1-0) 十字野郎 ≒ ジウジアーロ ≒ ジュージァロ

(available)
イラスト、というと格好良すぎる感じですが自分
絵はずっと、それこそ幼稚園に入る前から描いていました。
その頃はゴジラをはじめとする怪獣ばっかり
GODZILLA
でしたが
オトモダチに「書いて!」といわれ、いい気になってました。
それが今なお続いている訳で
正に三つ子の魂・・・といったところでしょうか。
そして中学に入る頃、例のスーパーカーブームがあり
以降その対象がクルマになりました。
直前にはブルース・リー&空手ブーム

なんてのもあって
その頃はやはりそればっかり(!)でしたが
今思えば
随分人間(と筋肉)を描く練習になったなと感じます。

話をクルマに戻すと・・・そのスーパーカーブームのさなか
世界のスーパーカー群が紹介されるなかで
最初に好きになったのは声♪ じゃなくてm(__)m
ポルシェ・カレラRS2.7

でした。
たった210HPしかないのに
ゼロヨン13秒台なんて、ポルシェってすげえ!
といったところで、いわば同社の質実剛健さ惹かれた訳です。
がしかし一方、元来「かたち」とかオブジェ
BIZX
(どちらも中学時代の、じゃなくて最近の作品。こんなのも造ります…)
リル
が好きなもので
理詰めな感じのするポルシェより
どうしても
華麗なイタリアン・デザインのスーパーカーたちに
靡いていくことは止められませんでした。
それでも質実剛健さを求める心はどこかにあり
スタイリスト氏の赴くまま描かれたエモーショナルな
スーパーカー然としたクルマたちより
どこか抑制の訊いた感じのするデザインのクルマ
が気に入ってました。
そしてクルマに詳しくなっていくと
自分の好みのクルマの多くが、かの
ジョルジェット・ジュージァロ御大

の手によるものだったことがわかってきました。
以来自分は、HNからもおわかりのように
御大の才能にある意味、心酔しています。
画像は趣味のトライアルバイクを駆る若き日('70年代)の御大。
ちなみに「ジウジアーロ」は
CG誌がはじめて御大の名を我国に伝えた際の表記で
これが広く通用していますが、
後にCG誌自身が、こっちの方が実際に近いとした表記が
ジュージァロ・・・ややこしいですね。
御大の作品は
スーパーカーより乗用車寄りの
いわゆるクーペ

に光るものが多いのですが
あえてスーパーカー群のなかから御大の作品中の
マイ・ベストを挙げるなら
デ・トマゾ・マングスタ (トップ画像)
ですね。このクルマについてはゆくゆく!



スポンサーサイト
  1. 2013/01/12(土) 21:22:45|
  2. Profile
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<2-0)フェラーリ250GTOとの邂逅 | ホーム | ご挨拶>>

コメント

ジウジアーロ

ブログ開設おめでとうございます!

僕にとって御大の名前は、やっぱりジウジアーロですね~
最初の刷り込みは強烈です(笑)

御大の凄さは、機能性や生産性をスタイルと両立させてデザインしているところだと思います。
で、僕はランチスタでもないのに、なぜか3種類のランチア・テーマに乗っていました。どこから見ても素晴らしいバランスです(^^)

これからも面白い蘊蓄ネタに期待しております!
  1. 2013/01/14(月) 10:30:25 |
  2. URL |
  3. No.12 #-
  4. [ 編集 ]

Re:ジウジアーロ

#12さま
ご無沙汰しております。コメントありがとうございます。
>ジウジアーロ
その発音の件で早速識者から間違いの指摘がありましたe-350
面白いかは正しいかも不明ですが蘊蓄、盛り込んでゆきたいと思ってます。よろしくお願い致します。
  1. 2013/01/14(月) 11:25:06 |
  2. URL |
  3. 十字野郎 #-
  4. [ 編集 ]

祝ブログ開設

自由が丘にいた頃の蘊蓄合戦が懐かしいね。イラストも蘊蓄も、期待してます。
  1. 2013/01/14(月) 12:30:46 |
  2. URL |
  3. Tooru.A #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/2-085da26c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)