SCCJ Newyear meeting 2016@Tokyo:ニューイヤーミーティング@お台場


(並んでます)

 先週の予告通り(?)ニューイヤーミーティング、行って参りました。

 午後になってどっこいしょ、と出かけたくらいなのでさほど気合は入っていませんでしたが(笑)それでも行けば誰かしら知り合いに会えるし、珍しい車が見られるのは楽しいことです。
 入場後とりあえず外周のブースからと、右回りにひやかしていきます。
 しばらくすると旧知の「自動車趣味の店ロンバルディ」が。
ふると 
(主宰F氏)
先日「世界の自動車」シリーズ入手お伝え致しましたが・・・
なんとその’69と’70版がありました!
ゲットです。
WAM_20160206225834762.jpg
(流石にオリジナルのカバーは失われていましたが)

パラパラとめくってゆくと・・・
NSU TTSの載ったこのページを初めて見た当時の
妙な違和感、を思い出しました。
 NSU.jpg
(よく見れば凄い走り。前後輪の変形がほぼ等しく・・・)
ご覧の通り、図鑑とは思えないアクティブな写真です。
「こういう学術的な本は車を静物として扱うんじゃ・・・?」


この2冊で、最も印象に残っていたのがこの頁。
フィアット・ディーノ・クーペ。
70.jpg 
(117との血縁を感じさせるショット)
 特に奇を衒った所のない極々シンプルな各部の構成。
 でありながら素晴らしい均整と緊張感。巷を走る車とは全く違う流麗さ。
 40年前の(笑)少年十字野郎は、それがかのG・ジウジアーロ御大の作品とは知らずに・・・
 一発で魅了されたのでした。
 

 ロンバルディ・ブースをとりあえず辞し進みます。外周半分を回り、インフィールドへ。

 バブルカーの一団が見えてきました。
メッサーシュミット。
messer.jpg
(どうして左開き?2輪のサイドスタンドみたいなもの??)
 
 2st.ファンとしては、一度はドライブしてみたいものです。
 ディスカバリー・チャンネル「クラシックカー・ディーラーズ」を見る限り(?!検索をw)
 英国なら割と楽に維持できそう、に思いましたが(笑)日本では・・・?

 画像ネタはまだまだ沢山あるので・・・
DRUG.jpg tc50.jpg
 crown.jpg contessa.jpg   

ChainD.jpg  susA.jpg
alpina.jpg SoS.jpg
SN CSR
KM.jpg X1R.jpg  
  cosmo_20160206230348ccc.jpg NASU.jpg
117.jpg  x19a.jpg

また来週。


スポンサーサイト
  1. 2016/02/07(日) 14:22:24|
  2. Old Car
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Consentration:集中力、その欠如・・・? | ホーム | Gradual advance:漸進>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/169-76246b9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)