Gendermerie

 
桜も散り
 革ジャンの季節も終わりが・・・といいつつも例年暑くなるまで着てますが(笑)そこで久々にレザージャケットの話題をひとつ。

 自分の持っている中で今シーズン最も活躍したジャケットがこれです。
coat
 ネットオークションで見つけた、フランス仕入れの軍ものコート(=古着)。
 オークション出品者は古着屋さん。商品説明にはどこ軍のものか不明、
しかも画像も不鮮明と今一「やる気のない」出品だったのでライバル(?)
は皆入札を控え、様子見状態でした。
 そんな中そのシルエットに松本零二のマンガ
松本  
的なものを感じるとともに(笑)
 軍もの=ミル・スペック=コスト度外視の高品質・・・であろうと判断した自分、寸法的にもドンピシャだった(←理由としてはこっちの方が大きい)こともありギャンブル入札を敢行!結果的に無競争落札、安価に入手できたのがこのコートでした。
 届いて見ると、赤い羽根のような紋章
襟
(=左右対象)と大きな襟ぐりが目立つ、
襟自体も頬への当たりを考慮したメルトン地(←画像では判らなかった)
前合わせは手袋を想定したであろうボタンでも、同じメルトン地で
2重
防風カバー
 されたプレーンな外観・・・となるほどミル・スペックっぽい凝ったジャケットでした。前述のマンガっぽさや徹底した防風対策、ジャストフィットなのはもちろんすっきりしたシルエットで、関西で言う「シュッとした」イメージ、どことなく「海軍さん」的なものを感じます。
 ポケットの中には元持ち主であろう名札
robert.jpg 
(裏はベルクロ、でもこの服に付くところはない。MPは憲兵?・・・後述)
が残されており(笑)胸ポケットのブランドタグ
tag.jpg 
(なぜかマジック消し・・・?)
からはフランス製(@ストラスブール←フランス読み)なこと、素材は着馴れた牛革ではなくその柔らかい感触と表面のシボから羊革であることがが判りました。
 またネットで古着を(画像のみで)購入する際、確認の術がなくギャンブルにならざるを得ない臭いの問題!がありますが・・・幸いにもその点はカビも含め問題なく、「賭けに勝った」感もある嬉しい「獲物」でした。
自分はミリタリーマニア
prdtr.png 
ではないので(笑)
その本物感だけで満足、「どこ軍か」サーチはしませんでした。
そして自分の本能的「マーキング」
mark.png 
(これはクマの。犬のそれは憚られたので・・・)
とも言える革ジャケットのバックペイント 
  宮殿 (2)   abbey R
ELP1.jpg
RISING (2) 009.jpg
news (2)
(ペイントではなく実際にはドローイング・・・)
ですがこのコートぐらい、軍服としての様式美(笑)を持ち合わせていると、これ以上の「足し算」は馴染まないのではなかろうか・・・ちょっと見、前面がシンプル過ぎて「もの足りない」くらいのやつが絵を描くに適していると常々思っているので・・・というわけでこいつには絵は描かない、ことに決めました。

 が代わりにというか、ピンズでも着けてみよう!という気になりました。それも車関連でもバイク関連でもない、何かミリタリーイメージのものがいい!もちろんベタベタたくさんではなくひとつがいいでしょう。
銃器メーカー、例えば映画 「ダーティ・ハリー」
DH.jpg 
で有名な スミス&ウェッソン
SW.jpg 
(これもオークションで。グリーンのは珍しい・・・)
とか
glck.png
グロック
とかのロゴなんかあればいいなと考え、何度かお世話になっている
フランス・ピンズ専門店ピンズ・マルシェ で物色です。
そちらのHPでミリタリーカテゴリーを見ていると・・・
なんと、このコートの襟章と同じものが販売されているのを発見!
JDRM.png
標題には 「ジャンダルムリ憲兵隊」 とあります。

 調べてみると・・・フランスには通常の軍隊、警察そして憲兵隊の3軍があるそうな。憲兵隊と漢字で書くと何かイメージ悪いですが(笑)英語ではミリタリー・ポリス(=MP。上記参照)武装警察のことです。

 フランス・ジャンダルムリは中世、オスカル、アンドレの(笑)近衛兵の時代からの歴史と伝統を受け継ぐ由緒正しい「軍隊」で、警察の手に余る「治安出動」に備え戦車や艦艇、航空機まで武装配備しているとか。
 そして現在の主たる任務としては
あのルマン24時間
GT40.jpg
(これはGT40ではなく、あくまでフォードのピンズだったの安価でした)

ツール・ド・フランス(自転車)
TdF91.jpg
(これは45mmもある、珍しく巨大なピンズ)
といったナショナルイベントの 警備
gdr.png 
(見覚えありませんか?)
があるそうで、
となるとがぜん自分の趣味に引っかかりが出てきたのです。
偶然ですが(笑)

 そしてそれらを考慮し選び、手に入れたピンズがこれです。 
pinz
ジャンダルムリの白バイならぬ「青バイ」。   
車種はヨーロッパのポリスらしくBMWのトップモデル、R100RS。 
   ハンス・ムート・デザイン
TD.png 90s.png
の派手なバイクですね。
R100.png
(初代R・ムーアの方が有名な、TVシリーズThe Saint より)
 しかも背景は、あのターマックラリー
 「ツール・ド・コルス」
corse.pnglr.png 
 で有名なコルシカ島のシルエット!と自分の趣味のアイコンを反映しまくりのピンズです。
 きっとコルシカ島のバイク部隊のものなのでしょう。大変気に入ってます。

 たった30ミリ足らずの記章です。誰も気づきゃしないとは思いますが(笑)
まあ密かな楽しみということで・・・。

しかも最近ルノーがメガーヌ・ルノースポールジャンダルムリなる車をリリースしたそうな。
スポンサーサイト
  1. 2014/04/20(日) 09:56:10|
  2. Jacket
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カスタムバイク:お買い物専用車@Mother's day | ホーム | オイルパンの話:モーターサイクル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/71-ff225abc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)