Street Views:Advertising sign@Tokyo


(とびだしちゅうい)

 引き続き、街で見た興味深いもの「看板・宣伝編」です。
 

 この交通安全標識(看板)恐らく全国津々浦々にあるはずです、ご覧になったことはあるでしょう。

 この絵にそっくりな少年を知ってます。
 だいぶ前に亡くなった友人の忘れ形見、息子さんです。

穣 - コピー
(これは中学生くらいの時か)

 彼は幼少期ホントに美少年で、実際に紙オムツのTVCM出演オファーもあった(彼の母=友人妻:談)そうです。

 友人は身体が悪かったこともあり、男の子が望むような「乱暴な遊び」はいつも自分が相手をしたものです。もう、甥っ子のような感じで(笑)
 特に「ウルトラマンごっこ」はヒーローと怪獣役双方に、関連ストーリーのコンセンサス(?)があったので・・・面白かったです(笑)

 彼がKO大学に入った頃

「自転車に興味が・・・」

とか言ってきたことがあります。

「よしきた!」

とばかりにネットオークションを物色・・・
 結果'90年台半ばのクラインの出物
(大変ラッキーなことに出品者に自転車知識がなく、おまけにフレーム・ロゴを読み間違って「KLEIL」などと出品していたためライバルも現れず、超安価落札!)を入手、ついていたいいかげんな部品を時代考証的に「正しい」パーツで仕立て直し
「これは高価で希少だった純正クラインがトレックの軍門に下って民生化したモデル。サスへの交換前提の仕様でFフォークは細身のCr.Mo.だがちゃんと純正色だし、なによりしっかりミッション・コントロール(ステム・バー一体の溶接ハンドル)もついている。バーはちょっと遠いが、名車の誉れ高いクライン様に敬意を表して・・・このまま乗れ!」
と(笑)あてがったものです。

 そんな彼も今では立派に成人し大学を卒業、無事就職しました。彼は在学中から

「稼げるようになったら是非、ご馳走させてください・・・」

と言っていましたが先日ついにその日が来たのです。嬉しいじゃありませんか!

 てなわけで東京プリンス内の高級焼き肉店にて先日本当に、しっかりご馳走になってまいりました。
 よく焼肉は炭で焼くと遠赤外線の効果で柔らかいまま・・・とか言います。一方その店は、肉が堅くなるはずの(笑)ガスの火でしたが・・・ホントの高級肉には、関係ありませんでした!
 大変美味しかったです。

 ご馳走になった上に、自分のどうでもよい、くど~い独演会(?)にもお付き合い戴きまして・・・

 ○君、また誘って下さいね・・・と、かなり情けない「おじ」さんではございます()

 街中ポスター2点目・・・

1310-black-pos.jpg
(当ブログとしては異例の政治色・・・)

 これは日本共産党のポスター。
 とっくにソ連はなくなったのに同党は生き残り、しかもそれなりに存在感を発揮と・・・
 インド・ヴェスパやメキシコ・ビートルみたいなもんでしょうか(笑)
 ここに描かれているいかにも神経質そうな「ざーますメガネ」の女性、皆様どうご覧になりますか?

 オフィシャルな配布物です。ゆえにこのキャラクターは共産党自身が自認する「いかにも共産党っぼい女性」ということになりますね。実は、これまたそっくりだった人(区議ですが)を知ってます。共産党でした(笑)


 だいぶ前のものですが、電車内ポスター・・・

英会話
( よ~く見ると・・・)

 某英会話スクールのものですが、どこかのビルの駐車場らしきところにズラリと並ぶ同一車種はなんと・・・

Fiat Abarth 131 Rally

131.png

Gr.4@1000Lakes

 それもストラダーレ、しかも新車(!)に見えます。
 どういった経緯でこの写真が使われたのかは全く不明ですが、こんなマニアックな車種が一ヶ所に大量にストックされている状態とは・・・

 恐らくは131アバルト・ラリーが、競技寿命は十分残っていたものの「役目を終えた」

stratos.jpg

ランチア・ストラトス

 に代わるWRCウェポン(=Gr.4)としてFIAのホモロゲートを受けるための400台限定生産中のヒトコマ


 なのでしょう。フィアット(かランチアあるいはアバルト)関連施設内でのショット、ということになりますが・・・
 なぜ英会話スクールに???謎です。

 こんな珍しいものを街で見かけることもあるのです。


 ご存じでしょう先日、不幸ないじめ自殺事件がありました。

 自分は、理由はどうあれ自殺は絶対許しません。亡くなった少年にも同情しません。
 なぜなら・・・
 今稿で取り上げた友人のように、生きたくてもそれが叶わない人たちがいる(!)からなのです。

 昔、遠方から
「今、睡眠薬を大量摂取した・・・」
と自殺実況電話(!)をしてきたやつがいました。
 知人が命を断とうとしているのを黙って聞いている訳にはいきません。しかしとてもすぐには行けない遠距離でした。そこで電話を切らせないよう会話を続ける一方、妻は遠方地元警察へ連絡、住所を伝え、踏み込んでもらうよう手配・・・やつは薬のせいで電話を切らずに寝入ってしまったので、救出の様子を聞くこともでき・・・ことなきを得た、そんな経験もあります。
 そいつとは以来、絶交です。

 死ぬ気になれば何でもできる、は本当だと思います。自殺を選ぶ人は死を軽んじてます!同時に「生きる力がなかった」のだとも思います。命を弄ぶ人を自分は軽蔑します。
 ちょっとヘビーでしたね。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/26(日) 16:51:21|
  2. Culture&Social
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Street Views:The landscape@Tokyo&Zushi | ホーム | Street Views:Cars@Tokyo>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/140-cadcd683
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)