4-5) Musica favorita

 
 (available ¥40,000) 
 自転車の話、未だまとまりません。トップ画像に革ジャケ・イラスト最新作
アップしたことですし、今稿は軽く音楽の話など♪

 4-0)から4-4)までカテゴリjackets(←クリックでソート)で5回にわたって書き殴ってきた通り(笑) 現在までRainbow、Van Halen、Queen、King Crimson、The Beatlesそして今回Emerson Lake&Palmerと、彼らのアルバムジャケットを取り上げてきました。そのアルバム選択の尺度は楽曲の良さ、音楽的評価はもちろんですが当然絵柄も重要で、そのため必ずしもそのアーティストのベストではない場合もあります。

 そこで各アーティストのマイベストについてお話しましょう。といっても自分は楽譜が読めないレベルなので、事実誤認等はご容赦を。
まずクイーンから。
news (2) 
News of the World。
 このアルバム、楽曲、構成、ジャケットの芸術性、好み、いずれも文句なし!です。アルバムではないもののラジオで(!)初めて聞いた
キラー・クイーン



そしてボヘミアン・ラプソディ。
 あの衝撃は忘れられません。
 ただ当時、彼らを称して「美形バンド・・・」ってのは、やや引っかかる感じでしたが・・・(笑)
つづいてKing Crimson。
宮殿 (2)
 「宮殿」 
 は言わずと知れたプログレの名盤、元祖(?デビュー作ではあります)にして究極、ジャケットのインパクトも申し分ありません。自分の革ジャンイラスト・プロジェクトには必須の1枚でした。
 哀愁、というとよわよわしいニュアンスでちょっと違う感じなのですが、全体を流れる力強さと「泣ける」感の両立・・・自分如きにはクリムゾン自体、語る材料がありません。
さて1984です。
009.jpg 
同名の小説

(ジョージ・オーウェル。脱線気味です・・・)
 は全く無関係(=ただのアルバムリリース年)のようですがSFファン必読です。
 とはいっても、これから読めって言ったって大変・・・そこで関連ある映画をご紹介。
華氏451。

 (好きな映画です)
 さてヴァン・ヘイレンの方!
 スマッシュヒットのJumpを軸に、らしさ全開の素晴らしい構成。
煙草を吸う「グレた天使」のジャケットも出色。ベストでしょう。
 彼らの、甲乙つけがたいもう1枚
デビュー作、Van Halen、

邦題、炎の導火線 。
 ジャケットの意匠で大差がついてしまいましたが、ワイルドさではこちらが上。この音に比べると1984は、エディーが凝りだしたキーボードがうるさいかも・・・? 
そして最新作。
ELP1.jpg
ELPのTarkus。 
 キース・エマーソンらのロジカルにしてトリッキーなキーボードが魅力ですが自分はやっぱりギターがないと物足りない性分    
(ELPは「分厚い」のでOKですが、例えばDoorsはNGです・・・)
なのでこのアルバム選択は
ウルトラセブンの怪獣風のキャラクター
dt_20130526121103.png 
(こちらが先、なんですが・・・)
 のジャケット絵柄主導ということになりますね(笑)
 彼らのベストとしては ELPのPが(コージー)パウエルになった
 
がハードロック風味が足されている感じで良いかと。
ザ・ビートルズ。
abbey R 
マイベストは、2枚組み「ホワイトアルバム」。

冗長という意見もありますが。
 しかし、そのジャケット―ただ真っ白でThe Beatlesとあるだけ―を「描く」わけにはいかないので(笑)
 セカンドベストにして超メジャー、正に誰でも知っている

Abbey Road。
 になりました。
 ちなみに、ベルギーだったかのビートルズクラブが作った半分オフィシャル(?)なビートルズアルバムのピンズ・シリーズ
 fs_20130526141916.png  h.png
(すべて3cmくらいの大きさ)
 hdn.pnglib.png
があるのですが、 そのホワイトアルバムがちょっと笑えます。 
wa.png 
(真っ白・・・)
 そしてレインボー。
RISING (2) 
Rising。
 このアルバム選択はやや絵柄重視です。
 それではベストは、というとこれが非常に難しい。自分にとって
音楽の同志にして導師(笑)
mrk.jpg 
友人K
の影響で、リッチー・ブラックモアは自分にとっても神とはいわないまでも
「基本」。お手本を採点するようなものなのです。
そこを敢えて。

Long Live Rock'n Roll。
 邦題、バビロンの城門。
 出だしディオのシャウト「All Right!」にやられます。そして「捨て曲」もあるものの名曲 Kill the King を収録。友人Kが
「絵本の世界」(^-^)

(っぽい絵柄でしょう?)
 と例えたリッチーとディオの組み合わせのみが紡ぎ出す中世ヨーロッパ・イメージ。
 その「様式美」が堪能できます。

 しかし!収録曲名(しかも名曲)とはいえ、その邦題はいただけません。

 原題の、語りかけっぽい言葉(=命令形)が題名に馴染まなかった、ということでしょうが・・・。
 いっときブレークした「日本語直訳ロック」の導師 、
王様

(ロックへの愛溢れる傑作かと)
 彼にとってもこのアルバム、格好の素材というか「対象」なのでしょう、その作品のなか直筆で書いてます。

 「ロックよ長生きしておくれ!」




スポンサーサイト
  1. 2013/05/26(日) 12:05:49|
  2. Jacket
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<6-3) カスタムマニア:その3 /follia di Campagnolo | ホーム | 5-1) ホイールアーチの話:日本車スタイリング現代史>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/22-dfad4c06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)