6-1) カスタムマニア

シャマル 
(sold)
 MBKの完成車を構成していたパーツ類をそっくりカザーティSLフレームに移植・・・が前稿まででしたがフルカンパのイタリアンロードができた!
とそのままの状態で満足している自分ではありません。ご多聞に漏れず(笑) その後カスタム、改造に勤しんでおります(進行形!)。

 思えばずっと(特にオートバイ時代)改造カスタムの名の元に無理矢理(?)行った、やらなくてもいい部品交換や加工、調整の数々。
 改良とは名ばかりの改悪となってしまった例も数知れず、未熟ゆえ
弄り壊してしまったことも一度や二度ではありません(汗)

 しかし技術と分別を得た今では(笑)こと自転車に於いては
「改造のための改造」に走ることなく、最適化と軽量化を目指し日々思いを巡らせています。 そう、自転車改造の基本は最適化です。
 運転姿勢、車ならドライビングポジション、バイクならライティングポジションということですが、自転車は操縦しつつフィジカルパフォーマンスを発揮しなければならない乗り物。運転姿勢にかかわる各部の寸法の重要度は
モーターサイクルの比ではありません・・・ ということでまずはMBK時代から 現在のCasatiに至る改造履歴を列記してみましょう。

 自転車の完成車(洋服に倣い「吊るし」という場合も)はあくまでターゲットゾーン真ん中を狙いつつ コストを考慮したパーツアッセンブルとなっているため、各人それぞれには微妙に合わない部分が出てきます。ましてや初心者の場合、身体能力の向上で最適寸法が変化することもあります。
 MBK号は「レースに出るようなヨーロッパ人向け」に出来ているので標準のModolloのハンドル幅420は自分には広過ぎ、最初に考えたのはハンドル交換でした。サガミサイクルセンターで400㎜幅(因みにイタリア製は
外-外寸法)のものを物色です。こだわりは格好良いアナトミック
バー  
(ハンドル下部がアールではなくキンクしている)
タイプであること。そしてエルゴレバー対応でない、ことでした。
 エルゴレバー (カンパのブレーキ・シフト兼用レバーの商標)
から出る2本のワイアのうち 1本をバー後方に回すため、ワイア埋め込み用の溝が前だけでなく後ろにもあるのがエルゴレバー対応。
bbarr.png barr.png 
その後方の溝はライダーが常に触れている部分であり感触は重要、と自分は考えます。
bar.png     
「断面まん丸じゃなきゃ、触っていて気持ちよくない!」
そういう人はいるらしく、その後方溝を埋める樹脂パーツもありましたがそれは本末転倒、断面も真円にはなりません。

 そうしているうちに目に入ったやや鈍くも美しく輝く最新型のITALUMANUBURIの超軽量チタニウム製ステム!
ti.png
高価でしたが一目ぼれでした。
 前述「最適化」にはやや相反しますがMBK標準のモドロのステム、突き出し寸法100㎜は見た目がちょっと
(シートポストとの関連では、相当=自転車の黄金比として、
ステムとシートポストの突き出しが同じが美しい、とされています!)
短いと感じていたのでそのステム110㎜購入を即決!
 しかもこのステム通常(73°)より気持ち前上がりの80°
チタン    えむびーけ
 MBKのトップチューブは後方縦潰しの関係でこれまた気持ち前上がりなので非常にマッチングが良く見えました。
 ということで、ハンドル周りのブランドを揃えるためバーもITMから、それも軽量な(エルゴ対応の)最新型からではなく旧タイプから選ぶことになりますがステムが軽いのでOKかと。
 同社セカンドラインの260g(最新ラインは225g)のものがありました。
はんどる

 標準のサドルはMBKロゴ入りでしたが重く、何よりクッションが厚過ぎるためかえって不快な代物で、当時定番だったSelle Italia(良く呼ばれる
「セラ」ではなくセッレ・イターリア)のターボマチック(白!
 チタンレールモデルは手が出ませんでした)に。
サドル 
ゆくゆくはオプションの「ヒップフェアリング」
fairing.png  saddle.jpg
(TT、泣じゃなくタイムトライアル用)(Magnetti Marelliはノンスタンダード)
を視野に入れての選択でした・・・。

と、ここまで弄ったところで件のクラッシュに会いました。
 

 そしてCasati移行後、地道な多摩川走り込み練習を重ねスピードアップしつつ、改造にも拍車がかかります。

 坂道練習として田園調布、等々力周辺の激坂を繰り返し登ると・・・下りの途中交差点停止線で止まらない。
 握力(踏力)が要るのは欧州製ブレーキの常とはいえ
(オートバイにおけるブレンボとニッシンの違いは、
 そっくりカンパとシマノに当てはまります。)

減速用としてはともかく
(実際にレースではそういう使い方しかしませんが)
制動力の不足を感じました。
カンパ・アテナの美しいが通常(旧来)のブレーキ・アーチ
TS3Q0155 (2)
を最新のデュアル・ピボットのものに替えねば・・・しかしイタリアかぶれとしてはシマノを着けるわけにはいかない・・・。

 当時のカンパニョーロのコンポ-ネントは下からAthena、Chorus、
C(=Corsa) Recordの3グレードでしたが
アテナでもシマノのセカンドグレード以上の品質(性能ではない)だったと自分は思います。
 特にヘッドパーツは大差があるようで、自分はカンパのヘッドベアリングの当り調整はしたことがありません(必要がなかった)。

 カンパとしてもライバル・シマノが次々と打ち出す新機軸に対し
「不本意ながら」追従せざるを得なくなっていた当時、前述デュアル・ピボット・ブレーキもコーラス以上にラインナップされたばかりでした。ところが導入翌年いきなりマイナーチェンジが行われ外観上、アーチにグレード名のロゴが入るようになったのでした。
choorus.png
「なんだよ、ゴチャゴチャして格好悪いじゃん。
 グレードなんか判んねえ方がいいし・・・」
 TS3Q0186.jpg
(シンプルなカンパロゴのみ、この仕様は1シーズン限り)
またぞろ旧タイプ購入となりました。
 実際には取付ボルトが隠されているか否かでグレードはバレバレなんですが(笑)
rec.png
(レコードはボルトの頭が見えません)
 このブレーキは効きました。
 シューをシマノに替えると(互換性あり) もっと効くらしいですが、レバーの感触が気持ちスポンジーになると聞き、 試していません。

 そして頻繁にブレーキテストを行うようになると今度はブレーキレバーが気になり出しました。
 ある日ブレーキング中に荒れた路面からの衝撃を受けた際、親指の付け根の関節に激痛が。
athena.png
(丸い金具なし)
 それまでそうとは気付かなかったものの自分は手が小さく、いつもブレーキング時にはレバーを確実にホールドすべく少し手を外側に
(親指関節がレバーブラケット頂上に来るくらい)無意識にずらして操作していたのでした。


 小さいブレーキレバーを探しました。 

 一時「アンチ・シマノ」の味方、サンツアーのシュパーブ・プロのレバーを
調子良く使っていましたが、やはりフル・カンパにしたい・・・ありました!
 基本的にはジュニアか女性向けなのでしょう、最上級グレード、Cレコードに通称「深曲がり」と呼ばれる

コンパクト・ブレーキレバー

なるものがあったのです。
  BR_20130429192250.png compact.jpg  
(通常Cレコとコンパクト)
 もちろんサガミで見つけました。
 高価でしたが貴重かつ有用、無二のレア・パーツ
(店頭はもちろん、ずっとチェックし続けているオークションでも
 以来一度も見たことがありません!)
迷わずゲットです。

まだギア系のお話に到達できませんが(笑)大変長くなったなので今週はここまで。

 トップ画像は本文とはまるで関係ないマゼラーティ・シャマルのイメージ・ポスター。
自分のイメージとしては・・・
 後方のトライデントがくるくる回っていて、ルーフのシルバーのバンドと交わる瞬間、一体化する・・・って感じなんですが・・・(笑)

 この絵についてもゆくゆく・・・。


ITALUMANUBURIの超軽量チタニウム製ステムについて補足を・・・。

 Italmanuburi=イタリアン・ハンドルの意ですが同社、先頃一度倒産、
復活して現在に至っているそうです。
 そしてこのチタンステム、オプションで軽量化用純正チタンボルト(!)
も用意された意欲作でしたが、溶接構造のためかクランプ部分の精度に
問題があるのかハンドル固定力が弱め、でした。それが現在使っていない理由です。

 具体的には失念しましたが、ステムとバーのクランプ部分の寸法に微妙な差があり、メーカーを揃えないと同様の結果になるそうな。

 ゴール勝負のスプリンターはこのステムを壊してしまう時もあるそうです。
自分らには関係ありませんね(笑)
スポンサーサイト
  1. 2013/04/29(月) 20:05:57|
  2. Bicicletta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2-3) マセラティ・シャマルのこと | ホーム | 6-0) Casati & MBK>>

コメント

こんばんは。

改造の為の改造ってところでドキッとしました。笑

やはり皆さん壊しながら覚えていくんですね。

チタニウムのステム初めて見ました。あとカンパのパーツって美しいですね。

十字野郎さんのブログは初めて見る物が多くていつも学ばせてもらってます。
  1. 2013/05/01(水) 22:25:52 |
  2. URL |
  3. オッサンA #-
  4. [ 編集 ]

Re: こんばんは。

オッサンA さま
コメントありがとうございます。

> 改造の為の改造ってところでドキッと・・・

○ートバックスで自分の車種用パーツを見つけたので、着ける・・・
典型的「改造のための改造」ですが、マイナーな車種に乗っていると
取り付け可能パーツがあっただけで嬉しくなってしまうんですよねえ(*^_^*)

> やはり皆さん壊しながら覚えていくんですね。

そうですが、中学くらいの時にネジをなめてしまう、あの感覚くらいは覚えていて欲しい
と今の若者に対し痛切に思います。

> チタニウムのステム初めて見ました。あとカンパのパーツって美しいですね。

カンパのMTBパーツってのもこのあと取り上げます。

> 十字野郎さんのブログは初めて見る物が多くていつも学ばせてもらってます。

そう言って頂けると嬉しいです。
  1. 2013/05/02(木) 20:25:35 |
  2. URL |
  3. 十字野郎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/18-5fade6b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)