MotoGP & Motorcycle show


(Rossi wins!)
 MotoGP開幕です。

 さすがは中東随一のマルキン(ⓒ故ナベゾ画伯w)国家カタール。ヨーロッパとの時差に配慮した、高価な(笑)ナイトレースです。
 今年は来る2016年の「共通ECU化」に向け、それを前倒しした
「オープン」
と、HYの
両「ファクトリー」
そしてなかなか勝てないドゥカティ救済(=ガスを多く焚けるw)
準「ファクトリー」
を加えたハンディキャップつき3クラスで争われます。

 レースは「独走王者」マルケスの単独コースアウトと「gas‐guzzler」ドゥカティの目を見張る快走ではじまります。序盤トップに立った「やんちゃ」ホルヘ(・ロレンツォ)が終盤までレースを引っ張り、その間徐々に追い上げてきたのが我等が「ヴァレ」・ロッシ。ストレートスピードの劣勢を覆す気迫の走りでラスト2周・・・
ロッシ 
(初勝利を夢見たであろうwドヴィツィオーゾを抜いて・・・)
 トップに立ったロッシはそのままチェッカー!久し振りの、自身
「キャリア最高の・・・!」
とまくし立てる程の勝利です。実際そう見えたし、感激度(?)の点では本当にその通りだったのでしょう。
 次戦以降のマルケスとの闘いが楽しみです。

******************************

 同じ日の午前、新刊 ・・・
 が出たばかりの女流GPマンガ家、藤原らんかさんのサイン会もある、と氏のtwitterで知り・・・
MC_2015040417570151e.jpg
(このパースペクティブ、何とかならんのか・・・)
 見物に行ってきました。

 会場到着後真っ直ぐに出版社三栄書房さんのブースへ。既にサイン会は始まっており、行列ができていました。
らんか
(らんかさんイチオシ、クラッチロウ銘ハッピ・・・)
 販売担当氏曰く
「午前の部はもう締め切り・・・」
「・・・そうですか・・・」
とりあえず本だけは購入し、すごすごとその場を離れ場内へ。

「・・・欲しい新車もないしなあ・・・」
話題の「ティーザー広告」の新車があったのでしょう(←見てない)カワサキのブースには人だかりができていましたが、最新型の超高性能な、スンゴイクルマにはあまり興味がないので(笑)結構気楽に各車を眺めて行きます。

 
 まず目に付いたのが、かなり凝った造りのポケバイ(?)
ポケバイ 
(後方の人物との対比でその小ささが・・・)
 正に「箱庭バイク」って感じでした(笑)何のために、どこを走るのかそれとも飾っておくだけ(?)なのかよく解りませんでしたが、それでもいいかなと思わせるイイモノ感、造り込みではありました。

 ドゥカティ・ブースには新型・・・
スクランブラ 
(Lツインじゃちと重いんでは・・・?)
 スクランブラーが。’70年代の単気筒・・・
スクランブラー 
(当時はこんな感じのオフローダー、流行ってました)
 オリジナル「スクランブラー」の雰囲気をよく再現していて好ましく思えました。

 そしてこの2台・・・
RE.jpg  150.jpg
( ロイヤル・エンフィールド と ヴェスパ )
 の男らしさには感服。
 前述ドゥカティ・スクランブラーをはじめ2輪だけでなく4輪の世界でも大流行中の「レトロ」、かつてあった車種の雰囲気を真似たものやそれに近づけるべくカスタムしたのではない「新車」、シーラカンスにも例えられよう、昔あったそのまんまの姿で手に入る「本物」であるこの2車の価値は際立っていると感じました。

 と、一回りして戻るとサイン会の列はあと一人。しれっと並んでautograph、戴くことができました。その際らんかさん
「ご希望は?」
「え?ああ、じゃヴァレで・・・」
46.jpg 
 各人の希望キャラまで描いていたんですねえ。大変なことです、お疲れ様でした。
 

 らんかさん並びに三栄書房さん、ありがとうございました。



 

 三栄書房さんから戴いたチラシにこんなものが・・・!
sannei.jpg 
 英国Brooklands Booksは既に(しかも出版社の枠を超えて!)やっていたことですがこれこそ、自分がいた本屋でやりたかったこと、やるべきだった(諸般の事情でできなかった)ことです。
 実現していたとは!素晴らしい!!
 スタッフ間で
「日本のブルックランズになりたいねえ・・・」
などと話していたことを思い出しました。


スポンサーサイト
  1. 2015/04/04(土) 18:02:20|
  2. Moto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<One's best performance | ホーム | 2015 WRC Rd.3 メキシコ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/124-476baf33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)