JCCA New year meeting 2017

 
(最寄駅「船の科学館前」よりの眺め)

 今年も一月最終週の週末恒例のニューイヤーミーティング、行って参りました。

 実はすっかり忘れていて(汗)twitterタイムラインで知り慌てて(=ゆっくり)出掛けたのでした(笑)

 今年のフィーチャー車はいすゞだったようで、沢山のベレットと117クーペが並び、ジェミニなんぞも数台・・・
美しいオリジナルの4dr.
gemini.jpg 
ちなみにこれまた美しい後期型はがこちら・・・
ZZR.jpg 
(暮れに街で。オーナー氏にちゃんとことわってから撮影w)
 やっぱりオリジナルの方が美しいかな?(笑)
 そういう意味では・・・
オペル・カデット(これは2dr.クーペ)
  kadett.jpg 
(これは「青山ピットイン」仕様のようですねw)
 の角目が一番でしょうか(笑)

 117クーペの初期型と中期型が偶然並んでいて、
 そのエッジ部分の仕上げ等に手造りっぽさが感じられる初期型と、そこら辺にメッキモールが埋め込まれて若干シャープさが失われた感のある中期型のヘッドライト、グリル周りの違いを写真に収めようと思ったのですが・・・
117s_20170205153138c39.jpg
 (左が初期型、右が中期、後期は角目)
 ガラケーのカメラではその差は写りませんでした(笑)

 似たような話で、GC10系のいわゆる「愛のスカイライン」
(ハコスカっていう表現は、その筋の人々が’70年代の終わり頃から使い出したもので・・・あんまり好きではないw)
の最初期と中期後期のヘッドライト・グリル周りにも微妙ながら明らかな違いがあり、それらもまた偶然並んでいたので・・・
hakosuka.jpg
(左の最初期はランプの間にレンズ=ガラス部分が・・・)
 hakosky.jpg
(上下画像、右側のグリルの違いにも注目)
 よ~く見ると違う、のです。

 これまた似たような話、でセリカ。
 追加車種であるリフトバックは、ロングノーズに見せたいがためボンネットを延長(!)し・・・結果的にグリル両端、尖ったサイドマーカー部分の角度が緩くなりました。
 celica.jpg
(手前がクーペ、奥がLB)
 LBが出た頃、少年十字野郎は
「クーペのノーズのLBが欲しい・・・」
なんて生意気なナイモノネダリをこいてました(笑)

 お正月に夢のクルマとして取り上げた・・・
シュヴィム・ヴァーゲン
SW2.jpg 
(水陸両用車!)
 その兄弟車というか原型、ビートルの軍用型(=後輪駆動)と言える・・・
キューベル・ワーゲン
CVW.jpg 
(似ている、と思いませんか?)
 が来ていたのには驚きました(!)
 1942年型ですよ。形があるだけで凄いと思います。The star of the showと言えるでしょう。

 その他としては、バブルカー・・・
イセッタ
isetta.jpg 
(ドアの開閉は女性にも大人気・・・)
メッサーシュミット
MS_20170205153457e81.jpg
(これは正にバブル・キャノピー・・・)
 MSC.jpg
 のちのヤマハと同様の・・・
ox99.jpg  ox9911.jpg
(開き方も同じ・・・)
 タンデム2シーターですね。

 これは凄いホンダの軽トラックにして初のDOHC採用車TN360の
「線画」ならぬスケルトンの・・・
ワイアー・モデル
TN360.jpg 
(しかもちゃんと走るようです・・・)
 製作設備は簡易で済んだ筈ですがその労力(!)には敬服しました。
 ほかにも、
 中々美しい・・・
mach1_20170205153455176.jpg
マスタング「マッハ1」
オリジナルの・・・
A112N.jpg
アウトビアンキA112
これまた良く保たれた・・・
 850C.jpg
フィアット850クーペ
 なんぞが目立ってたところでしょうか(笑)

 今年も沢山の旧車を見て「お腹一杯」になったところで、今回一番格好良いと思ったのがこの・・・
US240Z.jpg
フェアレディ240Z
 でした。状態は良いとは言えない車両でしたが
(それもガラケーでは写らなかった・・・)
 本来設定のないメッキのドア・サイド・モールやディッシュ・タイプのホイールやエアダム、ビレット(?)グリル。何だかよく解らないけれど意味ありげな(笑)バンパーの穿孔加工、極めつけはボディ同色のヘッドランプ・カバー(!)でこれまで見たことない様式の改造Zになっていました。
 特にこのランプカバーはちょっと見「盲蓋」に見えて実際は上下塗り分け(!)下は素通し(=クリア)で、ちゃんと前照灯として機能するところが素晴らしい!
 このカスタム・センスはケーブルTV「オーバーホール:改造車の世界」の主査(?)たる高名なカスタムビルダー、C・フースのそれに通ずるものがあるなあ・・・なんて思いつつ良く見るとこのZ、なんとLHDでした。
「そうかあ、アメリカで弄られたクルマなんだあ」
なるほど合点が行きました。こいつをしれっと脱力しつつ乗り回すのはとっても格好良いと思います。

 とまあ、ゆっくり午後から出掛けたにしても・・・たっぷり楽しめた次第でございました。
スポンサーサイト
  1. 2017/02/05(日) 18:28:18|
  2. Old Car
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Super seven 160 | ホーム | Drivers@Grand Prix>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/222-efeb94b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)