9-0)食彩堂

 
(available@食彩堂)
 ということで2013年もあと僅か。今年からはじめた当ブログも今回で第53稿、ここらへんでようやく食べ物の話に行きましょう。
 
 行きつけのお店のご紹介です。
 今から十数年前、自分が東京大田区から神奈川逗子に越してきて間もない頃「新しい地元」の飲食店探し、で確か3軒目に入ったのがこちら
食彩堂
 でした。京急新逗子駅(=その昔の「逗子海岸駅」)ホーム中ほど、通りを挟んで向かい側、対向一車線道路に面した半地下のお店、テーブル5卓(だったと・・・)とカウンターのこじんまりしたお店です。
 ここへ来て黙ってテーブルに座り美味しくリーズナブルな料理を味わい満足して帰ったとしても、それではこの店の魅力は半分しか味わったことになりません。
 テーブルではなくカウンターに座りシェフの手際と自分の頼んだ料理の出来上がってゆく様を眺めつつ杯を傾け、そしてそのシェフとの会話を楽しむ。それが食彩堂スタイルだと思っています。
chef_cook_fly.jpg
オーナーシェフの小島氏
 は葉山の超有名フレンチLMDC屋にいた人物。腕前はもちろん喋りもいける、打てば響く人です。料理についても気さくに答えてくれます。自分のように料理に興味がある者にとっては見て聞いて味わえる、得難い店と言えます。特に料理に興味なくともその魅力は変わらないと思いますが。
 メニュー構成は元フレンチということで想像される濃厚な凝った料理というよりさらっとした「食堂」風、全体にライトテイストかつ無国籍です。そのカウンターでの会話の中でかつて氏が語っていたことですが・・・葉山時代
「こんなバターやクリームたっぷりのソース毎日何十回も、味見してるだけでも身体に悪い・・・」
と思ったそうで(笑)それはメニューに反映されていると思います。もちろんその場で調理している訳ですから、好みに応じた調整も自在です。
 実際作る側からいうと、普通お客さんの好みはオーダー(注文した料理)から類推するほかはないもの(例えばご飯と一緒の注文で飲んでいないなら、おかず風の味つけにする、とか)ですが事前に会話があればそこから好み(≒苦手なもの)や希望を知ることができ万人受けのために普通はできない、攻めた(=一歩踏み込んだ)味付けも・・・なんてこともあるかと思います。実際自分も初めて来たとき直に好みを伝え、その通りにしてもらったことが今日に繋がっているのです。

 そして小島シェフ、クルマもバイクも結構なマニアです。
 そっち方面の話題も十二分にイケます。詳しくはご本人に伺って頂くとして・・・そのマニアックぶりをよいことに食彩堂店内に自分の作品、置かせて頂いてます(笑)その展示品、最近トップ画像(と同様)のものに替えさせて頂きました。
 以前アップしたアバルト・シムカ、それを完全手漉き(!)の土佐和紙に転写したものです。
 素材は手漉きならではの周りがぎざぎざというかいびつな、非常に厚い和紙です。実際そのままタペストリー化できるくらいの丈夫さもあります。この周囲漉きっ放し感を活かすためマットは使わない額装、即ち圧着されるようベース板厚調整だけで済むところが魅力です。額も選びません。
 これを手配して貰った会社と、この土佐和紙を使ったパターンで自分の作品をシリーズ化(!)という夢のような話があったのですが・・・その紙漉き職人さんが高齢のため廃業、商品化は頓挫・・・となりました(泣)
 サンプル品として製作した作品何種類か(各2枚づつ)
2754.jpg 
(周囲のいびつさに注目。1枚として同じものはありません)
が手元にあるだけです。もちろん販売可、です。ご興味ある向きはとりあえず食彩堂へ!

スポンサーサイト
  1. 2013/12/29(日) 14:11:25|
  2. Gourmet
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<謹賀新年 | ホーム | 8-2)ステアリングの話:つづき>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/53-80fe5a59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/12/30 08:51)

大田区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2013/12/30(月) 08:52:29 |
  2. ケノーベル エージェント