4-3) Giacca di pelle

宮殿
(available ¥50,000)
 今稿も伊語表記、pelleはオレンジピールのピールに同じ。ということは革より皮の意なんでしょうな。

 自分で着て歩くことはあまり考えず(そして予告通り)遂に
 「やってしまった」キングクリムゾン。
 誰でも(?)思いつくものの「何処にも売っていない一着」となりました。

 このベースとなったのが'70年代と思しき日本製、襟付きのスタジャン風です。 薄手の、クロム鞣しらしい牛革製
かお 
襟下着丈630mm脇下身幅600mm肩幅500mm袖丈540mm
裏地はダークグリーンの今時服地としては見かけない、チープなボア素材
かお内
(チンチラ?)
で全然暖かくありません(笑)
 しかし閉じないポケット等ライダースにはないチャラい気安さがあります。

 この'70年代。との判断の根拠は?というと
 まず
 この寸法で今ならあり得ないサイズ表記「L 」であるということ。
 そして
 前述の内張り
 加えて
 当時の日本製上着一般の顕著な特徴である「短い袖」。
 それを物語るエピソードとしては・・・

 通常ライダースジャケットはバイクの乗車姿勢、
 それも低~いハンドルによる深~い前傾姿勢
前傾2
 (極端な例かも。下記映画より)

世界最速のインディアン スタンダー...
ロジャー・ドナ...

ロープライス ¥1,380
or 新品

Amazon.co.jpで買う

プライバシーについて

を取っても手首が露出しないくらいに、袖はかな~り長くなっている
グレイ全景
(ウェストとの位置関係に注目)
ものです。ところが当時のSinisalo等海外有名ブランド製
 「日本向け別注ライダースジャケット」
は発注者(=日本側)がそれを知らずあるいは嫌ってのことでしょう、その袖の短さたるやまるで割烹着です(笑)
割烹着
(その割烹着、最近のは袖が長過ぎ!とも聞いたことが・・・余談です・・・)

 「カフェレーサー」文化の無かった(=欠落したまま成長してしまった)日本のモーターサイクル・ファッションの、少々悲しい現実ではあります・・・。

 クリムゾンジャケットに話を戻すと・・・現在の内張りにタグはなく、張り替えと同時に失われた可能性もありますが、それにしては各部ダメージは少なく(=張り替えが必要なほど裏地が傷んだとは考え難い)謎の部分ではあります。ショップレベル(=ノーブランド)のオリジナル商品だったのかもしれません。

 普通このような「年代測定」にはファスナー
Scovillファスナー
(のブランドと年代。画像は'60年代のScovill)
がポイントになるのですが、コレはYKKの普及品ですし・・・
 ともあれこういった時代考証が古着の革ジャンの面白さでもあります。

 実はコレとRising
002 (3)
のジャケット二着は自分で入手したものではなく、某出版社のスポンサード即ち提供して(=買って)戴いたものなのです。
 
 「ヴィンティッジのレザージャケットとロックの名盤を絡めてそれをネタに、
  バイクやら音楽やらの蘊蓄を語るムック」

 というA出版っぽい(笑)企画というか思いつきをMB社の営業O氏(=もちろんライダー)にお話ししたところ
「それは面白そうだ。」
と前向きなご返事を頂き大変気を良くした自分は、それでは・・・とまずネットオークション上から「語れる」ジャケットをピックアップしました。
 もちろんすべて自分にフィットする寸法のものです。↓


 革ジャンはよく「馴染ませる」とは云いますが実際には、
永く着込んで形は若干変わっても寸法的にはほとんど伸びることはなく
アクションプリーツ 
(プリーツは伸びてもパネルは伸びない) 
下に着るものの厚みで違ってくるくらい寸法的にはシビアなものです。

 1㎝に拘るのが革ジャン、なのです。

 

 →・・・そしてオークションから選んだ、その自分用革ジャンリストを作成、後日それを提示すると・・・翌週、なんと落札のうえ現品、わざわざ届けて戴いたのでした。

 O様にはホント足を向けて眠れないと感じております。

 そしてその間の、二人だけの企画会議のなかロックについてはあまりご存じないO氏に対し自分は、イラストの候補である名盤の数々と、その歴史的経緯と意義を説いたのでした。ご迷惑だったかもしれませんが(笑)
 相当数の候補を見たO氏曰く

「これはスゴイけど、描いても(恥ずかしくて)着れないんじゃない?」

それがこのクリムゾン「顔」
宮殿 (2)
でした。

クリムゾン・キングの宮殿 デビュー...
キング・クリムゾン

ロープライス ¥2,075
or 新品 ¥3,435

プライバシーについて

 そして完成後お見せしたところ第一声が

「とうとうやっちまいましたね!」

 氏の本当の気持ちは定かではありませんが・・・自分は称賛と受けとめました(笑)
DSCF2663.jpg
(着てます)
 その後上記ムック企画案、実際に社の編集企画会議にあげて頂いたそうですがやはり購買層が限られる、ということで残念ながら却下・・・ということになったそうです・・・。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/24(日) 11:00:00|
  2. Jacket
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<4-4)La giacca su una giacca | ホーム | 4-2) Panciotto di cuoio 2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/13-5e6ffe8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)