Cycle Mode 2015


(最も風変わりだった1台・・・)
 

 自転車を趣味とする者として行かずばなるまい(!?)って感じで(笑)サイクルモード、最終日に行って参りました。

 このショーは最新型の自転車、それが例え100万円オーバーの超高級車でも試乗できる(!)のが売りで、ここ数年目覚ましい急成長を遂げました。といっても自分は最新型の「樹脂自転車」にはあまり興味がないので’(笑)知人への表敬訪問が主たる目的ではあります。

 それでも一応ざっと見て回ったところ・・・
 トップ画像のストリングバイクなる自転車(というよりメカニズム)が目を引きました。
 この「機構」、チェーンステー基部をピボットとする「スウィングアーム」を介して普通のペダリングを、なんとゴム製のバンド(↑ 赤い輪)の往復運動に変換し後輪トルクを得る、というもの。
 ゴムの伸縮がアームのリターンスプリングになっているのは理解できましたが、その伸縮性ゆえ踏み始めの「キック」が吸収されてしまうようですし、これなら回転式ペダルではなく、昔からあるペダルカーのようなオルガン式両足踏み往復ペダルにすべきでは?とも思いました。
 伸縮性のないチェーンを使うペダルカーの場合リターンスプリングはロスでしかないのに対し、ゴムバンドだと駆動に時間的遅れはあるものの出力ロスがない、のかも?
 いずれにせよstringというよりstrangeでした(笑)


 当初の、今回のショーの目当てが一昨年の発表時センセーションを巻き起こしたケルビム・・・
Humming Bird
chb.jpg 
(男性誌等で見かけた方も多いのでは・・・)
 でした。神宮外苑のショールームに置いてあったのは見かけましたが、間近で見るのははじめてで・・・
chb1.jpg 
(分岐したトップチューブとステムが融合・・・)
chb2.jpg 
(これはシフト、ブレーキつきのロードバージョン)
 工芸品レベルの工作には改めて感心しました。


 さて本題、今回表敬訪問するのは以前ご紹介した事もある・・・
colossus.jpg
コロッサス
 のビルダー、木森氏です。
kimori.jpg  bk.jpg
 久々の来訪を快く迎えて頂いただけでなく、いつもながらエネルギッシュな御仁(笑)で・・・
bk1.jpg 
(御大自らデモを・・・)
 今回持ち込んだ新機軸等丁寧にご説明頂きました。詳しくは こちら を。
c-sus1.jpg 
(相変わらず凝りに凝った工作の塊・・・)
c-sus2.jpg  c-sus.jpg
(特注パイプのコストアップの影響でやむなく値上げとか・・・)

 また、氏の思考の柔軟性を示す好例として・・・
holi.jpg 
(憧れのホリゾンタル・・・!と漏らしたご婦人がいたとか・・・)
 低身長者向けの自転車すなわちスローピング、という自転車スタイリングの常識に一石を投じる野心作がありました。
 氏が設計した(制作は別、とのこと)700Cホイールでありながらトップチューブが水平のフレームです。
 普通は「ハンガー下がり」と表現するBB高を、車軸より上方すなわち「ハンガー上がり」としたかつてない設計。バンクしながらのペダリング(!)も考慮されているようです。
 今回試乗はしませんでしたが、思えば小径車ならハンガーが高いのは当たり前です。700Cになった分だけ重心が高いことが気にならなければ、意外に普通に乗れるのかもしれませんね。

 今回実車を前に色々ご説明頂いて自分、ビルダー木森氏の深遠なる思考に感服致しました。そしてこれまでの「タメぐち」反省致します。申し訳ありませんでした。
 今後共ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致しますね<(_ _)>


 実はサイクルモード最終日は東京モーターショー最終日でもありました。
 モーターショーにはちょっとお安い「4時からチケット」の設定があると聞き、開催地の有明国際展示場も職場に近いことから平日そいつを使おう、と考えていました。
 ところが仕事の都合で平日は全く動けず結局最終日の「幕張-有明ダブルヘッダー」しかない(!?)状態に。

 しかし上記のように(当然?)サイクルモードで時間は押し、モーターショーはキャンセルとなってしまいました。

 話題のロータリー車等も見たかったし何よりサイクルモード同様、自動車趣味を振興せねばならない立場にいる者として(?)行ってインプレッションしなければならなかったのですが・・・果たせませんでした。反省してます。

 加えて、懇意の三樹書房さんがブースを出していたこともあり是非お伺いしてご挨拶したかったのですが・・・
 小林社長、お伺いできず申し訳ありませんでした<(_ _)>
スポンサーサイト
  1. 2015/11/14(土) 22:13:19|
  2. Bicicletta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Japanese vintage leather jacket 2:お洗濯 | ホーム | Japanese vintage leather jacket:掘り出し物>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/157-82c183fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)