2-12)F1の思い出:その2

 
(Ooooohp!)
 さて2013日本GP、フェテルが、というかレッドブルが見事なストラテジーでワンツーフィニッシュを決めました。ウェバーはリスク分散の名の下にまたもやワリを喰った形ですが、フェテルが中盤見せた危なっかしい走り(=攻めた)その分だけ前に出た、とも言える訳で流石というほかはありません。
 一方期待通りアロンソ&ライコネンは見せ場は少なかったものの「正しい」ポジションでフィニッシュしてましたね。彼らに前着したグロージャンは予想を超える頑張り。異名返上なるでしょうか。

 さて90年に話を戻すと・・・予選後またピットへ潜入。その年は、翌年の年賀状写真を何とかしよう、がテーマでした。仲間うちでは
h2.jpg
年賀状用のプラック(!)
を仕込んできた人もおりましたが(笑)早々に引き上げました。
 そして翌日決勝、セナの2年連続の(しかも今回は確信犯!)肉弾突撃となった訳ですがそこで、2コーナー最上段席が思わぬ威力を発揮しました。

どのメディアのものをも上回る好アングル!のトップ画像
1-2.jpg  
(メディアは皆、1コーナーに居たようで・・・)
3!.jpg 
それも連写でゲットできました。
実際これを撮った直後、ファインダーをゆっくりと外し・・・
4.jpg 
「これは現実か?」と肉眼で確認したほどの衝撃でした・・・。

 もちろん年賀状に(反響ありました)。オープニングラップ以降も荒れに荒れ、波乱に満ちたレースとなりましたが、大いに楽しめました。
 その反動か翌91年はちょっと「燃え尽き」気分がありました。というのも、あのショット以上の決定的瞬間はもはやあり得ない、撮り得ないのではないか?という感覚、加えてサインも相当集まり「極めちゃった」感があったのでした。

 しかし「F1ギターにマンセルのサインを!」という1大テーマを遂行すべくその本体を携え鈴鹿へ・・・。F1ギターとは・・・?
SF.jpg 
 to be continued.

スポンサーサイト
  1. 2013/10/17(木) 21:09:53|
  2. Illustration&Work
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2-13)F1 Guitar | ホーム | 2-11) F1の思い出>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/43-2a6ab0f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)