D.I.Y.Repainting:Roadster

ドアノブ
(主査氏の好み全開のドアノブ)
 我家にオープンカーがやってきました。
 
 友人達が共同所有するスポーツ走行用のクルマです。
 ところが先日そのスポーツ走行(もちろんサーキットw)で
「とっちらかって」
しまい・・・
 Fバンパー、ボンネット、左Fフェンダー

 を損傷してしまった、そうな。
 幸いパーツは中古部品がリーズナブルに入手でき、それら交換など朝飯前のメンバーゆえ即復活は遂げたものの・・・
3色 
(黄黒銀緑!) 
 いかんせん色が違う(笑)

 これを「安く」「見栄え良く」しよう、ということで・・・
 今迄培ってきたその缶スプレー・テクニックを見込んで(?)十字野郎に白羽の矢が(笑)
 そんな訳ででこのGW、途切れ途切れになりそうですが「D.I.Y.再塗装」やってみたいと思います。

 今日実車を引き取っての帰路。当然幌を下ろして一般路を走ってきましたが、その素晴らしい解放感!
 ヘルメットを被らねばならぬモーターサイクルを上回り、自転車並み(!?)耳を塞がれないことによって、空気の流れと音をダイレクトに感じることができるのです。
 やはりオープンは良い。
 しかも梅雨前の乾いた空気のこの季節!
 かつて「この時期にオープンで走る」そのためだけに・・・
mgb 
( 追憶のMGB )
 所有していた頃を思い出しました。思えばその車も「共同所有」でしたね(笑)

 車は、サーキット走行用に車高はベタベタで、堅められた足にもかかわらず乗り心地は悪くなく、ちゃんとクッション性のあるバケットシートと相まって思いのほか文化的(失礼)快適でした。重量配分の良さか効いているのでしょう。
 ステアリングも重くはありません(パワステだったっけ?w)。まあ若干トーアウト・セッティングな感じでしたがサーキット用ならば当然でしょう。もちろんFサスの取り付け剛性はしっかりしているのでブレーキングでチョロチョロしたりはしません。
 渋滞でもパーコレーションなど起きません。安心して長時間アイドリングが可能でした(笑)
 シフトレバーは短くされているようでしたが重くもなく、ポジティブです。クラッチも、です。減り気味な感じは少し(笑)
 安全装備としてフルハーネスと・・・
サイドバー
サイドバー 
付きのロールケージ(≠ゲージ)に加え・・・
E room
 タワーバーも装着されているので、相等ボディー剛性は上がっている筈ですが・・・
 20年選手ゆえの各部建て付けの緩みと相まって相対的に
(補強されていない)スカットル部が弱い、感じでした。

 昔、毎週ちょっとづつ作業しては自走で帰宅、を繰り返しての・・・
フィアットX-1/9
X-1-9.jpg  x-1-9-2
アリタリア・カラー
 缶スプレー全塗装(!)の経験があるので(笑)作業の合間に走らせることもできるでしょう。
 楽しみです。
スポンサーサイト
  1. 2017/04/23(日) 18:41:20|
  2. Old Car
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<D.I.Y.Repainting:Roadster:その2 | ホーム | 森 某 的(?)百均リフォーム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/233-770ee10b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)