ハイスピードドライビングテクニック:姿勢変化

2CV_2015030812440046f.jpg

 ホリデーオート連載中・・・

ハイスピードドライビングテクニック


 担当氏との次号イラストの打ち合わせを終えたのが先週でした。
 その内容は、今月号の続き的に・・・


荷重移動と姿勢変化が解る「絵」を!


 ということになりました。
 そしてスムーズな議論の末、側面図と正面図を重ね・・・


ピッチ(=ノーズ·ダイブとテール·リフト)
とロール(=左右の傾き)を表現しよう


 と。
 しかしそこから紛糾(?)したのが車種選定でした。

 スポーツ走行をイメージさせつつ、側面図が印象的な車種として最初に自分が思い付いたのは・・・
es30.png 
アルファロメオSZ
 でした。そのサイドビュー、描いてみたくなる格好良さ(というか異形感?)じゃあありませんか(笑)
 しかし、ちょっと待てよ・・・
「最初っからノーズ·ダイブしてるようなクルマですよねえ・・・」
『確かに・・・』
あっさり候補から外れました。

 次候補は、サーキット走行といえば何といっても・・・
901.png 
ポルシェ911
 でしょう。スポーツ・イメージはバッチリ。何より描き慣れているのでアングルを変えた絵でも前回の・・・
33Z.jpg 
Z33
 のような苦労せずに(笑)フリーハンドでいけそうです。
 しかし、またしてもちょっと待てよ・・・
「911って前が軽くてノーズ・ダイブしないんですよねえ・・・」
『確かに・・・』
その描き易さは魅力でしたが、候補から外すほかありません。
「ノーズ·ダイブがわかりやすいってことは横に一本、線が入ってれば・・・」
『そうなりますねえ・・・』
「・・・そうか!
kpgc10.png 
KPGC10
はどうでしょう?例のサーフィン・ラインがその目印になるんじゃ・・・」
『いいかもしれませんねえ。読者層にも合致しそうですし・・・』
てなわけで・・・


いわゆる「箱スカ」で!



 ということで打ち合わせは終わったのですが、いざ机に向かうと
 またまたしてもちょっと待てよ・・・
「スポーツ走行イメージは外して、姿勢変化だけに着目した方がベターかも・・・」
そこで思い付いたのが現在唯一の、意中のクルマ(笑)トップ画像の···


シトローエン2馬力



 でした。早速担当氏にメール、車種変更を願い出ました。ポンチ絵もささっと描いて貼付です。
 すると返信が
『2CVはFサスがリーディング・アームゆえノーズダイブしない、って聞いたことがあるんですが・・・?』
なるほど、自分の体験を思い起こしてみてもそんな気がします。
 そこでユーチューブで走行映像幾つか確認すると・・・
「全くダイブしない訳じゃないが、確かに想像より少ない」
ことがわかりました。
 それを受けて、当初のポンチ絵よりノーズ・ダイブを減らし、テール・リフトを強調して出来たのが・・・
ha2cv.jpg 
次号掲載です。


スポンサーサイト
  1. 2018/01/28(日) 19:57:04|
  2. Illustration&Work
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キングダム | ホーム | 味噌ラーメン ♡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/274-e3cc3a11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)