マグネシウムの話:その3

 
(このホイールの色!えもいえぬ素晴らしさ・・・)
 マグネシウムは曲がりません。
 だから曲がっては困る部分に使われます。剛性、強度が要求されるがゆえリブが立ち肉厚がたっぷり与えられるような、ゴツく「重くなる」部分に使ってこそ意義のある金属素材がマグネシウムなのです。

 例えばカーボンモノコック登場以前のフォーミュラカーのバルクヘッド。この部分、設計者の意図
(サスペンションジオメトリー、強度、コスト、製作方法といった設計思想)
が端的に現れるところです。そしてレーシングカーは基本的には1シーズン保てばよいように造られます。長期にわたる耐久性は求められません。この点も設計者にマグネシウムを選択させる要因ではあります。当然防錆処理

(=表面処理、これについては後日マグネシウムの「色」項を設けます!)

もおざなりになりがちです。結果何年もしないうちに粉を吹いてしまい、直ちに破壊にはつながらないにしても寸法精度等、継続使用ははばかられる状態になるでしょうし、実際には異種金属接触部分であるネジ部等は電蝕で、抜けてしまう可能性があります。そうなれば「全損」です。以上のように、重要部材にマグネシウムを使ったレーシングカーを長期間維持するということ難しいことなのです。
 ラグナセカでは旧いF1がたくさん
761.jpg
元気よく走っているのを見ました。
各車両よ~く観察すると・・・
フロントのサスペンションピックアップを兼ねる
バルクヘッドはアルミの分厚い(=サスペンションアームの幅)
削り出し部材をこれまた厚い(1/2インチくらいか)アルミ板で 
ml23.jpg 
サスペンションアームごと挟む形式に改変されていました。
sshadow.png 
ちなみに旧いシャドウはオリジナルがこの形式
 だったようで他車は、その走行性能維持のため地元ビルダーの(?)勝手知ったる方法でリビルトされた、ということだったのでしょう。

 それじゃあミッションケースとかはどうなの?

 モノコックが「一品物」なのに対しミッション等は極く少量とはいえ「製品」です。当然商品性のための表面処理は施されているはずですし、何よりビートルを筆頭とするマグネシウム・ケースを持つ量産車もあります。それほど神経質にならなくてもよいはずです。

 ということで幸いなことに (?)自分、通常使用の間にその展性の乏しさによって割れたマグネシウム鋳物を見たことはありません。
 逆にその

 展性が問題になる部位にマグネシウムを使うのは正しい設計ではない!

 ということなのです。

 じゃあ、通常ではない使用の場合は?
 
 ・・・割れてます!・・・to be Continued.

スポンサーサイト
  1. 2014/02/28(金) 21:17:52|
  2. Magnesium&Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フォールディングバイク・スープアップ! | ホーム | Breaktime:カスタムバイクその後>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/63-24e5c372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)