2-6) 追憶のMG B

 
(sold)
 前稿でかつての愛車MGBについて触れましたが、色々思い出したことがあります。
 確か79年式だったかカラシ色の、当時悪評が最高潮に達していた
TS3Q0160_20130812150646ae6.jpg
「ブラックバンパー」
の、LHDでした。ダッシュボード下に純正クーラーは吊り下げられてはいたものの不調、取り外すと(軽くなった)前が上がってしまうので・・・外さなかったんだか、外してサスペンションを切ったんだか・・・失念(笑)
 実際当時の自動車誌上におけるブラックバンパーの風評は最悪で、
「あんなのBじゃない!」
くらいの勢い、その反動ゆえか「メッキ・コンバージョン」が一般化した頃でもありました。
b_2013082420292110f.png
(・・・なんかチグハグな感じがしませんか?)
 しかしあれをやっても内装を見れば(オープンゆえよく見えます)一目瞭然
「大枚叩いてバレバレじゃ、かえって格好悪いじゃん・・・」
と思ったものです(苦笑)

 前後に「分銅」をくくりつけられて運動性が相当損なわれていたのは確かでしょうが、乗り比べたことはないので実際にはわからなかったですし、何よりバンパーがあろうとなかろうとピキビキした操縦性の車ではないことは乗ればすぐにわかると思います。標準では、いくらコジっても上が開いた(=弱い)ボディーがねじれるばかりで(笑)正しくゲインの出ないような車です。ひっちゃきになって飛ばすのではなく、たおやかに曲げ、美しく流す、そういう車でした。

 重いバンパーや排ガス対策といった「後付け」装置は「味付け」に関わることはあっても、その車の生まれ持った基本的性質を変えるには至らない、ということをこの車から学びました。そう、BはBだったのです。

・・・と、いくら擁護してもブラックバンパーの
「あのカッコがやだ」
という人には仕方ないですが。ただし、スタイリングに対して
「やっぱり英国風じゃなきゃ・・・」
という意見には異論があります。
 Bのスタイリングは前後オーバーハングの長さから言っても英国というより
250.png
イタリア風 (!)
です。その点では弟分の
sprjt.png
ミジェット
の方がはるかに純英国風でしょう。その元々のイタリアンな素質を上手に生かしたモダナイズとしてBのブラックバンパーは、アルファのスパイダーの最終型
s4.png
(=S4)
と同じ位、成功していると思います。

 このBは山本社長が今市の
b_20130407115806.png
ブガティック
在籍中に話を持ってきたもので、3名の共有だったことは前稿の通りです。日常使いの車のシェアは難しいのでしょうが、たまにしか乗らないスポーツカー(それもオープン!)なら、譲り合いの気持ちの通った友人間の共有は、維持費メリットのみを享受でき、得難い経験でした。

 実際自分は一年で一番気候が良い時期(=GW)の夕方、奥多摩を流すためだけに(!)Bを所有していた感があります。 そんなある種「贅沢」を味わえたのは得難い仲間たちのおかげです。
 実車普段は山本社長の実家(@川崎、当時のウチからバイクで30分)
に在り、色々な作業もそこでやったものです。
 ある日、給気系を山本社長がツテで見つけてきた初期型Bの
SU_2013082420293325b.png
SUツインキャブ
に換えた時のことです。年式違いとはいえ同じ車に同じエンジン、
「ポン付けでOKだろう」
とタカをくくってちゃっちゃと装着、勇んで試走に出ると・・・これがまともに走らない(?!) 黒煙を吐く位、ガスが極端に濃過ぎるようです。

 同じエンジンでも排ガス対策仕様はハイカムならぬ「ローカム」が組まれており、全然「吸ってない」ことが判りました。

 さて困った、ガスアジャストは想定外、用意がありません。そこで山本社長、Bの隣り永~く鎮座ましましている某車のカバーを剥ぐとボンネットを開けおもむろにキャブをバラし始めました。
「SUはジェットじゃなくテーパーの違う針への交換で調整するんだ。
 コイツで行けるんじゃないかと・・・」
bh.png  
そのトリプルキャブのうち2基から取り出したニードル2本を、さくさくっと組み込むと・・・狙いはなんと的中!しっかりアイドリングし、踏んでも咳き込みません。流石腕利きでございます。 
 その後リセッティングの話は聞いていないのでそのまま、まあ快調に走り続けたということになります。ただし、夏場の渋滞でのパーコレーションには悩まされました。その対策も社長の繰り出した荒技・・・

ラジエター横のバルクヘッドにホールソウで穴を開け、そこに水冷バイクのクーリングファンを装着、キャブ本体に直接冷気を当てる!

・・・で解決したのでした。訊けば某英国車の日本仕様にはなんとバッテリー冷却ファン(!)があり、それに倣った由・・・流石です。
 Bを持って得たあともう一つ、

 身銭切った愛車を簡単には貶なせない

 という感覚でした。手に入れる前、当然自分達にもブラックバンパーの悪評は不安ととともに届いていました。しかしそれが杞憂だったことはこれまでお読み頂ければご理解頂けるでしょう。この、MGBオーナーに取っても不名誉な風評を流布させたのは誰か?

 身銭を切ることなく「借りてきた」車をちょこっと転がしただけでささっと書きあげた文章と、その車を気に入り、少なからぬ決心(?)の後その車を買い日々を共に過ごし、得られた所有者の印象とは同じ
 Impression
 でも重みが違います。

 ある車のオーナーがその車の印象を問われ
「ダメな車」
と言う時には、本当にそうだとしても(笑)そこには愛があるように思います。

 以来、自分は自動車雑誌に書いてあることを鵜呑みにすることはなくなりました。自動車ジャーナリズムなるものの無責任さを知ることができたのもBのおかげなのです。

 ・・・一方、Bへのニードルのドナーとなった車こそトップ画像、
 Big Healey
 なのです。山本社長は同車に思い入れあるらしく 、ヒストリーのしっかりした(=古くから日本にある)一台をNWコンディションながら永く持ちつづけていました。

 そして画像のイラストは社長ご結婚の際披露宴にて
married.jpg 
(スワップミート?)
プレゼントしたもので、その車が直ったら・・・という気持ちで描きました。また、そのナンバープレートには
 Just Married 2000
 の意が込められています。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/23(金) 21:40:40|
  2. Illustration&Work
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2-7) 追憶のAlfaRomeo1750GTV | ホーム | 7-0) 自動車プロレタリア文学(?)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/35-b5032f23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)