Tablet for IT tail-ender

本体
(ASUS MemoPad 8 :AST21/au 版)

 タブレット・デビューしました。

 2013年になってからようやくブログを開始したくらい、twitterはもっと遅く、スマートフォンではなく携帯電話・・・
ply.jpg
 (au-iida PLY、その「寄木細工」的外観が魅力です)
   hasi.jpg
 
 を依然として使用、デジカメは持っていない・・・と、ITテールエンダーな(笑)自分でしたが昨年暮れ、ケータイの料金プラン変更のため訪れたauショップでたまたま見かけた最新のタブレット、その驚愕の高性能!に一発でやられ(笑)衝動買いしてしまった・・・のでした。
 店頭には話題のi-Pad Mini(さすがアップル、こちらの方が使い易くしかも軽量)もあり迷いましたが・・・なんとかジャケットのポケットに収まる小さめのサイズとリーズナブルな価格が決め手となり・・・
ASUS
正面2
(エイサス?アスース!ノンau版もあるらしい・・・)
 にしました(^.^)ケータイとの併用です。

 出たばっかりの、最新の電化製品を買うのはほぼ生まれてはじめてでもあり(笑)そのささやかな興奮は
「人々を動かすのもさもありなん」
とも思った次第です。

 以来数ヶ月、まだまだ使いこなせてはいませんが、ブログ更新を電車の中で行う等その利便性と楽しさは十分享受できており、満足しています。
 何より毎日新聞を持ち歩くことなしにどこでも読めるようになったのが大きいです。電子書籍ならいいのかもしれませんが、スマホの画面ではきっと小さ過ぎて新聞を読んでいる気がしないでしょう(笑)

 アップルの方が軽量、とは書きましたがむしろこちらの重量感の方がイイモノ感を想起させ快適(?)と思います。ただし、誤って落下させた場合の自重によるダメージは大きそうで・・・
「四隅に着けるラバーパッドなんぞはないか?」
と探してみるもそんな既製品はなく、得意の「ホームセンター流用もの」でも満足のゆくものはみつかりませんでした。
 そして何より使っていると、その手脂による指紋汚れは自分でも嫌になるほどで・・・なんらかのカバーを!と探しはじめました。
 が、そのauショップはもちろん「◎◎カメラ」各店舗にも行きましたが最新機種ゆえか選択肢が少なく、コレというものはみつかりませんでした。
 それでは、とweb検索・・・
革ジャンマニアとしては合皮はNG・・・」
と探してゆくと・・・黒の本革貼りで、スラッシュ&スクロール用パッド付きボールペンも付属、フラップ蓋部分の丈夫さ(剛性)と高級感を謳う、しかも特価!の商品が・・・
正面 
(高級感、あると思いますが・・・)
「これだ・・・!」
記載の外寸を再確認、即クリック、翌々日には届いておりました。

 しかし、最新家電慣れしていない悲しさか(笑)適応機種形式名確認不足か、届いたカバーは確認した寸法は当然バッチリなものの各部が微妙にマッチしない、適合品とは言えないものでした(T_T)
 きっと「旧型」用のものなのでしょう、それゆえの特価だったのか・・・。

 そこで新品のカバーに、いきなり「切り込み」「穴あけ」加工を施すことにしました。

 しかし、微妙な柔軟性のある皮革製品の表皮と結構な堅さの芯材、単純にハサミ/カッター/ドリルでの施工では、いかにも稚拙な切り口や表皮の捲れの発生が予測され、新品を台無しにする訳にも行かず、ちょっと気軽には手が出ません(汗)
 そこでレザークラフトでは普通に使われる、ポンチで加工することにしました。しかし、丁度良い寸法のものをわざわざこのためだけに買うのも・・・と思い(←ケチだね)ポンチ自体を自作することにしました。
 今回だけ使えればよいので耐久性は不要、ということで手持ちの適当な生(=焼き入れ無し)鉄パイプの端部外周を45度にベルトサンダーを使って研削・・・簡易ポンチの出来上がりです。

 そいつを使って穴あけ、切り口を整え、場合によっては着色・・・
以下画像参照。
カメラ
(堅く、これが一番大変だったカメラ用、穴)
スピーカ
(上部スピーカ用の穴は?カメラも中心にはありません・・・)
 スロット 
(ボリュームボタンも不適合。でも何とか使えるのでここはそのまま)
イヤホン

(イヤホンジャックも隠れてしまっていたので、切り欠きを)
すかいぷ 

(スカイプ?自撮り用、正面カメラの切り欠きも広げ)
電源 
(電源スイッチの穴もあけました)
電源

(電源ポートの穴も)

 ケータイは片手で打てますがスマホは両手。だったら、同じ両手を使うなら片手にタッチペンと、ある程度の大きさのタブレットを持っている方が仕事っぽいというか、頭良さそうに見える(笑)というか・・・
 見た目が良い、感じがします。
 実は今回、タブレットを持って感じた大きなメリットはそれでした。ケータイやスマホ片手に「念じて」いる姿や(笑)ノートPCをカチャカチャ打ち込んでいるのはあまり美しくない、と常々感じていたので。

 自分だけの、勝手なイメージかもしれませんが・・・
 昔ブームのあったシステム手帳電子手帳、そんなもんを開いているかのように・・・見えませんか?(笑)

スポンサーサイト
  1. 2015/02/27(金) 20:18:40|
  2. Tool
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Nostalgic 2 days:Historic car event@China town | ホーム | The other orange one:Jägermeister>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/117-657e99bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)