#60年代ベストデザインカー

275 コピー
 先程、Twitterのタイムラインに
「#60年代ベストデザインカー」
なるタグをつけたクルマの画像が流れてきました。Lamborghini MiuraとMarcosGT(!)でしたか。
ミウラ
miura 
は納得ですが、マーコスとは意外な・・・(笑)
 これは面白い・・・(!)
 と自分もちょっかいを出すことにしました(笑)
「う~ん、’60年代のベストスタイリングかあ・・・」
とりあえず勝手に(笑)ストリートカー限定とします。

 美しいだけでなく兵器にも通ずる精悍さをも兼ね備えた歴戦のレーシングカーを混ぜると・・・
250lm.jpg   GTO.jpg
206.jpg  valle.jpg
その歴史的評価や戦績も絡んできてしまうように感じたからです。
s917.jpg
確かに公道用ではあっても(笑)そのストリート・ヴァージョン・・・
 t33.jpg
も同様に外します。

また、確かにデビューは’60年代であってもシャープなエッジ・・・
mangsata.jpg
やヘッドランプ処理等がモダーンな・・・
daytona.jpg
これら
 は「’70年代(へ向けての)のスタイリング」との認識で同じく外しました。

 実際、非常に美しくかつ精悍で「好み」な’60年代クルマとして真っ先に浮かんだのが・・・
マラネロ
250GT SWB

cobra.jpg
コブラ
でしたが、この2台は
’60年代の自動車スタイリングにおける
最大のトレンド(?)であろう・・・
tz.png 
コーダ・トロンカ
を取り入れていない「お尻」の下がったスタイリングです。
テスタロッサ
これらは・・・
 aur.jpg
ランチア・アウレリア
 等の流れを汲む、’50年代のもの(!)と強弁(誰に?w)同じく外すことにしました(笑)

 さて、丸っこくて尻がぴっと立ってて(笑)美しく「好み」なクルマといえば・・・
abarth-simca 
これしかない(!)
 と思ったのですが・・・
 やはりこのアバルト・シムカ。Rエンジンならではの特殊なマスバランスからくる異形感(?)が精悍さの源とも感じられ
「正統派の美しさとはちょっと違うなあ・・・」
では、一切のエクスキューズなしの正統派の本流(?)王道の真っ芯(!?)はやっぱり・・・
275.jpg
275GTB
    275_20141025202029faa.jpg 
 かあ、ということになりました。

 しかしこの完全無欠の’60年代高級スポーツカースタイリングを持つ275にも若干のアンバランス(?)はあるようには感じます。主にRクォーター部分なのですが・・・
 そこにあるルーヴァー、横から見る分にはサイドウィンドウ角度と平行で完璧(!)なのに・・・
 前3/4くらいで見ると時に、正しい角度に見えない
(ほとんど言いがかりw)
 とかキャビン、ルーフの重心(=マス中心)が車体に対してほんの少しだけ、後ろ過ぎる
(これも言いがかり、当時はロングノーズ至上主義だった?)
 この些細な「言いがかり」を黙らせる決定打がトップ画像

 NARTスパイダー

 なのです。
 なんたってそのRクォーター部分が切り取られて、ない(!)のですから(笑)


スポンサーサイト
  1. 2016/11/28(月) 00:03:35|
  2. Styling
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<たべものの話② | ホーム | Forgotten Japanese formula 1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/211-d3b7b1f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)