第二回ライディングスポーツ川柳 & more.

第二回
(下段右から二番目・・・)

 もう翌月号が出、いささか遅きに失した感もありますが(笑)
 ライディングスポーツ7月号にて読者投稿による・・・

ライディングスポーツ川柳


 第二回の誌面掲載があり、しっかり入選(?)致しました。
男
 前回のように「筆頭」というわけにはいきませんでしたが(笑)
 
 ちなみにこの句は、友人の多くが自分らは散々乗り回したにもかかわらず
「自分の子供達にオートバイは乗せない」
という横暴(笑)へのアンチテーゼを込めつつ・・・

 男の子には若い時に一度、一般公道というひとつの社会の「荒波」を味わってほしい

 という思いを詠んだものです。
 ヘルメットを被ればその童顔は隠れてしまい傍から見れば年齢不詳。一度公道に出てしまえば初心者も未成年も関係なし、甘やかされることなく
「一人前の運転者として扱われる」
というある意味厳しい経験を十代の時に味わっておくのはその後の人間形成において非常に有益だと思うのです、経験上(笑)
 というよりそれは十代でなければ耐えられない、大人になってからではちょっと辛すぎる試練(?)ように思うから、です。実際いい大人になってから二輪免許取得し公道デビューを果たしたものの乗りはじめて直ぐ
「泣きが入った」
人を複数知っています。それほど、ある意味厳しい
「大人への通過儀礼」
となり得るのがモーターサイクルなのです。


 話は変わって以前ご紹介した・・・


川柳投稿サイト まるせん


 あれ以来毎日投句は続けており、そのうち
「ナイス」獲得率は2割4分
(複数投句の日があり日割りだと4割6分!w)各お題でのコンテストにおいても
「家電」川柳で・・・


ハイテクが原始をなぞる直火炊き


「カラダ」川柳で・・・


キュッと張る美尻に下がる目尻かな


「大げさ」川柳でも、と自作が立て続けに入選。日々楽しんでおります。

 その「まるせん」さん、サイト運営の方も先月は投稿数過去最高を記録と絶好調の様子。その勢いもあって「ポイント制度」やコメント機能の充実等、新機軸の投入も相次いでいます。


 その新機軸の一つが「今日の一句」。
 運営がこれぞ、と思う句を日に一句選びその句に合った画像を付ける、というものですがその「今日の一句」に上記「大げさ」川柳コンテスト入選作が選ばれました。
 カツ丼
(わざわざ画像用意している・・・!)
 この調子で行きたいと思います。

 そしてこれを読んで
「俺だってこんくらい・・・」
と思った貴方!ぜひお気軽にご参加を<(_ _)>

スポンサーサイト
  1. 2017/06/24(土) 22:48:34|
  2. 万能川柳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本の話:ママはローマに残りたい | ホーム | Reprofiling soles:DIY靴底張り替え・その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/242-e73f309c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)