CYCLE MODE 2016



 あっと言う間に我国最大の自転車の祭典へと成長したサイクルモード。
 昨年 に続き(一昨年は欠席w)先週末行って参りました。

 最大の目的はご無沙汰している「コロッサス」のビルダー・・・
  
 c-sus.jpg  bk.jpg
(昨年の画像・・・)
 木森 御大へのご挨拶です(笑)
 しかし今回何の下調べもせずに出かけたところ、そのブースが見当たりません。そこで・・・
東京サイクルデザイン専門学校
(氏はその講師)
 のお仲間である「ケルビム」さんでうかがうと
「今回出展はしていないが、もちろん来ている」
とのこと。そのブース近くでうろうろしていると・・・無事お会いできました。
 訊けば
「2017は量産型(!)が見せられると思う」
とのこと。凝りに凝った造りのコロッサス・・・
kimori.jpg
 価格も◎◎万円(笑)
 colossus.jpg
 幾らかでもリーズナブルな廉価版(失礼)の設定はマニア待望、と言えるでしょう。
 来年を楽しみに待つことにしましょう。

 その専門学校、生徒の卒業制作(もちろん自転車、実車w)が多数展示されていました。

 その中で目立っていたのが・・・
tekkin.jpg 
 コレ、でした。まるで建築用の「鉄筋」を曲げて溶接したようなフレーム。目を引きます。軽いかどうかは確認できませんでしたが(笑)強度、剛性は出ているように見えました。ちゃんと走ることでしょう。一目見て直感的に
「コレいいね」
「欲しい」
と感じさせる、スタイリングに特化したピスト車。アリだと思います。

 前年だかの卒業生の作品・・・
ミニスカの女性を美しく見せるための小径車
minis.jpg 
(謎の左チェーンガード!左右対称を求め?タンデム拡張性??)
 にはハンドリング上の「問題」が見えたので思わずブース担当者氏
(=学生、制作者に非ず)にその「乗り味」をうかがうと、予想通り
「非常に乗り難い。ハンドル切れ角も足りない」
とのこと。
 この手の超小径車のハンドリング改善 に経験のある自分・・・
全1  
 前輪のホイルールアライメント、その「トレール」が足りないことがパッと見て解ったのです。
 制作者はきっとそのオフセット値を事前の研究なしに漠然と(?)決めてしまったのでしょう。

 もう一つ気になったのが・・・
 サドル後方のハンドルからステアリング操舵力を伝える、フォーク側の「タイロッド・エンド」でした。
 普通のフォーククラウン(でもこんな小径車ゆえ既製品ではないはず)にピロボールマウント用のステーが溶接(ロウ付けかw)されています。
 制作者に伝統的自転車造りへの造詣があれば、現在もピスト車に見られる(専用のラグの要らない)・・・
鉄板重ね打ち抜きフォーククラウン
あーち
(これは我家のピクニカ。こういう本物感!が気に入ってますw)
 をここで「踏襲」し、その一枚を後方に張り出させ「ステー」とすればシンプルな外観が得られるだけでなく溶接工程が一つ省け、しかも革新的デザインの中に伝統的スタイリングを取り込むこともできたのに・・・と感じました。
 まあ若い人がそんなこと知る訳ありませんね(笑)

 今回の目的もう一つ。’92年から愛読する「サイクルスポーツ」誌のブース訪問です。

 実は今年の春、自分のtwitter投稿がサイスポ読者投稿欄に取り上げられたのです。
cyspo.jpg
その担当者氏に会えることを期待して、でしたが・・・
しまこ
 首尾は上々、でした。

 
スポンサーサイト
  1. 2016/11/13(日) 18:27:48|
  2. Bicicletta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Forgotten Japanese formula 1 | ホーム | 書評:自分の車くらい、という熱意ある向きに!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/209-ee501199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)