It's able to recover spilt Milk!:覆水盆に返す如き?勝利!


(あのグリコの看板がIndy500仕様に!)
 やった。
 佐藤琢磨が世界3大レースの一つ「インディー500」を制しました! 

 先週の「暗い」ブログを書き終えた時点ではまだスタートしておらず・・・
 彼が予選4位と好調なのも知っていました。がしかし夜更かしすることなく寝てしまいました。大きく後悔。
 オーバル・レースはスロットル全開!が基本、アクセルを緩めずに曲がれるような微妙なマシン・アジャストがものを言います。アンドレッティ・モータースポーツにそのための多くの有益なデータをもたらし、佐藤琢磨の予選好調を支えたであろう立役者の一人が、今回大注目を集めた現役F1ドライバー、F・アロンソでした。 
 不振に喘ぐF1本隊に嫌気が差してしまったアロンソを引き留めるご褒美としてマクラーレンとホンダが用意した、本業
(奇しくもルマンと並んで3大レースとされる、モナコ!)
 をほったらかしての参戦です。
 本人も嬉しそうでしたし、流石最強のドライバー!惜しくもエンジントラブルでリタイアでしたが予選の走り出しから、随所でいいところを見せていました。


 佐藤琢磨は2012年同じインディー500でなんとファイナルラップ、2位から首位へアタック・・・
2012.png
クラッシュ・・・
 逸勝(!)したことがあります。
 その年は夜更かしして、だったか早起きしてだかライブでTV観戦していました。
 F1時代にも度々見られた「琢磨アタック(と接触)」。あの時は相当ショックを受けました。
「またか・・・」
と。覆水盆に返らず、と言います。また・・・
 幸運の女神に後ろ髪はない
(向かってくる時でなければ幸運は掴めない、通り過ぎた女神を振り向かせることはできない)
というのも聞いたことがあります。
 女神は2度は微笑みかけない、のです。
 それを実感としても知る自分は今年、いくら好調でも佐藤琢磨が勝つとは思えませんでした、イイセンは行くとは思っていましたが・・・
(で、寝てしまったのです)。

 ところがそんないちファンのつまらない予想をあっさり覆す大勝利!

 ようやく録画を確認しましたが(笑)貫禄の、というか文句なしのレース運びでした。

 前述の「覆水盆に返らず」英語では・・・
It's no use crying over spilt milk.
 が当てられます。
 そう、英語では水ではなくミルクなのです。
 そしてご存じの通りインディー500で勝者に与えられるのがミルク(!)

 5年前に彼の手からこぼれたミルクを魔法のようにその手に戻す
(あるいは、おかわりのミルクを得るようなw)
完全勝利でした。

 佐藤琢磨凄い!
スポンサーサイト
  1. 2017/06/04(日) 18:01:25|
  2. Magnesium&Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Reprofiling soles:DIY靴底張り替え | ホーム | R.I.P.Kentucky kid.>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/239-c9a2dbff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)