Outcast?:Yamaha OX99


(あえて高位置に置いたエアロ兼用バンパーでストリートカーらしさを!
さすが由良さん!)

 ヤマハつながり、で行きましょう。

 

 マグネシウムの色・その2稿、自分のマグネシウム鋳造屋入社面接場面に出てくる6(×2=12)気筒のシリンダーヘッドカバーは・・・

ヤマハのF1エンジン
ox99e.jpg

(カバーFギアやWポンプも我社製品・・・)

 のものでした。そしてこのエンジンのスライドスロットルの部品がこれです。

yox88.jpg

 これはOリングを挿んで輝くエアファンネルが着く仕様( ↑ )ですが、吸気管長を極限まで詰めたかったのでしょう(?)仕様違いで、この部品の吸気口立ち上がり部分にアールを与えベルマウス形状にしているものもありました。

 ox88.jpg
(F1と言えど流石に長く、625mmもあります)

 そしてこのエンジンと、延長して「タンデム2シーター」としたカーボンモノコックを用いて文字通り

公道用F1

として仕立てられたのが、その名をエンジンと分け合う・・・

ox99.jpg

ヤマハOX99-11


 です。一部ではその超高価格設定(!)と相まってただのアドバルーン的な Show car と思われているようですが、ヤマハは本気でこの車を売るつもりでした。これを起爆剤として(スポーツカー専門の?)自動車メーカーとなる気だったのかもしれません。

 現在でもまだその気なのかも(最近もそんな動きがありましたねw)

 その「本気」の証左とは・・・
 このエンジンの部品のうち、重要な部分を結構な点数製作していた我社でしたが、このストリートカー開発を機にドンと受注が増えたのだそうです。そう、これは自分の入社前の話。主に社長から伺った話をまとめてます。

 ところがその、ざっと倍になった受注に対し職人の手が間に合いません。というのも(その仕事だけではないせいもありますがw)一つの木型に対して一人の職人が「抜ける」砂型の数はある一定数に限られる、からなのです。その作業形態を続けても足りないのなら残業するか
(冬場すなわちシーズン前は既に残業続き!)木型の数を増やすしかありません(=2人でやる)。しかし木型は非常に高価なもの(一式百万単位!)です。普通はやりません。
 しかしヤマハは違ったのです。
 (型を抜くのに時間がかかる)大掛かりな木型を追加で、ストリートカー用に新規に興したのです。ストリートカー用と言っても実際にバリバリの現役レースエンジンです。当然アップデイト(設変=小変更)も結構頻繁で、木型屋さんで加工中に鋳造が止まるのを嫌った、という面も大きかったようですが。

愛読書によれば・・・
似たような構造を持つスーパーカー
f50.jpg 
Ferrari F50
 は、エンジンとシャシーの間にラバー類を一切挿まない、剛結
(=F1由来、の車体構成)のおかげで・・・

 すばらしいまでに「正しく速く」走った。(原文まま)

 そうな。ただしそれゆえエンジンの振動騒音が乗員に伝わってしまい、いわゆる「音振」も相当酷いことになっているとか(笑)例えば
「どうせ聞えないから・・・」
と、はなからオーディオ類の用意がない(!)とかその荒々しさでもフェラーリらしくない、のだそうな。

 ということはシャシー、足回りはもちろんエンジンもほぼレーシングマシンそのものであるOX99も恐らくF50同様・・・

 走りはともかく(笑)洗練性を欠く

 スーパーカーだったことはほぼ間違いないことでしょう。そしてそれが市販化が頓挫した理由のひとつだったことも。
 


そのまま市販化されれば、スピードはともかく
(のちのヴェイロンとかもあるのでw)

孤高のスーパーカー

となるはずだったOX99ですが、なんとタイムリーなことに(笑)
ox9911.jpg
最近ヤマハの社内イベントで実車が走ったそうな。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/25(日) 15:09:05|
  2. Magnesium&Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Road going sport racers | ホーム | Miss cast?:Yamaha YZR-M1クランク・ケース>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/202-254e6522
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)