MAVIC GL330 @Yahoo Auction

ティペッツ
(これが自分の、最初に値段が付いた作品・・・)

 大変久方振りのイラスト商談成立(!)その興奮さめやらぬ中・・・

birdcage_2013092911164953f.jpg


 前稿とは打って変わって(笑)自転車の話題を。


 

 前々稿で、自転車のホイール新調の障壁はヴィンティッジなリムの入手困難・・・と書きましたが、つい先頃ネットオークションで第一希望の旧いリム・・・

MAVIC GL330

 うまいことリーズナブルに落札できました。同アイテムは公称330グラム・・・

350g 
(実測350g・・・)

 の、ある程度の強靭さを持つ
(=脆弱さをギリギリ回避しつつも例えば80kg級ライダーにはNGな)
 軽量リムとして一世を風靡しました。
 そのGL330は年代で2種類に大別でき・・・

旧ラベル
(これは前期型、赤ラベル)

 自分が求めるのは愛車・・・

さいど1

Casati号

 に対し時代考証的に正しい、ピンク・ラベル(↓ 続きを読む:参照)の方ですが、後期型といえど廃盤になって久しいので新品の入手は大変困難、手に入れるはオークション頼りです。
 しかしレアとはいえ全く出品がないわけではなくて例えばこれは・・・

新品MAVIC GL330リム3本セット

 新品当時のほぼ実勢価格、適正価格とも言えますがちょっと手が出ませんでした。というのも欲しいのは前輪用1本のみ、だからです。余った分を取っておく、あるいは転売する・・・どちらも気が進みません。何十年か色々やってきて、自分なりに得た結論として
「極力ものは増やさない。特に趣味のモノは・・・」
という信条(?)があるからです(笑)使うハブは決まっており
(なんと手元にあるw)同様の理由でハブが余ってしまう
「完組ホイール」
も対象外、でした。

 そこへ現れた今回の出品物
(ペアでしたが、非常に低い開始価格だったので・・・)
 安価にもかかわらず入札はかなり低調でした。その理由は・・・

 出品者の商品発送元地域が
「海外 中国北京」
となっていたからでしょう。自分もまたそこで悩みました。
 実は以前一度だけ安さに負けて(そうとは知らず)中国の業者から万年筆を購入したことがあります。その時は注文とは違う商品が届き、クレーム・・・しかし返品も交換も(もちろん返金も)叶わなかった、という経験があるのです。
 また画像からは結構走り込んでいる(=ブレーキで擦り減っている)のが見て取れたのも悩みに拍車をかけました。しかし、いつぞやのペダル入札時と同様(笑)

「ええいっままよ。ダメでも、勉強代だあ!」

とまたしてもギャンブルに出たのでした。
 

 そしてとりあえずギャンブル、第一段階は成功(!)安価に落札できました。残るリスクは、ちゃんと届くか?そして商品はちゃんとしているか?です。
 取引連絡してみると・・・
 幸いなことに(?)出品者氏は日本人で、発送元地域「上海」は氏の業務上の拠点(?)なのでしょう、睨んだ通りリムは国内それも県内ごく近い地域からでした。これでギャンブル第二段階もクリア、さて残るは商品の状態です。

 まずオークションでのやり取りで評価の対象にもなる、梱包は・・・

梱包 
(この状態で届きました)

 プチプチでくるんだだけ、やや荒っぽいと言わざるを得ませんが・・・歪み曲がり等移送中トラブルはなかったのでまあ結果オーライということで(笑)

 さてリム自体は?まず磨耗は・・・

摩耗 
(入組んだニップル穴付近は歪まず、結果的に摩耗が進む)

 結構限度ギリギリってところでしょうか。もし自分で使っていてこれくらい擦り減ってきたら代替品の用意を考えはじめるくらいかと(笑)
 そして今回は、ブレーキが一番良く効く頃(!)と良い方に取ることにします(笑)
 それより深刻なのは傷でした。

キズ 
(結構深いです)

 これは、ブレーキシューに小石等が食い込んだまましばらく走らせてしまった・・・のでしょう。傷のない方を使うことにしましょう。
 また、腐蝕等は・・・

さび 
(リムセメントの残りは少ないです)

 ニップル穴のハトメ(=鉄)部分に少々錆が見られるだけでアルミ部は全く健全、問題ありません。

 ということでこれで無事ホイール組みに入れます(^^)


ふしょく
(青丸部分に注目)
 これは以前、今回とほぼ同じ価格で出品されていたものですが・・・
 管理が悪く、リムの状態で永く屋外にあった(=風雨に晒されていた)のでしょう、アルミの腐食がリム素材自体を貫通しちゃってます。本来の剛性は到底保ってはいないでしょう。
 またスポーク穴のハトメ部分も・・・
腐食
(錆きって・・・ニップルも綺麗には回らないでしょう)
 錆で膨張している、と酷い状態で・・・これでは使用に耐えないはず、第一危険です。
 落札者の落胆が想像できます。
 まあ「勉強代」でしょう。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/29(土) 14:12:16|
  2. Bicicletta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<So impressive,movie‘RUSH’ | ホーム | Art cafe Blue Moon>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/145-02381b08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)