1-3)史上最大の作戦?

 
009_201311082217262e9.jpg 
(在りし日、「ニコイチ」作業中・・・)
 先日、車を手放しました。
 このブログ表題でもあるイタリアンカー、国内最終登録(=新車)で購入以来20年16万キロにわたって使い馴染んだ愛車、アウトビアンキY10です。実はこの2年程、乗ら(れ)ずに放置していました。
「もう無理」
なことはとっくにわかっていましたがズルズルと・・・。ようやく決心がついたのが先月、その気持ちが揺らがないうちに、とY10BBSに書き込みました。

> ところで、哀しいお話ですが・・・
> 遂に自分、Y10諦めることにしました・・・Orz
> 廃車です。
> どなたか実車欲しい、という奇特な方はご連絡下さい。
> ちなみに実車、神奈川県逗子市です。
> エアコンコンプレッサーロックでVベルト破断
> →オーバーヒートで停止
> →放置1年以上・・・と見事なジャンク車両ではあります。
> もちろん無料です。

反応はすぐにありましたが、商談ならぬ「縁談」は不成立。
「やっぱり廃車かあ・・・」
と落胆しつつY10生活向上委員会(なる怪しいグループが存在するのです)「群馬の会長」ことS氏のアドバイスにより欠品パーツのバラ売り
(=オークション出品)をはじめたところ反応は上々。その中でパーツ複数ご希望の方、Y氏にこちらから持ちかけました。
「何なら1台丸ごとお届けしますよ」
永いことほったらかしだった車への罪滅ぼしというか(笑)何か自分へのペナルティがなければ収まらない!と感じてのことでした。ちなみにY氏は石川県在住です。

 神奈川からキャリアカーで陸送、往復1000キロ!

 という「罰ゲーム」の開始です。大急ぎでナンバーを切り、なるべく安いキャリアカーを手配、長距離と不動車の積載に備え「助っ人」も頼みました。元ロールバー屋にしてメカニック、旧くはゴルフポカールレース
SHg - コピー
(若かりし頃の「麺菜家北斗」社長の下働き)、
フェラーリ348チャレンジ
SHg.jpg
(名古屋のH氏のお手伝い)
でも一緒だったU氏です。急なお願いにもかかわらず快諾して頂きました。
 石川県は自分にとって未踏の地です。ルートも不案内ゆえ、飯山の
くるま工房やまもと山本社長にアドバイス求めると
「遠回りでも、遅くなってもいいからウチへ寄って休んで行け」
とのありがたいお申し出が。
 こうした回りの方々のご好意に甘えて今までやって来れたことを改めて感じました。感謝です。

 さて土曜日夕方、仕事帰りに会社近くでキャリアカーを引き取ります。
 17967s1.jpg
結構新しい、ピンシャンした車でした。
 そのままY10の鎮座する自宅へ。U氏とは自宅近くの体育館前で待ち合わせ、自宅前は狭いので積み込みもそこで行います。合流後挨拶もそこそこに氏の車で体育館から自宅へ。自走不能なY10を車庫から引っ張り出し
(思えばここに収めた時もU氏のヘルプが・・・)キャリアカーまで牽引します。荷台へはウィンチで。パンダ程ではありませんが車重850キロの軽量車
(1トン以下の車はすっかりなくなりましたねえ)楽々です。積載後2台連なってU氏宅へ。氏の車をしまい即出発です。
 なんだかんだで夜8時、第三京浜→環8→関越、で飯山を目指します。食事はコンビニおにぎり、本日中には着きたい所です。特に渋滞もなく順調、関越に入ったところで自分、意識が・・・難所は全てU氏にお任せしてしまい(汗)気付くと飯山でした。面目ない・・・。
 予定通りさほど深夜にはならなかったもののその晩は早々に就寝しました。なにせ共に30年来の友人同士。ほっておけば朝までしゃべっていたことでしょう。
 翌朝はシャワーだけ浴びさせてもらって出発。朝食はSAで。お昼頃到着を目指し北陸道を走ります。日本海側を走るのは2度目30年振り(!)です。西に向かっているのに
「右側に海が広がる風景」
は新鮮でした。すっかり夜の運転が苦手になってしまった自分、日中は全てハンドルを握ります。到着直前にY氏より連絡があり、Y10で迎えに来て頂けることに。何を隠そう走っている自分の以外のY10、初めて見ました(笑)Y氏宅で自車を下ろし、ひとしきりY10談義の後、昼食へ。氏の黒いY10で移動です。意外な程度の良さと(失礼)当然ですが「自車とのそっくり振り」に驚きました。
 常々車の個体差というものは結構大きい、と考えてきましたが
「実はそれほどではないのかも・・・」
認識を改めなければならないかもしれません。

 さて昼食は今回の旅の最大のお楽しみ、北陸の海の幸、寿司です。鮮度は抜群で歯応えも素晴らしく、ノドグロ、ガスエビ等初めて食べるネタも種々堪能、大変美味しかったです。グルメブロガーではないので画像はありません。

 ほぼワンタンク使い切った(!)ので給油後、再び飯山へ戻ります。道中、山本社長より
「途中、拾っておくれ」
とのTel.があり、市内へ。飯山市街当日はお祭りで到着時には山本社長、既にLHMならぬアルコールが廻っており(笑)乗ってきたシトローエンBXは置いていくとのこと。
「何言ってんの。キャリアカーなんだから、積んで帰ろ」
手早く自動車窃盗団(!)のようにBXを積み込み、やまもとガレージへ。BXを降ろすと別の車(=次期FX)を積み込みます。ここ飯山が遠距離運転の中継地なのはもちろんですが、帰路の立ち寄りの本当の目的はこの車のお持ち帰り♪にあったのです。
「休んでいくついでに積んで行け!冬の間こっちは雪で乗れないから、乗ってていいよ」
山本社長の重ねてありがたいお申し出にこれまた乗った、という訳です。
 そして翌朝午前4時東京へ向け出発。U氏は当日10時までに出勤しなければなりません。そんなギリギリのスケジュールを押してまでお付き合い頂いた訳で・・・しかも帰路の難所はまたも全部お任せ(!)おまけに濃霧だったそうで・・・もう本当に、足を向けて寝られないって感じです。今度(今日)一席設けますね。
 ということで8時東京着。車を下ろしキャリアカーを返却、牛丼屋で朝食。U氏は電車で職場へ、自分も「新しい」車で帰路に。途中ちょっとしたトラブルがありましたが・・・
stepvan.jpg
(次期FXは車齢40年!の軽自動車。余計なものまで写ってます・・・) 
19156.jpg
 かくして総走行距離1100キロ超
の1大イベントは痺れるような疲労感と若干の虚脱感を残しつつ、終わりを告げたのでした。

 今回の「旅」の準備中、小林彰太郎氏の訃報が届きました。
 日本の自動車趣味の父、とも言うべき人でした。合掌。


 その昔カーグラで一番好きだった頁が From Our Motoring Diary
でした。C/Gスタッフの人となりが表れる生き生きとした文章に加え、モーターサイクルの話題('70年代中期編集部に2輪ブームがありました)が多かったのも自分には魅力でした。
 その中で、かの小林編集長(当時)がヴィンティッジカーを積載して
東京↔今市を1日で2往復する、というくだりがありました。何年何月号までは判りかねますが・・・(どなたか知りませんか?)それを読んで
「自動車趣味とは・・・かくも大変なことなのか!」
と感銘を受けたことがあります。今でも憶えているくらいです
「いつか自分もそんなことをやるようになるんだろうな」
とも思いました。今回の準備中、常にその記事が頭のどこかにありました。そしてこの旅は期せずして

 小林編集長へのオマージュ

 となったように思います。今稿表題もそれに因んでいます。
スポンサーサイト
  1. 2013/11/08(金) 20:07:58|
  2. Profile
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<3-4)超新星誕生!MotoGP | ホーム | 2-14) F1 GTR>>

コメント

ありがとうございました

遅ればせながら、その節はお世話になりました。
罰ゲームの趣きなど露知らず、即答で「運びましょうか?」とお返事をいただいて、「あれ? 意外と簡単そう?」と都合よく受け取り、気軽に「ではよろしく」とお願いしてしまいました。
文章で読むと楽しげですが、端々に数百kmの移動が挟まっていて、さぞや大変な旅だったかと思います。
遠い遠い道のりをありがとうございました。
お蔭様で、Y10で帰るとY10が待っている不思議な毎日を愉しんでいます。
並べて眺めていると、なんだか復活させたい気分になってくるのが困りものですが…
  1. 2013/11/14(木) 22:23:49 |
  2. URL |
  3. Y #4eK3JEwY
  4. [ 編集 ]

Re: ありがとうございました

コメントありがとうございます!
仰る通りの即答でしたね。その後の展開も急でした(笑)
瞬間的な思いつきだったのは確かですが文章にすると長く(重く?)なってしまいますね。
得難い経験ができ感謝しております<(_ _)>
来年にはステップバンを返しに行くことになるかも・・・?

あの車がランチア・ターボになっている理由がトップ画像です。
毎週駄文書き連ねております。またのお越しお待ちしております。
  1. 2013/11/15(金) 20:45:16 |
  2. URL |
  3. 十字野郎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/46-e0b44e28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)