Nostargic 2 days 2017


(トヨタ2000GTのドンガラ)

 恒例の、パシフィコ横浜での旧車イベント
「ノスタルジック2デイズ」
行って参りました。

 今年は友人の都合がつかず寂しくソロ、でした(笑)
 まあこのショーへ行くのは、懇意にして頂いている三樹書房さんと
(お台場で会ったばかりでもw)ロンバルディF氏に会うのが最大の目的なので、同行者なしの方が気楽といえば気楽ですが(笑)

 

 入場してすぐ目を引いたのがトップ画像、トヨタ2000GTのボディ一式、でした。
 ご存じかどうかこの車、車体構造的にはボディ材質が鉄とFRPの違いはあれ、ロータス・エランと非常に近いものがあります。
 そしてエランだと軽い、ボディ単体展示の場合も多いのですが、この2000GTではY字型のバックボーン・フレーム
(エランに非常に近い形状、もちろん鋼板製)・・・
2000gty.jpg
(エンジンに向かってY字に開いて・・・)
 tunnel.jpg
 (センターバックボーンがM/T部分から広がり・・・)
 に載った状態でした。
 何人かでエイヤッ!と持ち運べるエランと違って(笑)そうでなければ転がせられない、のでしょう。

 こちらとは別のショップでしょうか、同じ2000GTのタルガトップ車もありました。ウィンドウ・シールド、ピラー周りの内装の仕上げは中々微笑ましかったです。

 TEINさんのブースにはラリー・レジェンド・・・
Ford Escort RS
 escort.jpg
(鏡を置いて下回りまで展示・・・)
がありました。高名なコスワースBDAエンジン・・・
bda.jpg 
初めて見ました。

 大改造中の(笑)マツダの初代RX-7(SA22C)がありました。
sa22s.jpg 
(最近TVでホイールアーチ板金よく見るので大変興味深く・・・)
sa22r.jpg 
(当時より絶対高剛性でしょうw・・・)
3re.jpg 
(3ローターを載せるそうな・・・)
 最初のルマンカーのレプリカ、だそうです。


 この手のショーの常連であるフェアレディZやスカイラインGTRはもちろん大挙して来ていました。
 ここで「箱スカ」GTRの特徴のひとつとして有名な大容量タンク(100L?)をお見せしましょう。
100l.jpg 
(こんな高位置にあるとは・・・)
 日産(というかプリンス?)技術陣が動力性能重視(≒操縦性軽視?)だったことを窺わせる、思わず笑ってしまうディテールではあります。


 今回、珍しい(じっくり見る機会はあまりないw)と言えたのが・・・
Lotus Super7 Series4
s7s4.jpg 
(ヘッドライトがちょっとだけ埋まっているのが特徴・・・)
 でした。
 この車は、かつてC/G誌のインプレッションで故小林彰太郎氏が
「あまりにデューンバギー的で・・・(=好ましくない)」
と書いたのが原因で、不当に低く評価されているフシがあります(!)
 それまでの(ケイタラムが引き継いだ)S3が量産車というよりはどちらかと言えばレーシングカー(それも’50年代のw)的だったのに対しこのS4は、ロータス・カーズを一人前の自動車メーカーに成長させようと努力する総帥C・チャプマンが生産性と性能(剛性、ハンドリング等)を向上させるために出した改良型です。
 恐らく(乗ったことはないのでw)S3に劣る部分はない、のではないでしょうか?
 実際、伝統主義者(笑)コバショーが文句を言ったのもそのスタイリング。性能ではなかったはずです。
 新型車のスタイリングに当時のトレンドが反映されるのは当然です。御大の不満はいいがかり、みたいなものです(笑)
7s4b.jpg
 それに’70年代スタイリングの影響下にある自分、エッジが効いたこの形は嫌いではありません。

 ケイターハム・セブン乗りがS4を、それこそコバショー的に貶すのを聞いたことがあります。
 その人たちに自分は言いたい。
「S4は、造りやすさのためにわざわざ旧型を譲り受けた他社製品じゃなく真正ロータス、それもチャプマンの息がちゃんとかかった由緒正しいクルマなんだよ」
と。
 

スポンサーサイト
  1. 2017/02/25(土) 21:08:09|
  2. Old Car
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Inner wing:2017 MotoGP | ホーム | Abarth Simca 1300>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/225-13df1d91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)