Road going sport racers


(ストリート・リーガル!ポルシェ917K)

 前稿のヤマハOX99・・・

ox99.jpg ox9911.jpg

 に続いて、サーキットからストリートに這い出した(笑)レーシングカーについて少々。

 その大昔、競技車とスポーツカーの垣根が低く曖昧だった頃。
 例えば'73年迄世界スポーツカー選手権の一戦として開催されていた公道レース(!)タルガ・フローリオでは車高を上げた純レーシングカーが民家の庭先を土煙を上げて駆け抜けて行くのが見られました。
 タルガ末期のトップコンテンダーは既に先鋭化したバリバリの、ということは快適性への配慮が(あまりw)ないレースカーそのもの、でしたが'60年代半ば迄はスポーツ(ストリート)カーっぽい車、例えば・・・

アルファのティーポ33(これはストラダーレ、ですが・・・w)

t33.jpg 

(available!)

とか・・・

250lm.jpg 

フェラーリのLM

とか、ちょっと下のクラスでは・・・

ポルシェ904

904.png 

(この車はなんとモンテにも・・・!)

 等はバリバリのレーシングカーながら構造的にも雰囲気的にもストリートカー、GT的な使い方ができるよう配慮されている部分があります。実際には相当ハード、だったでしょうが(笑)
 上記3車にはそういう使い方を想定した内装(本革?)内張りが施された個体が複数ありました。しかし空力が大切なルマンカーでさえビジネスライクなオープンコクピットとなった・・・

CGBN

(シグマ!)
 ’70年代にはそういったレーシングカーを「ストリート仕様」に改装する例はなくなりました。

 ところが’75年だったか突如、その時計の針を戻す動きがあったのです。
 ポルシェが自ら、退役して間もないルマンの王者917Kをストリート・リーガルに仕立てたのです。トップ画像がそれです。
s917.jpg 
(さすがに車高は高いですね)
 でも、ポルシェに行けば誰でも買える・・・訳では当然なく(笑)オーダーしたのはMartini&Rossiのロッシ伯(!)
まるてぃに  まるてぃーに 
 その殺風景な内装には豪華な革が張り込まれ、コクピット背後の水平冷却ファンには部外者の安全のため特製メッシュが張られたそうです。
 しかし、そのロッシ伯の力とポルシェ本家の技術力をもってしても公道用の正式なナンバー取得は難しく、アメリカ(ネヴァダ州だったか)でようやく可能になったとか。
 917、その耐久性はルマンで証明済み(笑)ではその快適性はどんなものだったのでしょうか?
 スペースフレームでしかもマルチシリンダーだから意外にジェントル?
 一度体験してみたいものです。

 この稿続きます。

スポンサーサイト
  1. 2016/10/02(日) 20:01:58|
  2. Magnesium&Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ライディングスポーツ川柳 & 万能川柳 | ホーム | Outcast?:Yamaha OX99>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/203-386cb6c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)