時の日本のレースカーとは全く違うセンス、色遣いのカラフルなF1カーの中にあっても一際目立つオレンジ単色。鮮烈な印象を受けたのがトップ画像、Betaマーチでした。
 自分の目にはストライプや色分けといった「小技に逃げない」単色カラリングの潔さがマーチF1マシンの、市販型レーサーをベースとするがゆえの構造的シンプルさともマッチして大変好ましく見えました。
 それに加え、そのコクピット前部にある「牛の角」のようなマークが「スパナ」を現わしていることが判るようになると、未だ知らないBetaの工具・・・
beta.jpg
(今では幾つか持ってます)
 も同様に自分の中で「良いもの」となっていました。いわゆるimprinting(刷り込み)というやつですね(笑)

 マーチ761は前年型のブラッシュアップ版。その最大の特徴たるスポーツカーノーズ(⇔ウィングノーズ)の左右上端に新たに設けられた脱着式のFタイア・フェアリングが目を引きます。材質はアルミ(鋳物かも?)らしいですが、この使い方なら木材でもOKかと(笑)
 当時「F2上がり」とか「F1.5」あるいは「フォーミュラ3000」などと揶揄されてもいたらしいマーチですが、その出自ゆえのナロートレッドとスポーツカーノーズ。それを利してのロードラッグで、最高速にアドバンテージがあったようです。しかしそのスポーツカーノーズゆえの前輪の慢性的オーバーヒート傾向があったのも事実なようで、雨に強かったのはその辺りに理由が・・・。

 マーチ総帥、R・ハードは航空機畑の出身。空力に関しては常に精力的に、様々なアプローチを試みていました。
 例えば前稿登場のF2、782では「空洞サイドポンツーン」に加え、ボディ上面で発生するリフトを嫌ったのでしょう、気流をサイドに逃がす形状を試みたり・・・
bg.png 
(垂直に造形されたコクピットカウル前面に注目・・・)
ge.png 
761では時代の先をゆく「Rディフューザー」を・・・
mf1.png 
もっと前には、これまた時代を先取りしていた
サイドスカートがない、だけのロータス78式サイドポンツーンとか・・・
mf.png
  
(これは一代限りに終わった「テーブル」ウィング・・・)
 色々な「技」を繰り出していました。そんなアイデアマン、ハード御大にしてはこの761、その年後半に施行される全高規制対応の低いバージョンも含め「インダクションポッド」の開口部の端部処理はどう見ても切りっ放し(!)今では家電にも使われている・・・
ベルマウス形状
bm.png 
(その効果は海で、シュノーケリングで体験できますW)
 にはなっていません。この開口部では気流(車体)に角度がつくとてきめんに吸入効率が落ちるはずです。それを知らなかったとは思えないのですがなぜか・・・造り易さを優先してしまったのでしょうか・・・?
 そんな、ある意味微笑ましい時代ではありました。

 ここでBetaの工具について少し。
 アマチュアMCメカニックのバイブル
2shb.png
2ストロークレーシングハンドブック
 の著者、元2輪GPメカの吉村誠也氏はハンドツール趣味の「導師」でもあります(笑)氏によるBeta評は・・・

 レースの現場で大トルクが必要な部分はあまりなく、ならばとタフネスには若干目をつぶりつつ(=やや華奢で)も各地を転戦するレースメカニック向けに、薄く軽く造られているのが最大の特徴。大トルクでしなるくらいがかえって使い勝手が良い場合も。カラフルな外観も魅力

 ・・・といったところでしょうか。自分はフルセット持っているわけではないので総合評価できる立場にありませんが、限られた経験内ではその通りと思います。
 その昔、リラが安かったうえ正式な輸入代理店も決まっていなかったのでしょう(?)Betaはディスカウントストア「ダイクマ」で大量に扱われていました。
beta.jpg
 あの時買っておけば・・・と思っている方もいることでしょう(笑)

 自分の場合は、工具に目覚めると同時に訳あってKTCを揃えはじめてしまっていたので、Betaには「行けなかった」のでした(T_T)


 
 ディスカウントストア「ダイクマ」といえば、そのTVCM・・・ 
「ディスカウントストア・・・」
小林克也の声の後・・・

 ダーイナミック♪ ダーイクマ~♪

 CMソング、憶えておいでの方も多いでしょう(笑)
 過日、あれをを歌っていたミュージシャンの方とご一緒させて頂く機会がありました。ご本人曰く
「俺の最大のヒット曲さ!でも名前が出てないんだよ・・・」
ハスキーボイスの素敵なオジサマでした。
スポンサーサイト
  1. 2015/01/29(木) 10:52:18|
  2. Tool
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<My best favorite F1machine | ホーム | Hillclimb Special:Osella>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/113-e500ef89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)