8-0)Honda Life Stepvan

収まり
(打ち身の残る顔・・・)
 前々稿の通り、我が家に新しい足として旧ーい軽自動車がやってきました。車齢40年(!)黄色いホンダ・ライフ・ステップバン。飯山の山本社長のご厚意による「中期無償貸与」です。ただし、ある条件が付けられました。
「このBXみたいにちょっとづつ手を入れて、今より良い状態にしてね♪」
このBXとは仲間うちの「シトロ-エン大王」ことT氏のもの。氏の海外赴任のため飯山に預けられたのです。そして山本社長は同車を足として使いつつ少しずつメンテする・・・それと同様の関係にしようというのです。
「う・・・りょ了解です」
じゃ要らない、とは言えません(汗)はめられた?感が漂います(笑)
このステップバンは飯山では山本社長の日頃の足として稼動していたもの、そこにBXが来て・・・以上が無償貸与に至る経緯でした。
 ステップバン、ベースとなったライフも含め、かつて乗ったことがあります。知らない車ではありません。ライフの方はツインキャブ5速の高性能版
(=フルヴィア風ダッシュの4dr.)しかもクーラー付き(!)だったので一点を除いてほとんど何の不満もなく、当時それに乗っている分には
「シビック(当時はSB1)なんざ要らねえじゃん」と思ったものです(笑)
唯一問題は4輪ドラムのブレーキ。制動力はまだしも耐フェード性は低く、危険を感じる程でした。峠をいい気分で(=ひっちゃきではなく)走らせていると、道路工事の交互通行を知らせる信号が・・・赤です・・・うおおっ止まらねー!こんなことが何度かありました。ブレーキに関してはステップバンも全く同じというより、車重が増えている分より深刻です。制動力自体が不足、トラックドライバーのように先を読んだ運転をしなければなりません。加えてシングルキャブのステップバンは相当遅いですが・・・美点はもちろんあります!
乗り心地や身のこなし、操縦感覚の良さはベースのライフを上回ります!
 ステップバンは本来300キロ積みの貨物車ですがバネはさほど固められていない感じで、ライフに比べ車重が増えている分(=バネ下も軽くなって)相対的には柔らかくなっている印象です。はるかにしなやか、ずっとストローク感があります。一方ダンピングも、ピシッとしたものではありませんがまあ不足はありません。
 Rサスはリーフ・リジッドゆえロール軸は後ろ下がり、加えて重くなった上屋もありロール剛性は低く操舵時はゆらりと大きく傾きます。この時、実際はライフより重心が高くなっているはずなのですが・・・エンジン等の重量物の位置は変わらず、着座位置のみがずっと高く(=遠く)なっているせいか相対的に「低重心感」があり、安定しています。前述のサスとあいまって全体に「たおやか」な印象、仏車的な優しい運転感覚は日本車ではちょっと比べるものがないと思います。その「なるべく速度を落としたくない」アンダーパワー感も含め、強弁すればシトローエン2CV的(!)です。

 さてステップバンをだいぶ持ち上げたところで飯山号実車について。リペイントの黄色は、パッと見ではわからないくらい結構手間のかかった「オールペン」だったようです。しかし現在では劣化退色、錆もそこかしこに見られます。オリジナルペイントは水色でした。赤味が入った(=紫がかった)良い色に見えますが・・・当時の目には「ライトバンの色」にしか見えなかったかもしれませんね(笑)入念な塗装に元のオーナー氏の気合いを感じると共に
「ひょっとして、そうせざる得なかったのでは?」
と一抹の不安がよぎります。(そして、この不安は半ば的中します・・・)
また「顔」にも「打ち身」があり、全体として状態は良くありません。運転席のへたりも酷く、シートの補修と車体の健康状態チェックのため、とりあえず床を剥ぐってみることにしました。
ヘタリ
 シート座面下の波バネは本来真っ直ぐなのに長年の荷重で凹んでます。
これはひっくり返せばOK。一部をそのまま残せば、
座面の沈み具合を調整することもできるんですが今回はしません。
喰い込み
バネを外すとスポンジに食い込み跡が。
この分クッションストロークが失われています。
修理後
手持ちの5ミリ厚のウレタンシートを挟み込んで補修完了。
助手席
助手席側は健全でした。 40年経っても!さすが日本車のスポンジ。
イタ車だとこうは行きません。とっくに粉になってるはずです(笑)

 バックレストもへたって上体が内側を向いた感じでした。バックレストのレストアは大変なので(笑)シート自体を厚手のワッシャー1枚分「外に振って」取りつけました。
 たったこれだけの作業で随分と車の印象がシャンとしました。やはり直接体が触れる部分は重要で、ちょっとしたことでも効果的です。
 さて問題の車体側です。
2重構造
ライフより着座位置が上がっている分、床は2層構造で底上げされてます。
 その黒い底蓋を外すと・・・
サイドシル穴D
サイドシル、穴が開いてます。
サイドシル穴&リベット
サイドシル穴とリベット(裏側)
omote.jpg
表側(ホイールハウス下部)はこんな感じ。
山本社長の「リベットもやってるし・・・」との話はこのことだったんですね。
後席床
後席床、穴が開いてます。薄くもなっていて今にも抜けそうです。

 ということで・・・結構深刻な状態であることがわかりました。これが剛性を要求される高性能車だったら全損のレベルです。このままあと何年か放置すれば、床全体が落ちてしまう可能性も・・・さてどうしましょ?


681.jpg 
二重底の下から合計681円という大金が出てきました(笑)
さすがは旧車、「当時モノ」昭和48年なんて100円玉もありました。
スポンサーサイト
  1. 2013/11/23(土) 08:45:52|
  2. Old Car
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2-15)鳥籠 | ホーム | 3-4)超新星誕生!MotoGP>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/48-a4ab7a4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)