とんかつの話

 実家が肉屋だったこともあり
 (もちろん、揚げてました)
 自分はとんかつ、大好きです。

 あちこち食べ歩くほどではないにしても食べる機会、これと思った店があれば臆せず入ります。


 先日たまたま新聞で読んだ料理研究家
 山本益博氏の文章に「東京一」とあった…

御徒町 ぽん太本家

 行って参りました。
 事前のサーチだと結構高価な価格設定のようなのでスポンサーとして(?)
 傘寿を過ぎてもまだまだしっかり食べる老母を連れて行きました(!)
 親孝行ですね(笑)
ぽん太 
 なるほど、東京一の呼び声に偽りはなく(?)
 肉質や脂身がどうとか揚げ具合や衣がああだ
 なんてのを遥かに超えて
「ただ美味しい」
の一言。そのクォリティーは素晴らしいものでした。


 先日そのぽん太の前に、わざわざ一人で出かけたのが…

四谷荒木町 鈴新
鈴新 
 ここは同僚がTVから仕入れた情報で
「揚げ油としてわざわざラードを炊いている」
と聞いて興味を持ち、確かめずにはいられなかった(笑)のでした。

 あらゆる食材においてライトテイスト流行りの昨今。こってりした風味の「ラード」は実家を含め(笑)街の肉屋が減るのに連れ、揚げ油としては廃れる一方なのです。

 しかし、こととんかつにおいてラードは抜群のマッチング(!)
 それはある意味当然で、ラードってのは豚の脂のことなのですから(笑)
(ちなみに牛の脂は、ヘット)
 ラードで揚げたとんかつ。そいつを頬張ると…
 パン粉の衣と中の肉からちょっとワイルドな
「同じ風味」が広がります。

 そして元々「菓子」の雰囲気のある衣部分。それが、例えば同じくラードを使っている「月餅」といった中華菓子にも似た風味に感じられ…
 それも豚肉に合う、気がします。

 鈴新のとんかつ、期待通りの美味さ(!)

 でした。

 しかし残念ながら…
 添えられたキャベツ等に良い点はつけられない感じでした。
 豚汁もそれ自体は悪くないものの、最近継いだという3代目はよほどラードが好きなのでしょう(笑)やや油が強くとんかつとのマッチングは今一でした。
 とんかつの合間に口をさっぱりさせたい、と思うのは自分だけでしょうか?
 そんなラードで揚げたとんかつをリーズナブルに味わいたかったら…

職場至近の中央区入船 惣菜屋はしもと

 のとんかつ弁当(!)が超オススメ、です(笑)
はしもと
なんとワンコイン500円(!)

 なんとも漢らしい(笑)全く飾りっ気のないただの持ち帰り弁当
(ちなみにイートイン·コーナーなしw)
 ですが、味も文句なし。
 わざわざ出かけるほどではありませんが近くへ行ったら、是非一度。
 期待は裏切らないと思います。
 オーダーで分厚いヤツも揚げてくれます。
「単品500の」
はその食べ応えに驚くと思いますよ。

スポンサーサイト
  1. 2017/12/03(日) 19:27:00|
  2. Gourmet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Street Views2017 | ホーム | 旧車イベントと・・・まるせん「今日の一句」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/265-49385703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)