たべものの話②

martini_20161203160244bec.jpg  
(イメージは、ルマンかWRCかはたまたF1か・・・w)

 今週はいつもとちょっと違って食べ物、美味しい物の話題を。

 とはいってもほとんどワンコイン(!)とっても安価なB級(?失礼)グルメですが(笑)

 普段昼食は外食です。
 時間的にも経済的にもさほど余裕があるはずもなく(笑)毎食ちゃんとしたものが食べられる訳ではありません。したがって日々
「安くて美味いもの」
をその行動範囲内で探すようになりました。

 昨日仕事先へ向かう途中、大田区は蒲田(というか梅屋敷、東邦医大近く)を通って・・・
鳥久 
鳥九 
(超定番、からあげ弁当。630円)
 を買っていきました。
 
 久々です。
 ケンタッキー上陸以前から(笑)確たる存在感を放っていた老舗のからあげは昔と変わらぬ味と風味。地味でも手のかかった、しかも味のバランスも考え抜かれた(?)副菜と相まって堪能しました。
 納得の630円。お近くへお越しの際は是非。

 ワンコインで抜群のバリュー、としては・・・
てんや
てんや 
(天丼500円)
 もあります。
 ただバイトがご飯の上にかけるだけ(失礼)の牛丼等と違い、ちゃんとした技術を持った職人が自分のためにその能力を使ってわざわざ作ってくれたものをその場で、暖かい状態で食べられる。しかもたった500円で!申し訳なさすら感じます(笑)
 近年同店はメニュー上、
「ヘルシー云々」
を謳って植物油使用、軽さをアピールしていますが以前はもっと胡麻油の香りがして・・・確かに「重い」のかもしれませんがより美味しかったような気もします。
 また、そこに技術がある以上チェーン店とはいえ店舗(=職人)による差、はあるようですねえ(笑)
そういえばこの本で・・・
edo.jpg
「・・・最近のてんぷらはひたすら軽く、サクっとが主流で昔風(江戸前というか関東風?)の、衣がぼってり重いものがなくなった・・・」

 てなことを読みましたが、同感というか(笑)特に天丼。それこそ昔風の、どんぶりに蓋が付いてきて・・・
「十分に蒸らしてから食べる」
のが作法(?)だった厚い衣の、タレが浸みこんでいるタイプは中々お目にかかれなくなりましたねえ。
 あれはあれで良いもの、と思いますが(笑)


 朝が早い仕事の場合は朝食も外で。そんな時は・・・
すき屋、の鮭朝食(旧)。
鮭朝食 
(390円で食える物の中で最高のバリュー!かと)
 牛丼のライバル、吉野家でも鮭は扱っていますが牛丼はともかくこと鮭の品質(=美味さ)においてはすき屋の圧勝。さすがゼンショー・グループ(ココスも良いw)ってところでしょうか。また、海苔と組み合わせるのはどうよ?って気もしますがコストダウン狙いらしい「ひじき煮」も自分は好ましく思ってました。
 ところが極最近同店の朝食メニューが一新されたのです。
 海苔がポテトサラダに、ひじきが(通常商品である)お新香に変更されただけでなくなんと生卵まで付く(!)とどう見てもコストアップのメニュー変更が行われました。しかも組み合わせ4つから選べるという見事なお客様本位っぷりです。
 でも、自分としてはバランスが悪くなったというか
「ご飯が足りないよ」(しかも昔ほど沢山は食べられない・・・)
って感じなのです(笑)
 まあ贅沢な悩みですねえ。同店は通常商品間なら「交換」は受け入れてくれるので今後組み合わせ研究してみます(笑)

 牛丼(めし、かw)のライバルといえば・・・
松屋、の焼鮭定食
松や 
(すき屋と違って牛皿が付いて、450円)
 も良いです。ボリュームが欲しい向きにはこちらかと(笑)
 同店の鮭は通常商品にはなく朝食専用。それゆえ管理が良いのかこちらも中々美味いです。

 自然食材にこだわる同社はそのせいか味噌汁はだし粉で舌触りザラつくし、牛めしには安い牛肉の風味の補強として和牛の(?)牛脂を加えているのでしょう、時としてその香りが鼻に付く場合がありますが、企業努力の現れとして容認してます。
 でも、カレーに味噌汁はどうよ?とはいつも思いますが(笑)

 以上4つ、バリューの点ではお勧めできます。
 より詳しくは、食べログ:十字野郎の実食インプレッション ご参照を(笑)

 トップ画像は、近所の激安スーパーで見かけ思わず買ってしまった・・・
         MARTINI
まるーてぃに まるてぃーに
今晩飲もうかと・・・(笑)

スポンサーサイト
  1. 2016/12/04(日) 00:00:00|
  2. Gourmet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<たべものの話③ | ホーム | #60年代ベストデザインカー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/212-8ef2b0f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)