たべものの話③

温野菜
(牛肉と温野菜のサラダ♡)

 大変ご無沙汰していた京急「新逗子」駅前 食彩堂 さんへ行ってきました。

 とりあえずいつものタコ(過去ログ参照w)のあと水餃子。
 そして中華繋がりで・・・
豚足の台湾風煮込み
豚足 
(色は濃い目でも味はあっさり、ハッカク風味♡)
 美味い。
 
『大きさ違いで前足と後足があるんですよね』
「ほとんど変わりないと思うけど・・・」
『以前は塊りのまま出していたんですけれど食べにくそうなので、ほぐすようにしたんです』
「ほんのちょっとだけある赤身部分が好きで・・・」
『おお、美味いですよねあれ』
「メニューとかもっと、コラーゲンたっぷり!を打ち出すといいんじゃないの・・・」
などとやりとりしながら・・・美味しく戴きました。

 デカンタの白ワインがなくなったので赤ワインをグラスで追加、トップ画像をオーダー。
 名称「サラダ」ではあるものの軽いステーキの趣。

 昨夜はチャーハンやしらす丼なし(笑)で、これで〆。
 いつもながら大変リーズナブル!
 ごちそうさまでした。

**************************

 以下、先週に続きファストフード系の話題を(笑)

 リーズナブルなワンコインかつ丼で有名なかつや。
 同店では自分、ずっと最も安い(490円w)梅のみを食べてました。
かつや
(これは・・・竹。650円)
  先日 サイクルモード へ行った際、近くにちょうど新規開店の幕張店がありました。しかも開店サービスとして「竹」を500円で提供(!)しています。そいつぁいい物は試し、と食べてみると・・・
 これが美味い!
 今までの、梅が
「ああ、かつ丼ね」
という感じに対し、竹は
「おお、美味しいかつ丼」
といった印象。梅にはない「肉質と脂」を感じる歯応え(!)価格差以上の大差があります。
 以来自分は竹のみ、です。
 160円、ケチらない方が良いかと(笑)


 先週話題には出たものの取り上げなかった、吉野家の牛丼。

 すき屋のそれが酸味(パイナップル!だそうなw)が強い感じ。松屋が先週書いた通り牛脂が鼻に付くのに対し同店の牛丼、自分はナンバーワンと思っています。
 しかしいつぞやの「狂牛病」騒ぎで、その味の決め手となる部位
(←同社叩き上げCEO談w)の輸入が途絶え、牛丼提供がストップしたのを憶えていますか?
 あの時(意図的かミスかはわからないものの)明らかに当時並行販売していた「豚丼」の肉の混入や使用牛肉部位や産地の変更(?)等による「味」の変化がありました。
 その混乱はとうに去り、全ては元通り、になったはずですが・・・
 微妙とはいえ、その味は昔のままには戻っていない(!)と自分は感じています。
 昔はもう少し「赤ワイン風味」があったような(笑)

 ところが味の組み合わせとは面白いもので・・・
牛カレー
カレー
 (こく旨=辛くない方w)
 の香辛料と一緒に食べると・・・
 以前の風味(!)ワインを感じます。
 550円、とちょっと高い気もしますが(笑)その野菜の具のごろごろ感、香りを含め大変美味しいです。
「カレーに醤油」
ってのは自分、あまり好きではありませんが(笑)それ用に調整されたものなら「合う」ことを証明する優れた味付け(!)だと思います。

 深夜暖かいものは吉野家くらいでしか食べられなかった原付小僧時代(笑)以来、牛丼ウォッチャーな十字野郎でした。

スポンサーサイト
  1. 2016/12/11(日) 17:25:27|
  2. Gourmet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<たべものの話④ | ホーム | たべものの話②>>

コメント

同感です

思えばラリーに参加してた時期は勝鬨橋の手前の吉野家でスタミナ補給してました。
  1. 2016/12/23(金) 03:14:21 |
  2. URL |
  3. コージー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/213-bcea0291
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)